000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

can do now

PR

プロフィール


天野 みよ子

カテゴリ

バックナンバー

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

カレンダー

ニューストピックス

2011.05.14
XML
カテゴリ:feeling



   人の幸福とは「明日があると思えること」だと思う。
   これから先に起こる事を期待と信念を持って見られること。
   それこそが幸福感と呼べるものではないか。

   自分はこの道を歩いていって大丈夫だという確信のようなもの。
   それが生きる勇気を与えてくれる。
   そしてその道を見せるのが親の役割だと思う。


   人生という長い道のり。
   果たして自分はこの道で大丈夫なのだろうか。
   不安に襲われてふと前を見れば、
   その道をしっかりと歩んでいる両親の姿が見える。
   その後姿を見たとき、子どもの心の中には信念が生まれてくる。
   自分の道はこれで良いんだと。


   大人たちの後ろ姿とはいったい何か。
   それはやはり働くこと。なぜなら生きるということは働くことだから。

   一生懸命に仕事をしている両親の後姿。
   それを見せることが最高の教育ではないか。

   ならば仕事とは何か。答えは、朝に目が覚め、まず最初に考えること。
   それがすなわち、その人の仕事。

   休日に何をして遊ぼうとか、
   今日のお昼は何を食べようとか、そんなことは考えない。

   仕事がその人に、合うとか合わないとか、やりたいとかやりたくないとか、
   仕事とはそういう規準で測るものではない。

   生きていくためにやるべきこと。
   家族を守るために続けていくこと。それが仕事。



   男性が子育てに協力するのはとてもいいこと。
   家族を喜ばせるために旅行に行くこともいい。
   だけど、それらは二番目でなくてはならない。
   仕事を放り出してまで家族に尽くすこと。
   それが果たしてよいことなのかどうか。








最終更新日  2011.06.22 15:11:54
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.