409571 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わくわくワークプレゼンター蓑輪が就業規則、適格年金(適年)コンサルで北陸NO.1を目指す!!

全2件 (2件中 1-2件目)

1

本音トーク

2009.03.04
XML
カテゴリ:本音トーク
 こんばんは。富山県の社労士&わくわくワークプレゼンターのみのっちです。例の契約トラブルに関し、皆様から多くのコメントをいただき、心より感謝しております。

 さて、今日は2回目のブログ更新になる。

 例のトラブル案件については、冷静でいたつもりだが、結局、1日怒りが収まらなかった。やはり、まだまだ修業が足りないのだろうか。未だに、静かに怒っているという感じだ。

 午前中のブログを書いた後、もう一度、残額支払い催促の電話をしてみた。当の経営者は不在とのことだったが、電話に出た担当者の様子がどうもおかしい。私の名前を何度も聞き返してきたり、「どういったご用件ですか?」と2~3回聞かれたり、「もっとゆっくりしゃべろ」と言われたり・・・。取り方によっては、かなり高圧的な態度であった。

 雰囲気的に、電話では埒が明かない感じだったので、FAXでいくつかの連絡事項(先方から今回申請した助成金の正式名称を聞かれていた)を伝えると同時に、「残額をお支払いくださいませんでしょうか」と書いておいたところ、速効で次のような返答FAXが帰ってきたので驚いた。

 これ以上の支払いは考えていません。あなたが、助成金額を間違って説明したからです

 手書きで書かれてあったが、これは明らかに、支払放棄の連絡である。何故にここまで執拗にこんなことを言ってくるのか分からないが、いずれにせよ踏み倒そうとしていることは明らかだ。

 こういうことを言われた以上、相手に支払の意思はないと判断して、直ちに法的手段に出るしかなかろう。内容証明も送ったところで、無視又は受取拒否されるのが、目に見えている。あとは、弁護士や司法書士を間に入れるかどうかだが、それについてはまだ迷っている。

 今回は33万円のうち、99,475円は入金済み。残額は、230,525円となる。仮差押するとなると、供託金は4~5万円は取られるだろう。仮に専門家に手続きを頼むと、供託金に加え、報酬も発生する。下手すると、取り戻したお金はほとんど飛んでいくだろうが、こうなったらお金のことなどもうどうでもいい。キッチリ、カタをつけたい。


ミノワ社会保険労務士事務所HP よろしければどうぞ 


 






Last updated  2009.03.04 23:39:39
コメント(12) | コメントを書く


2008.07.15
カテゴリ:本音トーク
 こんにちは。富山県の社労士&わくわくワークプレゼンターのみのっちです。今日の富山はいい天気ですねぇ。夜は顧問先の精鋭軍団(?)とビアガーデンで一杯やる予定です。少し汗をかいて、冷たいビールをキュっというのも悪くありません。昼から自転車を漕いで、外の用事を済ませ、ひと汗かいてきます(笑)。

 さて、皆さんもご経験があるかもしれませんが、社労士として独り事務所を経営していると、1年に1回くらいなんだか分からないけど、ブルーになるときがあります。まぁ、一過性のものなのですが、意味もなく不安になるんですね。

 社労士(他士業の方もそうでしょうが・・・)の場合、忙しい時期はひたすら書類を作成します。こんなときは、仕事で気が紛れるので良いのですが、そういう忙しいのが落ち着いて、ひと段落したときに、ポッと心に穴が開くときがあります。特に、私の場合、そんなときに意味のない焦燥感に襲われるときがあります。

 将来に向けて漠然と「これで大丈夫なのかなぁ」という不安はいつも抱えていますが、そういうのとはちょっと違うのです。私の場合、外に出て気分転換をしたりすれば、すぐに治るのですが、要は独り事務所を続けていくには、上手に自分の精神面をコントロールしていかないといけないのだと思います。

 もちろん、強靭な精神力を持った人もいますので、何ともいえませんが、意味もなく不安になったときの自分との向き合い方を少しは知っておく必要があると感じます。

 私が心掛けているのは、このような心の動きに逆らって無理に明るく振舞わないようにすることです。こんなとき明るく振舞うのは、逆効果です。例えば、音楽を聴いて、冷静な自分を取り戻すとか、運動をして心を落ち着かせるとか、自然に心が元の状態に戻るのを待つのが、いいと思います。

 あと、ブログを書くのもいい気分転換ですね。まぁ、独り事務所を経営するにあたっての最大の敵は自分の心の中にいるということなのではないかと思います。前向きにひたすら走り続けることも大事ですが、ふとした瞬間に後ろ向きになった自分と上手に付き合うことが独り事務所を長く続けるコツなのではないかと最近感じています。自分の弱さを否定せず受け入れることも大切なことだと信じています。そんなわけで、今日も前向きに頑張りま~す(笑)。


ミノワ社会保険労務士事務所HP よろしければどうぞ






Last updated  2008.07.15 12:10:30
コメント(7) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.