5850517 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Try! Nature Watching! (since 2006.8.14)

全42件 (42件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >

人物紹介

2008年03月28日
XML
カテゴリ:人物紹介

ウィンク昨年の4月24日の日記で久留米裕(くるめゆたか)さんというイラストレーターのことを紹介しましたが、今日その息子さんから掲示板に書き込みがありましたので紹介します。
────────────────────────────────────────────────
Re:はじめまして ドクターT9323さん
久留米さん
>トライアスロン宮古島大会のシンボルマーク等を
>デザインしている、久留米という者です。ネットを
>巡回中に貴方のブログに辿り着き、亡父の美術館を
>ご来館いただいた際の書き込みを見つけて、本当に
>嬉しかったです。

>大会は17回大会ごろから僕が父と共同で担当する
>ようになり、20回大会のシンボルロゴが父の最後の
>デザイナーとしての仕事だったと記憶しています。

>こうしている今も表彰盾や完走証を制作しており、
>この仕事を続けていく限り、自然とトライアスロン、
>父と自分と宮古の縁は切れないモノだと感じます。

>自分が自分の為に何かを成したと思えるように
>なったら、その後は父の作品をプロデュースしたい
>ですね。父の作品をPC用壁紙にしたものなども
>ありますし。
●初めまして、久留米裕先生に息子さんが見え、後を引き継いでロゴを創ってみえるとは知りませんでした。私は宮古島の第1回大会から出場して、宮古島は第二の故郷と思っています。第何回大会の時だったか、南国美術館を訪れ、お会いすることはできませんでしたが、お父さんの作品を見せてもらい、素晴らしい南国の自然の数々を膨大な作品として残し、また地元の子供たちにも絵を教えているというのを聞いて感動いたしました。アダンの樹に登るヤシガニの絵を買ってきたのはその翌年のことです。そして、その翌年に行ったら南国美術館は閉鎖されており、亡くなったことを知りました。久留米先生と島豆腐作りを教えてくれたおばあ(石嶺シズさん)は今も僕の心の中に生き続けています。
●ブログ本文で紹介させてもらいます。

(2008年03月28日 05時43分54秒)

────────────────────────────────────────────────
DSC00803.JPG

ぽっこれがその絵(版画)ですよ。

08-03-27_08-39.jpg

ウィンク子持ちベンケイソウの花が咲きました。







最終更新日  2008年03月28日 06時20分56秒
コメント(9) | コメントを書く
2007年11月11日
カテゴリ:人物紹介

ぺろり昨日は親父の23回忌で、知多へ戻りました。

DSC_7348.JPG

ウィンクまず、岡田の慈雲寺でお経をあげてもらいました。

DSC_7359.JPG

ウィンク改装なった本堂の前で記念写真。私は養子に出たので、弟が一応主催者になっています。母はもう93歳で、足が弱くなったので、車椅子に乗せて連れてきました。兄弟10人のうち、7人が揃いました。

DSC_7368.JPG

ぺろりその後、お寺の裏山でお墓参り。高くて階段もあるので、母の車椅子は二人がかりで担ぎ上げました。お墓の前で母が子供のように大きな声で泣いていました。足が弱くなってから何年もお墓に来ていなかったからです。

DSC_7392.JPG

ぺろりそれから在所へ行きました。女房とは保育園・小学校の同級生ですから在所もすぐ近くです。

DSC_7398.JPG

ぺろりそれから座敷でみんな揃ってお食事です。昔話に花が咲きます。皆、携帯の待ち受け画面の孫の写真を見せ合ったりしてました。

DSC_7414.JPG

ぽっ女房がアカペラで”千の風になって”を歌いました。架かっている写真右が親父です。左は先妻さんです。上6人が女ばかりで先妻さんの子供です。

img3053.jpg

ぽっこれは親父の若いころの写真です。みんなが私に似ているというんですが、・・・。

DSC_7424.JPG

ぽっ親父は明治28年生まれ、今生きていれば113歳です。第一次大戦のとき、ロシア革命が起きて、日本はシベリアに出兵しました。そのときに騎兵隊で満州を走り回っていたようです。

ウィンクさて、妹(美ん美んさん)が法事の準備で片付けていたら、昔の私の作品が2つ出てきました。リクエストがありますので、お見せします。

DSC_7390.JPG

ウィンクまず、これが私が岡田小学校1年のときに描いた絵らしいです。描いたことは忘れてしまいましたが、家のすぐ上の麦畑でよく凧揚げをしていたのは憶えています。そのころの凧は四角いのと、扇子凧と蝉凧というのがありました。凧も竹を切って作っていたような気がします。

DSC_7435.JPG

びっくりもうひとつはこれです。幼馴染のデザイナーになった2年上のM君と二人でガリ版刷りで作りました。前半と発刊にあたってはM君が、後半と終わりにあたってを私が書いています。発案は私がしたようです。M君が原本の日焼けもそのままにコピーを作ってくれました。

DSC_7441.JPG

ウィンク岡田の蝶として31種類が載っていました。その後新たに見つかったものを入れると40種類くらいになるのですが、・・・。

img3054.jpg

ぺろり作ったときは中学2年、何処へ行くにも網を持っていました。

DSC_7410.JPG

びっくり美ん美んさんがオオフサモを池に植えたいというので、西田川から少し採って持っていったら、庭に置いてある甕にあるじゃないですか!しかもミミカキグサまでおまけに生えていた。

