000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リンタロウ的・公演日記

一人で演じる走れメロス

◆「音楽劇 一人で演じる走れメロス」◆
「人が人を信じる事」とは一体どういうことなのか… 太宰の葛藤は、メロスの葛藤。

☆ご訪問、誠にありがとうございます。
最新のご案内はこちらをクリックしてください。
音楽劇「一人で演じる走れメロス」(新ウェブサイトへ)



4mai.JPG


不朽の友情物語として様々な形で語られる事が多い、走れメロス。
いやはや確かにその通り。
しかし、その原作をちゃんと読んだことはありますか?


人間というものはどういうものか。
この作品の着想には、熱海で太宰自身が金に困り友人を人質にし、
借金の為に井伏鱒二の元へ走った実際の出来事が関係していると言われています。
(…結局、太宰の場合は戻ってこなかったのですが…)
その経験を元に、太宰は繰り返していた自殺心中未遂やその他の体験など、
自身の人間としての弱さ、罪の意識、葛藤をこの作品に詰め込んで書き上げました。

老爺の話を聞いた途端、頭に血が上り、一時の感情で王の暗殺を企てるメロス。
王に死ぬ覚悟は出来ている、と威勢良く見得を切りながらも、妹を思い出してそれを翻すメロス。
約束のため、何も知らない親友のセリヌンティウスを自分の身代わりに突然差し出すメロス。
自分で自分の事を勇者だ、立派な人間だと言いながら、平気で寝坊をするメロス。
しまいには猛烈な自己弁護を繰り返しながら、揺らぎ、諦めかけるメロス…
落ち着いて原作を読んだなら、メロス、お前はなんという酷い奴!
しかし、それでもこのメロスという男は魅力的なのが面白いところです。

そんな原作に忠実に、しかし理屈じゃなくて体当たりで挑むのが本作、「一人で演じる走れメロス」。
とにかく、走る! 走る! 走る!
メロスはやっぱり考えるより走らなければいけません。
死ぬほど走るうちに、メロスの気持ちも、太宰の葛藤も、
全部まとめて乗り越えて「何か大きく恐ろしいもの」が見えてくると思うのです。

人が人を信じるということ、果たしてそれは本当に可能なのか。
「信じる」、その言葉を発した瞬間から、裏切りは始まっているのではないのだろうか?
そんな事を問いかける太宰の声に、バカ正直に正面から応えてみようと思います。
是非、僕と一緒に走りましょう!

「一人で演じる走れメロス」舞台動画↓画像をクリック
走れメロス映像画像
上記の画像をクリックすれば全編公演動画をご覧戴けます。(youtube)
「全部見るのは…まずは少しだけ」と言う方は、その3などは如何でしょう。
他にも所々ピックアップした動画もアップロードしてあります。
また、作品検討の為にノーカット全編入りのDVDをご希望の場合は、どうぞお気軽にご連絡下さい。

★「おとなしいきょうりゅうとうるさいちょう」から3年、
ついに新たな作品が完成しました。
太宰治の名作「走れメロス」を、脚色は最低限に抑え、
原作の台詞や面白いところは大切にして、文字通り“身体を張って”上演します。
太宰の気持ちは、メロスでもあり王様でもある。
勇ましいことを呟きながら情けない言い訳を並べるするメロスの姿こそ、
己に葛藤する、弱い、しかし強くあろうと切望する人間の姿。
それはきっと、中高生には非常に身近に感じられるはず。
それは舞台の上から啓蒙的に伝えるのではなく、等身大の大きさで伝えてこそ、
この「メロス」の面白さは理解して貰えると思うのです。
とにかく、必死に、倒れるまで走る。歌う。
僕はどれだけ太宰の弱さに近づけるのでしょうか。

<ステージ構成例>
・演奏者紹介「クラシック・ミニコンサート」(5分)
・作品解説朗読劇「リーディング太宰治」(25分)
・声のワークショップ「叫べ!青春の主張」(10分)
・休憩(10分)
・音楽劇「一人で演じる走れメロス」(40分)
<計90分>


