5764273 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Try! Nature Watching! (since 2006.8.14)

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

植物

2019年09月01日
XML
テーマ:七不思議(2)
カテゴリ:植物
ちまき虫?-007
ちまき虫?-007 posted by (C)ドクターT
びっくり5年前の6月に名古屋市西区新川で葦が不思議な形に編んであるのを見つけました。最初は誰か趣味で作っているのかと思いましたが、手が届かない場所にもたくさんありました。そこでいろいろネットでも調べて、スゲドクガと言う蛾の幼虫の仕業かと思ったのですが、どうもそうでもないようです。
葦の造形物(新川) (2)
葦の造形物(新川) (2) posted by (C)ドクターT
びっくり先日行った時にも同じような構造物があちらこちらに出来ていました。人が創ったとしか思えないような物もあるのですが、どうもそうではないようです。私の推論ですが、芽が成長する時に多分風の影響で折れ曲がった葉を芽の部分が突き破り、その影響で歪んだ芽がまた次の葉を突き破りこのような階段状の構造物が出来るのではないかと思っています。
葦の造形物(中城城跡)
葦の造形物(中城城跡) posted by (C)ドクターT
びっくりしかし、そうとはどうしても考えられないものもあります。これは5年前に沖縄本島の中城城跡下の人があまり入らない小径にあったものですが、これはそれでは説明出来ない形をしています。これは誰かが道しるべとして結んだものではないかと考えています。​






最終更新日  2019年09月01日 17時58分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月10日
カテゴリ:植物

びっくり石垣島で空港から北へ向かう国道をレンタカーを走らせていると喫茶店のような小さな看板が出ていたので、ちょっと一服のつもりで農道を入って見ました。すぐに店があるかと思ったら、なかなかありません。車の通らない道をしばらく行くとようやく小さな掘っ立て小屋のような店を見つけました。人のよさそうな小母さんが一人で店をしていました。車も停まっていなければ、他に誰もいません。

ウィンク二人とも口が乾いていたので、薬草の入った青汁を頼んで飲みました。飲んだことのない味でしたので、小母さんに材料を訪ねると、長命草とヨモギと何やら聞いたことのない名前を答えました。そして、裏山に遊歩道があるからと言うので行って見ました。その入口には眠り猫が1匹いました。ここが不思議の国の入口だったのです。

ウィンク遊歩道と言っても、自然の山に獣道のような小径がついているだけでした。女房は速く登れないので、時々停まっては後を振り返ります。

びっくり亜熱帯のジャングルの中に分け入ったようで、ヒカゲヘゴの群生もありました。

びっくり巨大な団扇のようなバショウの木もありました。

びっくりガジュマルの大木もあります。
しょんぼり
この頃から昔に戻ったような不思議な感じがして、体が少しずつ小さくなっていくような感覚がしました。

びっくりしばらく、山道を登って行くと林の中に不思議な植物?が生えていました。それを見た途端、・・・。

びっくり体がますます小さくなって、巨人の世界に迷い込んだ小人のようになってしまいました。
しょんぼりどうもあそこで飲んだ薬草ジュースに何か変な薬でも入っていたようです。

ぺろり30分ほど遊歩道を回って帰ってくるころにはまた体が元へ戻って来ました。

ウィンク小母さんに遊歩道で不思議な植物のことを訊いたら、リュウキュウツチトリモチだと教えてくれました。
帰ってからネットで検索して見ました。


リュウキュウツチトリモチ(琉球土鳥黐、Balanophora fungosaシノニムB. kuroiwai)とは、ツチトリモチ科ツチトリモチ属寄生植物。小型の寄生植物で、12 - 1月頃、高さ8 - 15cmの植物体花茎)を地上に出す。鱗片葉は橙色、地上に出始めの頃は花茎に密着しているが、次第に開いていく。地下茎は塊状で、皮目がない。花茎はこの地下茎の頂端から複数個出る。花序は短くてほぼ球形をしている。雌雄同株で一つの花穂に雄花と雌花が一緒につく。花穂(花)は球形から楕円形(卵型)で、長さ1.5 - 3cm、普通は帯紅色。ごく微少な雌花が花穂の表面に密生し、雄花は花穂の基部を取り巻くようにつく。雄花の花被は四枚で、成熟後に反り返る。雄しべは四つあるが、互いに寄り合うので花びらの真ん中に雄しべが一つだけ突き出しているように見える。沖縄県:準絶滅危惧

