000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Leap Soul ~わがままSatsukiのミディアムブログ~

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

ミディアム

2019.08.12
XML
カテゴリ:ミディアム



どんだけ~~!ってIKKOさん叫び出るほどの暑さですが、
お盆休みはしっかりと堪能してくださいね♪

そしてひつこく言いますが、水分補給忘れずに!


わたしは昨日、2時間掛けて出来上がったブログの内容を、
UPしようとしたとたんになぜか画面切り替わり全部消えた夏のホラー。

この時の脱力感といったら・・・・・・・。
それを乗り越え今日こそUP!



では早速前回の「天国に居る最愛の人達と繋がる方法 ①」

の続きです。



数年前、ある女性がやってきて、ミディアムセッションを受けてくださいました。

ご主人を亡くされ、憔悴した面持ちで座っていました。

わたしはご主人の写真を見せていただいた瞬間、
彼女が背中を丸めて、水色のポロシャツを着て、
ひとりポツンと食事をされている光景が、ぱ~~んと浮かびました。

あ~・・・、ご主人が観てる彼女の姿か、と理解し、
この場面を詳細にお伝えしました。


すると彼女はその通りだと答え、ため息とともに涙を流されました。
水色のポロシャツは、ご主人のゴルフウエアで、
捨てるに捨てれず部屋着にされているとのこと。


夫を感じたくて着ているけれど、
ただ悲しくて何も感じれなくて、

一人の食事もただむなしく美味しくないと。


そんな気持ちを吐露されているのをしばらく聞いていると、
ふと、ご主人が何か言いたげな感じがし耳を澄ませました。

すると、妻は裁縫が得意だということを伝えてくれたので、
彼女に確認すると、夫はそんなこと言ってるんですか?と、

ちょっと笑ってくれたんです。

そして、
このメッセージをきっかけに、どんどん彼女の笑顔が増えました。
やっぱり居てくれているんだと、少し安心されたのだと思います。

ご主人が伝える言葉は、ただただ愛しているの想いだけでした。
(肉体を脱がれた方々はみんなそうですが。)


いっぱい泣いてご主人の愛の告白を聴き、
やっと心の涙も拭うことができた頃には、

いっそのこと、あの高価なゴルフ用のポロシャツを、
イスの背もたれに掛けるカバーにしようかしら!と、

だって娘の夫もゴルフしないから他に使い道ありませんしね。

と憎まれ口を言えるほどに声を出して笑っていらっしゃいました。


彼女の笑う表情を観て、わたしももう大丈夫だと確信しました。


その後ご連絡をいただいたメールには、

セッションを受けられた次の日、娘さんから電話があり、
興奮した声で夢にお父さんが現れたと言われたそうです。

夢の中ではお父さんが、大好きな手巻き寿司を、
家族みんなで食べようとはしゃいでいたらしく、


娘さんは手巻き寿司の材料を買ってみんなで行くから、
今夜はお父さんの想い出話でもしながら過ごそうって。


そんな嬉しそうな娘さんの電話の声を聴きながら、
彼女の目の前にバッサリと袖を切り取られたポロシャツと、
手には大きな裁縫ハサミを見ながら、

ふふ、と笑いが込み上げてきたとたん、ご主人が、

みごとに切り取ってくれたな~~、って笑ってるのを感じた。


それがおかしくておかしくて、
それが横に居てくれる実感で、

しっかりとご主人の存在を感じたそうです。


このメールを読ませてもらいながらわたしの予想では、
きっとご主人を感じられた瞬間、泣かれたんだろうな。

でもその涙は、以前の持て余す痛みや悲しみや空虚感の涙ではなく、
溢れんばかりのご主人の愛で包み込まれている安心感の涙だったはず。


だってメールの最後には、夫との再会が楽しみです!
って綴られていたもの。


最愛の人を亡くした悲しみ痛みは、誰もが避けられないものです。

でも、その分離感からくる悲しみ痛みの中でうずくまっていると、
彼らからのコンタクトが繋がらなくなるんです。

ラジオの周波数が合わない、ノイズが邪魔するって感じです。


わたしも分身のように大切だった愛猫・咲太を亡くした数ヶ月は、
みごとにペットロス状態になりました。

ミディアムセッションを提供していながら、
なぜ咲太と繋がれないんだともがきました。

声を聴きたくても、まるでノイズが邪魔しているようでした。


どこかで一生懸命、母ちゃ~ん、と呼んでくれている気配がするのに、
泣いてすがればすがるほどにノイズが大きくなって聴こえないのです。


ようやく彼の声と気配を感じれるようになるまで、
悲しみさえこのままでいいと受け入れて散々泣き、

とことん癒し前を向けるまでには数ヶ月を要しました。


そんなもがくわたし達をよそに、

彼らはネガティブな感情は肉体と一緒に置いていきます。

そして、
意識(魂)となった彼らのバイブレーションはとても細かくて、
このバイブレーションに包み込んで愛おしいといった感覚だけ、

それだけを発信し続けています。


このバイブレーションに繋がるには、
前途した彼女のように、ふと笑える、


そんな想いが湧くまで、心を癒す必要があります。


亡くした瞬間の身を切られるような痛みや悲しみを、
無理やり閉じ込めてしまっても、いつまでも無くなりません。

癒されたのではなく、不感症になるようなものです。


だから、この時はしっかりと痛み悲しみを感じ尽くし、
緩やかにでも心の軋みが癒されていくことが大切です。


そうすると、人は少しずつでも何かが溶けて笑えるようになります。
悲しみを感じながらの泣き笑いだってりっぱな癒しの涙ですからね。



そうして、わたし達のバイブレーションもクリアになり、
ふと冗談だって言えるような心軽く笑えるようになると、

ノイズも消え、彼らのクリアなバイブレーションと繋がることができるのです。




お盆休みには、お墓やお仏壇に向かって、
故人を想い、手を合わせる方が多いです。


手を合わせるとは、彼らと繋がることです。


もしあなたが誰かと繋がりたいのであれば、

悲しみを伝えるのではなく、

前途した彼女のように、ちょっと憎まれ口言って笑ったり、

なんで勝手に先に逝くんだよ~、とボヤいたりふざけたり、

できるだけ心軽く会話を楽しんでみてください。



そんなあなたの優しいバイブレーションはノイズが消え、

愛しか存在しないクリアなあの人としっかりと繋がって、

どこまでもあなたを包み込んでいることを惜しげもなく伝えてくれますよ♪









落ち着いてしっかりと受講できますよう、
2名 or 4名の少人数でのクラスです。
(詳しくはHPをクリック)

【サブコンシャス・シークレットクラス】
・第7期メンバー募集スタート!
・開催9月末予定(お申込いただいた方に詳細をお知らせいたします)
・8月末〆切り


あなたは、どれだけ自分を幸せにしていますか?
本来持つあなたの感性や才能を大胆に呼び覚ます潜在意識を活用し、
古い思考から抜け出し、長期的に活用できるメソッドの数々を知り、

あなたが心から望む世界を実現化させるクラス。


Leap soul ・Workshop






★スピリットガイド・セッション

道に迷い、抜け道がわからなくなったとき、
本当の自分を取り戻し、夢を実現させたいとき、
正しい道へと進む方向性を示してくれるコンパスを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。


★ビジネス・セッション

隠れた自分の才能・潜在能力を開花させるための、
たくさんの活用法を示してくれるテキストを受け取ってください。


★ミディアム・セッション

肉体を脱ぎ、スピリットとなった最愛の人達からの伝言。
それは、一瞬にしてあなたを癒す愛そのものを想い出させてくれ、
優しく包み込み、そっとあなたの背中を押してくれます。

 
上記、各クラス・セッションお申込お問い合わせはこちら 

Leap soul HP




  • 母であること、女であること・・
    ふと素にもどったときに染みる想いや心を綴ってます。
    (最近また密かに更新中)

    Half moon




    Facebook(整理整頓中)
    無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe






Last updated  2019.08.12 22:15:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.07
カテゴリ:ミディアム



こんにちは、Satsukiです。
サマーだな!しっかり水分補給してますか?

