000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

全1件 (1件中 1-1件目)

1

アロマな話(精油&ハーブ)

2007/04/15
XML

去年の秋にうちに来たジャスミン。
まだ小さいのですが、今日の陽気で一番花が咲きました。

jasminum officinale grandiflorum

実はこれ、園芸店で良く見かける「羽衣ジャスミン」とは違う品種で、
学名を「Jasminum officinale grandiflorum」と言い、
日本名が「オオバナソケイ」です。

ジャスミンの種類は、300種以上とも400種以上とも言われ、さらにジャスミンの仲間じゃないのに、「〇〇ジャスミン」の名前が付いてたりして、
もう何がどれだかさっぱり分からなかったりするのですが、
通常、アロマテラピーの精油に使われるのは、

Jasminum officinale
Jasminum grandiflorum
Jasminum sambac

の3種類と言われています。
このうち、「Jasminum sambac」は、日本名「マツリカ」、中国名「茉莉花」で、あのジャスミンティに使われる花です。
沖縄の「さんぴん茶」に使われているのもこの種で、
ハワイで「ピカケ」と呼ばれるレイの材料もこれだそうです。
精油の原料になるのは、「grandiflorum」がほとんどのようです。

ちなみに、「羽衣ジャスミン」の学名は「Jasminum polanthum」 で、ジャスミンの仲間ですが、アロマテラピーで使う種類ではありません。

何とかして、本物(?)のジャスミンの苗が欲しい!
とずっと探していて、やっと見つけたこの苗。
でも、学名が「Jasminum officinale grandiflorum」っていうことは・・・結局どれ??

で、色々調べてみたのですが、
「Jasminum officinale grandiflorum」は「オオバナソケイ」で、
「Jasminum gfandiflorum」は「タイワンソケイ」だから違う種類だ という説もあれば、
「Jasminum officinale grandiflorum」=「Jasminum grandiflorum」という説もあり。
でも、「オオバナソケイ」=「タイワンソケイ」という説が多く、
「「Jasminum grandiflorum」は「officinale」の香りの良い選抜種で、南フランスで香料の採取用に栽培されている。」という文献もあったので、
おそらく精油抽出に使われる「Jasminum grandiflorum」と同じ品種だろう。ということで落ち着きました。

実際の香りはどうかというと・・・
「う~~ん。まさにジャスミンの香り!」です。
甘くて、フルーティ。ちょっと重いけど、上品な香り。
確かに、「羽衣ジャスミン」とは少し印象が違います。

それで、またまた調べてみると、
ジャスミンには、「インドール」という成分が含まれているのですが、
これは、糞尿の匂いの元になっている成分でもあるのです。
ジャスミン=トイレの匂いを連想する人もいるようですが、あながち間違ってはいないと言えます。
でも、これがすご~く低濃度でしかもジャスミンの他の成分と調和すると「麝香」のような香りになるのです。反対に濃度が高いと臭くなる。
で、「羽衣ジャスミン」はこのインドールの量が、「grandiflorum」や「sumbac」より多いのだとか。

だから、あんまり沢山咲いてると、くどい感じがしたりするのですね。
ほんの少しのことなのに、香りって奥が深い。。。
ちなみに、羽衣ジャスミンの学名についてる「polanthum」は、「沢山花を咲かせる」という意味だそうです。

さてさて、うちのジャスミン、 
いっぱい咲いたら、ジャスミンはちみつや、ジャスミンの抽出油を作りたいのですが、
この種は、羽衣ジャスミンより、成長がずっとゆっくりなので、いつになることやら。
でも楽しみです。

今年は、マツリカ(sumbac)の方も、ぜひ手に入れたいなぁと思っています。

今回はちょっとお勉強の内容になってしましました。
横文字いっぱいで読みにくかったかも。
アロマテラピーの定義には、「植物の精油を使った」「療法」とありますが、
私は精油のことをちゃんと理解するには、何と言ってもその植物を知る事が大事だと思っています。
精油は単なるモノではなく、植物のぜ~~んぶを含んだ、まさにエッセンスなのですから。

次回は、ジャスミンのブレンド例を紹介しますね。







最終更新日  2007/04/15 12:44:42 PM
コメント(6) | コメントを書く


全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.