DSC_7382.JPG

ウィンク庭にある池ではよくザリガニ釣りをしましたが、まだザリガニがいっぱいいました。

ウィンク今日は、朝3時に起きて、更新してから長谷村へ行こうと思ったらいきなり楽天がメンテナンスに入って、帰ってからの更新になりました。







最終更新日  2007年11月11日 18時37分57秒
コメント(16) | コメントを書く
2007年08月28日
カテゴリ:人物紹介
  ウィンク昨日、女房のコメントの中で私の母のことが事件として取り上げられていましたので、一度母のことを書いておきましょう。私の母は大正4年生まれで今年93歳になります。会津の出身で小さいころは開拓に行った父親に連れられて北海道にいた時期もあるようです。東京へ出て教員の資格を取り、結婚したようですが、子供はなく、ご主人を若くして亡くしたようです。あまり、その辺のことは話したくないのか聴いていないのですが、絵の先生だったようです。その後、東京で下宿していたところに、父、安藤源三の妹の小林時枝先生(日本女子大を出て、市川房江議員の右腕として働いていた人)がみえて、兄が奥さんを亡くして困っているから、ツルちゃんどう?と話を持って来て、女ばかり6人の子供がいる、20歳も年の違う父、源三のところへ後妻に入ったのです。当時母は34歳で、父は54歳、一番上の姉(先妻の子供)は30歳くらいでした。父はその頃は知多で運送会社を経営しており、大きな屋敷に住んでいましたが、私が中学に上がるころには大きな運送会社に吸収されて、父も引退しました。それからは父の収入はなく、母が代用教員をして家計を支えていました。再婚後3男1女が出来て(私は2番目で次男です)、全員大学まで出して、先妻の子供たちを全部嫁に出して、古い屋敷が残っただけでした。土蔵にあった骨董の類も少しずつ父が売って小遣いに消えました。立派な萱の天地柾8寸盤に転がりそうな蛤と那智黒の碁石があって、それは欲しかったのですが、生活のために300万で売られて行きました。母はとても教育熱心でした。生活費を切り詰めても、勉学のためには惜しまず出してくれました。当時はまだ田舎では珍しかったのですが、兄、私、妹とお金のかかる名古屋の私立へ通わせてくれました。一番下の弟はお金がなくなって公立で通しました。物心ついたころのエピソードで、教育に厳しかった母の話があります。ひとつは保育園に上がる前に2kmほど離れたカトリック教会のやっている幼稚園に入れられたのですが、毎日まだ3歳の私が一人で通うにはつらい距離でした。ある時大きな台風が来て、「やった~、今日は台風で休みだ~」と思っていたら、母が鬼のように「何があっても休んではいけません。」泣く泣く、台風の中を、傘を途中で飛ばされながら、やっとの思いで着いたら、幼稚園の先生が「あら~、こんな台風の中を一人で来たの。今日は休みよ~。」その時は連絡がいって、さすがに迎えにきてくれました。もうひとつの話は、先妻のお姉さんたちがたくさんいる中で、少し小さくなっていましたが、初めて自分用の本立てを買ってくれたのです。机もなくてミカン箱を代用していたころです。嬉しくて早速漫画本を並べて置いたら母が烈火のごとく怒って、「漫画の本を置くために買ってあげたんじゃありません!」怒るばかりではなくて、よいところは褒めてくれました。この3歳ころのことが、その後の私の生き方を決定したようなものです。

 ぽっさて、母の話に戻って、母は努力家です。知多へ来てからずっと短歌を詠んでいます。馬場あき子先生が主宰する花林(かりん)の会に入って、友達を誘い、知多にかりんの会の支部を作ります。55歳で車の免許を取り、90歳近くまで乗っていました。腰椎の圧迫骨折をして腰が曲がり、耳はとても遠くなりました。今は杖をついて短い距離ならなんとか歩ける程度です。8月25日・26日とかりんの会の全国大会が蒲郡の三谷温泉であるというので、6月ころに何とかして出たいと言っていましたが、耳が遠くて会話が一方通行だし、第一蒲郡までくるのが大変です。今一緒に住んでいる妹が説得して諦めさせたと聞いたのですが、24日の夜に突然母から電話がかかってきて「もっちゃん、明日平野屋さんを一部屋頼んでちょうだい。新海さんが付いて行ってくれることになったから。」「え~、新海さんって、81歳のシルバーカーをひいて歩いている~?付き添いの付き添いがいるよ~。」「だいたい、明日のことだよ。今から頼んでも部屋がないかも知れないよ~。」「タクシーを頼んだから、gjajia  a a hajbab・・・」「だって、明日は僕もアッコも伊豆に行っていないよ~。」「もっちゃん、それじゃ頼んだよ。」

しょんぼりこうなるともうどうにも止まらない。仕方ないので、平野屋さんに電話しました。「予備の部屋があるので、ご用意できます。」「え~あるんですか?それでは腰が悪いので、低いベットを入れてください。それから車イスはありますか?」予想に反して部屋はありました。2泊したがっていたのを何とか1泊に諦めさせて、・・・。伊豆の日帰り旅行から帰ってきたら、また平野屋さんから電話です。「もっちゃん、ありがとうね。みんなよくしてくれたよ。明日の朝、かりんの会の世話になった人たちに挨拶に来てくれないかね?」「え~、明日は女房と一緒に知多へ帰ろうと思っていたのに、・・・」「7時半ころ、平野屋さんに来てちょうだい。みんなが食事をする前に、gnaj;aa haijn・・・」仕方ない。朝行って、馬場あき子先生始め、主だった人たちに挨拶して、どうやら母も思い残すことなく満足したようです。それから朝食の終わるころに迎えに行って、知多まで乗せて帰りました。これが事件の顛末です。







最終更新日  2007年08月28日 04時38分51秒
コメント(12) | コメントを書く
2007年08月03日
カテゴリ:人物紹介

ウィンク今年もピンクリボンキャンペーンで市民セミナーをすることになった。

DSC09217.JPG

ウィンク一昨日ポスターが出来て、後援の製薬会社が持って来てくれた。

DSC09218.JPG

ぽっ今年の目玉は乳癌を体験した女優の音無美紀子さんに来てもらって20分くらい話をしてもらう。その後、私の司会で音無さんにいくつか質問を投げかけて答えてもらう。

しょんぼり最近乳癌は増えている。日本人で23人に一人は乳癌になる。毎週木曜日午後の乳腺外来も混んできた。今月はもう5件も乳癌手術の予約が入っている。仕事が忙しいと夜は飲まずにはいられない。

DSC09271.JPG

ウィンク朝採ってきたカノコユリを”志な乃”へ持って行った。後ろの色紙はエビスさんが飲みに来たときに書いてもらったもの。今年は蒲郡でもうじきSGがある。またエビスさんも来るだろうか?

