673751 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ハワイで愛犬とセミリタイア生活

PR

コメント新着

りんままプリンセス@ Re:今日のカカアコ+キアヌ 03/26/2020(03/28) New! ★マスク、、いつまでもありませんよねぇ・…
keanu-mom@ Re[1]:今日のカカアコ+キアヌ 03/25/2020(03/26) New! みいしゃさんへ あれ程大きな絵を描くの…
keanu-mom@ Re[1]:今日のカカアコ+キアヌ 03/25/2020(03/26) New! りんままさんへ ハワイ住民には伝統的な…
みいしゃ@ Re:今日のカカアコ+キアヌ 03/25/2020(03/26) ちょっと見ただけではわからないですが、…
りんまま@ Re:今日のカカアコ+キアヌ 03/25/2020(03/26) ★その幾何学模様は、、ハワイ古来のもので…

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

2017.07.07
XML
カテゴリ:ハワイ生活

ジョンが脳梗塞で視野狭窄、同名半盲になり入院していました。

以前から見聞きしていたのですが、実際に経験してハワイの医療の酷さに呆れています。
本気で娘達がいるシアトルへの引越しを考えています。

うっ血性心不全でERへ行ってから二日おきに心臓医(シニア)の検診を受けていました。
心不全治療薬(carvedilolカルベジロール) を一日二階から三回に増やすように指示されと翌日、「胸に圧迫感があるけど薬の量が関係しているのではないですか?」とシニアのオフィスに電話をしたら、看護師が「気にすることないわ。」
その夜、脳梗塞。
後で色々調べたら心不全治療薬は抗凝血剤も同時に投与するのが一般的で、患者が胸が痛いと言えば即ERへ行かせるのが普通ならしいです。
看護師が医師に確認せずに即返答するのは全く常識外ですよね。


夜中にトイレに起きた時(3時頃)視覚に違和感があったのですが、目やにのせいだと思い、又寝入って、朝食時、テレビを見ていて「これはおかしい」と心臓医のオフィスにこれからERへ行く旨を伝えてERへ。

ハワイの医療が酷い…ERの医師に外れが多い

当たりハズレがあるのは仕方がないとしても、視力検査(廊下に建って貼られた文字を読み上げる)だけで会計係に$311を請求され支払った後、「掛かり付けの眼科医に観てもらえ」と帰されました。

目の検診する機器があってもER医師は眼科医でないので検診できない(?)

ハワイでは週日の午前中でも病院勤務の専門医には診てもらえないようです。

rblog-20170708104244-00.jpg

この診察室で一時間ほど待たされ、ERの手続き+待ち時間+会計となんと二時間の無駄!!


ジョンの心臓医とこの病院はデーターを共有しているのでジョンの持病、服用している薬など全てER医師はわかっているはず。しかも後で知ったのですが心臓医がERにCATスキャンをするように既に電話連絡していたそうです。


私の眼科医に電話をすると

「30分以内に来れるなら診てあげれます。」
ERから眼科医まで20分で到着。
rblog-20170708104244-01.jpg

金曜日だったのでこの眼科医に検診してもらっていなかったら早くて翌週の月曜日の午後まで待たないといけなかったのですよね。

普段は午後まで開いているこの眼科クリクックもこの日は午後に予定が入っていて既にオフィスは閉める準備中だったようですが、眼科医も看護師も気持ちよく受け入れてくれて早速検査。


一時間の検査後、両眼とも左が50%以上見えていない状態で脳梗塞の可能性が高いと、眼科医がERの医師に電話で説明。

脳梗塞と聞いて慌ててERへ戻ったのですが、駐車場に空きがなく、仕方なくER前に違法駐車してジョンをERにチェックインさせ、病院付属オフィスビルの駐車場へ。

この病院は病院内構図を見ても判らないのですが4棟の建物が細長い廊下で繋がっていて、それぞれ専用のエレベーターが有り、兎に角移動が大変。
迷子になっても英語を話せない清掃人(フィリピン人?)に尋ねると更に迷子になるだけ。



全階が他棟エレベーターに繋がっているわけでないのでエレベーターで上がって廊下をトコトコ歩いて別のエレベーターで下がるという場合も多いです。
<video type="youtube" code="6bhb77KShwU" />

更にERの出入り口は建物の外に出ないといけません。
私がやっとのことでERへ戻った時には、ジョンはERナース・ステーション近く、救急車到着ドアの横でベッドに寝かされていました。

ハワイの医療が酷い…ERの看護師が(何故か)忙しすぎる

ジョンが不整脈になる度に鳴るアラームが煩いとオフにされ、待つこと4時間。


「レントゲン写真を撮ります。」
「えっ?!CATスキャンやMRIじゃないの?」
「ドクターがレントゲン写真を見てからCATスキャンが必要か判断します。」


看護師がジョンをレントゲン室に連れて行って、その直後CATスキャン。

更に1時間、廊下に置かれたベットで待たされ、5時過ぎにやっとER内の診察室へ移動して、時間交代したばかりのER医師がやってきて

「MRI検査をしますが、もう5時を過ぎているので今日は専門医が既に病院を出ていて明日から週末で多分仕事をしないので、カリファルニアの専門医にMRIの結果を診てもらうことになると思います。」

ハワイの医療が酷い…病院勤務の専門医が時間外の場合はカリフォルニアの医師に頼らなければならない。

此処、総合病院ですよね?ERですよね?専門医と連絡取れないってどういう事??

カリフォルニアまで送らないと調べれない血液検査もある事は、ふた月置きに血液検査をしている私は知っていたのですが…ハワイの医療レベルは低いです。

rblog-20170708104244-02.jpg
ER診察室で待つこと二時間半。

運良く(既に帰宅していた)病院勤めの脳外科医がMRI結果を見てくれたので、やっと脳梗塞と診断されて入院。

病室へ移動したのは8時過ぎでした。

脳外科ユニットは現在改築中で心臓外科ユニットの一部分を使用。

アメリカの病院は殆どが二人部屋。この部屋はこの病院でも広い部屋らしいです。


週末は専門医もセラピストも病院に来ない場合が多いとER医師は話していましたが、幸い入院翌日に病院勤務の心臓医と脳外科医が来ていました。


心臓から血栓が脳へ上がって視野狭窄、左同名半盲になったとう言う診断です。

喉に2つ血栓があるので更なる脳梗塞の可能性大。



心エコーでEFが20-25% 

かなり心臓が弱っています。 


どのようなリハビリが必要か作業療法士と理学療法士が説明に来たのですが、ジョンの場合は視能訓練士が必要だと…でもハワイには視能訓練士いないかもと…


入院中の話は続きで…







最終更新日  2017.07.09 07:19:14
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.