657354 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日の月はどっち

2021.02.06
XML
カテゴリ:健康・ダイエット
下肢の色素性紫斑が分かって、さらにうなずけるのは、赤ら顔のこと。
皮膚が薄く、血管が拡張しやすいタイプだったんだ。

関東にいた頃は、赤ら顔になるのは介護仕事のお風呂当番になった時ぐらい。
なのに今では普通に家にいて顔が真っ赤。
先日も寒い外から帰って来た後から丸二日、頬っぺが真っ赤だった。
触るとカッカして熱くなっている。
コロナ禍だから、頬っぺたで検温されたら引っ掛かりそー。

治すには
1 レーザーで毛細血管を焼く。
 これは地元にできる皮膚科がないので却下。保険適用外で高いしね。

2 赤み軽減化粧品をつける
 一度買って使ったが全然効果がないのでやめた。

3 寒暖差をなくす
 北海道だもんね。外はマイナス8℃、居間は25℃、自分の部屋だってストーブを焚いている時と焚いていない時とでは20℃以上の差はあるからこれも難しい。

4 皮膚を厚くする
 顔を冷水と温水に交互に浸す。これは試していない。皮膚の血行を良くして厚くなるというのだが、本当だろうか。寒暖差がダメというのに矛盾しないのかな?
でも一度試してみないとね。

ちなみに少し寒くなると顔がすぐ冷たくなる。冷たすぎて夜中に目が覚めることも。特に鼻。だが鼻は赤くならない。最近、耳を暖めるとあまり顔が冷たくならないことがわかった。






最終更新日  2021.02.06 14:13:54
コメント(0) | コメントを書く
[健康・ダイエット] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

プロフィール


fullmoon1040

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.