DSC00132.JPG

ぽっここのお母さんは信州飯田の出身。昭和45年からこの蒲郡駅前の地下で飲み屋をしている。びっくり病気をしない限り盆も正月も休まない。この何年かの間に一日休んだだけだ!お母さんはもう86歳になる。この上のビルに一人暮らししている。いつまで続けられるだろう?

ウィンクお母さんはドラキチである。私は巨人ファン。巨人ファンで店に入れてもらえるのは私ともう一人しかいない。

しょんぼりお母さんは独身を通した人で、まじめだから愛人を連れていくと怒る。私も、女房と娘と研修医以外の女の人を連れて行ったことはない。

ウィンク酔っ払いもお断りで、一現の客はまず断られる。殆どは常連客かその紹介である。

ぺろりお母さんはとても気前がよくて何でも大盛りで安い。

DSC09268.JPG

ぺろり今日は、まず朝採ったワラビをアク抜きして持って行った。ビールを1本自分で出す。カウンターだけの店なので、セルフサービスでビールは出すのです。白菜の漬物がサービスで出る。

DSC09269.JPG

ぺろりそしたら、まずオクラがたくさんもらったからと言って出てきた。

DSC09270.JPG

ぺろり次に、シャコとキスの刺身を頼みました。刺身は新鮮で盛りがいい。

DSC09272.JPG

ぺろりビールを1本開けたので、焼酎のお湯割りにしました。マイグラスに焼酎6:お湯4の濃いのを作ってくれる。お母さん特製のイモサラダを頼みました。

DSC09273.JPG

ぺろりあと、ご飯を頼みました。オカズに紅鮭を焼いてくれました。ここで、ご飯を出してくれるのは私の他に2~3人しかいない。

びっくりこれだけ、飲んで食べて2000円超えたことがない!ハートお母さん、長生きしてね~!

マラソン雫マラソン雫今朝は砥神山から相楽を回って15kmほど走りました。飲みすぎたあくる日はえらい。

DSC09308.JPG

スマイル今朝はオケラだった。

DSC09294.JPG







最終更新日  2007年08月03日 07時57分16秒
コメント(16) | コメントを書く
2007年06月23日
カテゴリ:人物紹介

ぽっ昨夜は金山の全日空ホテル、グランコート名古屋29階の花梨という中華料理の店で、大学の同級生が外科系ばかり7人集まった。

DSC08252.JPG

ぽっ夜景が綺麗ですね。国際会議場も見えます。

DSC08242.JPG

ぺろりまず、前菜から、ワインで乾杯し→ビール→紹興酒と変っていきます。

DSC08250.JPG

ぽっ集まったのはこの7人です。真中の梛野先生が今回名大第一外科の教授に就任しました。専門は胆道外科です。同級生では4人目の教授になります。私は第二外科所属ですが、同級生ですので、一外、二外関係なしにお祝いに集まりました。

ウィンク大学も昔のような白い巨塔ではなくなりました。独立法人化、臓器別再編、若手医師の医局離れで、昔のようなピラミッド型の構図はなくなり、関連病院とのつながりも臨床研修制度によって、弱まりつつあります。でも何と言っても、名大第一外科は東海地区の主要な病院を押さえており、関連病院も東海地方を中心に40近くあり、開業の先生も含めると、数百人の同門の頂点に立ち、臨床と研究と教育の責任者となります。でも仕事の多忙さと責任の重さの割りに給料は私より少なく、手取り50万もないという話です。先々代の第一外科の教授は「医学部教授、3日やれば嫌になる」という本を書いて、停年のだいぶん前にやめてしまいました。まあ、外から見るのと、中から見るのではずい分違うんだと思います・・・。

DSC_3761.JPG

ぺろり今朝は、いつも大きな実のヤマモモを採らしてくれる患者さんの家に行ってきました。しょんぼりあれ、今年は実が見えませんね。

DSC_3762.JPG

ぺろりでも、樹の中に入って登ってみると、実がたくさんついていました。

DSC_3759.JPG

ぺろりよく熟したものもあります。

DSC08259.JPG

ぺろり大きくてよいものはワインシロップ煮にしました。

ウィンク外から見るのと、中から見るのと違うというのはこういうことでしょうか?







最終更新日  2007年06月23日 12時10分11秒
コメント(22) | コメントを書く
2007年04月28日
カテゴリ:人物紹介

ぽっ宮古島は珊瑚礁で出来た島です。海岸線は珊瑚礁か珊瑚でできた砂浜で囲まれています。星砂はみられません。一部沖縄製糖の横の海だけ廃液のためか死んだような海になっています。砂浜で有名なのは、水泳会場の前浜ビーチ、鮫が出たという砂山ビーチ、港の近くのパイナガマビーチがあります。

DSC04927.JPG

ぺろりここが、水泳スタート地点の前浜ビーチ、白い砂に青い海です。前に見える島は来間島。

DSC03929.JPG

ぽっここが、昨年の写真ですが、砂山ビーチです。

ぺろり珊瑚礁は海へ入ればどこにでも見られ、いろいろな魚が泳いでいますが、砂浜も少し持った有名なところでは、前に紹介した、シギラビーチそれから新城(アラグスク)海岸、そして吉野海岸があります。

DSC_2307.JPG

ぺろり吉野海岸は東平安崎の少し北側、ここから入ります。去年来たときには左の駐車場の看板はありませんでした。入ってすぐのところに駐車場が出来ていました。そこから下の海岸までは500mほど歩かなければいけません。でもすぐに出るなら下まで行ってもいいよというので、そのまま車で降りて行き、漁民の停める駐車場へ車を置きました。

DSC_2308.JPG

ぺろりここです。ちょっと一昨年と様子が違います。

DSC01549.JPG

ぺろりこれが一昨年の写真ですが、吉野海岸というところです。女房の後にゴミのようなものが並んでいます。また女房がマスクとシュノーケルをつけています。ここで、女房はマスクとシュノーケルを借りて初めて潜りました。