詳細条件<基本3名編成>
原作 太宰治
作・演出・出演 杜川リンタロウ
作曲・編曲 小塚憲二
演奏 つつみあつき(クラリネット)
   伊藤真理子(ピアノ)
上演時間 40分
仕込み時間 2時間より
(前日など時間を戴ければ、文化祭など当日転換がある条件でも可能です)
上演時期 通年
対象年齢 中学生~
会場 ホール、体育館、公民館、野外でも可
上演料 規模により異なる。応相談です。
例)学校公演等の目安→人数×840円
  ホール等企画公演→50万円以上
  <最低上演料は15万円より>
※予算が60万円を超える場合、ジャパン・ウィンド・アンサンブルと合同で
 最大で演奏者25人前後のオーケストラ編成もご提案できます。
 逆に予算が少なく観客数も100人以下の場合、
 自動伴奏によりクラリネットのみ生演奏の2人編成も可能です。
 その場合、8万円程度から上演可能です。


公演資料はこちらより。
『杜川リンタロウ芸術鑑賞公演のご案内』
Yahoo!ブリーフケース内の“2011メロスパンフ”をご覧下さい。
meros.JPG



つつみあつき(クラリネット)
 オーストリア国立ウィーン舞台芸術大学演奏学科
 クラリネットシュミーデル教授クラスに留学。
 同音楽大学教授会全会一致最優秀ディプロマ賞を受賞。
 ウィーン・ライモンド歌劇場首席奏者、
 リゲティ木管五重奏団メンバーとして活躍の後、帰国。
 ウィーンフィル日本公演(歌劇「ヴォツェック」アバド指揮)に賛助出演。
 NHKFM「フレッシュコンサート」「名曲リサイタル」全国放送に出演。
 名古屋市民芸術祭2000参加にてリサイタルを開催。
 モック木管五重奏団代表。JWE楽長。
 小松孝文教授、シュミーデル教授、エールベルガー教授(室内楽)の各氏に師事。
 日本演奏連盟会員。ムジカセラミカ振興会演奏者会員。
 2005年6月9日、名古屋国際室内楽フェスティヴァル、
 7月23日、国際クラリネットフェスティヴァルに出演。
 パトリコラ社製クラリネットを使用。

伊藤 真理子(ピアノ)
 愛知県立芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業、
 東京コンセルヴァトワール尚美ディプロマコース修了、音楽研究室員を務める。
 国際芸術連盟新人推薦オーディション合格のほか、
 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター達とピアノトリオ共演、
 日仏音楽協会フランス音楽コンクール第3位、
 併せてフランス総領事賞、関西ピアノ音楽専門学校賞、日仏学館賞などを受賞、
 21世紀ピアノコンクール第3位など。
 これまでに、太田由美子、百瀬雅恵、大堀敦子、水野紀子、窪田 隆の各氏に師事。
 現在、独奏、伴奏、室内楽など幅広く演奏活動を行っている。
 ヘッセントリオ、アンサンブルノービレ、Fantasy、吟遊詞人、各メンバー。
 名古屋商科大学・光陵女子短期大学シンフォニックアンサンブル伴奏ピアニスト。

小塚憲二(作・編曲家)
 「ショウ・ボート」「ビッグ」等、
 名古屋市文化振興事業団主催の舞台作品の編曲を毎年のように務める。
 その他、今までに数千曲の作・編曲を行なっている。



公演実績(順不同、敬称略)
 愛知県芸術劇場、大高緑地アートフォーラム、WEST DARTS CLUB、
 名東区よもぎコミュニティセンター、愛西市八開中学校、
 東浦町森岡子ども会、武豊町富貴中学校、春日井市高森台中学校、
 岐阜スマイルパーク、たまごや、パルティせと、等。

1584900092_84s.JPG

merosu.JPG

meros.JPG

タイトル.jpg


© Rakuten Group, Inc.