000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わくわくワークプレゼンター蓑輪が就業規則、適格年金(適年)コンサルで北陸NO.1を目指す!!

全1件 (1件中 1-1件目)

1

新商品開発

2006.12.16
XML
カテゴリ:新商品開発
 こんにちは。富山県の社労士&わくわくワークプレゼンターのみのっちです。今日は朝から事務所で、「中小企業子育て支援助成金」の営業方法&売り方について考えています。

 前から思っていたのですが、この助成金は金額が大きいという魅力はあるものの、「休業開始から助成金入金」までの期間が結構長い(1年~2年程度)のが難点です。つまり、運良く妊娠・出産を迎える従業員、あるいは、育児休業の取得を考えている従業員がいる会社に営業に入れて、仕事が受注できたとしても、社労士としての売上げ(=助成金の成功報酬)が立つのは、相当先のことになってしまうというわけです。これでは、商売として苦しいので、なんとか早い段階で売上げが立つように、対策を考えなくてはいけません。対策の一つとしては、できるだけ、着手金をたくさん頂くようにすることが考えられます。では、着手金額を大きくするためには、何が必要でしょうか?まぁ、この問いに対する答えが、他事務所との差別化につながる新提案をもたらしてくれると思っています。なんとかアイディアはかたまりましたので、この路線での顧客開拓を継続していきたいと思います。

 で・・・気がつくと1時半だったので、近くの吉野家に行って飯を食ってきました。どうやら昼時(13時~15時)限定で牛丼をやっているようですね。私は違うものを食べましたが・・・。

 そして、午後からはタイヤ交換を行います。雪国に住んでいると今の時期と春先はタイヤ交換を行わなければいけません。これがまた、結構面倒なのですが、ガソリンスタンドなんかに頼むと数千円の工賃が取られますので、とりあえず自分でやっています。ささやかな夢ですが、スタッドレスタイヤをはずす来春は是非、タイヤ交換の工賃支払いをケチらないくらいの稼ぎは確保したいと思います(笑)。






Last updated  2006.12.16 14:11:33
コメント(6) | コメントを書く


全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.