2912665 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

森でのんびり

全476件 (476件中 111-120件目)

< 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... 48 >

小さな旅・おでかけ

August 31, 2013
XML




自転車でご近所の1kmぐらい先のゲルへ。


外界と通ずるゲル2013.08.18モンゴル アルタンボラグ
外界と通ずるゲル2013.08.18モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


モンゴルの草原の場合だいたい10km先ぐらいまでは


目で確認できるから、


1km先のゲルは、超ご近所。




草原での暮らしのご近所づきあいは


日本の田舎の昔ながらの暮らし方に近くって


誰がゲルに来ても自分が留守の時でも


客人がお茶を飲めるように準備をして出かける。




時として厳しい自然の中では助け合い、


こうしてお茶を飲みながらの情報交換は


重要なものであったのだろう。




今は、交流は、郵便より


eメールに変わっているんだとか。




ちなみに郵便も遊牧民のお宅にちゃんと届くという。




どうして、好きなところに放牧させていても


毎年ゲルが引っ越ししていても


郵便が届くのかと尋ねる私たちに


「なんとなくわかるんです。この辺っていうのが。


それで、郵便も届きます。」


と説明を受ける。


馬乳酒2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
馬乳酒2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


訪問客は、馬乳酒でもてなされ


入口に置いてある馬乳酒の桶は


来た人は誰でもかき回すことになっている。




ミルク茶をご馳走になる。




ミルクに、ミントと塩を入れたお茶。




ミルクスープみたいなお味。


馬乳酒、ミルク、チーズ、生クリーム、ミルク茶などお茶をご馳走になる。2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
馬乳酒、ミルク、チーズ、生クリーム、ミルク茶などお茶をご馳走になる。2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


手作りのチーズと生クリーム。




チーズに生クリームをトッピングをしていただく。


熟成中のチーズ2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
熟成中のチーズ2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


おぉ高カロリ(笑)、自転車乗ってきたから、まぁいいか。




ゲルには、薄型テレビも据えられていた。


乗馬の名人2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
乗馬の名人2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


遊牧民さんの仕事は、一番の末っ子が


家業を継ぐというやり方で長男などは


先に家を出て独立していくのだという。




ある意味、合理的。




この日、彼の彼女が来ていた。




二人ともまだ20歳。




なんとも初々しいカップル。




モンゴルは、日本より結婚がはやいと教わる。




ガイドのゾルさんは、平均寿命が


65歳ぐらいだからと分析されていたけれど


…どうなんだろうか。




彼女に「彼は、運命の人ですか?」と尋ねると


「ザヤニー ハニ(運命の人)です。」と


はにかみながら教えてくれた。




わたしたちのために民族衣装に


身を包んできてくれた彼女。


ご近所のゲルへ2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
ご近所のゲルへ2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


素敵なおもてなしに場の雰囲気が和む。




結婚前でもこうして、


相手の家の家事を手伝いに


泊りがけでやってくるという。




家事も手が空いているほうが行うという様式らしく


日本の古くからある女性の立場について彼らに


説明してもまったくわからない価値観のようだった。




二人は私たちとお別れをすると


すぐにウンセフ(キス)しあっていた。




なんとも可愛らしいカップルだった。



 

写真は8月19日にモンゴル アルタンボラグにて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は4
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


人気ブログランキングへ
↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)











Last updated  August 31, 2013 01:07:35 PM
コメント(10) | コメントを書く


August 29, 2013




初めて乗ったMTB。


初めて乗ったMTB2013.08.18モンゴル アルタンボラグ
初めて乗ったMTB2013.08.18モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


ガイドの丹羽さんがレンタル用に


日本から運んできてくれたもの。




オフロードを走るのも初めて。




モンゴル草原は、緩やかなアップダウンが


そしてところどころ砂地化しているところも。




いい筋トレ…というか、ハードトレーニング。




一番軽いギアで、トロトロ走っていたけれど


普段、舗装路をクロスバイクで


トロトロしか走っていない私には


負荷が大きいみたい。




でもね、デコボコの道を行くのも楽しいし


道を外れて草むらを走れるのも


モンゴル草原のいいところ。




世界各国を旅してきたガイドの丹羽さん曰く、


道を外れてこんなに四方八方自由に


走れるのはモンゴルぐらいという。




あんなに毎日肉食してクッキーやケーキも食べて、


自転車に乗って、体重は-1kg。




帰国してすぐに戻ったけれど(笑)