DSC_2312.JPG

ぺろりここには、実は名物おじさんが棲み付いています。宮古島、吉野海岸、おじさんで検索すると600~700件ヒットします。どうも内地から来た方のようですが、あまりの珊瑚礁に感激して、ここに棲み付いて珊瑚礁の番人になってしまったようです。このガラクタなどが並べてある奥のモンパノキやアダンやユウナの木陰にテントを張って生活しています。初めての人がこの海岸にやってくると、目ざとく見つけて近づいてきて、まずこの珊瑚礁の解説をしてくれて、注意事項をいろいろと教えてくれます。そしてマスクとシュノーケルをタダで貸してくれます。上がってくると、シャワーはありませんが、山から流れてくる水がポリバケツに用意してあって使っていいよといいます。ヘンプ糸と拾ってきた珊瑚のかけらが用意してあって、首飾りの作り方を教えてくれます。

DSC_2314.JPG

ぽっ奥へ入ってみると、いました、いました。右手奥のバンダナを巻いた白髪のおじさんです。観光客を相手に何か話をしていました。右手前に地元の人も一人いました。「おじさん、こんにちわ。2年ぶりにきました。」

DSC_2316.JPG

ぽっ「よく来たね~。」早速女房に首飾りを作ってかけてくれました。このおじさん、変わっています。新興宗教の教祖かインテリめいた雰囲気なのですが、ここで珊瑚礁の番人をボランティアでしています。何を食べて生きているのでしょうか。きっとこっそり珊瑚礁の魚を獲って食べているのかな~?このおじさんも地元の観光開発との間で軋轢があるようです。

DSC_2311.JPG

しょんぼり上には、先ほどの有料駐車場(¥500)が出来、降りてきた入り口にはマスク・シュノーケルの有料レンタルがあります。これが出来ておじさんも無料貸し出しは出来ないようです。おじさんはボランティアでやりたいのですが、・・・。

DSC_2318.JPG

ぺろり海岸にはハマヒルガオの花も咲いていました。それでは、シギラビーチの珊瑚礁の魚たちをもう一度ご覧下さい。

DSC06067.JPG

ぽっハマクマノミ。

DSC05979.JPG

ぺろりオコゼの頭、から揚げにすると美味しそう。

DSC06088.JPG

ぺろりミスジリュウキュウスズメダイ。

DSC06097.JPG

ぺろりベラの仲間?

DSC06070.JPG

ぽっハマクマノミ、黒っぽいのもいます。

DSC05908.JPG

ぺろりカニもいます。

DSC05912.JPG

びっくりウツボが珊瑚の間から覗いています。

DSC05996.JPG

びっくりこれが、深くてうまく撮れなかったのですが、岩の下に張り付いているハナミノカサゴ。

DSC06033.JPG

びっくりウミヘビかと思ったらあまり動きません。イカリナマコ。DSC05993.JPG

ぺろりハタタテダイ。

DSC06004.JPG

びっくり竜宮城の数え切れない魚たち。来年もまた来るからね~。







最終更新日  2007年04月29日 07時42分41秒
コメント(12) | コメントを書く
2007年04月25日
カテゴリ:人物紹介

ぺろり今日は幻の豆腐造りを教えてくれたおばあとおじいのことを書きます。

ぺろり1985年、宮古島トライアスロンの第1回大会に子供3人を連れて行きました。鉄平が小学校1年生、純平はまだ3歳くらいでした。私のゴールを待つ間に純平は疲れて競技場で寝てしまいました。女房は困ってしまいましたが、そのとき西原の部落の池間さんの奥さんが純平を見てくれたのです。それが縁で、池間さんのお宅にゴール後お邪魔するようになりました。

ぺろり2年目の時でしたか、近くに美味しい豆腐屋さんがあるからと連れて行ってもらいました。地元でも幻の豆腐と言われて、あまりたくさん造らないので、地元の市場にも出しますがすぐに売り切れてしまうという話でした。

DSC_2110.JPG

ぺろりその豆腐屋さんは小学校の横の道を入ったサトウキビ畑の中にありました。石嶺豆腐です。

DSC06260.JPG

ぺろり石嶺勇太郎さんとシゲさん夫婦が棲んでいました。昭和22年小さなユクタギ部落の石嶺家長男の勇太郎さんは軍服姿で西原部落から風呂敷ひとつ持ってきたモンペ姿のシゲさんを嫁に迎えました。勇太郎さん22才、シゲさん24才でした。勇太郎さんは生みの母を知らず、シゲさんは父を知らず、二人とも片親に恵まれない環境で育ちましたが、二人は初夜の日に誓い合いました。「明るく楽しい家庭を築こう!!」と、・・・。やがて、正直で働き者の二人は1男5女の子宝に恵まれて、子供たちは大きな病気をすることなく、すくすくと育っていきました。勇太郎さんは農業(さとうきび)と養豚で生活を立てていましたが、6人の子供を育てるには生活も苦しく、シゲさんは43才のときに少しでも生活の助けになるようにと豆腐作りを始めました。昔ながらの生絞り、釜戸で薪を燃やして、呉汁を煮て、海水で固めるという作り方です。たちまち島で人気の豆腐になりましたが、海水汲みと薪の準備はおじいも手伝いますが、作るのはおばあ一人ですから、午前4時ころに起きて2鍋つくるのが精一杯でした。

ぺろり私が、石嶺豆腐にお邪魔するようになったのは、子供たちも独立して、落ち着いた生活ができるようになったころでした。おばあも豆腐でそんなに儲けなくてもよいのだけれど、島の人たちに人気があってやめられないと言っていました。何しろ本土の豆腐よりでかくて締まっている。大きさで倍、目方では4倍くらいはある。でも1丁が140円でした。最初に行ったときにまず出来たてのゆし豆腐(型に入れて固める前のおぼろ豆腐)をいただきました。海水で固めるので、塩味がついていますが、甘いのです。3~4年、毎年伺ってはご馳走になり、帰りに豆腐をお土産にもらってきました。そのために、おばあはいつもより早く起きて一鍋余分に作ってくれます。

