044508 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

▼・ᴥ・▼ Leo★/R

PR

X

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

神社・御朱印帳

2021/04/18
XML
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2017/11/30

昨年訪れた​出雲大社へお礼参り。

【主祭神】オオクニヌシ(スサノオの6代孫であり義理の息子)

出雲大社


因幡の白兎


参拝方法




アメノホヒ


アメノホヒの社


オオクニヌシを眺める兎さん♡

2回目の訪問なのですが新たな発見があるものですね~。
出雲大社には多くの神々が祀られております。
門番
・ウジノカミ(本殿を守る門番の神)
・クタミノカミ(本殿を守る門番の神)
■境内
・スサノオ(イザナギの子、アマテラス・ツクヨミと兄弟)
・アメノホヒ(アマテラスの子、出雲大社の神主はホヒの子孫。)

・スセリヒメ(スサノオの娘、オオクニヌシの初嫁)
・タキリヒメ(オオクニヌシの嫁)
・キサガイヒメ(カムムスビから派遣された貝の神。死んだオオクニヌシを蘇らせた神)
・ウムギヒメ(カムムスビから派遣された貝の神。死んだオオクニヌシを蘇らせた神)
■本殿
・オオクニヌシ(主祭神)
・アメノミナカヌシ(1番最初に生まれた神様)
・タカミムスビ(2番目に生まれた神)
・カムムスビ(3番目に生まれた神)
・ウマシアシカビヒコヂ(4番目に生まれた神)
・アメノトコタチ(5番目に生まれた神)

オオクニヌシは最初に生まれた5人の神に囲まれているわけですが・・
この5柱は『 別天つ神 』と呼ばれる特別な神なんです。
一説にはオオクニヌシを監視しているという説もあるのですが定かではありません。
逆注連縄であったり、2礼4拍1礼であったりすることから 国譲りでアマテラスに敗北したオオクニヌシの怨念を沈める為にだとか・・ 色々言われてるけど実際どうなんだろう~?
こういう話を是非とも関係者さんから聞いてみたいものです。

お礼参りを終わらせて・・​昨年と同様に​稲佐の浜へ。

稲佐の浜


やっぱここは素敵な場所だゎ~♡
感謝の気持ちを大事にして・・大阪へ帰りました(*^_^*)






Last updated  2021/04/18 09:40:23 PM
コメント(0) | コメントを書く


2021/03/28
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2017/11/24


熊野大社は初めて訪問になります。










【主祭神】スサノオ

スサノオはこの地で初めて「火」を生み出したことから、熊野大社は「日本火出初之社(ひのもとひでぞめのやしろ)」とも呼ばれています。
出雲国一の宮とあり、かつては出雲大社より格上だったらしいです。

イザナミ神社も境内にあったので、思わず(・∀・)ぉぉ~!って思った。





スサノオはイザナギ(お父さん)から産まれたわけですがお母さんに会いたい!・・と、
わんわん泣いてアマテラス(お姉ちゃん)を困らせていたというお話が古事記にあります。
そのお母さんが同じ境内に・・・なんだか感動しちゃうな♡







神話の神社巡り楽しいです(*´艸`*)






Last updated  2021/03/28 10:41:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/03/16
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2017/11/20

昨年訪れた​玉作湯神社へお礼参りに行きました。








【主祭神】オオクニヌシ、スクナビコナ、クシアカルダマ


昨年はここで、『願い石』『叶い石』を目的に訪問し、
自分だけのお守りを作りました。


願いが叶ったら返納しなくてはいけないので
お礼参りを兼ねて返納しました。

ここには全国的にも珍しい親子の狛犬が居ますよ♡
めっちゃ可愛いですね~♫







ありがとうございました☆彡






Last updated  2021/03/16 11:00:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/03/05
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2017/11/20

昨年訪れた​八重垣神社へお礼参りに行きました。

【主祭神】スサノオ、クシナダヒメ

2人の神はご夫婦なので縁結びとして有名な神社。
あの有名なヤマタノオロチ伝説で2人は結ばれました♥











去年も思ったのですがここの狛犬・・他の神社と違って変わった形・・。


島根産の来待石という非常にもろい石で作られているため、磨滅と欠損が酷いのですが
・・なんか惹かれます♥
最古とされる狛犬が東大寺南大門にあるのですがよく似ているので、
ここの狛犬もかなり古いと思われます。
もしかしたらこっちの方が最古かも?!

