2021年01月16日

2度目の緊急事態宣言から初の週末、福岡県で過去最多の411人感染

テーマ:ニュース(91954)
カテゴリ:九州の話題
今週、首都圏1都3県に加えて福岡県など7府県も、
2度目の緊急事態宣言の対象地域に追加されましたが、
それから初の週末を迎えました。

受験生の皆様はちょうど今日からこれまでのセンター試験に代わり、
初の『大学入学共通テスト』が始まりました。
新型コロナウイルス対策で受験生たちはマスク着用が義務付けされたり、
座席の間隔も大きく空けられたり、体調が悪い場合は今まで以上に
2週間後に開催される追試験の受験を勧めたりと、異例な状況でした。

一方、JR博多駅の博多口には小川知事や県職員らが、
パネルを手に『不要不急の外出の自粛』を呼びかけていました。
さすがに博多駅や天神などの繁華街の人出は宣言が出される前に比べて少なくなったようです。

しかし今日発表された新たな感染者数は過去最多の411人となりました。
内訳は福岡市:188人、北九州市:55人、久留米市:12人、
上記以外:156人
となっています。

緊急事態宣言が出たからと言ってすぐに感染者数が減るわけではありませんが、
医療機関や福祉施設、警察関連施設で感染者集団(クラスター)
発生しているほか、家庭内感染も増えてきているようです。

明日の九州北部は冬型の気圧配置が強まって真冬並みの寒さになり、
が降るところもあるという予報が出ています。
これ以上感染者数を出さないためにも、不要不急の外出を自粛したり、
感染対策をしっかりするなどしてもらいたいと思います。

それでは、今日はここまで。



人気blogランキング04にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ





TWITTER

最終更新日  2021年01月16日 21時45分37秒