モンゴルで“青”は、


魔除けみたいな意味があるらしい。




鬼門と言われるところに建てられていたもの。


鬼門2013.08.18モンゴル アルタンボラグ
鬼門2013.08.18モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


周囲よりちょっと小高い場所にさらに石がつまれて


木が建てられて、その先に青い布が結ばれている。




ここのは、その青い布がなかったけれど。




自然の力や脅威、そういうものに敬意を払う


モンゴルの人々の思いが感じられる気がした。






今日は、久しぶりに電車&車でお出かけです。




お友達の作品展を観に山梨県の陶芸の釜に


お友達の運転で行ってきます!




わたしね、自転車は、ほぼ毎日


1年の95%以上乗っているけれど


最近、電車や車に乗るのは超ひさしぶり。




そして、超ペーパーオートマ限定ゴールドドライバー。




通算、走行距離数400km。




もうドライバーとつけること自体が


おこがましい感じ。




自転車の走行距離は、


だいたい今のところ年間7000~8000km。




ひとりじゃ行けないなと諦めていたところに


お友達からのお誘い。




ありがたいっ。




朝9時に調布駅で待ち合わせ。




行ってきます!!



 

写真は8月18日にモンゴル アルタンボラグにて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は4
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)










Last updated  August 29, 2013 06:17:38 AM
コメント(10) | コメントを書く
August 24, 2013



草原に咲く2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
草原に咲く2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


早朝、オーダムタル(広大な草原)を


吹き抜ける風は、セルーン(涼しい)。




朝は、グッと冷え込んで


ダウンジャケットや巻きスカート


レッグウォーマー、レインパンツ


とにかくポカポカグッズを身につけて過ごす感じで


ちょうどいい。




都会の生活様式を草原に持ち込もうとすると


ところどころ歪みたいなのがあって


記憶の薄れているせいか


それとも経験の不足からか


本来なら想定すべきことがストンと抜け落ちていて


不便を感じるみたい。


足元の小さな花2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
足元の小さな花2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


オータムダルで過ごしているなら


当たり前のことなんだけれど。




ゲルで過ごすのにサンダルが便利~と


事前の情報があったんだけれど


自然の中で過ごす経験をお持ちの方なら


冷え込んだ朝、朝露でしっとりとすることを


覚えていらっしゃると思う。


オーダム タル(広大な草原)のふたごキノコ2013.0819モンゴル アルタンボラグ
オーダム タル(広大な草原)のふたごキノコ2013.0819モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


同じゲルで過ごしたルームメイト…ゲルメイトが


「何度、靴下を替えても


濡れちゃう。」とぼやいていた。




靴下を替える姿を何度も見ていて


濡れたものを身に着けていると


冷えてしまうから着替えることはいいことだな、と思いつつも


なんだか、その姿が可愛らしかった。


朝露2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
朝露2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


草原での過ごし方をどこかに


置き忘れて来ちゃっているのね。




シューズ用のレインカバーやレインパンツや


登山用スパッツのたぐいは、草原の朝では、大役立ち。




祖父母の家で過ごしていたときは、いつも長靴だったっけ。




朝露いっぱいの草原でのんびりぽっ




足を濡らしながらも、


仔馬のように元気に跳ね回る彼女。




思いっきり、草原の朝を体感して、いい顔だったな。


ゲルとどこか似た形しているね。2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
ゲルとどこか似た形しているね。2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森



 

写真は8月19日にモンゴル アルタンボラグにて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は4
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)










Last updated  August 24, 2013 11:58:13 AM
コメント(8) | コメントを書く
August 23, 2013




オーダム タル(広大な草原)で


洗濯をするということ。




この意味を考えながら


タライを抱えて


井戸に水を汲みに行っていた。




このキャンプでは、水はものすごい貴重。




そこに旅行者である、


私が悠々と洗濯をするということ。




でも着替えを2日分しか持ち歩いていないわたしには


必要な行為…だと思う。




洗濯をした水は、また大地に還すことになる。




インパクトは最小限にしなければ。




汗を流すだけの水洗いで十分。


草原で洗濯2013.08.18モンゴル アルタンボラグ
草原で洗濯2013.08.18モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


