000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

鼻笛演奏家”モスリン”のブログ

2015年02月14日
XML
カテゴリ:メールマガジン
P1100503-w960.jpg

2/14 アンコール・ワット観光 帰路へ

この日がカンボジアツアーの最終日です。

まずはホテルのそばの食堂にて朝飯。
白粥を頼もうとしたらまだできていないとの事。
ポーク麺を頼んだらインスタントラーメンのイメージでした。
日進のチキンラーメンに大型のにんじんと大根のいちょう切り、
サニーレタスに焼き豚を入れたって感じでした。
これはこれでなかなか美味しかったです。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.759609920812504.1073741999.236711303102371&type=3&uploaded=20

ここまではスタディーツアーでしたが、1日だけ観光に当てています。
せっかくカンボジアに来たのにアンコールワットも見ずに帰るのは
ちょっと残念なので寄ることにしました。

日本での感覚ですと一括でアンコールワットの遺跡ですが、
実はいろいろな遺跡群があります。
今回、アンコールワット・バイヨン・タ・プロームの
3つの遺跡を回りました。

アンコールワットでは気球による観光なんてのも有りました。
象に乗れるところもありました。
(僕は乗ってませんが。)
https://www.facebook.com/BiDiYanZouJiaMosurin/photos/a.759609920812504.1073741999.236711303102371/759610034145826/?type=3&theater

中国の旧正月の時期に重なったこともありすさまじい人出でした。
熱さもありかなりくたびれたと言うのが実感です。
https://www.facebook.com/BiDiYanZouJiaMosurin/photos/a.759609920812504.1073741999.236711303102371/759609967479166/?type=3&theater

最初の遺跡から張り切っていた学生さんは調子が悪くなり
2箇所目はバス待機なんてこともありました。
同行の最年長のB神父もかなり足が重そうでした。

タ・プロームの遺跡は樹木が岩を砕きまるでラピュタのような
風景が広がっていました。
https://www.facebook.com/BiDiYanZouJiaMosurin/photos/a.759609920812504.1073741999.236711303102371/759610170812479/?type=3&theater

アンコールワットの補修には僕の母校上智大学も
かかわっているとのことでした。なんとなくうれしいです。

遺跡周りの途中で運転手さんとお話していたのですが、
カンボジアでは貧富の差が広がっているとの事
富裕層は税金を払わずに高級な車などをどんどん買っているが
貧困層は働いてもなかなか生活が楽にならないとの事。

日本はいいですね~。そんなこと無いんでしょ?って言われたけど
実は最近日本も近い状態。カンボジアやベトナムよりはましかもねって
答えておきました。

運転手さん、かなり親しくなりました。本当に良い男です。
彼は車のオーナーから車を借りて運転手として仕事をしているのですが、
われわれが支払った金額の1/10も彼には渡っていません。

出来れば自分の車を持って営業できたらずっと楽に生活できるとの事。
本当はこういうところもサポートできたら良いのですが。

遺跡見学の後は再度マーケットへ。
こちらでお菓子のお土産を購入。

土産物屋にいたおじさんと話したら、日本の年金生活者との事。
日本だと年金で生活するのはかつかつの生活となるが
こちらカンボジアでは悠々自適の生活だそうです。

土産物屋で日本人観光客相手のサポートなんかをしながら
楽しく生活してるそうです。
こんな生活もまた楽しそうです。

ホテルに戻って一休み。
シャワーの後ベッドに横になるとまるで体がベッドに沈み込んで
行くような重みを感じました。
やっぱりかなりの疲れがきています。
30分ほど寝るとすっきり。

こういう休憩時間を入れた行程は助かります。

この後空港に向かい、現地の皆さんとお別れして
日曜日の朝、無事日本に到着しました。

いろいろ考えさせられることの多かったツアーでしたが
参加してよかったです。
鼻笛は笑顔を世界に広げ行くことの出来るツールであることが
実感できました。

カンボジアの子供たちの笑顔、とても素敵でした。
世界中どこでもきっと子供の笑顔は変わらないのだと思います。
この笑顔が無くなったりしないよう力を尽くして行きたいと思います。

ちょっとおまけです。
カンボジアのトイレはこんな感じが多いです。
車いすでもそのまますぐ用が足せます。
横には水桶があり、水桶から水をくんで自分で流します。
https://www.facebook.com/BiDiYanZouJiaMosurin/photos/a.759609920812504.1073741999.236711303102371/759610180812478/?type=3&theater






最終更新日  2015年02月20日 09時50分43秒
コメント(0) | コメントを書く
[メールマガジン] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.