滝クリさん結婚するんですね!それもおめでたの喜び二重奏だとか。
お相手は政治家の小泉さんの息子さんとは意外・・・。
政治の世界ではまた小難しい流れが起きていますが、
(日本にとってはいたってシンプルな流れだとは思うのですが)

そんな中でも、滝クリさんの結婚はいたってシンプルに、
あら~~ご結婚されるのね~めでたいめでたいとお祝い気分。


あんな美しい才女をママにして生まれて来る天使が羨ましい。


そして、世間はお盆休みも近付き、その準備のために、
我が家の娘達も残業続きでぐったりした顔して帰ってきています。


わたしもまた、いつの間にかお盆のお約束になったウルトラばばぁネタ、
今年はどれがいいかとあれこれ記憶をたどって選別中。


その前に、これはとても大事なことだな、と、
今までどうしてこれを伝えなかったんだろうと思う内容を、

今回しっかりお伝えします。


その内容というのが、肉体を脱いだ最愛の人達と繋がる方法です。



幸か不幸か、わたしも母も祖母も、霊媒体質と言われる肉体を持ち、
亡くなった人達とコンタクトを取れるのは、祖母とわたしの二人で、

この感覚を無条件で理解し育ててくれたのも、祖母でした。


当時はまさかそれをお仕事にするなんてカケラも思っていなかったし、
それどころかこの感覚を長い間嫌ってもいました。


いろんな支離滅裂の紆余曲折というか、これでもかの波乱万丈を体験し、
気付けば、ミディアムセッションとして提供させていただくようになりましたが、

それはそれは深い学びを与えてくれるセッションだと気付かされました。



わたしが産まれる前から祖母は、いろんな幽霊ちゃんと遭遇していました。
ときどきそんな体験のあれこれをこっそりと話してくれましたが、
そのどれもがほんわかしてるというか、けっこう笑えるのです。


わたしにとっては最愛の中の最愛の祖母でしたが、
やっぱりこれだけはわたしも避けられなかった祖母との別れが来ました。


体が半分ちぎられたような痛みと絶望と悲しみで、
しばらくは身動き取れない、ただただ呆然と過ごしました。


それでも生きていく選択をしたわたしは、
もだえる痛みは時間と共に癒されていき、
悲しみだけが心のすみっこで残りました。


祖母の想い出を再生させては、少しだけ笑えるようになったのです。

スーパーのとうもろこしを観るたび、祖母のボヤく言葉を想い出し、
呆れたようにくすくす笑えるようになりました。

祖母は北海道出身のため、食べ物に関してはうるさかったのです。

八百屋さんで売っているとうもろこしを見ては、

「あんな粒のちっさいとうもろこし、人間が食うもんでない。
 ばあちゃんの子供の頃は馬のえさにしてたわい!」


とボヤきながらもとうもろこし好きなわたしのためにたくさん買ってくれました。
大きな鍋で湯がいては、ほれ!馬のえさ好きなだけ食べろ!ん?これうまいな、って。笑


ようやく何年も経って、そんなあれこれを想い出し笑えるようになった頃、
祖母はよくわたしが寝ている時を狙って現れました。


サロンパスの匂いを鼻の辺りでぷんぷんさせて、

「くっさ!」と毎回叫んで飛び起きるわたし。


他にも、本を読んでいるとふんわり祖母の香りがしたり、
出張の支度とかでばたばたしていて、なんだかイラつき、

「出張中は夜中サロンパスで起こさんといてよ!」
って意味不明のボヤきで祖母に当たったりすると、

祖母のがははな笑い声と満面の笑みをちらっと観せてくれたり。



こうしていろんなシーンで祖母の存在を感じれたお陰で、
わたしの悲しみは、祖母が残してくれたギフトとして素直に受け入れ、

愛おしい感情として、時折メソメソを楽しめるようになりました。



そんな祖母だけではなく、見送った大好きな友人や、
わたしの分身だった愛猫・咲太との交流やミディアム・セッションを通して、
ふと、とても重要なことに気付いた瞬間と確信がありました。


それは、


彼らと繋がれるようになるには、まず、深い痛みや絶望を癒す必要があると。


なぜかというと、肉体を脱いだ彼らには、
別離の痛みや絶望が存在していないのです。

むしろ肉体を脱いだお陰で、以前よりもずっと繋がれるのです。


ネガティブな感情のほぼすべては、肉体の中に置いて逝きます。


そして、意識(魂)そのものとなった彼らは、
生きているわたしたちの意識と簡単に共鳴し、
溶け合うことができるのです。


でも、そんな存在になっているのにも関わらず、
わたし達はやっぱり失ったという分離感や別離感を強烈に感じ、

これらの感覚を痛みや苦しみ、絶望や深い悲しみに変換し、
どっぷりとその感覚の中に浸ってしまうのです。


これは決して悪いことではありません。
誰もが経験することですし、

愛している感覚が強ければ強いほど、
痛みや絶望も深いものになっていきます。


この期間は誰もがとてもとても辛いものですが、
自分のためにもしっかりと泣いて、しっかりと感じ尽くしてください。

感じ尽くすと、必ず、パワフルな生命力へと変換されていくからです。


よく、大切な存在を見送った方が、こんな発言をされているのを聴きませんか?


「彼(彼女)の分まで、これからしっかりと生きて幸せになります!」

「天国であの人に逢ったら、恥ずかしくないように立派に生きます!」

「彼(彼女)ができなかったことを、代わりに精一杯やり遂げます!」



わたしは毎回、これらの言葉を宣言する方を観るたび、
宣言している人達が肉体を脱いだ彼らの、
素晴らしい愛のバイブレーションに包まれているのを感じ、鳥肌が立ちます。

全然知らない人達なのに、あまりに深い愛という感覚に圧倒され、
思わず感動して涙がほろほろこぼれたりまします。



こうして、深い絶望を感じ尽くして、生命力へと変化されると、
しっかりと彼らの存在を感じれるようになるのです。


先ほども言いましたが、肉体を脱いだ彼らには、
深い悲しみや別離感・絶望はありません。


なので、肉体を持つわたし達がそうした感覚・感情に浸っていると、
彼らのバイブレーションを全く感じれなくなっているのです。

彼らが居ない、のではありませんよ。
彼らはずっとあなたと共に居ますが、


固く閉じたように停滞してしまったバイブレーションが、
彼らの柔らかいバイブレーションを感じれなくなっているだけなのです。


その間、彼らはずっと癒されるまで包み込んでいます。

彼らだけではなく、観えない存在達もサポートし包み込んでくれ、
ゆっくりと生命力に変換するまで静寂の中で待ってくれています。


ミディアムセッションでは毎回、
この感覚を強烈に感じ、胸がいっぱいになるんです。


もうね、観えない存在達がいっせいに包み込んで、
肉体を脱がれた方々とのコミュニケーションを保護してくれるのです。


セッションでは時間の制限がありますが、
とても濃厚な時間として流れていきます。



こうしたプロセスを体験され、悲しみは愛した証しとしても、
心の中の痛みや絶望は少しずつ癒され、ふと呼吸が軽くなる。



ようやくその瞬間に彼らのバイブレーションと共鳴できるようになります。



ちょっと長くなったので、次回は、
意識となった彼らの存在を感じた方々の素敵なお話をいくつか。





落ち着いてしっかりと受講できますよう、
2名 or 4名の少人数でのクラスで受講していただきます。
(詳しくはHPをクリック)

【サブコンシャス・シークレットクラス】
・第6期メンバー募集〆切りました
・第7期クラス募集は8月予定


あなたは、どれだけ自分を幸せにしていますか?
本来持つあなたの感性や才能を大胆に呼び覚ます潜在意識を活用し、
古い思考から抜け出し、長期的に活用できるメソッドの数々を知り、

あなたが心から望む世界を実現化させるクラス。


Leap soul ・Workshop






★スピリットガイド・セッション

道に迷い、抜け道がわからなくなったとき、
本当の自分を取り戻し、夢を実現させたいとき、
正しい道へと進む方向性を示してくれるコンパスを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。


★ビジネス・セッション

隠れた自分の才能・潜在能力を開花させるための、
たくさんの活用法を示してくれるテキストを受け取ってください。


★ミディアム・セッション

肉体を脱ぎ、スピリットとなった最愛の人達からの伝言。
それは、一瞬にしてあなたを癒す愛そのものを想い出させてくれ、
優しく包み込み、そっとあなたの背中を押してくれます。

