509855 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

森のようちえん(愛知県春日井市)森のたんけんたい

PR

フリーページ

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018.09
2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
森のようちえん(愛知県春日井市)「森のたんけんたい」は
愛知県春日井市の自然の中で
自然体験を基軸とした保育を行っています


「森のようちえん」体験説明会 
9月10日(月) 10~13時
自然体験豊富な有資格の保育スタッフらが
1歳8ヵ月~5歳児のお子さんを自然の中に連れ出し
毎日森の中で保育を行っています
森のようちえん入園検討中の方は
体験説明会にお越しください



「おさんぽ」体験説明会
9月10日(月) 10~13時

「おさんぽ」は1997年から行っている
未就園児親子の森遊びのクラスです
月に3回、水曜日に活動しています
森の散策、野草摘み、川遊び
焼き芋、竹パン、流しそうめん
木の実のクラフト作り
わらべうた、ウクレレ伴奏で歌
森で仲間と交流することで
楽(らく)な気持ちで
子育てが楽しくなるようにと活動しています
親子クラス「おさんぽ」は随時入会受付中



森のたんけんたいFacebookページ
森の中での保育の様子を写真等で紹介しています


森のようちえん「森のたんけんたい」お問い合わせはこちら
→メール morinotankentai@yahoo.co.jp (スタッフ小林宛)
→TEL 090-9184-6692



「森のようちえんのうた」ができました!
みんなもぜひうたってね
「森のようちえんのうた」の動画はこちら

歌詞とコード譜はこちら



森のたんけんたい物語


森のたんけんたい(会員向け)3つの活動 詳細は下記をクリック
↓     
「森のようちえん」(通常保育)( 1歳8か月~5歳児 月~金曜日) 

「おさんぽ」(親子組)( 満1歳~2歳児 水曜日 月3回) 

「野遊び」(3歳~小学生 土・日曜日 月2回)





書籍森のようちえん

『森のようちえん:自然の中で子育てを』今村光章編著 解放出版社
森のたんけんたいスタッフ小林も一部執筆しています






『ようこそ!森のようちえんへ』今村光章編著 解放出版社
森のたんけんたいスタッフ小林も一部執筆しています
2018.08.29
XML
カテゴリ:森のようちえん

卒園児の同窓会。1~3年生の子どもたちと森をさんぽしました。
 久しぶりに会う子どもたち、みんな背が高くなったね。集合場所でさっそく木登りを始める子どもたちも。はじめは少し照れくさそうな表情もみえたが、歩き始めると、すぐにうちとけて、おしゃべりしたり、冗談を言い合ったり、戦いごっこをしながら進んだり。あの頃と変わっていないなぁ。
 道中は蒸し暑かったけれど川に着くとひんやりとして涼しい風が吹き抜けていく。小川に入ると、水の中を歩いているサワガニをみつけて、「あっ、いた」。手に乗せてかわいがっている。さがすのに夢中というよりは、仲間といっしょにまたこうして自然の中ですごせる時間をゆったり味わいながら楽しんでいる感じ。あめんぼをすくってなかでぴょこぴょこはねるタモをさしだして、「つかみどりどうぞ」と言って友達とけらけら笑いあう子、ヤブマオというシソによく似た葉っぱをぬらして手で揉んで泡が出てくるのを見せて「石鹸の葉っぱだよ」と教えてくれる子。岩にはりついた大きなヒルをはがそうとしたり、アカガエルをおいかけたり、ヤゴをみつけたり。そのうちに「鬼ごっこやろう!」とみんなに声をかけて広場の方に移動して10人くらいでドロケイ(泥棒と警察ごっこ)や氷鬼を始めた。小学生なので逃げる範囲が次第に広くなり、川の方に逃げてくる子、大きな岩の陰に身をひそめて、見つからないようにがけを上って逃げる子、小学生になると鬼ごっこもダイナミックだ。スタッフのゆきほちゃん「足が速くて・・・」なかなか追いつけないらしい。
ハンモックのブランコもみんな大好きでいれかわりたちかわり乗って遊んでいた。
いっぱい走り回っておなかがすいてそれぞれ好きな場所でお弁当を食べたね。
ご飯のあとは、また鬼ごっこをしたり、川で遊んだり。
あっというまに5時間がたってしまいました。
大きくなってもこうして仲間といっしょに森で遊ぶ機会はやっぱりいいなぁ。
時々会ってこの子たちの成長をずっと見続けていきたいなぁと思いました。








最終更新日  2018.08.29 06:39:32

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.