1823108 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

九州出身者がつくる九州情報館。

PR

全690件 (690件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 69 >

野球全般(プロアマ問わず)

2020年11月07日
XML
日本でプロ野球と言うと日本野球機構(NPB)のセ・パ両リーグに所属する
12球団のことを長い間指してきましたが、球界再編問題なども相まって、
独立リーグが相次いで誕生してきました。

2005年に誕生した四国アイランドリーグplusや、
2006年に誕生したルートインBCリーグでは、
地域の支援などもあって10年以上活動を続け、ドラフトでNPBに多くの選手を送りました。
しかしそれ以外のリーグは経営難に苦しみ、活動を休止したりするところがありました。

福岡にソフトバンクホークスがある九州でもかつて独立リーグ構想があったり、
四国アイランドリーグplusに参加したチームもあったりしましたが、
構想が実現しなかったり、チーム活動が短期間で休止したりと長続きしませんでした。

そんな中、社会人野球の熊本ゴールデンラークスが、
来年度からプロ球団化することを発表しました。
そして新たに『九州独立プロ野球リーグ』を発足させました。
リーグに参加するチームは熊本ゴールデンラークスを母体とした
『火の国サラマンダーズ』と、
大分県を本拠地とする『大分B-リングス』の2チームです。

11月4日には設立会見が福岡市内で行われ、
・2021年の3月20日に開幕
・9月まで36試合の公式戦を実施
・公式戦以外にホークス3軍や四国アイランドリーグplus、
 琉球ブルーオーシャンズとの交流戦44試合を実施
・来年にはベースボールアカデミー設立
・選手の副業を容認

といった概要が発表されました。
そして今日は八代市内で2球団合同のトライアウトが開催されました。

2球団でのスタートですが、九州の他の県からも参加チームが増えて、
四国アイランドリーグやBCリーグのように長く続くリーグになってもらいたいですね。
そして九州でプロ野球選手を目指す若い人や、NPBで戦力外になった選手たちの
新たな受け皿として機能することを期待しています。

それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年11月07日 18時41分59秒


2020年06月10日
テーマ:高校野球(3132)
今年のスポーツ界は新型コロナウイルスの影響で各種大会が軒並み中止となりました。
高校スポーツでも高校総体が中止となり、高校野球も春・夏の甲子園大会が中止になり、
一部地域で県域内だけの大会を開催するという動きが出ています。

そんな中、日本高校野球連盟は出場校が決まっていながら大会が中止となっていた
第92回選抜高校野球大会の代替試合の開催を発表しました!
場所はもちろん阪神甲子園球場で、
大会名も『2020年甲子園高校野球交流試合』(仮称)となるそうです。

詳細はまだ決まっていませんが、おおむね以下のような内容だそうです。
・組合せ抽選会は7月18日にオンライン形式で開催。
・開会式はリモート形式などを検討。
・試合数は1日3試合で8月10~12・15~17日の6日間開催。
 (13日・14日は予備日。)
・9回終了時点で勝敗が決まらない場合の対応は未定。
 (引き分けまたはタイブレーク。)
・ベンチ入りは20人まで。
 (例年は18人、3年生を1人でも多く入れるため。)
・招待人数は30人まで。
 (選手20人+監督・スタッフ・教員ら10人。)
・宿泊は前日と試合当日の最大2泊まで、
 近隣校は1泊のみや日帰りも検討。
・関東以西は公共交通機関を使用せず、
 地元の貸切バス1台をチャーターして甲子園へ向かう。


選抜が中止になった際に八田英二・日本高校野球連盟会長から、
「何らかの形で甲子園の土を踏ませてあげたい。」
というコメントがありましたが、その実現へ向けて大きく動き出した気がします。

出場校の選手たちは1試合だけ与えられた甲子園で試合をする権利を
大いに活かして、これからの人生への糧としてもらいたいですね。
それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年06月10日 22時21分34秒
2020年05月11日
日本野球機構(NPB)は今日オンラインで開催した臨時の12球団代表者会議で、
7月19日(日)・20日(月)に開催予定だった
今年のオールスターゲームと、13日(月)に開催予定だった
フレッシュオールスターゲームの中止を発表しました。


特にオールスターは開催されていればちょうど70回目の節目だっただけに
NPBも選手たちも、そしてファンも残念に思ったのではないかと思います。

中止の経緯について斉藤惇コミッショナーは、
「出場選手を選出するファン投票をはじめとした選手選考、
その他の重要となる準備に着手できない状況から、
現時点からの準備計画や関係各所との調整など、
期間的にも困難と判断した。」
と説明しました。
まぁ確かに選手が試合をしていない状況でファン投票を行うことは不可能ですし、
開幕できたとしてもオールスターの時期に観客を入れて試合ができるかもわかりません。

できれば今年開催予定だった球場(オールスター第1戦:福岡ドーム、
第2戦:ナゴヤドーム、フレッシュオールスター:坊っちゃんスタジアム)については
来年の開催地にスライドしてもらいたいと思います。

