12166200 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

森へ行こう(心とからだと子育てと)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

ああ~、寒い! 寒… New! かめおか ゆみこさん

Comments

森の声@ Re:RE:(07/20) New! あーやんさんへ 問題は、そのことに問題…

Freepage List

Profile

森の声

森の声

2014.09.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
子どもの「心の成長」との関係で見たとき、オモチャは大きく二種類に分けられます。

それは「遊び方が決まっているオモチャ」と、「遊び方を自分で考えるオモチャ」の二種類です。


そして、「遊び方が決まっているオモチャ」は、その全てが大人が作ったものです。テレビでも、ゲームでも、公園の遊具でも、自動車や電車のオモチャでも、リカちゃん人形(古い?)のようなリアルなお人形も同じです。

ディズニーランドもまた「遊び方が決まっているオモチャ」です。レゴのような一見自由度が高いオモチャでも、基本的な遊び方は決められています。簡単に言うと、元に戻せないような遊び方は許されていないのです。

まだ常識に囚われていない幼い子ども達はそんなこと無関係に遊ぼうとしますが、大人が決めた遊び方を無視すると大人に叱られます。

時々、ブランコの座るところに砂を乗せたり、石を載せたりして遊ぼうとする子がいますが、そういうことをすると叱られます。バケツに水を入れて乗せても、おかしな乗り方にチャレンジしても叱られます。

滑り台を下から登って遊ぼうとしたり、上から砂や石や物を転がして遊んでも叱られます。トランプやリカちゃん人形に絵を描いたり、自動車のオモチャを土の中に埋めて遊んでも叱られます。

子どもはとにかく思いつくことをみんなやって見たいのです。幼い子ども達は常に、科学者であり、芸術家であり、冒険家であり、チャレンジャーなのです。そして、これこそが人間の「人間らしさ」を支える本能でもあるのです。この本能があったからこそ、人類はこのような高度な文化や文明を創り上げることが出来たのです。

でも、幼いときから自由を規制されて育って来た人は、そのような子ども達の感性が理解出来ません。自由に考えるという発想もないし、自由に考える相手と付き合うのも苦手です。また、常識を愛し、マニュアル化できるような定型化された活動をしていると安心します。

ですから、それを子どもにも求めます。

そして、常に「予測不能な子ども達」を追い回し、叱り、一生懸命に常識を教え込もうとしています。でも、いつもその努力は徒労に終わり、疲れ果てます。

そのような大人は子どもにも「遊び方が決まっているオモチャ」を買って与えます。遊び方が分かるオモチャなら一緒に遊ぶことも出来るからです。

子どももまた、「テレビで見たオモチャ」を欲しがります。

でもそれは、パッケージの絵だけで、中味には無関係にお菓子を欲しがるのと同じで、中味のことが分かっていないままに欲しがっているだけなのです。

その証拠に、買ってもらったときは喜びますが、すぐに飽きて遊ばなくなります。自由に遊べないから楽しくないのです。


そのような「遊び方が決まっているオモチャ」の他には、「遊び方が決まっていないオモチャ」があります。というか、「遊び方が決まっているオモチャ」以外のものが全てこれに相当します。

家庭の台所用品も、布も、布団も、道ばたの石も、公園に落ちている小枝や落ち葉や木の実も、水たまりも、食べ物も、ドロンコも、みんな子どもの手にかかれば「オモチャ」に変身します。

大人は、「そんなものオモチャじゃない」と思うかも知れませんが、」そもそも子どもには「オモチャ」という概念自体がないので、「オモチャ」と「非オモチャ」の区別などもないのです。

子どもは想像力で全てのものをオモチャに変えてしまう超能力を持っているのです。


ですから、そんな子ども達と一緒に遊ぶためには、大人達もまた想像力を働かせる必要があります。想像力を働かせないことには子ども達が「何をしようとしているのか」、「何を求めているのか」、「何を楽しんでいるのか」が見えないからです。

ちなみに、「遊び方が決まっているオモチャ」はその能力の発達を阻止します。

明日に続きます。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2014.09.18 08:02:28
コメント(7) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「オモチャで遊ぶ」(09/18)   かあちゃん さん
おもちゃの話、とても興味深いです。
いつも、なんでもおもちゃや遊びにできる子供と、やらせたい私と周囲の迷惑も考えなきゃと思う私と…。
滑り台、必ずみんな登りたがりますよね。
階段がなくて両方とも滑る形の滑り台があれば良いのにな。 (2014.09.18 10:27:49)

