1866366 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 MoonDreamWorks

January 8, 2007
XML
監督 : スティーヴ・“スパズ”・ウィリアムズ
出演 : キーファー・サザーランド /ジェームズ・ベルーシ / エディ・イザード/ 
 
公式HP   || 

「 ライアンを探せ!/THE WILD (2006) 」

 

「ファインディング・ニモ」、「Mr.インクレディブル」、「チキン・リトル」のディズニー製作によるフルCGアニメーション

 

監督は、本作がデビューとなるスティーヴ・“スパズ”・ウィリアムズ。

主役のサムソンの吹き替えを担当するのは、「 TWENTY FOUR (2001~2006) 」シリーズで一躍有名になったキーファー・サザーランド。「ザ・センチネル/陰謀の星条旗 (2006)」では、ちょっとさえがみれませんでしたが・・・。

 


 Story : NY動物園のライオンの親子、父サムソンと息子ライアン。ライアンはライオンらしく吠えることができず、野生で育ったワイルドな父にコンプレックスを感じていた。そんな時もの知りな鳩から“緑の箱”で外の世界に出られると聞いたライアンは、父と喧嘩したのをきっかけにその箱へ入りこむ。すると箱には鍵がかけられ、彼はトラックで運ばれていってしまった。それを知ったサムソンはライアンを追いかけて動物園を飛び出すが……。


ー goo 映画 より ー

 

だいぶ前に観たのですが、ちょっと感想を書く気にならないほど、久々にイマイチな作品でした。

巷では「マダガスカル」のパクリかとまで言われているようですが、実はディズニーのアニメのほうがちょっと早く製作がスタートしています。「マダガスカル」とかぶる内容だった為?か、公開時期をずらしての公開になったのですが、やはりこの映像でこの内容では、どうにも勝負が出来ないようですね~

映像の面で言うと中間色の使い方にセンスがないため、CG技術が発達している昨今、かえってそれが仇になって、どぎつい色彩になってしまっています。ストーリーも「ファインディング・ニモ」や「チキン・リトル」にもみられるような父子のすれ違いや深い愛情を描くと言うワンパターンな感があって、どうにも引き込まれていけないのですね~

大人にはちょっと退屈な作品になってしまいました。

私がディズニーのアニメーションで好きになれない部分は、突然入れられてくるプチ・ミージカル部分です。意味もなく退屈で好きではないのです。

しかし、そのミュージカル的部分は、お子様にとっては実は一番楽しい部分ではあようです。ですから、ディズニー作品には必ずと言って良いほど入っていますよね。

やはりディズニーなので、ターゲットがお子様なのはしかたのない事かもしれませんね。

 

 



~おしまい~

 

 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   || pbranking.jpg ||

 DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  January 8, 2007 09:21:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映画タイトル【や~わ】] カテゴリの最新記事

PR

Profile


rikocchin

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Recent Posts

Comments

Rakuten Ranking

Favorite Blog

一部Android端末でア… 楽天ブログスタッフさん

薬に想いを馳せ 悠水(ゆうすい)さん
お茶漬けさらさら*晩… お茶丸.さん
健康促進ステーション great55さん
Bali Bali Villas ! banjarさん

Headline News

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.