去年は鏡の池で恋占いをしましたw
あの頃は・・結構病んでたかな(;´∀`)









願いが叶い・・感謝のお礼参り。ありがとうございました♡






Last updated  2021/03/05 06:01:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/01
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2017/01/09

日本最古の神社『大神神社』へ参拝にやってきました。


昨年末に出雲大社へ行ったので、やはり同じ神である大神神社も参拝しておきたいところです。








【祭神】大物主大神
出雲大社の大国主様と大神神社の大物主様が同じ神様です。
オオクニヌシが国造りで悩んでた時に現れた分霊こそがオオモノヌシなのです。
大神神社は本殿が無く、三輪山自体がご神体になっています。
やはり大神神社も逆注連縄ですね。出雲大社と同じです。
だけど同じ神様なのに、ここでは2礼2拍手1礼なんですよね。
どうして違うのだろうヵ??謎だにゃ~。





毎年、交通安全の御守はここで買っています。
おみくじも毎年引いてますが今年は『大吉』でした♥


良い一年になりますように。。。






Last updated  2020/11/01 12:22:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/29
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2017/01/02

初詣は、住吉大社に行ってきました。












【祭神】
第一本宮:底筒男命(そこつつのおのみこと)
第二本宮:中筒男命(なかつつのおのみこと)
第三本宮:表筒男命(うはつつのおのみこと)
第四本宮:神功皇后(じんぐうこうごう)

神功皇后以外の3神は『住吉三神』と呼ばれており古事記にも出てきます。
イザナギが黄泉の国から帰還して川で禊をした時に生まれた神様です。
川の底と、中と、上で、それぞれ穢れを払ったので
ソコツツノオ・ナカツツノオ・ウハツツノオ(三貴子)という単純な名前になってるのが面白いですねw
あとは、一寸法師の舞台になったのは住吉大社だとか・・。
ちなみに『住吉三神』を祀る神社は沢山あり
歴史書等に残る最も一番古い記述で、「日本第一の住吉」なのは
福岡県にある住吉神社らしいです。





流石に沢山の人で、ちゃんと見れてない所がいっぱいなので
またの機会に再訪したいと思います。






Last updated  2020/10/29 09:19:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/22
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2016/12/22

島根1泊2日:神社巡りの旅。
最後に訪れた神社は日御碕神社です。






【主祭神】アマテラス、スサノオ
伊勢神宮のアマテラスは『日本の昼を守る』のに対し
日御碕神社のアマテラスは『日本の夜を守る』勅命を受けたことに由来します。
同じアマテラスなのにね。役割分担があるのかしらw
夜の神、ツクヨミさんはどうすればww
鮮やかな朱色の神殿で、シーサーっぽいのがありました。
なんか沖縄の首里城みたい!って思いました(・∀・)
ここも、しめ縄が逆なんですね~。







さぁ・・・もう日没です。
沈む夕日を見ながら大阪へ帰りましょう。
出雲で神話巡りをするのに参考にしたサイト↓






Last updated  2020/10/22 08:06:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/16
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2016/12/22

出雲大社から車で2分。稲佐の浜です。

稲佐の浜

タケミカヅチとオオクニヌシが国譲りの談判をした場所です。
旧暦10月10日には、八百万の神々を迎える「神迎神事」が斎行される場所です。
砂浜まで降りて日本海を眺めました。
雲の切れ間から夕日が指し込んで、
ぅ・・美しい・・+.゚ ゜*。(*´Д`)。*° 。*:
なんとも神秘的。

稲佐の浜

最後に日御碕神社へ向かいます🚗💨
道中で、つぶて岩も見ておきましょう~。

つぶて岩 説明


つぶて岩

つぶて岩は国譲りの際、タケミナカタ(オオクニヌシの子供)とタケミカヅチが力比べをし、
稲佐の浜から投げ合った岩が積み重なったといわれています。
ここで撮った写真にオーブらしきものが??
それとも太陽の残像的なものなのか・・?謎だけど良い写真撮れたかも??