ぺろり何度も伺っているうちに自分で豆腐が作れたらいいなと思い、おばあに作り方を教えてとお願いしました。おばあは気よく教えてくれました。それでは、作り方を写真入りで説明しましょう。

DSC06262.JPG

ぺろりまず、にがり代わりに使う海水を汲んでくるのはおじいも手伝います。週に1回くらい西平安崎辺りへ汲みに行き、外のポリタンクに貯めておきます。大豆は国産がよいですが、それほど豆にはこだわっていません。前の日に水に漬けてポリバケツの中に入れておきます。

DSC06266.JPG

ウィンク一晩水に漬けた豆をグラインダーにかけて磨り潰します。これが呉汁です。

DSC06270.JPG

ウィンクこれを大きな脱水機の中に入れて絞り、生豆乳と生オカラに分けます。十分にこなれてないオカラはもう一度水を加えてグラインダーにかけると、もう少し豆乳が採れ、オカラもより細かくなります。

DSC06279.JPG

ウィンクそうしてできた豆乳を釜戸の大きなアルミ鍋に移します。

DSC06280.JPG

ウィンク釜戸はふたつあり、おじいが準備しておいた薪をくべて沸かします。

DSC06281.JPG

ウィンクふきこぼれないように見張りながら、おじいが育てている豚のラードを消泡剤に加えます。沸騰しかかった頃合を見計らって、びっくり水を加えて少し温度を下げたところで、にがりの代わりの海水を少しづつ混ぜて行きます。

DSC_2274.JPG

ウィンクすると豆腐が固まり、水と分離してきて、ゆし豆腐ができます。

DSC06283.JPG

ウィンクそれを型に入れて、・・・。

DSC06285.JPG

ウィンク重石をします。重石の重さと、時間によって、硬さは調節できます。

DSC06286.JPG

ウィンク出来上がった豆腐を切り分けて、・・・。

DSC06287.JPG

ウィンク袋につめて出来上がりです。ゆし豆腐も人気があるので、半分はゆし豆腐のままで袋につめます。また、温めた豆乳をニガリを入れずに温度を下げていくときに表面に張ってくる蛋白質が湯葉ですが、湯葉も少し作ることがあります。

ウィンク以上が私がおばあから伝授された豆腐作りです。私は海水の代わりに天然にがりを使っているのと、消泡剤のラードを使っていない点が違いますが、その他は同じです。

ウィンクおばあが70才を超えて豆腐つくりが少しえらくなってきた時に、四女の洋子さんがご主人の山村日出男さんを連れて宮古へ戻ってきました。1993年のことです。それからおばあの豆腐は山村夫婦に受け継がれ、パーキンソン病を発症したおじいの世話も忙しくなったおばあに代わって作られるようになりました。

しょんぼり平成15年3月29日おじいが突然亡くなりました。その年のトライアスロンで訪ねたとき、おばあが一人でさみしそうにしていました。1年経たないうちに後を追うようにおばあも逝きました。

びっくり今年石嶺豆腐を訪ねたら、山村夫婦に受け継がれた幻の豆腐は健在でした。

DSC_2275.JPG

ぺろり鉄平と一緒に来た友達もゆし豆腐には大満足でした。

DSC_2125.JPG

ぺろり後を継いだ山村夫妻と記念写真。ともにおばあの兄弟弟子です。私は豆腐の収率が悪いと言ったら、ミキサーで二度挽きするとよいと教えてくれました。

DSC05025.JPG

ぺろり子供たちが作ったおじいの記念誌をいただいてきました。

DSC05026.JPG

びっくりおじいは几帳面な人で、日記を書いていました。その中に私の名前もときどき出てきます。これは平成6年の日記。

DSC05027.JPG

びっくりこれは平成8年の日記。

DSC05028.JPG

びっくりこれは平成11年の日記です。

DSC_2273.JPG

びっくり庭にはおじい自慢のユウナの花が今年も咲いていました。







最終更新日  2007年04月26日 00時23分01秒
コメント(16) | コメントを書く
2007年03月01日
カテゴリ:人物紹介

ぺろり一昨日、朝の練習中に怪物に出会った。朝4時半にSさんが家を出るときに私の携帯を3回鳴らす。それが、今から行くよという合図。最近は4時半ころになると起きて待っていることも多い。Sさんの家から私の官舎までは1kmくらいある。私も着替えて、官舎を出て、Sさんの家の方へ向かう。途中で出会って、それでは今日は海岸線を走りましょうと。

ぺろりまず竹島へ出て、そこから三谷の方へ向かって海岸線の堤防沿いを走る。港や河口があるところは内側に回る。堤防が切れて、三谷海岸へ出たところで、お爺さんが一人で走っていた。Sさんは話好きなので、走っている人がいると必ず声をかける。顔見知りのようであった。昔一緒に、マラソン大会に行ったことがあるらしい。

びっくりそのお爺さんはKさんという、年を聞いてびっくり、大正9年生まれの87歳でした。わたしより30才、Sさんより20才も上です。まだ競技スキーの大会に出ていて、今度猪苗代湖で大会があるので、その練習のために走っているとのことでした。一緒に2kmほど走って、弘法山に登りましたが、足腰がしっかりしている。私などまだまだ子供です。

DSC04320.JPG

ぽっ怪物の写真は恐れ多くて撮れませんでした。弘法山を越えて星越えの陸橋の上から見ると国道23号線を経て、ラグーナのマンションの灯りが見える。蒲郡には90歳でマスターズ水泳の背泳ぎで世界記録を作ったお婆さんなど、ときどき怪物がいる。私も怪物になれるだろうか?そういえば昨日の朝はこの陸橋のところからちょっと入った山の中で74歳のお爺さんが首を吊っていた。年末にパーキンソン病と診断され、車椅子生活になるといわれたのがショックで悲観していたとのことであった。

