386271 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

鼻笛演奏家”モスリン”のブログ

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

メールマガジン

2015年05月03日
XML
カテゴリ:メールマガジン

5/1~5/6 宮城ツアーレポート その6
2015/5/3 羊の毛刈りワークショップ@石巻市桃生町

5/3午後は石巻市桃生町にて開催された
羊の毛刈りワークショップに参加してきました。
この羊はかなりおとなしかったですが、
結構暴れてる奴もいました。



バリカンでどんどん刈られていき、丸々と太っていたように見えていた羊も
丸裸になると結構ほっそり見えます。

hituji02.jpg



hituji03.jpg

hituji05.jpg

毛はごみを取ったあと処理されていきました。
たくさんの方が参加されていました。

yomo01.jpg

 







最終更新日  2015年05月10日 10時35分17秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:メールマガジン

5/1~5/6 宮城ツアーレポート その4
5/3 第2回きたかみ春祭り in 北上町十三浜@石巻 訪問

5/3午前中は石巻・北上町十三浜にて行われていた
「第2回きたかみ春祭り」に行ってきました。
行政に頼らず、地元の方が中心で立ち上げているお祭りとのこと。
凄く活気にあふれていました。

到着したときはかなり凄い霧の中。
途中、運転に困るくらいの濃い霧も発生してました。

kaijyo01.jpg

こちらに昨年秋の登米でのイベントでご一緒した歌手の
高橋 ひろみさんがおいでになるとのことで、
ちょっとお会いたくて行ってきました。
ご家族全員で山形へ帰省される途中でお寄りになったとの
ことでした。
演奏があるのかと思ったのですが、今回はやらないとのこと。
いろいろお話をしてから再会を約して分かれました。

syugo01.jpg


こちらのお祭りでは神楽や太鼓の演奏が奉納されていました。子供達のお神楽なども愛らしくてとても素敵でした。

動きと音に凄く切れのある素晴らしい太鼓団体があり
どこかと思ったら雄勝の団体。
確認してみたら僕の40年くらい前からの友人である
和泉真弓さんが震災後からずっとサポートしている団体でした。
こんな所で実際の素晴らしい演奏に出会えたのは
本当にうれしいです。
コシノジュンコさんデザインの衣装もよく似合ってました。

taiko02.jpg

高橋さん一家とお別れして次の会場である柳津虚空蔵尊に
向かう途中、海に浮かぶ島に霧がかかり幻想的な風景が
出来ていました。
車を止めてしばし眺めていました。

こんな風景に出会えるのも旅の醍醐味です。

fog01.jpg







最終更新日  2015年05月09日 18時05分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月02日
カテゴリ:メールマガジン

5/1~5/6 宮城ツアーレポート その2
5/2 宮城明治村訪問(こちらでは演奏は無しです)

5/2 百俵館で演奏後は登米市登米町(とめしとよままち)の
宮城明治村に行ってきました。
こちらに来たのは初めてです。

meiji02.jpg

角館@秋田を思わせるような素敵な町並みです。
古民家を利用したカフェでは生木を削りだして作った
木工製品の展示販売会なども行われていました。

meiji03.jpg

meiji05.jpg

途中お寄りした団子屋さんのお団子もとても美味しかったです。

dango01.jpg

mukudori.jpg
旧尋常小学校という教育資料館はとても素敵な建物です。
敷地内の面白い形の木の洞からは椋鳥が顔を出してました。

syogakko01.jpg

しかし、宣伝の問題なのでしょうか。
ほとんど人通りがありません。
道の駅 上品の里やもくもくランドに人があふれそうになっているのに
こちらにはほとんど人が流れていないのが、不思議なくらいです。







最終更新日  2015年05月09日 12時07分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月28日
カテゴリ:メールマガジン

mos02m.jpg
mos03m.jpg


mos07m.jpg

mos08m.jpg2/28の午後は鶴ヶ島視覚障害者の会「アイネット」の総会にて
演奏させていただきました。

こちらは視覚障がいをお持ちの方と一緒に仲良くサポートしながら
楽しむ方達との連合サークル。
素敵な方達がたくさんいます。

こちらの総会では2~3年前にも演奏させていただき、
またこちらの会の皆さんには僕たちが主催の鶴ヶ島野菜を楽しむ会の食事会にも
いつもおいでいただいていたので、顔なじみの方がたくさんです。

鼻笛をお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。

初めての方もいらっしゃったので、鼻笛の解説や芸名モスリンの由来などの
おしゃべりも交えながら演奏させていただきました。
1時間の予定が結局1.5時間くらいやっちゃいました。