 
上記、各クラス・セッションお申込お問い合わせはこちら 

Leap soul HP




  • 母であること、女であること・・
    ふと素にもどったときに染みる想いや心を綴ってます。
    (最近また密かに更新中)

    Half moon




    Facebook(整理整頓中)
    無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe






Last updated  2019.08.07 19:35:24
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.25
カテゴリ:ミディアム



前回の続き


そんなこんなで雨の中勾玉が売っていそうなお店を2人で周りました。

1件目のお店は、入って直ぐにUターン。
一瞬でここヤバい!感ハンパなく、わたしがさっさと出たら、
母がお店の前で待ってて、ここヤバいから入らなかっただと。


わたしが入る前に言えよばばぁ・・・。


それからも2件ほど廻ったのですが、なかなか気に入ったの見つからず。
最後に入ったお店でもなかったので、諦めてちっちゃい勾玉をお土産に。

と手に取ろうとしたら母がぴしゃりと叩く。

「やめなさい!」

「なんでよ~、せっかくやからこのちっちゃい勾玉でも持って帰って・・・。」

「だからあんたのその貧乏性治しなさい!ずっと気になってた!」

「はぁ?これが500円やからか?ええやんか500円のどこが悪いねん!」

「そうやって500円で間に合わしてごまかす!」

「どこがごまかしてるねん!貧乏性ってどゆことやねん!」

「ご縁がある石は、直感で決めるもの!あんた今金額で決めたやろ。」

「決めてません!(決めました)可愛かったからやん!」

「あんたはわたしの娘や。もっと上等なはず。
 もっと堂々と生きなさい。」

(そうです、あんたの娘のお陰で、あんたとのコミュニケーション随分苦労しましたよ。
 あんたは都合よく忘れてるでしょうが、今までいろいろと大変でしたからね。)
は、心のわたしの言葉。言えずに飲み込み小さくゲップ。


「何か言うた?はよ行くよ!」ばばぁ千里耳か!



半ば諦めてしまっていたわたしは、地酒販売のお店へ入る。
母もお酒好きだからそこだけは素直に入る。

酔わせて大人しくさせてしまおうとの魂胆バレてない。


伊勢の地酒、たまらなく美味しくて二人で感動。
一本買って帰れば?と言うも、

「3000円もする!高いからいい。」
「わたしが買ってあげようか?」
「一瞬で飲んでしまうのに3000円ももったいないからいい!」

ばばぁも貧乏性やないかいっ!


「あんた顔まっ赤やん!弱いねんから~。」勝ち誇ったように笑うな。

「お父さんに似たんです。」
ばばぁが酒豪だったことをすっかり忘れていたぜ。

お店出ても母は逆にしゃっき!余計に感覚研ぎ澄まされたとご満悦。
わたし顔面赤面よれよれの足取り。ミイラ取りがミイラになるの巻。



勾玉ももういい、酔ったので帰りたいと駄々をこねるわたしに、


「石っていうのはご縁やからね。今回導いてくれなかったってことは、
 また別のところへ導かれるから、それを待って赤福買って帰ろう。」

「わたしは自分の足で歩いて気に入ったものを持って帰るんです。
 導かれるとか連呼するのまじでやめて。

 じゃあこうやって酔ったのも導きか?んなあほな・・・。」


傘を差しながらそんなことを言い合って出入口へ戻ると、
明るくて雰囲気のいいお店2人同時に発見。


「入ってくる時このお店気付かなかったね。入る?」
「入ろう入ろう!ここで終わりにして帰ろう。」

めずらしくはげしく意見一致店内へ。


す~っと店内へ入ると軽い。いい感じだ。
母は左へわたしは右へそれぞれ分かれて。

そしてガラスケースに飾られた石を観てると、
最初に強烈に目に留まった石の形が勾玉の形。

一瞬光って観えた。ヤバい。

「これだ。」「これや。」


2人同時に指差し顔を見合わせる。
いつの間に横にいた瞬間移動かっ!


母「光ったよ。」娘「お母さんも観た?」母「うん、呼び止められたし。」
娘「・・・、気持ちわる。これやめとこ。」母「何言うてるのあほか!」


とにもかくにも急いで母が店員さんを呼び、
その勾玉を見せてくださいとお願いする。

むりやり手の平に置かれる。
手に取ると重い。心地良い温度を感じる。鳥肌立つ。笑


「この子やわさつき。この子が導いてくれたんやわ。」

「だから言うなそれを!自分が気に入ったんじゃい!」小さい声で抗議。


ばばぁに反発しながらも無性に惹きつけられる。
何て表現していいのか、淡い恋の予感みたいな?

自分で言っててウケるわ。


ちなみに普段わたしはほぼ石に興味湧きません。

自分でお金払って買うとかは、セドナに行った時にその気になって、
あれやこれやと衝動買いしたけど、その時のセドナの雰囲気だから。

今はほとんどパワーストーン好きな人にあげた。


でもここはセドナじゃないしで値段観て、あ~~・・・、と躊躇する間もなく、


「お誕生日プレゼントにこれ買ってあげる!」

「あざ~~っす!」なぜか素直な即決。


母からお札受け取りレジへ。


振り返ると母も同じ石の勾玉を手に持ち嬉しそうに笑う。


「お母さんも買う。」

何やら母の守護霊さまが、お前も買えとおっしゃった。でたよ・・・。

わたしは自分がすんごい気に入ったから買ってもらうんだからな!




こうしてすんごい気に入った勾玉を母娘握りしめ、
なぜか無性に嬉しく心軽くナニワへと帰っていくのでした。


その夜、勾玉に、今日からよろしくとご挨拶。
次の日から大事に身に着け過ごしました。


これで終了にしたかったのだが、
いやだがしかし、の出来事が身に着けたその夜から起きました。


多分、この勾玉の影響なのか?

と、手に取りぼんやり眺める日々が続いています。



またまた続く・・・。




落ち着いてしっかりと受講したいとのお声をいただいて、今回から、
2名クラス、4名クラスをご用意いたしました!
(詳しくはHPをクリック)

【サブコンシャス・シークレットクラス】
第4期メンバー募集開始!
〆切り5月末日
開催日時:6月後半予定(お申込いただいた方に詳細をお知らせします。)

Leap soul ・Workshop



あなたは、どれだけ自分を幸せにしていますか?

本来持つあなたの才能を大胆に呼び覚ます潜在意識を活用し、
古い思考から抜け出し、理想のあなたを実現化させるクラス。



★スピリットガイド・セッション

道に迷い、抜け道がわからなくなったとき、
本当の自分を取り戻し、夢を実現させたいとき、
正しい道へと進む方向性を示してくれるコンパスを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。


★ビジネス・セッション

隠れた自分の才能・潜在能力を開花させるための、
たくさんの活用法を示してくれるテキストを受け取ってください。


★ミディアム・セッション

肉体を脱ぎ、スピリットとなった最愛の人達からの伝言。
それは、一瞬にしてあなたを癒す愛そのものを想い出させてくれ、
優しく包み込み、そっとあなたの背中を押してくれます。

 
上記、各クラス・セッションお申込お問い合わせはこちら 

Leap soul HP




母であること、女であること・・
ふと素にもどったときに染みる想いや心を綴ってます。
(最近また密かに更新中)

Half moon




Facebook(整理整頓中)
無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe






Last updated  2019.05.25 15:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.24
カテゴリ:ミディアム



こんにちは、Satsukiです。

先日東京は春雨どころか大雨だったそうで、
お江戸お住まいの方は大丈夫でしたか?

今年もまた、いろんなイベントが起きるんでしょうが、
良いこといっぱい詰まったイベントでありますように!


