8872108 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

ゆるします New! かめおか ゆみこさん

Comments

Freepage List

Profile


森の声



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

アマゾンの方から以前文庫本で出した「子ども発見」の改訂版を出しました。
詳しくは、こちらのブログをご覧になって下さい。

「わらべ歌」のCD付き冊子も出しています。
子育て関係の手作り冊子も出しています。

******

他に「ネネムの森」というホームページも運営しています。

これは私が茅ケ崎でやっている子ども対象、大人対象の様々な活動の紹介がメインです。
講演会やワークを主催して頂くときの条件なども書いてあります。
随時生徒を募集しています。 お問い合わせ下さい。

* * *
<出張ワークもやっています>

色んな地域、公民館、地区センターで気質、親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

検討して頂ける方は「こちら」をご覧になって下さい。どんなワークをいくらぐらいで呼べるのかが書いてあります。>

ただし、予算が難しい場合は、状況に応じて相談に応じます。お気軽にご相談下さい。

2020.10.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今、「note」の方で気質について連続で書いているので、こちらでもちょっと説明を書いておきます。
人の性格を云々する時に一番一般的に使われるのが「血液型占い」です。
でも「血液型占い」には科学的根拠はないと言われています。また、感覚的な根拠も乏しいです。実際、うちの家族は、「A型」3人、「O型」3人ですが全員、性格は全く違います。
たまたまその人の性格と血液型が占い通りだった時に「ああ、やっぱり」と話の種にしているだけなのではないでしょうか。
科学的なものとしては色々な学者が統計的にデータを集めて性格を分類ものが色々とあるようでが、当然のことながらその学者の専門分野によって分類の仕方は異なります。
スポーツの専門家なら「どのスポーツにはどういう性格の人が合うのか」という基準で分類するでしょう。
その点「血液型」なら非常に分かりやすく分類できます。

それに対して「気質」は性格を分類したものではありません。

「一つの世界やグループなどが調和して、より良い状態で永続的に循環するためにはどういう要素が必要なのか」ということを哲学的に考察して、特定の人やその存在がその世界やグループの中でどういう役割(働き)を果たしているのか、という形で分類したものです。

東洋でも西洋でも2000年ぐらい昔の人は、この世界は「地・水・火・風」などの要素によって作られていると考えていました。東洋ではそれに「空」が入って五つですけど。
ただし、この「地・水・火・風・(空)」は皆さんが知っている土や水のことではありません。そういうもので象徴される働きのことです。

例えば海の水は太陽の熱の働き(火)で水蒸気になり空に登っていきます。太陽の熱は同時に空気を動かし「風」を引き起こし、空気中の水蒸気を攪拌したり色々なところに運んだりします。
でも、山にぶつかったり、高いところに登ったり、冷たい空気などと出会うことで冷えてまた水の状態に戻ります。それが「地」という言葉で表される働きです。それは「固める」とか「元に戻す」とか「熱をとる」というような働きです。
つまり「火」の働きとは逆のことをする働きです。

そうして水蒸気はまた水になり地上に落ちてきます。で、次第に集まり、川になり、また海へと戻っていきます。それが「水」の働きです。「風の働き」が拡散したものを「水の働き」が集め元に戻してくれているのです。
このように四つの働きがつながり合い、支え合うことでこの地球上で水が循環し、命が支えられているのです。

そして、同じような働き(要素・エレメント)は人のグループの中にもあります。というかその四つの要素に支えられていないグループは簡単に分裂したり崩壊したりしてしまいます。

そして、人は皆「自分に合った働き」というものを持って生まれてくるのです。
現代人は「個が集まって全体が作られる」と思い込んでいますが、実際にはまず全体があり、その全体を支えるために個が生まれて来るのです。ですから全ての個は、何かしらの形で全体を支える能力を持っているのです。
それがその人の「気質」です。ですからその人の気質がわかると、その人が得意な世界や社会との関わり方も分かるのです。

頭や手や足や内臓が集まって人のからだが作られたのではないですよね。まず「からだ」が生まれ、そのからだの働きを支えるために頭や手足などの「個」が生まれたのですよね。
それと同じです。

私たちは個として生まれてくるのではなく、生まれた時から全体とつながっているのです。
その繋がりを解き明かしていくのが気質の考え方です。
ちなみにその人の役割が単純な時はその人の気質は分かりやすいですが、その人の役割が複雑な時は、気質も分かりにくいです。











Last updated  2020.10.26 06:25:22
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.