また、一部報道でもあった開幕日についてですが、
現時点での確定が見送りになりました。

こちらについてもコミッショナーから、
「現時点で開幕日を決定するのは難しい。
一部の県で行われた規制緩和の結果が20日頃に出てくるので、
これを見ないといけないというのが専門家の方々のご意見。」

とコメントしており、次回(22日)の会議で議論するそうです。

オールスターの中止はある程度予想していたことではありますが、
いざ決まったとなると少し残念な気持ちはあります。
ですが選手たちはもちろんファンの安全を考えると止むを得ない決断だと思います。

22日ごろには今よりも新型コロナウイルスの勢いが終息することを願っています。
それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年05月11日 23時01分33秒
2020年05月09日
2020年もすでに5月となりましたが、新型コロナウイルスの影響で、
世界的にスポーツ界は試合の中止や延期などが相次いでいます。
日本でも先日大相撲夏場所の中止と名古屋場所の両国開催が決まり、
プロ野球やサッカーJリーグはまだ開幕のめどすら立っていません。

しかし今朝のスポーツ紙によると、
プロ野球が最短で6月19日の開幕に向けて準備をするそうです。

先日から12球団で唯一自主練習を行っていなかった楽天が、
ホームスタジアムのある宮城県で休業要請が緩和されたことを受けて
ようやく自主練習の再開にこぎつけたという明るい話題が入っています。
また感染者数の少ない地域に本拠地がある球団では
今月中旬からの全体練習再開も予定されています。

仮に予定通り政府の『緊急事態宣言』が5月末で解除された場合、
6月から対外試合が解禁となるため、準備期間を踏まえて
最短で6月19日からの開幕を視野に入れているそうです。

週明けの11日にはJリーグとの対策連絡会議と12球団臨時代表者会議が行われ、
その中で具体的な開幕日が検討されるのではないかと思われます。
ここ数日で1日あたりの新規感染者数が100人を割り、
1日あたりの退院患者数が新規感染者数を上回っていますので、
この調子でいけば病床数にも余裕が出てくるはずです。
そうなれば地域によっては5月末を待たずに『緊急事態宣言』の解除が行われたり、
感染者数がまだ多い地域でも予定通り5月末に解除される可能性も出てきました。

東京などでは休業要請や外出自粛要請がまだ続いていますが、
1人1人の努力によってその解除を早めることは可能です。
6月中にはプロ野球が開幕できるように、みんなで頑張っていきましょう!

それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年05月09日 19時14分48秒
2020年04月23日
新型コロナウイルスの影響で開幕時期が未定となっているプロ野球ですが、
今日オンラインで行われた12球団代表者会議の中で、
全国に緊急事態宣言が発令されているということもあり、
現時点での開幕日設定は無理と判断し、
5月11日に行われる次回の代表者会議まで持ち越されることになりました。

そして開幕する場合も、プロ野球史上初となる
無観客でのペナント公式戦開催の方向性であることも明らかになりました。

斉藤惇コミッショナーは会議後の記者会見で、
「財政的な問題は当然考えなきゃいけないが、
今は野球を通して全国の皆さんに元気になっていただき、
明るい話題を持ってもらいたいという気持ちが全球団強い。」

と説明しました。

また、観客を入れての試合開催については
「ずいぶん先になるんじゃないかと思います。」
と言及しました。

感染対策を施しての自主練習のみで日々を送る選手たちにとって、
早くペナントを開幕してもらいたいという気持ちがあるのは理解できます。
そしてプロ野球は『興行』であるがゆえに、入場料収入が入らない状態での開催には
各球団にとっては痛いことだと思います。
ですがこのジレンマを解決するには無観客での開催しかないのが現状です。

すでに台湾では無観客でペナントが開幕していることですし、
オープン戦のように無観客でも試合ができないわけではありません。
無観客でも構わないので、5月に行われる会議で開催日程が決まるといいですね。

それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年04月23日 22時23分25秒
2020年04月17日
例年この時期にはすでにプロ野球が開幕しているのですが、
今年は新型コロナウイルスの影響でまだ開幕していません。

そんな中で今日、12球団代表者会議がオンラインで行われ、
今シーズンの日程について協議した結果、
今年のセ・パ交流戦中止
5月中のペナント開幕断念を決定しました。

交流戦中止によって各球団18試合ずつ削減されることから、
今年開幕できたとしても最大125試合となりました。

また無観客での開幕について斉藤コミッショナーは、
「皆で話し合っている、という段階ではないが、
状況が状況なので、私としては否定できない。」

と言及しました。

都内でついに新たな感染者数が200人を超え、
国内全体の感染者数もまもなく1万人を超えようとしています。
全国に緊急事態宣言が出されている中で、1人1人が感染拡大防止へ向けて取り組み、
1日でも早く終息して、プロ野球がみられる日が来ることを願っています。

それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年04月17日 22時08分15秒
2020年03月25日
昨日、今年7月から行われる予定だった
東京オリンピック・パラリンピックが、
新型コロナウイルスの影響によって1年程度延期することが決定しました。
これは準備を行ってきた多くの関係者や出場予定だった選手たちに
大きな影響を与えたことと言えるでしょう。