こちらの会でも鼻笛楽しんでいただける方が増えたら幸いです。


演奏曲目
1:瀬戸の花嫁 


2:オーシャンゼリゼ
3:花は咲く
4:前を向いて歩こう
5:コンドルは飛んでゆく
6:365歩のマーチ
7:夜空ノムコウ


8:北国の春


9:トルコ行進曲
10:よいとまけの歌
11:コーヒールンバ(アンコ-ル)







最終更新日  2015年03月03日 21時52分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月18日
カテゴリ:メールマガジン

2/11~13 シソポンとシエムリアップでの行動範囲の地図です。
黄色の星マークのところが訪ねた村の位置です。
(ホテルの位置もマークしてます)
大して離れていないところはマークしませんでした。

cambodia_map00.jpg

グーグルマップ便利ですね~。
スマホで保存してきた場所が今家のパソコンで開くと
ちゃんと記録されています。

2/12学校訪問からホテル戻るとき、太陽の方向に何となく違和感を感じ
グーグルマップを開いてGPSで現在位置を見ると見事にホテルと反対方向に
進んでいました。
あわてて、運転手さんに反対に進んでる。どこかで右折すれば
主要幹線に戻れるからそこから再度右に行けばホテルに戻れるって、
指示しちゃいました。
その土地を知らない人間が現地の人に道を指示できるなんて
凄いことですね。

そしてもう一つ凄かったのは今回使用したGLOBAL WIFI。
http://townwifi.com/
こちらも素晴らしかったです。
WIFI装置本体とエネループ(充電池)接続ケーブル充電器のセットで
1日の使用料が380円です。

ちょっと画像アップに使いすぎた日は夕方速度が落ちましたが
それ以外はプノンペンでもシエムリアップ、シソポンの街中でも
完全な田舎でもさらにタイとの国境地域の山の中でも
平気で快適なスピードで繋がってました。
これは予想を遙かに超える使い勝手の良さでした。

タイとの国境では埼玉からの電話がかかってきたのにはびっくりでした。
電話代が凄くなると行けないので、今カンボジアだからって言って
すぐ切ってもらいましたが、日本なら絶対に電波が通じるはずの無いような
凄い田舎の土地で電話が通じるというのが信じられない思いでした。

地球は狭くなりました。
ネットのサービスは凄いものになってきているのが
実感されました。







最終更新日  2015年02月18日 18時20分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月16日
カテゴリ:メールマガジン

2015/02/07~02/15の期間で
僕の大学時代からの友人であるスペイン人神父ボネット師が中心となって、
2003年に立ち上げたカンボジアの支援を行っている"かんぼれん"
(カンボジアの友と連帯する会 http://www.camboren.org/)
という団体のスタディツアーに参加してきました。
(僕も設立当時からのこの団体の会員です)

ツアーへの参加はずっと誘われていたのですが、なかなかタイミングが
合わず今回初めての参加となりました。
記憶が薄れる前に出来るだけ、書きとめておきたいと思います。

かんぼれんの活動は、当初は井戸掘りや道路の補修などが支援の中心でしたが、
今回行ってみると子供たちへの教育への支援(奨学金や通学のための自転車など)
が大きくなっていました。
その他、衛生教育等による生活改善、農業や牛を買うための資金援助等
いろいろな活動が行われていました。

現地での活動はJSC(イエズス会サポートセンター)のメンバーが行い
日本からは資金援助を中心に行い、さらに毎年現地を訪れて
交流を行うといった形で活動しています。

障がいを受けた子供達に鼻笛を教えてくることが僕の主目的でした。
今回の活動で鼻笛は世界に笑顔を広げるツールのひとつになれると確信できました。
カンボジアでも子供たちはすぐ吹けるようになって楽しんでくれました。
障害を持つ子供たち以外にも、小学校でも教えてきたのですが、
学校内をいろいろ見せてもらっているときもあちこちから鼻笛の合奏の音が
聴こえて来ていました。

hanabue2015kanbodia_s.jpg

鶴ヶ島のおやこ劇場(広域おやこ劇場 比企・入間)の方達が
作ってくれた指人形も持って行きました。
カンボジアの子供達はあまりおもちゃをもらうという機会が
無かったことも有り特に小さな子供たちは
狂喜乱舞といっても良い感じでとても喜んでくれました。

doll2015kanbodia_s.jpg

時系列的にツアーで目にしたことや印象などをまとめて行こう
と思います。







最終更新日  2015年02月17日 12時08分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月14日
カテゴリ:メールマガジン
P1100503-w960.jpg

