2007.10.21

☆SIMPLEなモンブランロール☆

カテゴリ:おめざレシピ

子と格闘しながら作ること約2時間・・・。足跡
初めての挑戦で、やっぱりできたときには嬉しかった。うっしっし
っていっても、私は一口も食べず…雫
プレゼント用プレゼントだったのでお味が心配でしたが、
“美味”と報告をいただきました。スマイル
感謝です。ハート(手書き)


★★材料★★
(26×26天板)


《シートスポンジ》
 全卵(L)・・・・・・・3個(180g)
 砂糖・・・・・・・・・・85g
 薄力粉・・・・・・・・・55g
(ココア生地の場合: 薄力粉45g)
(〃 ココア10g)

《クリーム》
 マロンクリーム・・・・・150g以上
  甘栗・・・・・・・・・1袋(80g)
  栗の甘露煮・・・・・・1瓶(固形量110g)
  砂糖・・・・・・・・・50g
  牛乳・・・・・・・・・200cc
  バター・・・・・・・・30g
  バニラオイル・・・・・10~15滴
  ラム酒・・・・・・・・大2

 生クリーム・・・・・・・200cc
 砂糖・・・・・・・・・・大1

《シロップ》
 栗甘露煮のシロップ・・・大3
 ラム酒・・・・・・・・・大1

《デコレーション》
 栗の甘露煮(固形量)・・110g
 泣かない粉糖・・・・・・適量



★★作り方★★


 1. 《マロンクリーム
   甘栗と甘露煮をマッシャーやフォークで潰し、鍋に入れ、牛乳を入れ、
   弱火で煮詰めます。焦げないように注意して下さい。

 2. 30分くらい煮詰める。すくうとぽたっと落ちるくらいです。

 3. 漉してボウルに移します。

 4. バター、バニラ、ラムを加えレンジで1分加熱します。

 5. 出来たら器に移し、表面にピッタリとラップをかけ、
   更に普通にラップをし冷蔵庫で使うときまで保存しておきます。

 6. 薄力粉をふるっておきます。
   オーブンを180度に暖めておきます。天板に紙を敷いておきます。

 7. 《生地作り
   卵をボウルに割り、砂糖を入れ、湯煎にかけながらハンドミキサーの高速で混ぜます。
   卵が人肌くらいになったら湯煎をはずし、さらにmixします。

 8. ハンドミキサーの跡が残るくらいになったら泡立て器に持ち替え、キメを整えます。
   生地に楊枝が立つようになればOKです。

 9. 8のボウルに薄力粉を入れ、ゴムべらで底の方から泡をつぶさないように混ぜます。
   粉が残らない位になったら型に流し込みます。

 10. 天板を20cm位の所から落とし、大きな気泡を逃がし、1
   80℃のオーブンで12分焼きます。

 11. 焼けたら、天板をはずし、ラップにくるんで冷まします。
   ふわふわでしっとりで口溶けのよいとても美味しい生地です♪

 12. 《巻き
   シロップの材料を混ぜておきます。
   甘露煮は半分を中に入れる用に角切りに、残りは飾り用に半分に切っておきます。
   生クリーム150ccに砂糖を加え硬めに泡立てます。

 13. ラップにシートスポンジを乗せ、
   奥と手前の端3cmくらいを斜めに切り落とします。

 14. シロップを打ち、クリームを塗ります。
   切り落とした所には塗らない様に、手前を厚く向こう側は段々と薄く塗ります。
   両サイドは少し空けて塗ります。

 15. 14に角切り栗を(手前に多く)散らし、巻き始めをきつく巻き、
   後はラップを使って、海苔巻きの要領で巻いていきます。

 16. 巻けたら先ほどのラップにくるみます。
   ラップの端を寄せて、ロールを締めるような感じでくるみます。
   そのまま冷蔵庫で30分くらい寝かせます。

 17. 《マロンクリーム
   マロンクリームをボウルに入れ、ホイッパーで滑らかにします。
   少し柔らかめになるように、
   巻きで余った生クリームを少しずつ足してその都度混ぜます。

18. 17で出来たマロンクリームの150gくらいを絞り袋に入れ、
   残りをもう少し柔らか目に調節します。
   (もし150g以上なければ生クリームをホイップし代用します。)

 19. 16の端が気になるようであれば切り落とします。
   柔らかい方のマロンクリーム(かホイップした生クリーム)をナッペし、
   絞り袋でお好きにデコレーションします。

 20. 19に飾り用の栗を飾り、お好みで粉糖を飾り完成です♪







レシピはこちらより♪♪
↓ ↓ ↓

レシピ ☆SIMPLEなモンブランロール☆ by ひろのぞみゆうま






TWITTER

最終更新日  2007.11.13 16:15:44
コメント(0) | コメントを書く
[おめざレシピ] カテゴリの最新記事