そして延期になったことによって、
当初この期間に中断するはずだった
プロ野球の日程にも影響
する形となりました。

東京五輪が開催されるのであれば、
本来7月21日から8月13日までの間、
プロ野球が中断され、開幕が遅くなっている現在の予定であれば、
クライマックスシリーズ(CS)を短縮せざるを得ない状況でした。

ところがその五輪が延期になったため、中断をする必要がなくなったのです。
当初の中断期間を利用して当初3月20日から行われる予定だったカードを組み込むことで、
通常通りCSを開催することができるだけでなく
当初11月下旬開始予定だった日本シリーズの日程
1週間前倒しすることも可能になりました。

NPBでは近日中に会議を開き、日程の練り直しを行うそうです。
五輪・パラの延期は残念ですが、新型コロナウイルスによって開幕が4月にずれ込んでいた
プロ野球にとっては良い結果だったのかもしれません。

ですが何よりも、新型コロナウイルスの脅威が1日でも早く消え去ることを願うばかりです。
それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年03月25日 21時36分04秒
2020年03月23日
世界的に衰えの見えない新型コロナウイルスですが。
これが無ければ今頃はプロ野球が開幕した直後となっていました。

しかし3月20日の開幕がなくなり、4月10日頃の開幕へ向けて
準備が進んでいた矢先、今日12球団の代表者とJリーグ関係者が集まって行われた
『第4回新型コロナウイルス対策会議』で、
4月24日の開幕を目指すことが決議されました。

この会議で専門家チームからは、
「現段階では早期開催は難しい。
出来る限り遅らせてほしい。」
という意見が出ました。

これを受けて当初の公式戦の日程で行われてきた
練習試合一時休止されることになりました。
パリーグは明日から休止で4月10日から再開、
セリーグは26日から休止で4月14日から再開される予定です。

2リーグ制になって最も遅い開幕は1973年(4月13日)でしたので、
これが大幅に更新される公算が強まってきました。

ファンや選手たちの健康を考えると延期は止むを得ないことではありますが、
早く新型コロナウイルスの猛威が終息してくれることを願っています。
それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年03月23日 22時49分15秒
2020年03月11日
テーマ:高校野球(3132)
スポーツ界に大きな影響を与えている新型コロナウイルスですが、
昨日プロ野球では当初3月20日に予定されていた
ペナントレースの開幕が延期されることが決まりました。

その他多くのスポーツが開催延期や無観客試合を余儀なくされている中、
選抜高校野球は今月初めに無観客での開催を前提に準備を進めてきましたが、
政府がさらに10日の各種イベント自粛を要請したことを受け、
今日開催された臨時運営委員会の結果、
予定されていた大会としては史上初となる
大会中止を決定
しました。

会見に出席した八田英二・日本高校野球連盟会長からは、
「高校野球は学校教育の一環。
選手の心身の発展に寄与する上で、健康面で不安があった。
選手の健康を第一に考え、苦渋の決断をした。」

と中止に至った経緯を説明しました。

仮に無観客でも開催した場合、選手や関係者はこの期間に甲子園に一堂に会することや、
宿舎から球場までの移動なども配慮しなければなりません。
また3月初旬から兵庫県・大阪府の感染者が増大したことから、
選手たちの感染リスクが高まったことも中止に至った理由と考えられます。

残念ながら中止になってしまいましたが、
大会としては第92回大会のままであり、
出場校も出場回数にカウントされる
そうです。
実際に甲子園の土を踏めなかった選手たちについては、
「何らかの形で甲子園の土を踏ませてあげたい。」
と八田会長が語っていました。

他のスポーツが軒並み中止や延期を行っている中、
高校野球だけ特別扱いをするわけにはいきません。
やはり選手たちの安全・健康が第一ですので、
今回の決断は英断だったと思います。

球児の皆さんは残念ではありますが、
夏の大会へ向けてさらに力をつけて、甲子園に来てもらいたいと思います。
それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年03月11日 22時03分23秒
2020年03月09日
プロ野球とJリーグは今日、都内で
『第2回新型コロナウイルス対策連絡会議』を開催しました。
そのあと専門家チームが会見を開き、
新型コロナウイルスの収束がまだ見通せない状況にあることから、
「プロ野球は開幕延期が望ましい。」という見解を示しました。

これを受けてプロ野球12球団の代表者会議が開催され、
3月20日のプロ野球開幕の延期を正式に決定しました。

斉藤惇コミッショナーは会見で、
「現状、患者がどんどん増えている。
20日で開催するには時間が無い。
1軍は4月中の開幕を目指す。
2軍は3月いっぱいは無観客の練習試合とする。
詳細は12日に決める。」
と発表しました。

現時点ではまだ3月20日の開催の延期『のみ』が決まっているだけで、
今後の試合日程やCSの開催など、
詳細については12日に代表者が再び集まって話し合うことになりました。

新型コロナウイルスが猛威を振るったままの現在で、
20日に無事に開催するのはさすがに難しいようです。
となれば今年は無事に143試合ができるかどうかも心配になってきました。

12日の話し合いの結果がどうなるか気になるところですね。
それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2020年03月09日 23時02分35秒

全690件 (690件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 69 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.