000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

鼻笛演奏家”モスリン”のブログ

2014年12月28日
XML

honban135m.jpg

12/28は多分、現在日本で一番大きな鼻笛イベントである
鼻笛第九演奏会 in 四天王寺@三重県津市が行われました。
100名ちょっと位の方が参加くださっての演奏会となりました。

中日新聞さんも午後の鼻笛展示会と鼻笛第九本番においでくださり、
12/30の朝刊にて第九の記事を掲載してくださいました。
(名前はモスリンでってお願いしたのに本名になっちゃったのはご愛嬌)

20141228daik9_sinbun02.jpg

17:00くらいから練習開始。最初はギターでアルトと男性パートを中心に
練習しました。
合奏の出は曲の途中からとなるため、主旋律(ソプラノ)以外は
音がとりづらく、なかなか上手くいかないので。今回も同じところを
パート単体、他のパートと合わせて等、いろいろ組み合わせながら
音をつかんでいただく練習を中心に行いました。

練習の合間に今日の参加者の紹介。
日本各地からの参加者がいらっしゃいました。
皆さんにはちょっとした演奏なども披露していただきました。
バグパイプの演奏も素敵でした。

僕もちょっとカラス天狗の鼻笛紹介。
ギターを持って歩き回りながらの演奏も披露しました。

mos202.jpg

19:00過ぎくらいに吸収ツアーから戻ったピアニストの純子さん登場。
ここからはキーボードを使っての本番に向けてのトータル練習。
演奏の流れなども確認です。
1:モスリンソロからの鼻笛合奏
2:ソプラノ(中村純子)・テナー(モスリン)合唱からの鼻笛合奏
  早くアルトの奈緒ちゃんが復帰してほしいです。
  他にベースかテナーの声楽家も参加いただけると4部合唱に
  出来るのでいつかはその形で演奏したいです。
3:通しでの鼻笛合奏
4:面白楽器(ケロミン・ティンホイッスル・のこぎり)からの鼻笛合奏
5:面白楽器・歌・鼻笛合同の合奏
と言う形での演奏です。

今回で4回目となりますが、何とか形になってきました。
この後しいたけダンスで、ちょっとリラックス。

20:00から最終リハーサル
そしてマレーシアからのお客様のご挨拶
住職の挨拶、全員参加での般若心経読経、と続きいよいよ本番です。

honban03.jpg

皆さん緊張の中にも楽しく演奏されて、素敵な演奏になりました。
終わったときの皆さんの笑顔最高でした。
最後に集合写真を撮って(写真師 松原 豊)終了となりました。

syugo01.jpg

終了後は四天王会館に移動して打ち上げ。
60名強の参加でしたが、スペース的には限界でした。
本当は皆さんとお話したかったのですが、そばに座った方以外は
ほとんどお話できなかったのが、仕方ないのですが、ちょっと残念です。

少し人がはけてきた後はバグパイプも加わってのセッション等も
行われ、楽しい時間が過ぎていきました。
多分僕は3時ころには沈没したと思います。

翌朝目覚めたときも酒が残っていて運転できず
女房に運転頼んでしまいました。(^。^;)

毎年課題は残りますが、鼻笛展示会から続くこの
鼻笛第九演奏会、皆さんで盛り上げていけたらと思います。

寒い中、駐車場整理、外での受付、会場設営をしてくださったスタッフの方々
打上のために4時起きでお弁当を作ってくれた弁当作りスタッフの皆さん
展示会の設営から片づけまで尽力くださった皆さん、
場所の提供と場を盛り上げてくださって倉島住職、
そして参加くださった皆さん、本当にありがとうございました。
また来年も皆さんの笑顔が見られることを願っています。
一緒に楽しく鼻笛吹いて行きましょう。







最終更新日  2015年01月06日 10時07分42秒
コメント(0) | コメントを書く
[コンサート・ライブ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.