クール一昨日の夜は仕事が終わるとSさんから電話、駅前のカラオケスナックで飲んでいるから来ないかという。

DSC04326.JPG

びっくり行ってみたら、Sさんが北島三郎になっていた。

DSC04322.JPG

クールSさんは昔、演歌師を目指して東京へ行き、演歌師の親分に弟子入りしたことがあるという。でも、ある時、年が上でも、若い兄弟子のいうことは間違っていてもきかなければならないその世界が嫌になり、雨の降る日に屋根から逃げ出したという。そして、理容師になった。今でもカラオケへときどき行き、北島三郎を歌う。人にはいろいろな人生があるものだ。

DSC04332.JPG

ウィンクそのうちに立って歌いだした。

DSC04324.JPG

ぺろりSさんは火曜日、仕事が休み、火曜日の夜は飲みに行くことが多い。従って水曜日の朝は練習がお休み。私は毎晩飲みに行くので、あまり休みとは関係がない。

DSC04336.JPG

ぽっ昨日の朝は外来の看護婦さんがミモザの花を持ってきてくれた。ジンチョウゲは病院の入り口に咲いていたもの。

DSC04337.JPG

ウィンク可愛い、面白い花だが、ミモザの花粉症の人がくるとちょっとまずいかな~。







最終更新日  2007年03月01日 03時30分35秒
コメント(23) | コメントを書く
2007年02月10日
カテゴリ:人物紹介

スマイル昨日の昼は月に2回のライオンズの例会だった。大体は金曜日のお昼にある。午前中の外来を済ませてから2時間年休を取って出かける。私は市民病院に勤めているので、一応公務員である。仕事をさぼってと言われるのは嫌だから、余って困っている年休を使ってライオンズの行事には参加している。

しょんぼり電子カルテシステムに変わったところで、慣れていないので12時過ぎまで外来がかかってしまった。急いで駆けつけたら、始まっていた。例会は12時半から13時半まで、その前に集まって食事をする。着いたらライオンズの歌を歌っていた。最初にいろいろな儀式があるのです。その後、会長挨拶がある。それを聴きながら食事をする。

びっくり昨日はスピーチ例会で、スピーカーは何とbokeabさんでした。

DSC04040.JPG

ぽっ私はbokeabさんの紹介で(スポンサーといいます)、8年前にライオンズに入りました。たまたまbokeabさんの主治医になったときに知り合って、誘われた。最初のうちはとても忙しいのでと断っていたが、熱心に勧められて入りました。いろいろな業種の人がいますので、会って話するだけでも息抜きにはなります。ただ、正会員50人の中で医者は私1人なので、病気のことになると、皆から相談されます。

ぽっさて、bokeabさんの紹介ですが、私と知り合ったころは繊維関係の卸をしていましたが、入院中にパソコンを覚え、パソコン関係の仕事を始めました。私もパソコンはbokeabさんからずい分教わりました。今は年金暮らしで、えらいのは体と生活だけと言っていますが、現在東三河の青色申告会の会長をしており、とてもえらいお方です。

ぽっ昨日のスピーチもパソコンの話からe-tax(電子納税)の話までしてくれました。病院も電子カルテになり、国民保険の審査ももうじき電子審査になり、納税も電子納税に代わっていくそうです。

しょんぼり私は、病院勤めのサラリーマンですが、警察医、国保審査員もしており、また講演なども頼まれることもあり、少ないですが、不動産収入もあります。あちこちからの収入があるので、まもなく確定申告をしなければいけません。女房とお祖母さんも不動産収入があり、それぞれ別々に確定申告しています。いつも、書類を揃えたり、計算が大変です。今年は私もbokeabさんに教わってe-taxにチャレンジしてみようかな?

ぺろり電子納税をするには、まずパソコン(Windows XT以上)、会計ソフト、住基カード、e-tax申し込み、カードリーダーなどが必要だそうです。

ウィンクtozyokoさんからライオンズクラブの歌のリクエストがありましたので、それでは、・・・。

DSC04009.JPG

ウィンクまず、音符を見て、♪ひろい世界を~ひとつに結ぶ~♪~~~。ありゃりゃ、音符が動いて調子が狂っちゃう~。







最終更新日  2007年02月10日 08時22分15秒
コメント(15) | コメントを書く
2007年01月16日
カテゴリ:人物紹介

ぺろり昨夜は市長さんからお誘いがあって、市長さんの家に行ってきました。毎年この時期に単身赴任者を慰める会を催してくれる。呼ばれるのは私と、院長、警察署の署長、副署長、そして世話役に秘書課長。私が一番長い、単身赴任歴20年。

DSC03832.JPG

ぺろり座敷でちゃぶ台の上にコンロを乗せて、3人づつで鍋を囲む。ふぐ鍋ですよ~。市長さんは釣りも好きらしいが釣った魚ではないようです。蒲郡には漁港が三つあるので、三河湾産の美味しいふぐが安く手に入る。ふぐ料理屋も駅前にあるが、そこでやるより随分安上がりにできる。刺身もから揚げも出ましたよ。

ぺろりポン酢は市長さんのお手製、レシピを訊いて私も造るようになった。

日本酒お酒は最初ビールで始まって、ヒレ酒、焼酎(鹿児島の伊佐見)、空(設楽の蓬莱泉の人気銘柄)、養神の原酒(蒲郡の造り酒屋)、6人の中では市長さんと私が群を抜いて強い。

DSC03830.JPG

びっくりそれも、そのはず、市長さんの家はもともと造り酒屋。かけてある額はその昔絵師に頼んで、その当時の造り酒屋の様子を絵に描いてもらったものだという。酒造りの全ての工程が描き込まれている。右下に見える、菊花誉という銘柄のお酒を造っていたらしい。市長さんの代になって、造り酒屋は廃業し、酒類販売店と倉庫業になり、量販店があちこちできたので、販売もやめて、今は倉庫業と市長業に専念している。

DSC03833.JPG

びっくり庭には昔使っていた酒樽が茶室に改造してある。この中でお茶をいただいたこともありますよ。

DSC03839.JPG

ぽっ酒造りには綺麗な水が必要、裏に深井戸が掘ってあって、のぞき込むと底まで透き通って見える。

DSC03838.JPG

ぽっ倉庫を見せてもらうと、あちこちに市長さんの道楽の道具が置いてある。これは三河の手筒花火、竹筒に藁縄を巻いて火薬をつめて作る。これを抱えて上げる、最後にボンといって底が抜ける、勇壮な花火である。下手すると大火傷する。原則として、上げる人が自分で花火を作るものである。

ぺろり今年は統一地方選、市長選もある。二期連続無投票当選している。三期目の今年はどうなるでしょう?