4月には新しい元号が発表され、日本中がお祝いムードで湧きましたが、
わたしも発表される瞬間を緊張して、テレビの前で正座して観てました。


「おぉぉぉおお~~~~っ!」
発表された瞬間、ひとり意味不明の歓声を上げておりましたよ。
画面に向かって拍手し深々とお辞儀し、何やってんだと笑った。


で、そのあとからね、
突然、勾玉が欲しい!との想いが湧いてきて、
なんでだ?いやだが欲しいのだと心の中で繰り返す。


昔から勾玉は惹きつけられるような想いはあったのだけれど、
今回はその想い止まらず膨れるばかり。

神社仏閣ほぼ興味のないわたしだけれど、
伊勢神宮だけは小学校の修学旅行で行ってから夢中。
それからずっと伊勢神宮は別格。大好き。

ということで、伊勢神宮に行ってお参りして、
勾玉探したいとの想い日々加速しだす。


HPを作ってくれた東京の友人と、沖縄旅行しようと約束してたが、
沖縄より伊勢神宮行こうよと誘ったら、いいよ!と了承もらう。

彼女のお誕生日が10月なので、それに合わせて伊勢旅行だ!
と決着するも、やっぱり海で泳ぎたかったな~と考えてると、

数日後、別の友人からグアム行かないか?と打診。
海だ!この年齢で水着着るホラーを楽しめる行く!

と、とんとん拍子に話が進む。両方スタンバイOK。



こうして春当たりから、またまた次々叶うという流れの中にいます。
ふと欲しいと浮かんだものがすんなりあれもこれも手に入ったり、
こうなる気がする、との予感もほぼ100%その通りになったり。


「どうした、えらく神掛かってる・・・。」とこっそり満足ほくそ笑む。

で、勾玉欲しいから伊勢神宮へ行くとの考えすっかり消えてました。笑


勾玉よりホラーな水着にはしゃいでた今月のある日、
母が突然、伊勢神宮へ行こうと誘ってきました。


「〇日に行こう!」
「いやその日はご予約あるのでダメです。」
「そっか、じゃあまた別の日ね。」

で終わったのですが、その〇日の前日、
ご予約いただいていた方から日にち変更のご連絡あり。
別の日にちをご予約、スムーズに整い、事なきを得る。

〇日のご予約はお一人だけだったので、
お電話を切って、ふと母親に電話する。


「〇日空いたわ。」
「よかった!じゃあ伊勢神宮行こう。」であっさり決まり。


ここでやっと、そうだった! I want Magatamaだった!を思い出す。


で、当日そんなこんなで伊勢神宮へと無事到着し、
滞りなく下宮内宮へと参拝させていただきました。

当日はあいにく雨だったのですが、お陰で静かな参拝ができました。
そして、普段はよく衝突する2人が、なぜ母親との参拝だったのか、
この日はよくわかったのでした。


母は日本歴史のスピオタなのです。
もうあれもこれも調べて知ってる。
もちろん伊勢神宮の歴史も、太古どころか天照大神から説明できる。

あまりに深く知り過ぎたので狙われるかも・・・と発言した時は、
命懸けで研究し続けてる人に謝れ!と内心辟易しましたけどね。


光と闇の戦いとか、選ばれしわたし!が好きなの母は。とほほ。


それでも祖母から母へ、そしてわたしへと遺伝している霊的感覚?
のようなものは母にも強烈にあるので、そこは信頼してたりする。


一通り参拝が終わり、神宮の横にあるおかげ横丁で伊勢うどん食べることに。
おうどん食べながら、わたしはふと勾玉が欲しいんだと母に伝える。

なぜか母の目がきらりと光る。こぇ~よばばぁ。


「やっぱり・・・。ここへ来た意味がわかった。
 なんでこの日になったのかと言うと、
 今日星占い見たらあんたの星座が今日は最高に良い日やったんよ。」

「お母さんがその前にこの日を指定したんやん。」

「だ~か~ら!この日は行けることになったやん!
 それもこれもお導きやったんよ・・・、うん。」

「でたっ!わたしそういうの嫌いだっつ~てるやろが!」

「仕方ないやん!導かれてるんやから!」

「導かれてるとか~~・・・、もうお腹いっぱい。
 雨の中自分の意思で足使って来ましたよってね。」

「縁のある勾玉が導いてくれてるんやわ。」

「だからやめろってばばぁ!」


2人で生ジョッキのビールを飲んでいたせいか、
お互いほろ酔いも手伝い、違う意味で興奮しだす親子でした。


そして、「勾玉に導かれるまま!」「やめろばばぁ!」

と、ばばぁ連呼しつつも、古代歴史スピオタ母の先導で勾玉探しへと参るのでした。


長くなるので続く・・・。





落ち着いてしっかりと受講したいとのお声をいただいて、今回から、
2名クラス、4名クラスをご用意いたしました!
(詳しくはHPをクリック)

【サブコンシャス・シークレットクラス】
第4期メンバー募集開始!
〆切り5月末日
開催日時:6月後半予定(お申込いただいた方に詳細をお知らせします。)

Leap soul ・Workshop



あなたは、どれだけ自分を幸せにしていますか?

本来持つあなたの才能を大胆に呼び覚ます潜在意識を活用し、
古い思考から抜け出し、理想のあなたを実現化させるクラス。



★スピリットガイド・セッション

道に迷い、抜け道がわからなくなったとき、
本当の自分を取り戻し、夢を実現させたいとき、
正しい道へと進む方向性を示してくれるコンパスを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。


★ビジネス・セッション

隠れた自分の才能・潜在能力を開花させるための、
たくさんの活用法を示してくれるテキストを受け取ってください。


★ミディアム・セッション

肉体を脱ぎ、スピリットとなった最愛の人達からの伝言。
それは、一瞬にしてあなたを癒す愛そのものを想い出させてくれ、
優しく包み込み、そっとあなたの背中を押してくれます。

 
上記、各クラス・セッションお申込お問い合わせはこちら 

Leap soul HP




母であること、女であること・・
ふと素にもどったときに染みる想いや心を綴ってます。
(最近また密かに更新中)

Half moon




Facebook(整理整頓中)
無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe






Last updated  2019.05.24 13:18:08
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.10
カテゴリ:ミディアム