石灰岩地域の海岸林内で、クロヨナリュウキュウガキオオバギに寄生し、場所によっては森林の地表に一面に姿を見せる。南西諸島ではキイレツチトリモチも似た場所に姿を見せる。




 







最終更新日  2016年12月11日 23時23分12秒
コメント(4) | コメントを書く
2014年01月11日
カテゴリ:植物

シモバシラ(新城市)
シモバシラ(新城市) posted by (C)ドクターT

ウィンクこの冷え込みならば、きっと出来ているはずと新城市の五葉湖へ行って来ました。枯れたシモバシラという植物(シソ科)の周りに出来る霜柱です。8時に現地に着いた時には気温2℃くらいでした。

ウィンク思ったよりは小さかったですが、これから3月くらいまで、冷え込みの厳しい日には見られると思います。車で近くまで行くことも出来ますが、東名高速道路の新城PAから歩いて行くことも出来ます。(距離約2km)







最終更新日  2014年01月11日 18時11分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月26日
テーマ:野草手帖(156)
カテゴリ:植物

ウィンク昨日の朝は今年一番の冷え込みでした。藤枝へ女房を迎えに行き泊まりましたが、朝起きると街中で気温が1℃でした。

ぺろりこんな冷え込みの厳しい朝には寄るところがあります。

DSC_3375
DSC_3375 posted by (C)ドクターT

ウィンクここです。東名の新城PAに車を停めて、従業員用通用門から歩いて外へ出て、1時間ほど散歩しました。

DSC_3398
DSC_3398 posted by (C)ドクターT

ウィンク東名から堰堤が見えますが、丁度その反対の辺りにある場所です。1周1.5kmほど、蒲郡のとよおか湖の倍くらいの広さがあり、散歩するには手ごろな広さです。

DSC_3389
DSC_3389 posted by (C)ドクターT

DSC_3384
DSC_3384 posted by (C)ドクターT

DSC_3392
DSC_3392 posted by (C)ドクターT

ぽっ着いたのは10時過ぎでしたが、まだ溶けずに残ってました。冷え込んだ日にしか見ることが出来ない氷の芸術品、シモバシラの霜柱です。枯れたシソ科シモバシラという植物の根元に出来ます。今年も good timing で見ることが出来ました。

ぺろり湖をぐるっと1周、実と鳥を探しながら歩きました。

DSC_3387
DSC_3387 posted by (C)ドクターT

DSC_3393
DSC_3393 posted by (C)ドクターT

DSC_3407
DSC_3407 posted by (C)ドクターT

DSC_3394
DSC_3394 posted by (C)ドクターT

DSC_3397
DSC_3397 posted by (C)ドクターT

DSC_3395
DSC_3395 posted by (C)ドクターT

DSC_3396
DSC_3396 posted by (C)ドクターT

DSC_3403
DSC_3403 posted by (C)ドクターT

DSC_3380
DSC_3380 posted by (C)ドクターT

DSC_3401
DSC_3401 posted by (C)ドクターT

ウィンク実の名前は判りますか?答えは写真をクリックすると出て来ます。







最終更新日  2012年01月27日 05時10分59秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年02月02日
テーマ:野草手帖(156)
カテゴリ:植物

英訳 英語で読みたい方はここを押して見てください 

ウィンク今日は午後豊橋で愛知県外科医会の研修会がありましたので聴きに行きました。そのついでに大町先生から教えてもらった葦毛湿原の近くの池に発生しているアイオオアカウキクサを見て来ました。

DSC_7300.NEF

ぺろりこれです。何年か前にも発生したことがあるそうです。似たものにアカウキクサ、オオアカウキクサ、アメリカオオアカウキクサ、ニシノオオアカウキクサ、アイオオアカウキクサの5種類があるそうですが、これはアイオオアカウキクサらしいです。

DSC01646DSC01639

ウィンク水に浮く小さな植物です。こんな撮り方はどうでしょうか?