2/14 アンコール・ワット観光 帰路へ

この日がカンボジアツアーの最終日です。

まずはホテルのそばの食堂にて朝飯。
白粥を頼もうとしたらまだできていないとの事。
ポーク麺を頼んだらインスタントラーメンのイメージでした。
日進のチキンラーメンに大型のにんじんと大根のいちょう切り、
サニーレタスに焼き豚を入れたって感じでした。
これはこれでなかなか美味しかったです。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.759609920812504.1073741999.236711303102371&type=3&uploaded=20

ここまではスタディーツアーでしたが、1日だけ観光に当てています。
せっかくカンボジアに来たのにアンコールワットも見ずに帰るのは
ちょっと残念なので寄ることにしました。

日本での感覚ですと一括でアンコールワットの遺跡ですが、
実はいろいろな遺跡群があります。
今回、アンコールワット・バイヨン・タ・プロームの
3つの遺跡を回りました。

アンコールワットでは気球による観光なんてのも有りました。
象に乗れるところもありました。
(僕は乗ってませんが。)
https://www.facebook.com/BiDiYanZouJiaMosurin/photos/a.759609920812504.1073741999.236711303102371/759610034145826/?type=3&theater

中国の旧正月の時期に重なったこともありすさまじい人出でした。
熱さもありかなりくたびれたと言うのが実感です。
https://www.facebook.com/BiDiYanZouJiaMosurin/photos/a.759609920812504.1073741999.236711303102371/759609967479166/?type=3&theater

最初の遺跡から張り切っていた学生さんは調子が悪くなり
2箇所目はバス待機なんてこともありました。
同行の最年長のB神父もかなり足が重そうでした。

タ・プロームの遺跡は樹木が岩を砕きまるでラピュタのような
風景が広がっていました。
https://www.facebook.com/BiDiYanZouJiaMosurin/photos/a.759609920812504.1073741999.236711303102371/759610170812479/?type=3&theater

アンコールワットの補修には僕の母校上智大学も
かかわっているとのことでした。なんとなくうれしいです。

遺跡周りの途中で運転手さんとお話していたのですが、
カンボジアでは貧富の差が広がっているとの事
富裕層は税金を払わずに高級な車などをどんどん買っているが
貧困層は働いてもなかなか生活が楽にならないとの事。

日本はいいですね~。そんなこと無いんでしょ?って言われたけど
実は最近日本も近い状態。カンボジアやベトナムよりはましかもねって
答えておきました。

運転手さん、かなり親しくなりました。本当に良い男です。
彼は車のオーナーから車を借りて運転手として仕事をしているのですが、
われわれが支払った金額の1/10も彼には渡っていません。

出来れば自分の車を持って営業できたらずっと楽に生活できるとの事。
本当はこういうところもサポートできたら良いのですが。

遺跡見学の後は再度マーケットへ。
こちらでお菓子のお土産を購入。

土産物屋にいたおじさんと話したら、日本の年金生活者との事。
日本だと年金で生活するのはかつかつの生活となるが
こちらカンボジアでは悠々自適の生活だそうです。

土産物屋で日本人観光客相手のサポートなんかをしながら
楽しく生活してるそうです。
こんな生活もまた楽しそうです。

ホテルに戻って一休み。
シャワーの後ベッドに横になるとまるで体がベッドに沈み込んで
行くような重みを感じました。
やっぱりかなりの疲れがきています。
30分ほど寝るとすっきり。

こういう休憩時間を入れた行程は助かります。

この後空港に向かい、現地の皆さんとお別れして
日曜日の朝、無事日本に到着しました。

いろいろ考えさせられることの多かったツアーでしたが
参加してよかったです。
鼻笛は笑顔を世界に広げ行くことの出来るツールであることが
実感できました。

カンボジアの子供たちの笑顔、とても素敵でした。
世界中どこでもきっと子供の笑顔は変わらないのだと思います。
この笑顔が無くなったりしないよう力を尽くして行きたいと思います。

ちょっとおまけです。
カンボジアのトイレはこんな感じが多いです。
車いすでもそのまますぐ用が足せます。
横には水桶があり、水桶から水をくんで自分で流します。
https://www.facebook.com/BiDiYanZouJiaMosurin/photos/a.759609920812504.1073741999.236711303102371/759610180812478/?type=3&theater






最終更新日  2015年02月20日 09時50分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月13日
カテゴリ:メールマガジン
cambodia_map03.jpg

2/13 シエムリアップへ移動。プシエムリアップでの活動見学。

朝一でシソポンからシエムリアップへ移動しました。
まずはJSCシエムリアップの事務所を見学。
そして、もう何十年もカンボジアで支援活動を行っている
オーストラリアのシスター デニースや自らが両足を失いながらも
障碍者の自立支援に奔走しノーベル平和賞を受けているレットさんに
こちらでの活動などについていろいろお話を伺いました。

