045209 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サビないカラダ、作ろう!

酵素絶食による効果

●どんな効果が期待できるか、どのように改善されるのか


主要な改善は、次の8つです。


1)主要臓器の積極的な安静と機能の回復

断食や絶食の特徴は、消化系臓器やそれに関連する臓器の安静が得られる
ことです。たとえば食事をすると、胃腸は消化・吸収という作用を行いま
す。この作用は、臓器にとって負担でもあります。
絶食や断食では、物を食べないのですから、その期間、臓器の負担が軽く
なり安静を得られます。安静を得た臓器は、回復後、本来の機能を取り戻
すようになります。
腹八分というのは、臓器に負担をかけない食べ方、という意味もあるので
す。


2)過剰栄養分の消耗と老廃物の積極的排泄

過剰栄養分で問題になるのは脂肪です。脂肪はからだの重要なエネルギー
源ですから、からだは蓄積しようとします。しかし、蓄積脂肪の量が多く
なると、高脂血症などの成人病の原因になりますし、血液中にある酸素に
触れて過酸化脂質となり、筋肉や臓器の細胞に障害を起こしたりします。
酵素絶食をすると、過剰な栄養素を消耗するシステムが活発化しますし、
過酸化脂質や老廃物などの処理能力も向上します。


3)潜在能力の引き出し

からだの中には、コントロールシステムといった機能があります。たとえ
ば、暴飲暴食をすると下痢したり腹痛が起きますが、これはコントロール
システムが働いて、これ以上の飲食はだめ、とシグナルを出したものと考
えてください。このようなシステムは色んなところで働いていますが、酵
素絶食では、そのシステムの能力を正常に回復し、劣化(老化)したもの
は向上させます。


4)細胞の活性化

臓器や筋肉は、それぞれに役割をもったたくさんの細胞が集まって、一つ
の仕事をしています。
たとえば胃ですが、胃に蠕動(ぜんどう)を起こす筋肉細胞、胃液を分泌
する腺細胞などが寄り集まって消化という作用を行っています。そのうち
の一つの細胞群が機能低下を起こすと、消化作用に支障がおきます。酵素
絶食をすると、臓器の安静ともあいまって、細胞群の機能が回復します。
その結果、臓器や筋肉が活性化してくるわけです。


5)代謝および体質の改善

臓器や筋肉を構成している細胞は、それぞれで違いますが、ある一定期間で
更新しています。これを細胞の代謝といいますが、からだのなかでは色んな
代謝が行われています。その代謝のすべてに酵素が関与しておりますが、酵
素絶食によって、その酵素活性が高まり、代謝が盛んになります。
たとえば、酵素絶食をすると、お肌がツヤツヤするという報告が多いのです
が、これは肌の細胞の新陳代謝が盛ん(活性化)になったものです。このよ
うなことが、からだの色んな細胞で行われるために、健康が回復し、増進す
るわけです。当然、体質の改善にもなります。


6)整腸作用と体内浄化

小腸と大腸で行われている消化・吸収作用、腸内発酵の主役である腸内細菌
の活性化(これによって腸内細菌の生産物=ビタミンなどが増えてきます)、
便の排泄など、腸で行われている作用と代謝を向上させます。


7)同化作用の維持

同化とは、からだの外から取り入れた、自分のものではない食べ物などを、
自分のものにして取り入れることです。この作用は主に小腸で行われており
その作用を正常化します。


8)免疫能力の向上

免疫とは、からだのなかで警察のような働きをする能力です。これらの活性
も高まると考えられています。


----------------------------------------------------------------


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.