ウィンク最初の写真はNIKON D3 に105mmのマイクロニッコールをつけて撮ったものですが、下の2枚はコンデジ(Sony Cyber-shot)をハウジングに入れて、半分水につけて撮っています。コンデジの接写機能は遠くまでピントが合いますので、遠くの山までぼんやり写ります。下半分水中で、上半分が地上の写真でよいものが撮れないかと思っていろいろ試しています。

ぽっ2月6日には大町先生にミスミソウ(ユキワリソウ)の自生地を案内してもらいます。

 







最終更新日  2010年02月03日 10時54分50秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年11月30日
カテゴリ:植物

英訳 英語で読みたい方はここを押して見てください。 

ウィンク裏のイロハモミジが今紅葉真っ盛りです。

DSC_1529.NEF

ぺろりまず、広角で下から見ると、・・・。

DSC_1526.NEF

ぺろり望遠で撮るとこんな感じ。

DSCN2335

ウィンク皇帝ダリアも満開です。

DSCN2337DSCN2338

びっくり首の皮一枚で繋がった先にも花が咲いています。

DSC_1604

びっくり午前中はメジロと競争で蜜柑千切りをしていました。暖かい日でしたので、蜜柑畑の周りにもいろいろな蝶が出てきました。蝶の紹介はまた次のブログで、・・・。







最終更新日  2009年11月30日 21時31分17秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年11月03日
カテゴリ:植物

英訳 英語で読みたい方はここを押して見てください。

ウィンク昨日はまた長谷村の奥に紅葉狩りに行ってきました。

DSCN1998

びっくり朝、駒ケ岳SAへ寄って朝食。駒ケ岳も初冠雪していました。

DSCN2025

ぺろり今回は教授と一緒に行きました。車を置いて10kmほど川沿いに遡ります。

DSCN2050

びっくり寒いはずです。あちこちにつららが下がっていました。

DSCN2030DSCN2027

ぽっ天気はよく、紅葉も黄色が目立ちました。

DSCN2053

ウィンクこの赤いのはニシキギです。

DSCN2026

びっくりツルウメモドキも実が弾けて綺麗でした。

DSCN2044

ぽっ何か判りませんでしたが、この種が逆光で見ると綺麗でした。

DSCN2052

ぺろりこちらはセンニンソウの種ですね。

DSCN2021DSCN2028

びっくりコンデジしか持って行かなかったので、こんな写真しか撮れませんでしたが、シカがウヨウヨしていました。

ぺろり鳥はミソサザイ、ルリビタキ、コガラ、カワガラスなどがいましたが、こちらも写真にはなかなか撮れません。

DSCN2007

しょんぼりカワガラスが真ん中の石の上に停まっているのですが、・・・。

ウィンクさて、こんな山奥へただ紅葉狩りだけで行くはずがありません。獲物はまた今日の日記に載せますね。







最終更新日  2009年11月04日 09時33分32秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年08月04日
カテゴリ:植物

ウィンク今日は浅間高原の鬼押し出しというところへ行ってきました。もちろん目的はアサマシジミです。写真はたくさん撮れたのですが、整理がまだ出来ていません。

DSC_7025

びっくり取り合えず、こんな看板がありましたので、撮ってきました。

DSC_7028

びっくり溶岩のごろごろしている岩の隙間から覗くと薄暗い中で確かに苔が黄緑色に光っていました。

DSC_7026

ぺろり説明を読んで納得しました。

CSC_7173

ぽっ白いミヤマハナゴケとコケモモの色の対比がよいですね。この取り合わせは富士山の4合目でも見ましたね。

DSC_7045

ウィンクトナカイは自然の中ではミヤマハナゴケを餌にしているらしい。

DSC_7034

ぺろりクロマメノキはあちこちに生えていましたが、これを食草にしている高山蝶のミヤマモンキチョウは飛んでいませんでした。







最終更新日  2009年08月04日 21時54分57秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年01月12日
カテゴリ:植物

ウィンク今日は赤いものを探しに伊良湖へ行きました。

DSC_2464

ぺろりまず、昨日ナベヅルを見た、田原市へ行きましたら、近くに黒河湿地の看板を見つけましたので、そこに寄りました。

DSCN3754

ぽっそこはシデコブシで有名な湿地ですが、まだ蕾でした。

びっくりでもそこで、赤いものをふたつ見つけることが出来ました。

DSCN3773DSCN3763

びっくりトウカイコモウセンゴケとマンネンタケです。ここは暖かいから冬でもモウセンゴケが枯れないのですね!

ウィンクしばらく、ここで写真を撮っていたら、ナベヅルを見に5日間通っているけれど、一度も見ることが出来ないという不運な小母さんが来ました。しばらく話をして、一緒に昨日見た辺りに行ってみましたが、今日は何処かに降りているようで見つけることができませんでした。

ウィンクそれから一路伊良湖へ、・・・。大町先生からハギクソウの情報をいただいたのですが、一昨日行った時には場所が判らず、見ることが出来ませんでした。でも後で送っていただいた画像をよ~く見てみると、ハイネズ?が周りに写っていました。ならば、あの場所しかないなと検討をつけてもう一度行くことにしました。

DSC_2544

ぽっ思った通りありました。ハイネズの間で真っ赤に紅葉していました。

DSC_2547

クール赤いジャンパーを着て気合を入れて行ったのがよかったのでしょうか?