なるべく、控えめに水量を抑え


圧し洗いを始めた。




日差しを避けて、ゲルの影に入り


オーダム タル(広大な草原)を目の前に


洗濯をする、このことが今わたしの唯一の仕事。




この椅子を用意して、


タライを抱えて


井戸に水を汲みに行く頃から


これが今わたしの仕事かと思うと


嬉しくて仕方がない。




洗濯をするということが


なんで、こんなに面白いんだろう。




はぁ~最高の贅沢。




圧し始めて、気が付いたことがある。




石鹸を使っていないのに


洗濯機で洗った服には


なにかしらの洗剤分が残っているのか


不自然に水が白濁する。




洗濯機のすすぎが不十分なのかと


疑問が沸いてきた。




白い服の目立つ汚れのところだけ


ほんの少しの石鹸をこすりつけて


しみ抜きをした。




そうして、洗いを済ませて


順に手で絞り


大きなものは、洗濯ロープへピンチで止める。




小さなものは、ゲルの紐の間に挟み込む。


ゲルでお洗濯物干し2013.08.19モンゴル アルタンボラグ
ゲルでお洗濯物干し2013.08.19モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


わたしのヘナチョコ手絞りの


びちょびちょ洗濯物でも


2~3時間で乾くほど、草原の風は乾いている。




ミントの仲間の草でできた草原の風は


スーッと鼻に抜ける。




気持ちが穏やかになって


ナラ(お日様)が気持ちよくて


洗濯物が風に吹かれてゆられているのを見ると


そのことが私の心を幸せな気持ちで満たしてくれている。




シンプルな喜びに浸る、この幸せ手書きハート




オーダム タル(広大な草原)でのんびりぽっ




 

写真は8月18日&19日にモンゴル アルタンボラグにて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は4
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)










Last updated  August 23, 2013 06:44:09 AM
コメント(10) | コメントを書く
August 22, 2013


リスとか、ネズミとか2013.08.18モンゴル アルタンボラグ
リスとか、ネズミとか2013.08.18モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


フールフン。




ご近所のゲルに来ていた


結婚前のカップルの彼女に


「フールフン。」と声をかけると


はにかみ笑いをしていました。




勘のいい方は、


察しがついていらっしゃるかしら。




モンゴル語で“カワイイ”の意味です。




ゲル周辺でチョロチョロ見かけたのが、この子。


キューキュー鳴きます。2013.08.18モンゴル アルタンボラグ
キューキュー鳴きます。2013.08.18モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


草原でも巣穴をたくさん見ました。




巣穴の入口に小さな糞がコロコロ。




ちょうど、ムササビの糞の大きさぐらいです。




ムササビの糞の大きさがわからない人のために説明すると


超有名な丸薬(胃腸薬)と同じぐらいの大きさです。




一日中、キューキュー


声が聞こえていました。




「エン ヨー ウェ(これなんですか?)」


快適ゲル暮らし2013.08.19アルタンボラグ
快適ゲル暮らし2013.08.19アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


指さしながらたずねると


「リス」だの「ネズミ」だの


一貫しないお返事。




これはあとから知るんだけれど


どうも生き物に関する価値観が


日本とは別で(…いや、むしろ、私とは別で)


おそらく「バッタ」は「バッタ」で


「トノサマ」とか「オンブ」とかは


あんまり気にならないみたいな、答えだった。




静かに近づいて


写真を撮らせてもらった。




ちょっとずつ斜め前の違う方向をみながら


警戒させないようにそぉっと。




こうやって目の前の生き物とする


“だるまさんがころんだ”ごっこのような


緊張感は、楽しい。




でも、近づきすぎて


察知してスッと


ゲルの床下に入っていった。


ダッシュで草原へ!2013.08.18モンゴル アルタンボラグ
ダッシュで草原へ!2013.08.18モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


“だるまさんがころんだ”の末の結果に


つい、笑ってしまう。




なんだ一緒に暮らしていたんだ。




ゲルの本当の住人は、この子なのだろう。




客人にベットは貸しても


床下の棲家までは、貸さない。




(入れないけれどね。)