学生陣はレットさんに生ライン活動などについてもいろいろアドバイス
いただいたとのことです。

こちらには宿泊施設等もあり、ちょうどこの日はアジア各地からの
方がお見えで支援の会議が開かれていました。

こちらでもちょっとだけ鼻笛の響きをお聴きいただきました。

続いてはJSCシエムリアップ責任者スレイモンさんの案内で
シエムリアップでの支援先の見学を行いました。
こちらの道の砂埃もすごかったです。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.759384694168360.1073741998.236711303102371&type=3&uploaded=21

まずは奨学金と家のサポートそしているという双子の姉妹のところ。
ずっと病気で両足をなくしたお母さんの世話をしながら暮らしていた
姉妹だそうですが、最近お母さんが亡くなったそうです。
今まで住んでいた家ともいえない屋根だけの小屋のところに
家を作ってサポートするとのことです。

食べられるだけのお米のサポートと奨学金で
学校に通えるようにするとのことです。

この子達は将来不ら後の歌手になりたいとの事。
音楽が隙とのことでちょっと鼻笛のレッスンも行いましたが、
残念ながら恥ずかしがっていてあまり上手くいきませんでした。
彼女たちが英語がわからないってのもちょっとネックになってしまいました。

続いては村の小学校へ。
まずはお弁当。そしてこちらではスレイモンさんによる授業の様子なども
見学させていただきました。

ホテルに戻った後は、マーケットに買出しに行きました。
土産無しと言うのもなんなので、女房に手提げバックを購入。
結構気に入ったものを見つけることが出来ました。

買い物のあとはシエムリアップのスタッフと一緒に食事会。
有名なレストランとのことでクメールダンスを楽しみながら
食事が出来ました。

食事はバイキング形式でものすごくいろいろなものがありましたが、
味は昨日までに行った各レストランの方が美味しかった感じです。






最終更新日  2015年02月20日 20時52分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月12日
カテゴリ:メールマガジン
cambodia_map03.jpg

2/12 シソポン支援プロジェクトの進行状況確認

まずは朝食バイキングのご紹介。
おかゆもですが、バケットのパンもなかなか美味しかったです。
ソーセ-ジは何の味かわかりませんでした。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.759341424172687.1073741995.236711303102371&type=3&uploaded=9

この日は学校を2つ訪問しました。
地図に赤矢印で示した付近です。
https://www.facebook.com/BiDiYanZouJiaMosurin/photos/a.759342604172569.1073741996.236711303102371/759343710839125/?type=3&theater

その前に事務所にて鳥君にご挨拶。
鼻笛でちょっと遊んでみました。
https://www.youtube.com/watch?v=XfGmMytGWeg

道ばたでは市が開かれています。
ほこりっぽいですが、この辺りでもプノンペンと
変わりのない活気にあふれています。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.759342604172569.1073741996.236711303102371&type=3&uploaded=1

途中、お婿さんがお嫁さんを迎えに行く結婚式の隊列に遭遇しました。
皆さんうれしそうにしていて笑顔で手を振ってくれました。

この日通った道は昨日よりはでこぼこが少なかった感じです。
現地からもレポートしましたが、たくさんのネズミを乗せた荷車に
出会いました。 田んぼに罠を仕掛けて捕っているそうです。
この日も120kgほど捕れたとのこと。
この後家に戻って、肉に加工すると1.2ドル/kgで売れるそうです。
ネズミは田んぼの稲を食い散らすので、捕獲が欠かせないそうで、
一応一石二鳥な仕事になります。
僕自身はネズミを食べるのはちょっと考えちゃいますが、
中華料理などでも使いますからね~。

最初に到着したのはボッソムスクールという小学校。
こちらには通学用の自転車を寄付しています。
10kmくらい遠くからの通学者も結構多いです。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.759344630839033.1073741997.236711303102371&type=3&uploaded=26

こちらではまず鼻笛演奏させていただいた後、皆さんに鼻笛を配り
鼻笛講習も行いました。
校長先生ともう一人の先生も俺たちもやるって言って、すぐ習得。
子供達に教える手伝いをしてくれました。
特に校長先生は流石って感じで教え方が上手いです。
https://www.youtube.com/watch?v=t_pIJ4wjuLk