最終更新日  2009年01月12日 20時05分45秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年11月30日
カテゴリ:植物

ウィンク冬の花を探しに行ったのですが、紅葉も当然観ることができます。

2008.11.29 0562008.11.29 057

ぺろりナンキンハゼの紅葉は黄色、赤、緑が混じった賑やかな紅葉です。

2008.11.29 096

ぽっ銀杏の紅葉はまっ黄色になります。夕日が丘の方からがんばり坂をランドトレインが登ってきました。

2008.11.29 098

びっくりここの銀杏はまだ拾えますね。

2008.11.29 044

ぽっこどもの国の山にはムラサキシキブがあちこちにあります。







最終更新日  2008年11月30日 15時08分18秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

フリーページ

日本の蝶(267種)


アゲハチョウ科(22種)


1.ギフチョウ☆


2.ヒメギフチョウ


3.ウスバシロチョウ☆


4.ヒメウスバシロチョウ☆


5.ウスバキチョウ


6.クロアゲハ☆


7.ナガサキアゲハ☆


8.モンキアゲハ☆


9.オナガアゲハ☆


10.ジャコウアゲハ☆


11.シロオビアゲハ☆


12.ベニモンアゲハ☆


13.アゲハ☆


14.キアゲハ☆


15.カラスアゲハ☆


16.ミヤマカラスアゲハ☆


17.オキナワカラスアゲハ☆


18.ヤエヤマカラスアゲハ☆


19.アオスジアゲハ☆


20.ミカドアゲハ☆


21.ホソオチョウ☆


22.オナシアゲハ☆


シロチョウ科(28種)


23.ヒメシロチョウ☆


24.エゾヒメシロチョウ☆


25.キタキチョウ☆


26.ツマグロキチョウ☆


27.ミナミキチョウ☆


28.タイワンキチョウ☆


29.ホシボシキチョウ☆(T_T)/~~~


30.ヤマキチョウ


31.スジボソヤマキチョウ☆


32.モンキチョウ☆


33.ミヤマモンキチョウ☆


34.ウスキシロチョウ☆


35.ウラナミシロチョウ


36.ツマキチョウ☆


37.クモマツマキチョウ☆


38.ツマベニチョウ☆


39.タイワンシロチョウ


40.ナミエシロチョウ☆


41.カワカミシロチョウ


42.モンシロチョウ☆


43.スジグロシロチョウ☆


44.ヤマトスジグロシロチョウ☆


45.エゾスジグロチョウ☆


46.タイワンモンシロチョウ☆


47.オオモンシロチョウ☆


48.エゾシロチョウ☆


49.ミヤマシロチョウ


50.クロテンシロチョウ☆


シジミチョウ科(79種)