夜中にこの子がゲルの床上で


チョロチョロしている姿をみて


怖がる人間。




前から思っていることなんだけれど、


人間が勝手に建てている家(ゲル)って


本当は、そこに棲んでいるものたちの場所。




何が、出てきてもいいんだよ。


棲みよい我が家2013.08.18モンゴル アルタンボラグ
棲みよい我が家2013.08.18モンゴル アルタンボラグ posted by (C)あっこ森


ゲルのつくりだす環境を好んで


この子たちが、暮らしている。




屋根をかしてくれてありがとう手書きハート




静かな草原のお家で


ときどきキューキュー鳴く君。




君の息づかいが感じられる


素敵な同居。







鳴き声がわかりやすく


紹介されている動画をみつけたので


リンクを張ります。



 

写真は8月18日にモンゴル アルタンボラグにて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は4
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)










Last updated  August 22, 2013 05:49:44 PM
コメント(12) | コメントを書く
August 21, 2013




「ダラー オールズィヤー。」


日本語で“また、会いましょう。”の意味です。




本日、無事にモンゴル ウランバートルより


無事に、帰国しました。




あまりに濃い5日間であっという間のような


出国したのがもっと昔のことのような。




テント式ゲルのことを日本では


ゲルと呼んでいることが多いと思います。




しかしモンゴルでは、ゲル=家であり


マンションも、アパートも、一軒家(固定型家)も


本当は、全部「ゲル」なんだそうです。


ゲルでのんびり2013.08.20モンゴル
ゲルでのんびり2013.08.20モンゴル posted by (C)あっこ森


成田に降り立ったとき、現地で毎日


ダウンジャケット&レッグウォーマーで


過ごしていた私が感じたのは


「風呂の脱衣場」状態の日本。




また、今日から“ゲルゲルしい日本”の住人です。




早くも馬&草原が恋しい状態です。




ダラー オールズィヤー。


(また、会いましょう。)




この気持ちで心のトランクを


いっぱいにして戻ってきました。



 

写真は8月20日にモンゴルにて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は5
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)










Last updated  August 21, 2013 11:48:51 PM
コメント(12) | コメントを書く
July 13, 2013







タバニュマスの伝統舞踊「レンゲル」の伴奏における


太鼓の第一人者、スケンダルさん。


チャルンの修理をするスケンダルさん2013.07.12東京音楽大学
チャルンの修理をするスケンダルさん2013.07.12東京音楽大学 posted by (C)あっこ森


民族音楽研究所主催 2013年公開講座 


竹のガムラン「チャルン」と


舞踊「レンゲル」のワークショップ


~インドネシア中部ジャワ、バニュマス地方の伝統芸能~


へ昨日行ってきました。




現地では、夜20時ごろから始めて深夜2~3時まで


音楽と舞踊を楽しむのだとか。




スンガカンという掛け声を教わるのだけれど


スケンダルさんの太鼓がきっかけになって


即興でロロロロ、ハァー、スィなどと


合わせて入れてよくて、なんと入れてもよいのだとか。




レンゲルの踊りも手のでワニの形を作るのが特徴で


日本の阿波踊りとも似ていると舞踏家のリアントさんは


説明されていました。




踊りも即興性が強くて太鼓の


きっかけで振りが変わっていくのです。




日本がインドネシアを占領していた数年間


日本兵士にこの舞踊「レンゲル」を紹介すると


大変に喜ばれたのは、日本の舞踊と通ずるものが


懐かしかったのではないかと、


司会の東京音楽大学非常勤講師の木村佳代先生が


説明してくださいました。




レンゲルは、盛り上がってくると


レイ(マフラー)を踊り手が聴衆にかけ


かけられた人は、ダンサーとなり


会場がいったいになって続けていくものらしい。


会場が一体となってレンゲルを楽しむ2013.07.12東京音楽大学
会場が一体となってレンゲルを楽しむ2013.07.12東京音楽大学 posted by (C)あっこ森


スンガカンとレンゲルの練習後の会場は、


お祭り会場と化してとってもにぎやか。




竹のガムラン、チャルン


(王宮の青銅ガムランとはひと味違う。)は


ユニークな庶民文化、土くさくってエネルギッシュな


笑いが絶えない伝統芸能でした。


チャルンの楽器 ガンバン2013.07.12東京音楽大学
チャルンの楽器 ガンバン2013.07.12東京音楽大学 posted by (C)あっこ森


スケンダルさんが作られている、チャルン。


廃材利用の手作りのスティック2013.07.12東京音楽大学
廃材利用の手作りのスティック2013.07.12東京音楽大学 posted by (C)あっこ森


廃材を上手に利用して作っているところも


生活の中から生まれている感じがした。


なんと自転車部品できています。2013.07.12東京音楽大学
なんと自転車部品できています。2013.07.12東京音楽大学 posted by (C)あっこ森