子供達もすぐ吹けるようになっていました。
その後植樹の状況等いろいろ見学中も
あちこちから子供達の鼻笛合奏が聞こえてきていました。

続いてはおやこ劇場さんの指人形配布。こちらも校長先生が
遊び方の指導なんかをしてくれました。
子供達(ちょっと大きな子も含めて)うれしそうでした。
こちらでも子供達の素敵な笑顔がたくさん見られて
うれしくなってしまいました。

来年のツアーでは僕が行けなかったとしてもこの学校には
鼻笛を持って行ってもらいたいと思います。
洗って使えるので、音楽の教材として使ってもらえるのではないかと思います。
幸い校長先生を初め吹ける子もたくさん出来たので、
この学校の一つの売りになるのではないかと思われます。

いろいろ見学した後はこちらでお昼ご飯(お弁当)をいただきました。
かなりのボリュームで味も良いです。

食べ終わったところでちょっとだけアフタヌーンコンサート。
演奏曲目
ジュ・テ・ヴ
君を乗せて
カントリーロード

その後、いつも素晴らしいアシストをしてくれている運転手さんにも鼻笛講習。
すぐに吹けるようになりました。
カンボジアの皆さんは筋が良い方が多いです。
息子さんも2人いるとのことで
息子さん分も合わせてプレゼントしました。

食事後は次の学校、ポイ・アンコール・スクールというところへ
おじゃましました。
こちらの建物や備品はサマリタンズ・パースというところからの寄贈だそうです。
机には日の丸が付いていました。

こちらの子供達も目がキラキラしてました。

この日は早めの切り上げの予定だったのですが、
その後道に迷うというハプニング発生。
GPSのおかげで1時間程度のロスで済みましたが。
こちらの日記もご参照下さい。
http://plaza.rakuten.co.jp/mosurin01/






最終更新日  2015年02月20日 20時50分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月11日
カテゴリ:メールマガジン
2015-02-11 13.52.38-v960.jpg
2/11 シソポン支援プロジェクトの進行状況確認と現地の方達との交流(午後)

昼食の後は地図の左側☆印の辺りの村にお伺いしました。
最初は奨学金支援をしている女の子の家。
現地でのレポートでも書きましたが、この子には心打たれました。
写真はこちらです。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.759104440863052.1073741994.236711303102371&type=3&uploaded=17

ヘンサムエンさん、5年生だそうです。
耳が聞こえず口もきけないご両親と他の人との通訳をしながら
学校でも82人中2.3番をキープしているとの事。
ご両親も含め手話は習っていないようです。
ボディーラングエッジと手のひらに文字を書くことで
コミュニケーションを取っていました。

将来は何になりたいの?って聞いたらまっすぐこちらを見て
オーガナイザーになりたいです。そのためにも高校まで頑張りたいって。
ここで恥ずかしながら涙腺崩壊してしまいました。
あまりにもまっすぐでキラキラした瞳にノックダウンでした。

何年か後にこの子に是非また会ってみたいものです。
きっとオーガナイザーとして素晴らしい仕事をしていることでしょう。

この子にも指人形と鼻笛プレゼントしました。
鼻笛はすぐに吹けるようになりました。
音楽は大好きだそうです。

僕の説明もすぐに理解していました。
英語はまだあまり勉強していないと思うのですが、
ご両親との関わりの中から人の言いたいことを理解する能力が
素晴らしく発達している感じです。
きっと外国の方とのコミュニケーションも上手く取れる子に育つと
思われます。

そして一緒にいたこの子のお兄さんの子供にも指人形をプレゼントしました。
多分彼女が生まれて初めて自分にもらったオモチャ。
おやこ劇場さんの指人形をこれほど喜んでもらったのは初めてかもしれません。
指人形をもって行って本当に良かったなーって思えた瞬間でした。

2015-02-11 14.00.36-v960.jpg
続いては地雷で足を失った方の家。
こちらではトイレ作りの支援を行ったそうです。

続いては地雷で目をやられた方の家。
こちらもトイレ作りの支援を行ったそうです。

子供達に教育を受けさせるよう申し入れているそうですが、
子供達を目の変わりに使って仕事をしているので、
学校なんかには行かせられないとのこと。
先ほどの女の子などと比べてもこちらの子供の意欲はあまり感じられませんでした。

こちらでも指人形をプレゼントしましたが、喜んでました。
男の子2人で遊んでいると2.3才の子が私も欲しい~~~て感じで
飛んできましたので、この子にも手渡しました。
こちらでも指人形大人気でした。

この日の活動はこれで終了。

ホテルに戻って、ミーティングの後はレストランで
JSCシソポンのメンバーと食事会。
かなり気心も知れてきたので、楽しい会話が続きました。






最終更新日  2015年02月26日 10時54分49秒
コメント(0) | コメントを書く

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.