Re:「オモチャで遊ぶ」(09/18)   こーこ さん
公園の遊具など、本来の使い方(?)とは違う遊び方…それはそれは楽しいものでした。 でもやはりそれを嫌がる大人もいたので、時々早朝の、子供のいない公園で我が子と自由に遊んでいた思い出があります。

そういえば三輪車をひっくり返して、ペダルを手で回し、回っている車輪に砂や小石を入れる遊び、教えたわけでもないのに、子供がやっているのを見て不思議に思ったこともありました。
私も子供の時、教えられたわけではないだろうに、同じようなことをしていた記憶があるので……。

「想像力」は、生きていく上で、本当に大切な力ですね。
「想像してみて!」の「想像する」の意味が解らなかったら、
きっと、苦しいですね… (2014.09.18 11:01:50)

Re:「オモチャで遊ぶ」(09/18)   マシュマロ さん
予測不能な子供の遊びを目の当たりにすると、かなわないなあ、さすがだなあと、思いますよね。
そんな我が子と過ごす毎日は、凝り固まった私の心をほぐしてくれる驚きと楽しさで満ちています。

篠先生、三人目の赤ちゃんも16日に無事に産まれました。
私の地域には、助産所も産婆さんもいないので、病院で産むしかなくて、お薬など断るのが肩身が狭くて毎回大変です。

三人とも安産ですが、今回は、陣痛より先に少し破水したということで、抗生剤を点滴しながらの出産になりました。

断りましたが、どうしても打ちますと言われ、断りきれず点滴しました。結局破水して二時間で産まれてきて、今になり涙が出てきて、やっぱり断ったら良かった、とすごく後悔しています。その他の、産んでから子宮を縮めやすくする注射や抗生剤などはなんとかお断りしましたが、スタッフさんみんなで、リスクの可能性を強く言われ、ただただ不安になりながら、それでも断りました。

自然の摂理を受け入れながら、我が子と自分の力を信じて生きていくことが、今はこんなに難しい時代です。幸せに産める助産所や、自宅出産のサポートしてくれるところがここにもあったらなあ、と強く感じました。


ブログの内容とずれてしまってすいません、、、ちょっと産後ブルーかもしれません(笑) (2014.09.18 12:25:38)

Re[1]:「オモチャで遊ぶ」(09/18)   森の声 さん
マシュマロさん

>篠先生、三人目の赤ちゃんも16日に無事に産まれました。

お目出度うございます。
これからまた楽しみが増えますね。

>自然の摂理を受け入れながら、我が子と自分の力を信じて生きていくことが、今はこんなに難しい時代です。幸せに産める助産所や、自宅出産のサポートしてくれるところがここにもあったらなあ、と強く感じました。

「そのこと」が起きる前には色々考え、最善の方法を探り、努力する。

でも、起きてしまったことは、「きっとこれが最善の結果だったのだ」と受け入れる。

そうして、後悔しないことです。

後悔してもやり直せないのですから。

(2014.09.18 13:20:05)

Re[4]:「オモチャで遊ぶ」(09/18)   マシュマロ さん
「そのこと」が起きる前には色々考え、最善の方法を探り、努力する。

でも、起きてしまったことは、「きっとこれが最善の結果だったのだ」と受け入れる。

そうして、後悔しないことです。

後悔してもやり直せないのですから。


ありがとうございます、そうですよね、、、

最善の結果だったと、受け入れる。

最善を尽くしたかな?努力したかな?と自分に問うと、もっと出来たなあと思います、だから悔いが残らないように、いつも最善を尽くしたいです。

大切にしていることを、再確認出来たから良しとします(笑)

ということですね^ ^

今出来ること、毎日精一杯やりたいと思います!

こちらのブログを読みながら、三人の子育てができるのは幸せです。 (2014.09.18 14:05:21)

Re:「オモチャで遊ぶ」   かとみ さん
かあちゃんさんへ
両方が滑り台になっている遊具、隣の市にあるんです~一見不思議です(笑)すべり台より少し低く作ってあり、みんなやはり登ります。なのでてっぺんでもめます。 (2014.09.18 22:55:59)

Re[1]:「オモチャで遊ぶ」(09/18)   森の声 さん
かとみさん
>かあちゃんさんへ
>両方が滑り台になっている遊具、隣の市にあるんです~一見不思議です(笑)すべり台より少し低く作ってあり、みんなやはり登ります。なのでてっぺんでもめます。
-----
うちの近くに、子ども達が「お山の公園」と呼んでいる公園があります。

そこには富士山の形をした滑り台のようなものがあります。

どこからでも登れます。 (2014.09.19 04:20:40)


© Rakuten Group, Inc.