最終更新日  2007年01月16日 05時49分52秒
コメント(12) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全42件 (42件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >

PR

フリーページ

日本の蝶(267種)


アゲハチョウ科(22種)


1.ギフチョウ☆


2.ヒメギフチョウ


3.ウスバシロチョウ☆


4.ヒメウスバシロチョウ☆


5.ウスバキチョウ


6.クロアゲハ☆


7.ナガサキアゲハ☆


8.モンキアゲハ☆


9.オナガアゲハ☆


10.ジャコウアゲハ☆


11.シロオビアゲハ☆


12.ベニモンアゲハ☆


13.アゲハ☆


14.キアゲハ☆


15.カラスアゲハ☆


16.ミヤマカラスアゲハ☆


17.オキナワカラスアゲハ☆


18.ヤエヤマカラスアゲハ☆


19.アオスジアゲハ☆


20.ミカドアゲハ☆


21.ホソオチョウ☆


22.オナシアゲハ☆


シロチョウ科(28種)


23.ヒメシロチョウ☆


24.エゾヒメシロチョウ☆


25.キタキチョウ☆


26.ツマグロキチョウ☆


27.ミナミキチョウ☆


28.タイワンキチョウ☆


29.ホシボシキチョウ☆(T_T)/~~~


30.ヤマキチョウ


31.スジボソヤマキチョウ☆


32.モンキチョウ☆


33.ミヤマモンキチョウ☆


34.ウスキシロチョウ☆


35.ウラナミシロチョウ


36.ツマキチョウ☆


37.クモマツマキチョウ☆


38.ツマベニチョウ☆


39.タイワンシロチョウ


40.ナミエシロチョウ☆


41.カワカミシロチョウ


42.モンシロチョウ☆


43.スジグロシロチョウ☆


44.ヤマトスジグロシロチョウ☆


45.エゾスジグロチョウ☆


46.タイワンモンシロチョウ☆


47.オオモンシロチョウ☆


48.エゾシロチョウ☆


49.ミヤマシロチョウ


50.クロテンシロチョウ☆


シジミチョウ科(79種)


51.ウラギンシジミ☆


52.ゴイシシジミ☆


53.シロモンクロシジミ☆


54.ムラサキシジミ☆


55.ムラサキツバメ☆


56.ルーミスシジミ☆


57.ウラゴマダラシジミ☆


58.ウラキンシジミ☆


59.チョウセンアカシジミ☆


60.オナガシジミ☆


61.ウスイロオナガシジミ☆


62.ミズイロオナガシジミ☆


63.ウラミスジシジミ☆


64.アカシジミ☆


65.カシワアカシジミ☆


66.ウラナミアカシジミ☆


67.ムモンアカシジミ☆


68.アイノミドリシジミ☆


69.メスアカミドリシジミ☆


70.ミドリシジミ☆


71.クロミドリシジミ☆


72.ヒサマツミドリシジミ☆


73.キリシマミドリシジミ☆


74.オオミドリシジミ☆


75.ジョウザンミドリシジミ☆


76.エゾミドリシジミ☆


77.ハヤシミドリシジミ☆


78.ヒロオビミドリシジミ☆


79.ウラジロミドリシジミ☆


80.フジミドリシジミ☆


81.ウラクロシジミ☆


82.イワカワシジミ☆


83.トラフシジミ☆


84.カラスシジミ☆


85.ミヤマカラスシジミ☆


86.ベニモンカラスシジミ☆


87.リンゴシジミ☆


88.コツバメ☆


89.キマダラルリツバメ☆


90.ベニシジミ☆


91.クロシジミ☆


92.ウラナミシジミ☆


93.オジロシジミ


94.アマミウラナミシジミ☆


95.ルリウラナミシジミ


96.ヒメウラナミシジミ


97.マルバネウラナミシジミ(T_T)/~~~


98.シロウラナミシジミ☆


99.ウスアオオナガウラナミシジミ


100.ヤマトシジミ☆


101.シルビアシジミ☆


102.ヒメシルビアシジミ☆


103.ハマヤマトシジミ☆


104.ホリイコシジミ☆


105.オガサワラシジミ


106.ルリシジミ☆


107.スギタニルリシジミ☆


108.ヤクシマルリシジミ☆


109.サツマシジミ☆


110.タイワンクロボシシジミ☆


111.ヒメウラボシシジミ(T_T)/~~~


112.ツシマウラボシシジミ


113.リュウキュウウラボシシジミ☆


114.ツバメシジミ☆


115.タイワンツバメシジミ


116.クロツバメシジミ☆


117.ムシャクロツバメシジミ☆


118.ゴイシツバメシジミ


119.ゴマシジミ☆


120.オオゴマシジミ


121.カバイロシジミ☆


122.オオルリシジミ


123.ジョウザンシジミ☆


124.カラフトルリシジミ


125.ヒメシジミ☆


126.ミヤマシジミ☆


127.アサマシジミ☆


128.クロマダラソテツシジミ☆


129.タイワンヒメシジミ☆


タテハチョウ科(101種)