前回、今年は暖冬なんだこりゃ!と言ってたら、
次の日の大阪はいきなり極寒だったわ。

これこそ、ほんと何だこりゃ!どやさ!でしたね。

年末も迫ってまいりましたので、
あなたもどうぞお体ご自愛くださいませね♪



今回はミディアム・セッションのお話を。

肉体を脱いだ人たちからの通訳をさせていただく時に、
セッションを受けられた方の中に残ってしまう痛みは、

悲しみ、孤独感、喪失感、と辛い想いはありますが、実は、


「後悔」の想いが一番強いのです。



あの時こうしてあげていたらきっと・・・、

もっと早く伝えることができたら・・・、

どうしてあんなことをしたんだろう・・・。


いろんな後悔の想いがずっと心を痛めます。


わたしも祖母を見送ったあと、その後悔に苦しみました。

どうしてもっと逢いに行かなかったんだろう。
あの時なんで優しい言葉を掛けてあげなかったんだろう。

寂しがっていたのにどうして仕事を優先したんだろう。

とても愛していたのにそれをちゃんと伝えれなかった。

もっと二人で笑って過ごす時間を作ればよかった。

満開の桜を観せに連れて行ってあげたかった。

たくさん一緒にお散歩すればよかった。

たくさんありがとうを言えばよかった。

たくさん大好きと伝えればよかった。


なんでどうしてあの時、もっともっと・・・。



胸の真ん中がぎゅっと掴まれるような痛み。

もう相手はこの世に存在していない、
もう二度とやり直せないという絶望。


この絶望は罪悪感となり、もっとわたしを苦しめました。

そして、何年も後悔=罪悪感としてのスパイラルに、
身動き取れずに立ち止まったままで居ました。


祖母だけではありません。

わたしの分身のように愛した存在だった愛猫・咲太を見送ったあとも、
ごめんね、ごめんね、と泣いては繰り返すことしかできませんでした。


そんな後悔、罪悪感を抱え続けてるわたしを癒してくれたのは、
終りが観えないがんじがらめの痛みから自由にしてくれたのは、

祖母であり、咲太でした。


肉体を脱いだ存在になった二つの魂は、
いつも最高に笑って現れるんです。
まるでわたしの痛みなど無視です。笑


とても満足したような、満たされているような、
何一つ痛みを感じることなく笑っているのです。

肉体を持っていた頃よりもっと深く、
ただただ、愛してくれているのを感じるのです。


始めはそれを感じるたび、さんざん泣き明かしましたが、
ある日ふと、彼らの誇りのような感覚を受け取りました。


存分に溢れる愛情を注いで生きた誇り。


わたしは存分にあなたを愛した。
わたしは存分にあなたに愛された。

僕は存分に母ちゃんを愛した。
僕を存分に母ちゃんは愛してくれた。


永遠に消えることのない深く浸透したお互いの愛情を、
彼らは、とても誇りに感じている感覚が伝わりました。


そして、二つの魂が送り続けてくれる愛の感覚は、
ずっとずっとこう伝え続けてくれていたことに気付き、呆然としました。


「わたしがこんなに愛したあなたなのだから、
 自信を持ってたくさん愛されなさい。」


「僕をこんなに愛してくれた母ちゃんだから、
 安心して、もっといっぱい愛してあげてね。」



彼らがたった一つ、唯一望んでいる想いだったのです。



残されたわたし達は、肉体を持って生きる以上、
もう彼らの肉体に触れることができない、
ぎゅっと抱いて温度に触れることができない悲しみは残ります。

でも、
心に刺さる後悔や罪悪感は、彼らの想いが伝われば、
ゆっくりと癒し、そして手放すことは必ずできます。

祖母と咲太の想いは、今までのミディアム・セッションを通じ、
どれ一つ例外なく、みな同じ想いなのだと毎回実感しています。



あなたがどれほど愛されたか、

それをあなたの自信に繋いで、

これからも存分に愛されることを楽しんでください。

あなたがどれほど愛してたか、

それをあなたの安心に繋いで、

これからも存分に愛することを楽しんでください。



それが肉体を持つわたし達ができる、
彼らに届ける唯一の恩返しだと決して忘れないで、

新しい年は愛に溢れた時間を存分に過ごしてくださいね♪



只今お申込休止中
更に新しくバージョンアップさせてのご提供準備中

【 スピリットガイド・ミーティング 】
   あなたのガイドと真に繋がるワーク。

これからの世界は、急速に、目まぐるしく変化します。
今までの制限を持つ思考のままでは、ネガティブな状況へと「確実に」進んでしまいます。
今は活用できなくなった古い思考を新しく書き換え、大きく視界・思考を広げ、
本来のパワフルな自分を救い出し、創造していく時代が既に展開されています。

ガイドのサポートを受けながら、自分自身としっかりと向き合い、
これからの人生を思いのままに書き換えたい。
自分自身の能力を開花させたい方は、どうぞご参加くださいませ。



スピリットガイドと繋がる体験してくださった皆さんの体験談



★スピリットガイド・セッション
道に迷い、抜け道がわからなくなったとき、
本当の自分を取り戻し、夢を実現させたいとき、
正しい道へと進む方向性を示してくれるコンパスを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。

★スピリットビジネス・セッション
隠れた自分の才能・能力を開花させ、
たくさんの活用法を示してくれるテキストを、
あなたのガイドが手渡してくれるセッションです。

★ミディアム・セッション
肉体を脱ぎ、スピリットとなった最愛の人達からの伝言。
それは、一瞬にしてあなたを癒す愛そのものを想い出させてくれ、
優しく包み込み、そっと背中を押してくれます。

 
各セッションお申込・お問い合わせはこちら ↓
HPブログ用画像 198.jpgLeap soulリープソウルHP
69608ss.jpg


恋愛・お仕事・母娘、女性を存分に楽しむのだブログ。
HPブログ用画像 198.jpg「Half moon」
HPブログ用画像 198.jpgFacebook(楽し騒がし猫日記とか時々更新)
無題facebooks.GIFSatsuki Watanabe






Last updated  2018.12.10 16:00:15
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.20
カテゴリ:ミディアム
HPブログ用画像 646.jpg

前回の続き


ある知り合いの年配の方が、年金の行方を心配していた私に、

「人の生き死には、どちらも素晴らしい祝福なのよ。
 そう思えた時、人は生きることも死ぬことも怖くなくなるの。

 偏見なんか蹴とばして、魂のお手伝いをしっかりしなさい!」

と唐突に言われたところで、魂のお手伝いとかなんだよ・・・って、
私にはいまいちピンときませんでした。

口にはしなかったものの、不謹慎にも不快感のような思いもありました。
当時は小泉さんが総理大臣となり、なんだか世間が湧いていた頃でした。
私もテレビの国会中継を最初から最後まで観るという初体験で大興奮で。


そんなこんなで、

イギリス人の男性の名前だって直ぐに忘れ、
何も無かったことにして過ごしていました。

ホリエモン捕まったの?とか、郵政民営化ってそもそも・・・とか、
オリンピックとか、世の中はいろんな話題で沸き上がっている中で、
私も現実の世界でしっかり生きることに精一杯でした。

どちらかというと、スピリチュアル的なお話は、
お仕事以外は全然話しませんでした。っていうか話したくなかった。
泣いて笑って迷って悩んで、普通に過ごすことに集中していました。


ところがですよ奥さん。


知り合いの方に言われてから一年も経たずに状況は急激に変化したのです。
提供していたあるヒーリングが大ブレイクし、
何よりお金がたくさん流れ込んできたのです。

お金のストレス取れウハウハのはずが、
その急激な変化に私は付いていけずに、
身も心も憔悴しきって楽しめなかった。

人間ってこんなものなのでしょうか?笑
あんなに宝くじ当たったらね~なんて話してワクワクしてたのにね。

そしてお金の流れにストレス溜めて逃げたくて、
誘われるままに気が付くとアメリカのセドナへ。
それも一年で三回も行かされるというか行った。

えっ?イギリスじゃないの?って私が聞きたい。

そこから簡単にセドナでの体験箇条書きで。

・着いて休む間もなくある人に、いいとこ連れていってやると言われ、
 ネイティブアメリカンの方だけの墓地に連れて行かれて放置される。
 「うえるかむ」とか、あちこちで聴こえる。歓迎してもらった。T-T

・ミディアムという題名のDVDプレゼントされる。
 トムクルーズのDVDがいい!と失礼なこと言う。

・ベッドで寝てたら、グリーン色の光が観えて気色悪い思いする。
 次の日にある人から「さつきのガイドがグリーン色に光って伝えてくれと現れた。」
 と、唐突に話されて余計気色悪くなる。

・いきなり女性を紹介されて、
 その人の亡くなったお父さんをリーディングさせられる。

・言葉にできない女性の切なさと儚さを感じる小さな街に行く。
 女性達は亡くなっているのに、その街から離れることがない。
 昔、その街は売春宿が立ち並ぶ場所だったと聞いて、ため息。

・ある教会で祖母が近くに居ると感じ、涙ほろほろ。
 亡くなった人と繋がりやすい教会だったと後で知らされる。

・その教会の出口でぼんやり座っていたら、
 知らないおばさんにブレスレットもらう。
 「今日来たことを忘れないように」って。

 日本に帰って直ぐに人にあげた。
 それを受け取った人、出世した。

・何か有名らしい岩山と川のあるところを散歩してたら、
 「ふら~いんぐは~い♪」って女の子の声で歌われて、
 観えないけどまとわりつかれる。
 うっとおしくて耳元を手で払って歩いていたら、
 後ろを歩いていたエスパーお兄さんが走って来てにやにやしながら聞かれる。
 「今誰かに話しかけられなかったか?」知らんと答える。

 「いやいや!知らんことないやろっ!」って英語で言われる。
 「今、さつきの側で女の子が話しかけてきたのが観えたぞ~。
  何て言ったんだ?彼女はこの場所を守ってるスピリットだ。」

 急いでそこから離れる。お兄さんからも離れる。

・あるリーディングセッションを受けたらいきなり、
 「お前さ~、ミディアムセッションしろよ~。」って説教される。
 再婚して幸せになれるか?って質問したのにだ!それ答えろよっ!
 とキレる。

・ある人のお家に行ったら、にこにこしたひげの濃い男性の気配がする。
 何も言わなかったら、その人の亡くなった恋人がお家に居ると言われ、
 写真を見せられる。濃いひげの男性。おまわりさんこの人です。

