1762924 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

 MoonDreamWorks

November 21, 2005
XML
keshigom
監督 : マイク・ニューウェル  
主演 : ダニエル・ラドクリフ /ルパート・グリント /エマ・ワトソン
      
公式HP : http://harrypotter.warnerbros.co.jp/gobletoffire/

    ハリー・ポッターと賢者の石 特別版(期間限定) ◆20%OFF!    ハリー・ポッターと秘密の部屋 特別版(期間限定) ◆20%OFF!    ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版(期間限定) ◆20%OFF!

 ファンタジー小説 「 ハリー・ポッター 」シリーズの映画化 第4弾

 監督には「 フォー・ウェディング 」など、ヨーロッパで高い評価を受けているマイク・ニューウェル。


 お金がかかっていて、高級感のあるファンタジーです。っとわざわざご紹介しなくても私よりもずっと詳しいポッタリアンな方も多いと思いますが・・・・

 VFXが凝りに凝っていて 1作目「 ハリー・ポッターと賢者の石 」、2作目「 リー・ポッターと秘密の部屋 」、3作目「 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 」と上映されて来て、今回の4作目に進むにつれどんどん進化しててきていて、おもしろさも増して来たように感じました。

 「秘密の部屋」の時は、ドラゴンと戦ってあっけなくやっつけちゃて、あれ?それでいいの?みたいな手抜き感に不満が?(笑)あったのですが、今回はハラハラドキドキスリルいっぱいで、大人が観ても満足のいく映像ではないでしょうか。
 大人向きになった分、たしかにちょっとぞっとする場面もありますし、PG13ってなるほどこういうことかと感じました。

 ただ、見終わってどこが良かったかなっと考えながらエンドロールを眺めていたのですが、全体的にストーリーの印象にインパクトが欠けるような気がします。あっという間に終わってしまったように面白かったのですが、ハリーの初恋も印象に薄く、ヴォルデモート卿との戦いももうちょっと描いて欲しかったし、種明かしとも言うべきラストの場面も・・・

 VFXのドラゴンのシーンが一番わくわくドキドキして印象に残りました。わたし的にはそれだけで超満足ですけどね☆・・・・

 dragon

 

 

 

炎のゴブレットとは

harrypotter2

三大魔法学校対抗試合の代表選手を選出する、魔法の杯。
羊皮紙に自分の名前と所属校名を書いて“炎のゴブレット”に入れた時点で、その者は立候補者とみなされる。

 ◆ホグワーツ魔法魔術学校 (ダンブル・ドア校長)

  セドリック・ディゴリー(ハッフルパフ寮)

  ハリー・ポッッター(グリフィンドール寮)

 ◆ボーバトン校 (マダム・マクシーム校長)ーフランス語

  フラー・デラクール

 ◆ダーム・ストラング校 (イゴール・カルカロフ校長)ー闇の魔法を重要視

  ビクトール・クラム(クィデッッチのブルガリアナショナルチームのスター選手)


 Story :  ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)。「クィディッチのワールドカップ」が開かれ、ホーグワーツでは百年ぶりに開催される「三大魔法学校の対抗試合」が行われることになり、他校の生徒たちが大挙してやってきた。
学校中を敵にまわしたハリーに、大親友ロンまでもが……!  修復不能!? ハリーとロンの友情に亀裂が走る!どんなときでもハリーの味方でいてくれた大親友のロン。
ところが、今回はロンのようすがいつもと違う。嫉妬、不信、行き違い……。
異例の代表選手選出にまわりから浴びせられる冷たい視線。今までにない困難に立ち向かわなければならない時に、孤立無援に陥るハリー。
今や、ロンもそばにはいてくれない……!
初めての恋の予感! クリスマス・パーティはもうひとつの決戦の時?ハリーに気になる女の子が現われた! 
もしかしたら、それは恋?4年生になったハリーたちが初めて経験するクリスマス・ダンスパーティでは、誰もがおしゃれにドレスアップ。
大人びた正装を見せるハリー。見違えるような変身を遂げるハーマイオニー。それぞれ、誰をパートナーに選ぶのか? そして、ハリーの恋の行方は?



【【WHV 20周年記念 大感謝祭キャンペーン!スーパー・ハリウッド・プライス】



 

harry4
三人とも大きくなりましたね~
特にロンの顔が大人っぽく変ったのには驚きました。
でも三人とも当時14歳?(笑)

 

 

シリーズ第5作「 不死鳥の騎士団 」のキャスティングが進行中。

ハリーたちの新たな闇の魔術に対する防衛術の先生になる、魔法大臣上級次官ドロレス・アンブリッジ役を、マイク・リー監督の「ヴェラ・ドレイク」でアカデミー主演女優賞にノミネートされた英国女優イメルダ・スタウントンが演じることになった。

 また、ハリーたちの新たな友人になるレイブンクローの4年生、ルーナ・ラブグッド役のオーディションも進行中で、キャスティング部隊が英国中の学校を回っているところ。

 この役には英国に住んでいる女の子なら誰でも立候補することが出来るとのことで、「4」のチョウ・チャン役に続いてまったくの新人がキャスティングされる可能性もある。

監督は以前お伝えした通り、TV出身の新鋭デビッド・イェーツ。

06年早々には撮影を始め、07年6月に全米公開予定だ。

 また次回作も、もうすぐやってきますねΣd(・∀・)

 




~おしまい~








Last updated  June 30, 2007 07:34:02 PM
コメント(31) | コメントを書く
[映画タイトル【は~ほ】] カテゴリの最新記事

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Recent Posts

Comments

Rakuten Ranking

Favorite Blog

Advanced Hosting Me… 楽天ブログスタッフさん

薬に想いを馳せ 悠水(ゆうすい)さん
お茶漬けさらさら*晩… お茶丸.さん
健康促進ステーション great55さん
Bali Bali Villas ! banjarさん

Headline News

Rakuten Card

Wishlist


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.