130.テングチョウ☆


131.アサギマダラ☆


132.タイワンアサギマダラ


133.ヒメアサギマダラ☆


134.リュウキュウアサギマダラ☆


135.ウスコモンマダラ


136.ミナミコモンマダラ(T_T)/~~~


137.カバマダラ☆


138.スジグロカバマダラ☆


139.ツマムラサキマダラ☆


140.マルバネルリマダラ☆


141.シロオビマダラ(T_T)/~~~


142.オオゴマダラ☆


143.ホソバヒョウモン☆


144.カラフトヒョウモン☆


145.ヒョウモンチョウ☆


146.コヒョウモン


147.アサヒヒョウモン


148.クモガタヒョウモン


149.ミドリヒョウモン☆


150.メスグロヒョウモン☆


151.ウラギンスジヒョウモン☆


152.オオウラギンスジヒョウモン☆


153.ギンボシヒョウモン☆


154.ウラギンヒョウモン☆


155.オオウラギンヒョウモン


156.ツマグロヒョウモン☆


157.ウラベニヒョウモン(T_T)/~~~


158.タイワンキマダラ☆


159.カバタテハ


160.オオイチモンジ☆


161.イチモンジチョウ☆


162.アサマイチモンジ☆


163.ヤエヤマイチモンジ☆


164.シロミスジ☆


165.コミスジ☆


166.ホシミスジ☆


167.ミスジチョウ☆


168.オオミスジ☆


169.フタスジチョウ☆


170.リュウキュウミスジ☆


171.イシガケチョウ☆


172.ヒョウモンモドキ☆


173.コヒョウモンモドキ☆


174.ウスイロヒョウモンモドキ


175.サカハチチョウ☆


176.アカマダラ


177.キタテハ☆


178.シータテハ☆


179.ヒオドシチョウ☆


180.エルタテハ☆


181.キベリタテハ


182.ルリタテハ☆


183.クジャクチョウ☆


184.コヒオドシ☆


185.アカタテハ☆


186.ヒメアカタテハ☆


187.キミスジ☆


188.イワサキタテハモドキ☆


189.タテハモドキ☆


190.アオタテハモドキ☆


191.コノハチョウ☆


192.イワサキコノハ(T_T)/~~~


193.リュウキュウムラサキ☆


194.メスアカムラサキ☆


195.ヤエヤマムラサキ☆


196.スミナガシ☆


197.コムラサキ☆


198.オオムラサキ☆


199.ゴマダラチョウ☆


200.アカボシゴマダラ☆


201.フタオチョウ


202.ジャノメチョウ☆


203.キマダラモドキ☆


204.オオヒカゲ☆


205.ツマジロウラジャノメ☆


206.ウラジャノメ☆


207.ヒカゲチョウ☆


208.クロヒカゲ☆


209.クロヒカゲモドキ☆


210.シロオビヒカゲ☆


211.サトキマダラヒカゲ☆


212.ヤマキマダラヒカゲ☆


213.ヒメキマダラヒカゲ☆


214.リュウキュウヒメジャノメ☆


215.ヒメジャノメ☆


216.コジャノメ☆


217.クロコノマチョウ☆


218.ウスイロコノマチョウ☆


219.ヒメヒカゲ☆


220.シロオビヒメヒカゲ☆


221.ベニヒカゲ☆


222.クモマベニヒカゲ


223.タカネヒカゲ


224.ダイセツタカネヒカゲ


225.ヒメウラナミジャノメ☆


226.ウラナミジャノメ☆


227.マサキウラナミジャノメ☆


228.ヤエヤマウラナミジャノメ


229.リュウキュウウラナミジャノメ☆


230.ルソンアサギマダラ☆


セセリチョウ科(37種)


231.キバネセセリ☆


232.オキナワビロウドセセリ☆


233.テツイロビロウドセセリ


234.アオバセセリ☆


235.タイワンアオバセセリ☆


236.ダイミョウセセリ☆


237.コウトウシロシタセセリ☆


238.チャマダラセセリ☆


239.ヒメチャマダラセセリ


240.ミヤマセセリ☆


241.ギンイチモンジセセリ☆


242.タカネキマダラセセリ


243.カラフトタカネキマダラセセリ


244.ホソバセセリ☆


245.ホシチャバネセセリ


246.クロセセリ☆


247.オオシロモンセセリ☆


248.クロボシセセリ☆


249.コチャバネセセリ☆


250.ヒメキマダラセセリ☆


251.コキマダラセセリ☆


252.アカセセリ☆


253.キマダラセセリ☆


254.アサヒナキマダラセセリ


255.ネッタイアカセセリ☆


256.スジグロチャバネセセリ


257.ヘリグロチャバネセセリ


258.ユウレイセセリ☆


259.ヒメイチモンジセセリ


260.イチモンジセセリ☆


261.オオチャバネセセリ☆


262.ミヤマチャバネセセリ


263.チャバネセセリ☆


264.トガリチャバネセセリ


265.オガサワラセセリ


266.バナナセセリ☆


267.カラフトセセリ☆


Nature Watching Race


エッセー


師匠からの贈り物


束の間の夢


ある少女の死と飼い犬の家出


ジャコウアゲハのミーちゃん


トライアスロン


崩れた安全神話


大会中の事故と自己管理


大会中の事故と自己管理(英文)


トライアスロン事故史から見たルールの変遷


泳げる人の溺死


コメント新着

 ドクターT9323@ Re[1]:千日回峰行?( ^)o(^ )(09/27) bokeabさんへ ●写真は昨年のもので、今年…
 bokeab@ Re:千日回峰行?( ^)o(^ )(09/27) すごい松茸とれましたね私はサンヨネで2本…
 名無し@ Re[2]:九州のクロボシセセリ(08/18) ドクターT9323さんお返事ありがとうござい…
 ドクターT9323@ Re[1]:九州のクロボシセセリ(08/18) 名無しさんへ ●コメントありがとうござい…
 名無し@ Re:九州のクロボシセセリ(08/18) 通りすがりのものです。 発生は極めて局…

お気に入りブログ

キヌメリガサタケ New! ジョンリーフッカーさん

西 #チベット 一周(2… New! 隠居人はせじぃさん

センボンヤリの花(秋… New! しろうと自然科学者さん

曇ってきました New! mogurax000さん

やっと念願の自治会… New! 楽天星no1さん

昨夜も速報でラグビ… kororin912さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


ドクターT9323

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.