 これもアリか・・・、と、いつまでもお幸せに、と呟く。

・さつきにはパッションが足りないよ、と優しく指摘されたので、
 一人になって空見上げて、ならパッションくれよ!と叫んだら、
 一時間後に、タトゥまみれの生きてるお兄さんにナンパされた。

 これはウケた。


セドナに居る間は、ミディアムとかって一切誰にも言わなかったのに、
バツイチだとか娘が二人いるんだとかは聞かれなくてもぺらっぺらしゃべるのに、

ざっとこんな感じで、滞在中にはいろいろえとせとらな体験をしました。

それでもまだ、強く抵抗する自分が居たんです。しつこい。


だって・・・、
そんな簡単にメニューにして提供するものではないということと、
本当に大切なものとして扱えるほど私はまだまだ成熟していない。


きれいごとが好きではない自分のくせに、
きれいごとに癒されることはないくせに、

自分自身が、さも納得できるようなきれいごとを並べて逃げていました。


セドナから帰って、それでもいじいじしながら過ごしていたら、
セッションに来られた方から、一冊の本をプレゼントして頂きました。


よりにもよってこれもミディアムって書いていある。
ここまで来たら笑えるわほんと。

何となくぱらぱらページをめくりながら、
著者の方のお名前を観ると・・・。


「ん?この人の名前、どこかで聞いたことある・・・。
 あ~!!」


前回お話した、知り合いの方が紹介すると仰ったイギリス人の名前でした。


イギリスでは、えらい有名な人でした。笑

それでもやっぱり会いには行かなかったので、
(セドナ珍道中でほとほと疲れ果ててたので、)
この有名人の方とのご縁は繋がることはありませんでした。


続きます。

   new-year-christmas-wine-candlesss.jpg 
                             楽しむことに理由はいらない♪
クリスマスツリーきらきらプレゼント【 X'masイベント&パーティー・12月2(土)、3(日) 】プレゼントきらきらクリスマスツリー

                               残席2名
     

line-r4.jpgline-r4.jpg

☆スピリットガイド・セッション
☆スピリットビジネス・セッション
☆ミディアム・セッション 
各セッションお申込・お問い合わせはこちら ↓
HPブログ用画像 198.jpgLeap soulリープソウルHP
69608ss.jpg



恋愛・お仕事・母娘、女性を存分に楽しむのだブログ。
HPブログ用画像 198.jpg「Half moon」

HPブログ用画像 198.jpgFacebook(楽し騒がし猫日記とか時々更新)
無題facebooks.GIF
Satsuki Watanabe








Last updated  2017.11.20 18:33:18
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.17
カテゴリ:ミディアム
HPブログ用画像 049.jpg
幼少期の頃から、会ったことのない祖父と夢の中で遊んだり、
いろんな不思議体験は数々あれど、結局自分にとっては何も、

何も不思議ではないという温度差に長年苦しんでいました。



振り返ると、大人と言われるようになってから現在まで、
お葬式に参列した回数が40回を超えるということ自体が、
尋常じゃないと友人に指摘され、そうか~・・・と理解。


どうしてか全然お会いしたことない方のお葬式まで、
ついて来て、とか、代わりに参列してとかいろいろ。

多い時には月に何度も喪服を着て参列した時期もありました。

この尋常じゃない回数が一気に止まったのが、愛猫の咲太を天国へ見送ってから。
以来一度もお葬式の参列はありません。


私がその性質を活かしたミディアムセッションを提供しだした頃は、
霊媒師とか霊能者とか、そんな言葉で表現されていました。

私はその言葉がどうしても嫌いで、拒絶反応を起こしてました。
今よりもずっと偏った考え方や特殊な考え方で、
まだまだ不可思議な世界としての認知しかなく、
そうした偏見がとても嫌で抵抗していましたが、

不快感あらわにしていた私の考えも、
結局は偏見なんでしょうね。笑



今でも、何かにつけて憑いてるとか、
霊障だとか言う人とは、遠く遠~く、
距離を置かせて頂いていますけどね。


最初はメニューとして提示することもありませんでした。
別のセッションを受けられた方で必要とされる時だけは、
こっそりとお伝えして提供していました。


そんな時に、ある年配の方とお逢いしていろんなお仕事の話をしていると、
突然ハッとしたようにまじまじと見つめられ、唐突に聞かれたのです。


「あなた・・・、もしかしてミディアム?」


税金対策とか年金は今後どうなるのでしょうか?
みたいなお話をしている時だったので普通に驚きました。笑


「ミディアムって何ですか?^^;」


当時は初めて聞く言葉だったしお腹空いてたし、
私の頭の中はステーキ焼いてるシェフが浮かび、
ミディアムレアで~、といきってる自分の模写。


「ミディアムっていうのはね、これこれあ~でこうで、
 あなたみたいな能力を持ってる人のことを言うのよ。」

お肉の焼き加減じゃなかった。


「はぁ・・・、なんでわかったんですか?」

「私もそうだからよ。」

「・・・・・・はぁ。」

「はぁ、じゃないでしょ?ちゃんとそれを提供してるの?」

「あ~、はい、多分、こっそりですけど。」


そんな煮え切らない言葉でいじいじしている私に、
その方が叱咤するように仰った言葉を今でも鮮明に憶えています。


「人の生き死には、どちらも素晴らしい祝福なのよ。
 そう思えた時、人は生きることも死ぬことも怖くなくなるの。

 偏見なんか蹴とばして、魂のお手伝いをしっかりしなさい!」



その方は続けて、ミディアムの知り合いを紹介するから、
イギリスへ行きなさいと、あるイギリス人の男性の名前を教えてくださいました。


ここで私はイギリスへと彼を求めて直ぐに飛び立つと、
あなたにもワクワクしてもらえるような素敵なストーリーが展開したのでしょうが・・・、



行かなかった~。笑


だって定期預金解約したくなかったんだもん。
満期まであと2年もあるのに解約できるかっ!


それ以外の貯金とか余裕とかありませんから。
母子家庭は冒険よりも、安定を選びますから。(キリッ!)



こうして定期預金にしがみ付く私のまま何事も無く時は過ぎ・・・。
てはくれなかったのですよ実は。


続く。



   new-year-christmas-wine-candlesss.jpg 
                             楽しむことに理由はいらない♪
クリスマスツリーきらきらプレゼント【 X'masイベント&パーティー・12月2(土)、3(日) 】プレゼントきらきらクリスマスツリー

                               残席2名
     

line-r4.jpgline-r4.jpg

☆スピリットガイド・セッション
☆スピリットビジネス・セッション
☆ミディアム・セッション 
各セッションお申込・お問い合わせはこちら ↓
HPブログ用画像 198.jpgLeap soulリープソウルHP
69608ss.jpg



恋愛・お仕事・母娘、女性を存分に楽しむのだブログ。
HPブログ用画像 198.jpg「Half moon」

HPブログ用画像 198.jpgFacebook(楽し騒がし猫日記とか時々更新)
無題facebooks.GIF
Satsuki Watanabe








Last updated  2017.11.17 16:33:40
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.13
カテゴリ:ミディアム
HPブログ用画像 893.jpg

前回の続き・・・

父の大親友、Sさんが天国へ逝った夜、
私の夢の中で笑って現れていました。

いつものように元気な頃と同じ豪快な声で、
いつものようにくちゃくちゃの千円札を数枚出して、

「これで買えるだけのビール買って来いっ!」って。

何故かSさんの周りはきらきらとお日様に照らされているように明るかったんです。
そんなSさんを観てると私まで何だか嬉しくなってきて、
夢の中では病が治ったんだという不思議な感覚があって、

「お金は要らないから、私が奢るよ。お祝いしよう!」

大人になった私はちょっと背伸びして断ると、

「お前に奢ってもらうほどまだ老いぶれとらんわいっ!」

そう言って千円札を無理やり持たせようとするんですね。
周りには父が居ないし、早く来いよ!と気持ちが焦って、

「お父さんを迎えに行ってくるから待ってて。」
と伝えると、何故か突然思い立ったように笑って、

「俺はもう帰らんとあかん、ほなな。」
と、すたすたと玄関へと歩いて行くんですね。

私は直感で帰って欲しくない!帰らせてはだめだ!
という想いが押し寄せ、Sさんを必死で止めてたら、
目が覚めてしまいました。


しばらくぼんやりした中で、Sさんが今はお酒を止められているから、
きっと飲みたいんだろうな~ぐらいにしか考えていませんでした。
今日お見舞いに行くから元気にしてあげようと支度をしていたら、
母から電話があり、Sさんが昨夜亡くなったと聞かされました。

