856008 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

自然育児 森のわらべ 多治見園 

PR

フリーページ

コメント新着

園長・智子@ Re:1月26日 雪の年長保育(01/28) あ~ ステキだ・・・ ありがとう。 この…
浅井智子@ Re:1月18日 2018年初親子組(01/26) さるちゃん 初日記だったかな。 ありがと…
のりさん@ Re:11月20日 誕生会と五平餅(11/25) かんぴーとKAちゃんの写真、とってもいい…
もりわら@ Re:11月14日 雨の親子組、オオタカの店(11/18) こずちゃん 日記ありがとう。 身重で親子…
もりわら@ Re:11月16日 森わら祭り2017(11/23) ようこちゃん 体調がすぐれない中、しっ…

バックナンバー

カレンダー

2009.06.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
森のようちえんを開園したら『大きなお釜でご飯を炊いてみたい!』という夢があった。
飯盒だとどうしても冬場はご飯が冷めやすく、子どもにはお椀にもよそいづらい。また、飯盒の内側にご飯粒が残り易くて手入れが大変だった。

せっかく大人数でご飯をいただくのだから、豪快に大きなお釜でご飯を炊いて、みんなでアツアツのご飯をいただいてみたい!・・・そういう夢をずっと抱いていた。
だから、今年の1月。セブン-イレブンみどりの基金の助成金を申請するのに、備品購入リストには、お釜もしっかり書き込んでおいた。
そして、5月末。審査に見事に通り、お釜の購入資金をゲットすることができた。

そして、新潟の小林金物さんから4升1合炊きのお釜を購入。
(このときに、私達の活動に興味を持ってくださった小林金物さんからは、支援をしたいとお申し出いただき、なんと6合炊きの小さなお釜セットを無料でプレゼントしていただけた。お陰で、ようちえんの少人数の時の野外料理でもお釜で炊いた美味しいご飯がいただけることになった!!)

その でっかいお釜のデビューの日がいよいよやってきた。
親子組での初めての野外料理。

0925親子枝拾い1.JPG 0925親子枝拾い2.JPG

0925親子枝拾い3.JPG

梅雨とは思えないほど爽やかに晴れ上がった天気の下、森に薪を調達に出かける親子さん。

0925親子米2.JPG

お米を計量する親子さん。

0925親子米とぎ.JPG

炉に薪をくべてマッチで火をおこす親子さん。

0926親子マッチ1.JPG 0926親子マッチ2.JPG

0925親子マッチ4.JPG

みんな興味の赴くままに さまざまなことにチャレンジ。

0925親子火を囲んで.JPG

「家では ここまで やらせてあげられないは~」

何回もお米をこぼしながら 一生懸命計量しているお子さんの横でつぶやくお母さん。
そうだよね。お家だと自分でやった方が速いし、手間もかからないもんね。
親子組では 子どもが主役。どうぞ ゆっくり子どもさんにつきあってあげてね。

0925親子米.JPG 0925親子米とぎ2.JPG


頭を半ば突っ込みそうになりながら、お米をといでくれた子ども達。
お手伝い?水遊び?

0925親子 米炊き.JPG

サポートスタッフの則さんは、浅井のねっこぼっこ時代からの姉貴分的存在。
今日は一緒に参加してくれて本当に心強い。
則さんに火の番を任せておけば安心安心(則さんにはすごいプレッシャーだったね・ごめんね)。
ご飯が炊けるまで森にお散歩に行こうね。
後は味噌汁をいづみちゃん、ご飯を則さん任せてよろしく~!!
森へ行ってきま~す!!

0925親子散歩.JPG

森の中は本当に涼しくて心地よい。
緑も目に美しい。

0925親子トンネル.JPG

坂を駆け下りたり、土管のトンネルをくぐって遊んだり・・・


さあ 則さんから電話だよ~ ご飯が炊けたって~!!

大釜デビューの2升のご飯。
とっても とっても美味しく炊き上がりました!
そして 出汁を入れずに、野菜の旨味だけで仕上げるお味噌汁も超美味!

0925親子食べるよ.JPG

緑の下でいただくご飯。お腹も心も満足満足。

そして、ご飯をいただきながら 今日の野外料理を振り返る。
マッチの順番、お米を研ぐ順番。大人が仕切ってハイ交替!ってやっている姿が多かった。
子どもに任せてみよう。子どもに考えさせてみよう・・・と浅井から投げかけた。
ついついその場をまるく収めようと、親が解決してしまうということは、子どもが育つチャンスを無くしてしまうということ。
すぐに答えなんて出ないよ。これでいいのかな・・・って悩むことも多いよ。
でも そこを信じて待つのが、森わらの理念なんだよ・・・ と伝える。

そして、先日のプレようちえんでお姉ちゃんの火おこしエピソードを涙があふれそうになりながら分かち合ってくれたひさお。
年長のお姉ちゃんの頑張り・・・信じて待つことの親の大変さと、それを親子で共に乗り越えた時の感動。ひさおの母としての姿に、浅井まで泣けた。プレに参加していたさっちゃんも、涙ぐんでいたね・・・。同じ場所に参加していたもの同士 感じるものがあったね。
(その日の様子は→http://plaza.rakuten.co.jp/morinowarabe/diary/200906220000/ )

森わらの親子組は ただ自然の中で心地よく過ごしてもらうだけじゃない。
親も子どもも育ちあう場所でありたい。そう強く願っている。
こうして みんなで同じ釜の飯を頂いた後は、ますみちゃんの恒例カエルの手遊びと、則さんの絵本。

0925親子 絵本.JPG

親子組のみなさん 初の野外料理はいかがでしたか?

来月は川遊びも始まるよ。お楽しみに~♪


文&写真 園長・智子






最終更新日  2009.06.27 05:38:26
コメント(9) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.