Last updated  2020/10/16 09:30:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/06
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2016/12/22

出雲大社を出てすぐお隣の北島国造館にも参拝しました。

北島国造館

出雲大社国造は千家と北島で分立してしまい現在に至ります。
千家氏は「出雲大社教」 北島氏は「出雲教」とそれぞれ 宗教法人を主宰して分かれ、
現在 の出雲大社の宮司は千家氏が 担う事に成ったそうです。
こちらは、隠れスポットというか参拝客が少ないです。
ですが、ここにはオオクニヌシの相棒でもあるスクナビコナが祀られています。

北島国造館:スクナビコナ


北島国造館:スクナビコナ


大きな鯉が沢山いました。

滝が流れ、池に囲まれて神秘的な光景でした。
せっかく出雲大社まで来たならここも見ておくべきだと思います。


出雲教朱印


天神社朱印

北島国造館を出て徒歩5分くらいで命主社に到着です。
こちらにはカムムスビが祀られています。
カムムスビといえばオオクニヌシの命を何度も助けた神様です。
樹齢約1000年のムクの巨木が見所です♬

命主社:カムムスビ



何かパワーがもらえるかも?!( ´艸`*)






Last updated  2020/10/06 11:45:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/30
カテゴリ:神社・御朱印帳
過去の日記を移転㊥ 2016/12/22


初めての出雲大社に参拝です ヾ(`・∀・´)ノ テンションМAХ♡

勢溜の大鳥居(二の鳥居)


境内マップ


天皇陛下でも入れない出雲大社です。
出雲大社の宮司には、日本神話からの言い伝えから天照大神の子の天穂日命を祖とする出雲国造家のみが
祭祀を担うことが許されとされており、現在においても皇室の者すら本殿内までは入れないという
しきたりを守り続けています。
アマテラス---オシホミミ---皇室
        |-アメノホヒ---出雲国造家
ひょんな事から古事記を知って、神話のお話を知り・・日本という国がどうやって作られたのか??
天皇を我々国民はどうして敬っているのか、ようやく分かった気がしました。
これも一種の宗教なのか・・?私にはよく分からないけど
『12、13歳までに民族の神話を学ばなかった民族は例外なく滅んでいる』
歴史学者のアーノルド・J・トインビーの言葉です。
ふと考えると、子供の頃に『おとぎ話』の絵本として因幡の白兎や海幸山幸のお話を聞いた記憶があったりします。知らないうちに子供の頃から学んでいた事に今、大人になって気付かされました。
前置きが長くなりましたm(_ _)m
ただただ・・大国主様に会いたかったのですぅ~♬

ムスビの御神像を背後から


ムスビの御神像を横から


大国主さまイケメン♥


幸魂 奇魂の説明


御慈愛の御神像


まずは御朱印帳を買おう!!
以前から欲しかったものの・・・コレ!!という決め手の御朱印帳が無かったんです。
出雲大社近くにあるお店【導(しるべ)】で見つけました♡ 
「勾玉」、出雲大社の「千木」、「縁結び」「因幡の白兎」がモチーフになった柄で可愛い~(*´ω`*)






出雲大社の参拝方法は他の神社と違うので有名です。
普通ならば2礼2拍手1礼なのですが、出雲大社は2礼4拍手1礼です。
更には注連縄が逆なのも有名です。

神楽殿


神楽殿の大注連縄


拝殿

何故4拍手なのか・・・?
幸せの『シ』から来ているとか死ぬの『シ』とか色々言われてるけど
個人的にはアマテラスとオオクニヌシは国譲りの件で因縁の関係があるので参拝方法を違うようにした
・・・という内容が一番しっくりしました。
鳥居が4つあるのも関係してるのかな~??
注連縄も逆なのは、オオクニヌシの怨念を鎮めるためだとか色んな見解があるみたい。
確かに本殿には国津神のオオクニヌシを囲むように天津神達が祀られています。
まるで監視しているかのように・・・。
そんな事を考えるだけでも面白いです♡
拝殿で参拝して裏側にある本殿の方へ行くと・・また何か凄いパワーを
感じるような気がしますww

本殿を見上げる兎さん♡

後ろに義理のお父さんでもあるスサノオが見守ってるのも良いですよね~。
あえて本殿内じゃくて本殿外に祀られているのが気になります。
天津神なのにねぇ。やっぱりオクニヌシの肩を持っているから・・?
最後にお守りで生弓生矢を買いました。

生弓生矢

オオクニヌシがスサノオから頂いた御神宝です。
家に置いておくと災いが遠ざかるとか言われてるみたい。
こういうのを買う時は気軽に買ってはいけないと思うので神棚と同じように、ちゃんとしたとこに置いて、掃除もして、お供え物もしています。そういう覚悟で買いました。




参道にはウサギさんがいっぱい居てるよ♬

行って良かったなぁ~って思います。
良い参拝記念になりました♡


また来れますように☆彡






Last updated  2020/09/30 12:32:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.