「えっ?えっ?・・・・・。」
頭の中がぐるぐると回って座り込みました。

母の話では、早朝ご家族の方から訃報の電話があり、
父が飛び起きて電話を取り、そのまま何度も、
「何でやっ!何でやっ!」と大声で叫び崩れ落ちたそうです。

我に返り、まるで怒っているような顔でズボンを焦って履くも、
片方の足のところに両足を入れようとしてコケてはの繰り返し。

母は支度させて送るまで大変だったと・・・。父らしい。


その日私はお通夜には行かず、Sさんの好きなカップ酒を買ってきて、
テーブルに置いてSさんに話しかけていました。

「夢で会いに来てくれてありがとう。父が側に居てくれての観える?
 めちゃくちゃ泣いてると思うよ、思い切り笑ってあげてね側に居てね。

 お父さんも私もみんな、ずっと大好きだよほんとに寂しいよ。」



独り言を言いながら、寂しさ悲しさを堪能しながら、
ふとカップ酒に目をやると、小さな気泡がたくさん、
まるで炭酸のようにほんとにたくさん次々と湧き出てきました。

私の言葉に答えてくれているように、
さわさわぷちぷち湧いては弾けてく。

「腐ってるのか?え~っ?これ腐ってる?」
びっくりして涙も引っ込みましたよ。

すると、お昼寝をしていた当時生後数ヶ月の次女が突然目を覚まし、
声を出して笑い出したんです。
空に両手を上げながら、嬉しそうに何かを触るように、
可愛い声を出しながら笑うんですよね・・・。

その笑い声はまさに、Sさんが次女を抱っこして、
次女の顔に自分のいかつい顔を擦り付けてばふばふした時と同じ。


気泡だらけのカップ酒片手に、次女の笑う姿を観ながら、
「ホラーだ・・・。」と呟きながらもSさんを感じ、
切なくて涙が止まりませんでした。


お葬式ではがっつり父の後ろで笑ってるかと思えば消え、
そのうち式場の中全部にSさんの気配が広がっていました。

出棺の時には、

「俺が行くまでそこで待っとけよ~!」
「もう好きなだけ酒飲んでええぞ~!」

「借りはまだ返しとらんがな!あほが~!」
「なんでお前が先に逝ってまうんじゃ~!」

そう叫びながら男泣きするいかつい泉州男達に囲まれ、
誰もかれもが嗚咽しながらSさんの棺を担いでいました。


私はその光景を観ながら泣きながら、悲しみと裏腹に、
何かに最高に祝福されているような感じがしたんです。

Sさん、ほんとに素晴らしい人生を生きたんだな~って。
我がまま放題に人を存分に愛した人だったんだな~って。

不謹慎ながらもその光景は、人だけではなくまるで壮大な何かに、
空に、雲に、目の前の全てに祝福されているようなお葬式でした。


最愛の人を見送る人達が、見送るセレモニーの全てが、
この祝福を感じれたら、どれほど救われるだろうかと痛感しました。


今でもミディアム・セッションで、時折あの時と同じ祝福を感じる時があります。
それをどうしたら一緒に感じてもらえるかと、いつも夢中になってお伝えします。

人は肉体があろうがなかろうが、
言葉を超えた何かに祝福されているんだ。

私は以来そのことを深く理解する体験が何度もあり、
今も決してこの想いからは離れることはありません。



はてさて、お葬式が終わって数週間、
周りの予想通り父はかなり落ち込みました。

実家の裏庭にある小さな椅子に腰かけて、
ビール片手に夜空を見上げてはめそめそ。

「あの時会いに行ってたら、助かってたかも知れん。
 あの時寂しい思いして、一人縁側に座ってたのか。
 あの時俺が一緒に居たら・・・、あの時どうして。」

父の後悔と寂しさを誰も癒すことは出来ませんでした。
ただただ、父の横で一緒に夜空を見上げるだけでした。

深い悲しみは、
夢中で愛した人が残してくれた、魂からの贈り物。
深い悲しみは、
愛する人とずっとこれからも繋がっている贈り物。



その証拠に、Sさんが天国へ逝って数日経ってから、
父が次女を両手に抱くとあの笑い方をしていました。

父は何もしていないのに、
何かに触れるように小さな両手を上げて、
可愛い声で笑うんです。

私には父とSさんが二人して子守り唄でも歌ってるように、
次女をあやしてくれているようで何度も胸の真ん中ぎゅっ。

もう取り合いして喧嘩しないでね。笑



先日Sさんに逢いたいと父が呟いてからしばらくして、
夜中突然Sさんの大きな声で目が覚めました。

「親孝行せんかい!さつき!」


痛いとこ突かれた・・・。

気付かない振りしてそっと目を閉じ寝返り打って、
また深い眠りへと入っていく私なのでした。


「無視かこら~~~~っ!」




HPブログ用画像 364.gif

☆スピリットガイド・セッション
☆スピリットビジネス・セッション
☆ミディアム・セッション 
各セッションお申込・お問い合わせはこちら ↓
HPブログ用画像 198.jpgLeap soulリープソウルHP
69608ss.jpg


HPブログ用画像 076.jpgオルゴナイトご案内・ご購入HPブログ用画像 076.jpg


恋愛・お仕事・母娘、女性を存分に楽しむのだブログ。
HPブログ用画像 198.jpg「Half moon」

HPブログ用画像 198.jpgFacebook(楽し騒がし猫日記とか時々更新)
無題facebooks.GIF
Satsuki Watanabe

 






Last updated  2017.09.13 18:33:44
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.10
カテゴリ:ミディアム
HPブログ用画像 701.jpg

秋の夜長のお供に、ちょっと切なく笑えるお話…♪

「頑張っとるか~。」

「お前も頑張れよ~。」

6年前脳梗塞で倒れてから、リハビリ頑張ってくれたお陰で、
何とか杖を突きながらでもしっかりと歩いてくれている父と、
先日顔面負傷娘の、いつものご挨拶。

いやほんと、どっちも頑張れ。

父の目的は私ではなく、娘達が帰って来るのを待ちわびる。
いやほんと、孫依存じじぃです。


そんな父がふと口にした言葉。

「秋は人恋し、お父ちゃんSに逢いたい。」
「秋の夜に、Sは天国にて父を見下ろす頑張れよ~。字余り。」
「うまいな。」「まあね。」

父も秋の切ない情緒を楽しんでいるのか、
どうやら随分前に天国へと旅立った親友を懐かしんでいるようでした。

父の大親友だったSさんは、泉州男の見本のような男性でした。
いかつい顔でお祭り大好きで、大きな声で笑い怒鳴り暴れ、
酒豪で何やっても豪快で、誰からも絶大な信頼を得ていました。

父とSさんが揃えば、ろくなことをしないと周りから言われていました。
何故か二人でしょっちゅう温泉旅行に行きました。
お土産でごまかし実は悪さばっかりしていました。
妻にバレていないと二人とも思ってるあほでした。

父はSさんと居る時はほんとに楽しそうで、
私もそんなSさんがほんとに大好きでした。

息子が二人居るSさんにとって、娘が3人も居る父の家は、
遊びに来るたびハーレムだと大喜びで可愛がってくれました。
父もその時ばかりは娘に偉そうに指示したりでご満悦でした。

私が長女を産んだ時も、可愛い可愛いと連呼しては、
父の手から取り合いし、二人本気で喧嘩してました。

「お前はいつでも会えるやんけっ!」
「俺の孫じゃはよ返せあっち行け!」

娘がぐずり授乳するからと私が取り上げると、
Sさんは決まって、慌てて父を引っ張り出し、

「なんぼ自分の娘でも観たらあかん!こっちで待っとけっ!」
「何言うてんじゃ!俺は父親やねんから観てもええんじゃ!」
「そんな権利お前にあるかいっ!はよこっち出てこい!」
「お前はあっち行っとけ!娘の娘は全部俺の娘じゃい!」

授乳のたびに部屋の向こうですったもんだの喧嘩勃発。


やっぱり二人あほでしょ?