楽器の数も限られているのに


奥行きが深い音の世界。


楽器はすべてスケンダルさんの手作り2013.07.12東京音楽大学
楽器はすべてスケンダルさんの手作り2013.07.12東京音楽大学 posted by (C)あっこ森


目の前の楽器だけでできているんだろうか


…って不思議なぐらい。




クンダン(太鼓)は、


誰が叩いても同じ音がするんじゃなくて


とってもコツがいるみたいで、


とおる音とくぐもった音やつまった音もする


人を見る?楽器でした。




竹のガムラン、竹の音って意外なほど響いていました。


鍵盤には番号がふられていました。2013.07.12東京音楽大学
鍵盤には番号がふられていました。2013.07.12東京音楽大学 posted by (C)あっこ森



 

写真は7月12日に東京音楽大学にて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は2
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)









Last updated  July 13, 2013 10:46:03 AM
コメント(8) | コメントを書く
July 6, 2013




選挙のポスターを張るため


初めて通る道を右往左往。




急いでいたんだけれど


気が付いちゃった。




背後を気にする怪しいやつ。


壁に張り付く謎の生物2013.07.04江東区
壁に張り付く謎の生物2013.07.04江東区 posted by (C)あっこ森


不審者ですよ。





お家のひとにお知らせしなきゃ。


外星船修理可2013.07.04江東区
外星船修理可2013.07.04江東区 posted by (C)あっこ森


あら?これは外国語?




ほ、ほぅ。


宇宙じゃ有名な工房だね。2013.07.04江東区
宇宙じゃ有名な工房だね。2013.07.04江東区 posted by (C)あっこ森


すごい営業項目。




うちの近所には、無い店なんだわ。


UFOで来社2013.07.04江東区
UFOで来社2013.07.04江東区 posted by (C)あっこ森


「UFOでご来社の方は、3階入口をご利用下さい。」




そーゆーことぉ!




この街の人はまったく振り返りも


足を止めることもないはずだわ。




よく見かけているのだわん。




江東区の皆様の日常風景をご覧くださいませ。


未確認生物、の確認。2013.07.04江東区
未確認生物、の確認。2013.07.04江東区 posted by (C)あっこ森


左下の“日本一周旅行中ぽい”見栄えの自転車は


雨具、着替え、透明テープ、水2L、選挙ポスター、


ポスター貼りのシールのゴミをいれるゴミ袋、


などetc…荷物満載のわたしの自転車。




ポスター貼りの合間にちょいちょい休憩兼ねて


足を止める私でした。




知らない街を訪ねるのも面白いものですね。





今日は、選挙フェスが渋谷ハチ公前で行われています!


@MIYAKE_YOHEI 何万人くるかなー
選挙フェス@渋谷ハチ公前
7/6(土)14時〜20時 
@渋谷ハチ公前特設ステージ
出演:三宅洋平、山本太郎、沖野修也、DELI、K DUBシャイン and more


伝説に参加を!

http://fb.me/1EqFVYjHl




夜は、地元で中学演劇部のメンバーと同窓会です。



 

写真は7月4日に木場にて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は2
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)









Last updated  July 6, 2013 02:06:41 PM
コメント(6) | コメントを書く
June 2, 2013



チャリデモに参加するために


自民党本部前を通過。




不思議な雰囲気の造形物が気になって


一番近くの信号を渡り


Uターン。


永田町小時代の1986年卒業製作2013.05.31平河町
永田町小時代の1986年卒業製作2013.05.31平河町 posted by (C)あっこ森


そう、わたしは、目的地を前にして


“逆走”ができる、特技を持つ。


永田町小時代の1986年卒業製作22013.05.31平河町
永田町小時代の1986年卒業製作22013.05.31平河町 posted by (C)あっこ森


永田町小時代の1986年の卒業製作らしい。




現地では、小学校跡地だろうなと想像していた。




帰ってきてネットで調べて


千代田区立旧永田町小学校であることを知る。




千代田区立永田町小学校は


1993年3月、廃校になったのだそう。




「この小学校は現在の平河町にあり、
校舎の眼の前が自民党本部、
右に国会議事堂、
左後ろに赤坂プリンスホテルという
普通では考えられないロケーションに
存在した小学校でした。」