そんな笑い話が山ほどあったSさんが、
ある日突然病に倒れてしまいました。

そして、あっけなく天国へと旅立ちました。
まだ50代の血気盛んな働き盛りの年でした。

お葬式で父は受付に座って接待をしていましたが、
真っ赤に泣き腫らした目で受付で笑っている姿は、

父の人生の中でも、後にも先にも父にとっては、
これ以上の悲しみはもう無いんじゃないかしら。
そう感じたほどの、憔悴しきった姿は今でも鮮明に憶えています。


実は父、Sさんに最後に逢えるチャンスを逃していたのです。

病が発症し直ぐに入院したものの既に手遅れで、
自宅に戻り療養していたSさんが何を想ったのか、
ふと、父に電話をしてヒマだから遊びに来いと言いました。

その時父はSさんに逢いに行く予定を次の日に準備しており、
自宅に戻ってからは度々お見舞いにも顔を出していたので、
元気そうな声に、明日行くから待ってろと伝えたそうです。

お見舞いには私も娘を連れて一緒に行く予定でした。


その夜、Sさんはご自宅の縁側で倒れ、息を引き取られていたそうです。
ご家族がたまたま皆さん出掛けていたほんの数時間の間だったそうです。


私は次の日の朝、母からの電話で知らされパニックになりましたが、

Sさんが亡くなった夜に、私、夢の中でSさんと逢ってたんですよね。


長くなるので続く・・・。(引っ張る。笑)

HPブログ用画像 364.gif

☆スピリットガイド・セッション
☆スピリットビジネス・セッション
☆ミディアム・セッション 
各セッションお申込・お問い合わせはこちら ↓
HPブログ用画像 198.jpgLeap soulリープソウルHP
69608ss.jpg


HPブログ用画像 076.jpgオルゴナイトご案内・ご購入HPブログ用画像 076.jpg


恋愛・お仕事・母娘、女性を存分に楽しむのだブログ。
HPブログ用画像 198.jpg「Half moon」

HPブログ用画像 198.jpgFacebook(楽し騒がし猫日記とか時々更新)
無題facebooks.GIF
Satsuki Watanabe

 






Last updated  2017.09.10 18:18:43
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.08
カテゴリ:ミディアム
HPブログ用画像 536.jpg

昨日は長女が会社から台風帰宅勧告があり、
お昼過ぎに帰って来る事態が起きましたが、

今朝は何事も無く清々しい晴天でございました。

そちらはいかがですか?
どうぞ何事も無く過ごされますように・・・。


そろそろお盆も近付いてきていますが、
毎年お盆が近くなると体の変化や不思議な体験する方々に、
これらの体験さえも愛しんでもらえるように、
天国に居る方々の橋渡しのお手伝いできたら・・・。


そんな想いを込めて、いくつかの対処法をお伝えします。


お盆間近セッションに来られる方にも、
よく聞く体の変化あれこれがあります。

この時期、
日本全体がご先祖様や天国へ逝った人達を敬う想いが広がるお盆。

そんな想いが純粋に広がるエナジーのお陰で、
肉体を脱いだ人達との交流がスムーズになる。

私はそう理解し、お盆の時期を歓迎しています。

なので、いろんな素敵な交流の体験をしていますし、
大好きな祖母や肉体を脱いだ友人達とも、
この時期は私自身のいろんな報告を兼ね、
しっかりと繋がっていると確認している尊い時間となっています。


「いつも見守ってくれてありがとう。」

「また逢えるまで見守っていてね。」

「幸せに過ごしていますか?
 私も幸せなので安心してください。」

「ご先祖様、父も母もみんな元気です。ありがとう。」


そんな言葉がそれぞれの想いを乗せて、
肉体を脱いだ存在達に伝えられていく。

素敵な瞬間だな~・・・、って毎年想いますよ。


ただね、普段あまり繋がりを感じない次元というか、
いろんな境界線といわれるエナジーが交流するので、
体に変化が起きる方々が増えるのも事実のようです。


でもそれは悪いことでも怖いことでもありません。
大切な体を労わってあげることに専念しましょう。


そこで、この時期よくある変化と、
それに伴う対処法をお伝えします。


・体が冷える。

冷たい物を控えて、暖かい飲み物をゆっくりと摂って、
しっかりと内臓を暖めて下さい。(ハーブティ最高。)


・耳鳴りがする。

耳鳴りがしたら深呼吸して体をリラックスさせて下さい。
お水に一つまみのお塩を入れ、ゆっくりと飲んで下さい。


・体が重い。

軽い運動やお散歩がてら外の空気に触れましょう。
自然の中で過ごすのもとても良い方法です。


・普段甘いお菓子は食べないのに、
 ここ数日、何故か甘いお菓子が無性に食べたい。

食べても構いませんが食べ過ぎ注意太るで奥さん。
この時期が過ぎると、食べたい欲求は消えますよ。



他にもいろいろと不調が起きる方が居ると思いますが、
何も余計な心配することはありませんし、
何も特別なことをする必要もありません。

私達は普段からも知らず知らずに、
いろんな次元の交わりの中で過ごしていますので、
それが特別なわけでも特殊なわけでもありません。


そのちょっとした変化も素直に受け入れ、
バランスを取っていくことに専念すれば、

あなたのエナジーは素敵な交流を楽しめるようになります。


私も毎年、体や出来事に不思議な変化が起きては、
あ~・・・、お盆が近いからか~!と鈍いながら気付きます。

今回も連日連夜、数年前に肉体を脱いだ友人やお世話になった人が、
夢の中に現れては一緒に会話し不思議なアドバイスをもらったりで、

密かにみんなと遊んでおります。笑



この時期、あなたにももし、体調の変化を感じてたら、
それさえも愛しんでみる気持ちで過ごしてみて下さい。


きっと、

誰かがあなたを見守ってくれていることに気付くかもしれませんよ♪




HPブログ用画像 364.gif

☆スピリットガイド・セッション
☆スピリットビジネス・セッション
☆ミディアム・セッション 
各セッションお申込・お問い合わせはこちら ↓
HPブログ用画像 198.jpgLeap soulリープソウルHP
69608ss.jpg


HPブログ用画像 076.jpgオルゴナイトご案内・ご購入HPブログ用画像 076.jpg


恋愛・お仕事・母娘、女性を存分に楽しむのだブログ。
HPブログ用画像 198.jpg「Half moon」

HPブログ用画像 198.jpgFacebook(楽し騒がし猫日記とか時々更新)
無題facebooks.GIF
Satsuki Watanabe

 






Last updated  2017.08.08 15:55:29
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Profile


Satsuki.

Freepage List

Calendar

Archives

Category

Free Space

♪私のもう一つのサイト♪
あなたが女性であることを心から楽しめますように・・・
「Half moon」


♪大好きなお友達のサイト♪
ライフリーディング 生支州さん
The simple is best
ジュエリーデザイナー Hiroさん
HIROKU
Sedona ミスティカル数秘術Gnobo(ノボ)
mistical Numerotogy
セラピスト&トランスレーター ジョンヒさん
アクセスバーズ®Salon de O'cchi~オッチ~
ロミロミ&ヒーリングサロンPUNA~プナ~・いずみさん
「レムリアの月の癒し」

Comments

Satsuki@ Re[1]:あなたの人生設計を書き換える時がやっと来たよ♪(06/28) めぐみさんへ お返事が大変遅くなってし…
めぐみ@ Re:あなたの人生設計を書き換える時がやっと来たよ♪(06/28) それは… 50代からでも、 家族にいくつか問…
Satsuki@ Re[1]:Kune Manさんへ 素敵なコメント有難うございます。 お返事…
フェイスブック名 Kune Man@ Re:おかんと私のバトル旅(07/07) ブログを 愛読させてる者です 親子の関係…
Satsuki@ Re:めぐみさんへ めぐみさんお久し振りです。^^ 返信遅く…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.