そんな書き込みをみつけられるぐらい


不自然な場所に小学校がある感じ。




一般住宅なんてどこにあるんだろうとさえ感じてしまう地域


小学生がどのくらいいたのだろうと思ってしまいます。


永田町小時代の1986年卒業製作32013.05.31平河町
永田町小時代の1986年卒業製作32013.05.31平河町 posted by (C)あっこ森


どの像も独創的な姿をしていて面白い。




素晴らしい指導をなさる先生がいらしたのでしょう。


永田町小時代の1986年卒業製作42013.05.31平河町
永田町小時代の1986年卒業製作42013.05.31平河町 posted by (C)あっこ森


ここで足を止めているとき


小さなデモグループが演説。




自民党を叱咤激励する応援演説らしい趣旨で


日本の国旗を掲げ


5~6人が声を挙げていた。




いろんな主張があるんだなと改めて思った。


永田町小時代の1986年卒業製作52013.05.31平河町
永田町小時代の1986年卒業製作52013.05.31平河町 posted by (C)あっこ森



 

写真は5月31日に平河町にて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は2
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)










Last updated  June 2, 2013 12:55:57 PM
コメント(15) | コメントを書く
May 19, 2013




用事で白金高輪へ。




自転車移動のわたしは、小道をそれたところにあった


素敵な建物を行き道に目をつけていた。


どうしても気になる錆の世界2013.05.17白金高輪
どうしても気になる錆の世界2013.05.17白金高輪 posted by (C)あっこ森


そこには、錆びた工作機器が並び、


いい雰囲気の建物が建つ。




行き道に立ち寄りしたら


待ち合わせに間に合わず


用事を終えて出てきた18時半ごろには


とっぷりと日も暮れていた。




それでもあきらめきれない、


極上のノスタルジーを感じさせる


錆びた機械と建物。




自転車を停めて


カメラをスタンバイ。


田中吉左衛門商店の機械2013.05.17白金高輪
田中吉左衛門商店の機械2013.05.17白金高輪 posted by (C)あっこ森


照度はギリギリ。




シャッタースピード1/3…。ツライ。




暗い中カメラを向けていて


全体像はつかめなかったのだけれど


帰ってきて家で調べていたら


「田中吉左衛門商店 工作機械器具の会社」


ということがわかった。


無造作に置かれた工作機械が渋い2013.05.17白金高輪
無造作に置かれた工作機械が渋い2013.05.17白金高輪 posted by (C)あっこ森


こういう世界がお好きな人ならたまらない世界だと思う。




ある意味、昼間より、凄味がある感じ。




これなんかまるで祭壇みたいと


感じる自分がそこにいた。


田中吉左衛門商店2013.05.17白金高輪
田中吉左衛門商店2013.05.17白金高輪 posted by (C)あっこ森


白金高輪としたけれど


感覚的な位置は麻布十番だった。




でも正式の住所は高輪。




焦げ茶の深みのある


チョコレート色の世界がそこに広がる。




また近くを通ったら立ち寄ってみたい。




あっでもね。




撮影中、ご近所の人が不審そうに


わたしを見てらした…(汗)スミマセン!!!


 

写真は5月17日に白金高輪にて撮影しました。


 


東京在住、
撮影は自宅から自転車で行った場所が中心です。
ごく身近な自然に目を向けています。



おかげさまで
今日は4
位からスタート!!




ランキングのポイント、毎日の励みになっています。
ありがとうございます。





お手数ですが、どうぞポチっと応援をお願いいたします。ダブルハート


ポチッ!


↑ポチッ!


ここをクリックしていただくとinポイント
さらに戻って入ってきていただけるとoutポイントになります 。


 

コメント拝見しています
いつもありがとうございますハート(手書き)









Last updated  May 19, 2013 10:01:40 AM
コメント(14) | コメントを書く

全476件 (476件中 111-120件目)

< 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... 48 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.