51.ウラギンシジミ☆


52.ゴイシシジミ☆


53.シロモンクロシジミ☆


54.ムラサキシジミ☆


55.ムラサキツバメ☆


56.ルーミスシジミ☆


57.ウラゴマダラシジミ☆


58.ウラキンシジミ☆


59.チョウセンアカシジミ☆


60.オナガシジミ☆


61.ウスイロオナガシジミ☆


62.ミズイロオナガシジミ☆


63.ウラミスジシジミ☆


64.アカシジミ☆


65.カシワアカシジミ☆


66.ウラナミアカシジミ☆


67.ムモンアカシジミ☆


68.アイノミドリシジミ☆


69.メスアカミドリシジミ☆


70.ミドリシジミ☆


71.クロミドリシジミ☆


72.ヒサマツミドリシジミ☆


73.キリシマミドリシジミ☆


74.オオミドリシジミ☆


75.ジョウザンミドリシジミ☆


76.エゾミドリシジミ☆


77.ハヤシミドリシジミ☆


78.ヒロオビミドリシジミ☆


79.ウラジロミドリシジミ☆


80.フジミドリシジミ☆


81.ウラクロシジミ☆


82.イワカワシジミ☆


83.トラフシジミ☆


84.カラスシジミ☆


85.ミヤマカラスシジミ☆


86.ベニモンカラスシジミ☆


87.リンゴシジミ☆


88.コツバメ☆


89.キマダラルリツバメ☆


90.ベニシジミ☆


91.クロシジミ☆


92.ウラナミシジミ☆


93.オジロシジミ


94.アマミウラナミシジミ☆


95.ルリウラナミシジミ


96.ヒメウラナミシジミ


97.マルバネウラナミシジミ(T_T)/~~~


98.シロウラナミシジミ☆


99.ウスアオオナガウラナミシジミ


100.ヤマトシジミ☆


101.シルビアシジミ☆


102.ヒメシルビアシジミ☆


103.ハマヤマトシジミ☆


104.ホリイコシジミ☆


105.オガサワラシジミ


106.ルリシジミ☆


107.スギタニルリシジミ☆


108.ヤクシマルリシジミ☆


109.サツマシジミ☆


110.タイワンクロボシシジミ☆


111.ヒメウラボシシジミ(T_T)/~~~


112.ツシマウラボシシジミ


113.リュウキュウウラボシシジミ☆


114.ツバメシジミ☆


115.タイワンツバメシジミ


116.クロツバメシジミ☆


117.ムシャクロツバメシジミ☆


118.ゴイシツバメシジミ


119.ゴマシジミ☆


120.オオゴマシジミ


121.カバイロシジミ☆


122.オオルリシジミ


123.ジョウザンシジミ☆


124.カラフトルリシジミ


125.ヒメシジミ☆


126.ミヤマシジミ☆


127.アサマシジミ☆


128.クロマダラソテツシジミ☆


129.タイワンヒメシジミ☆


タテハチョウ科(101種)


130.テングチョウ☆


131.アサギマダラ☆


132.タイワンアサギマダラ


133.ヒメアサギマダラ☆


134.リュウキュウアサギマダラ☆


135.ウスコモンマダラ


136.ミナミコモンマダラ(T_T)/~~~


137.カバマダラ☆


138.スジグロカバマダラ☆


139.ツマムラサキマダラ☆


140.マルバネルリマダラ☆


141.シロオビマダラ(T_T)/~~~


142.オオゴマダラ☆


143.ホソバヒョウモン☆


144.カラフトヒョウモン☆


145.ヒョウモンチョウ☆


146.コヒョウモン


147.アサヒヒョウモン


148.クモガタヒョウモン


149.ミドリヒョウモン☆


150.メスグロヒョウモン☆


151.ウラギンスジヒョウモン☆


152.オオウラギンスジヒョウモン☆


153.ギンボシヒョウモン☆


154.ウラギンヒョウモン☆


155.オオウラギンヒョウモン


156.ツマグロヒョウモン☆


157.ウラベニヒョウモン(T_T)/~~~


158.タイワンキマダラ☆


159.カバタテハ


160.オオイチモンジ☆


161.イチモンジチョウ☆


162.アサマイチモンジ☆


163.ヤエヤマイチモンジ☆


164.シロミスジ☆


165.コミスジ☆


166.ホシミスジ☆


167.ミスジチョウ☆


168.オオミスジ☆


169.フタスジチョウ☆


170.リュウキュウミスジ☆


171.イシガケチョウ☆


172.ヒョウモンモドキ☆


173.コヒョウモンモドキ☆


174.ウスイロヒョウモンモドキ


175.サカハチチョウ☆


176.アカマダラ


177.キタテハ☆


178.シータテハ☆


179.ヒオドシチョウ☆


180.エルタテハ☆


181.キベリタテハ


182.ルリタテハ☆


183.クジャクチョウ☆


184.コヒオドシ☆


185.アカタテハ☆


186.ヒメアカタテハ☆


187.キミスジ☆


188.イワサキタテハモドキ☆


189.タテハモドキ☆


190.アオタテハモドキ☆


191.コノハチョウ☆


192.イワサキコノハ(T_T)/~~~


193.リュウキュウムラサキ☆


194.メスアカムラサキ☆


195.ヤエヤマムラサキ☆


196.スミナガシ☆


197.コムラサキ☆


198.オオムラサキ☆


199.ゴマダラチョウ☆


200.アカボシゴマダラ☆


201.フタオチョウ


202.ジャノメチョウ☆


203.キマダラモドキ☆


204.オオヒカゲ☆


205.ツマジロウラジャノメ☆


206.ウラジャノメ☆


207.ヒカゲチョウ☆


208.クロヒカゲ☆


209.クロヒカゲモドキ☆


210.シロオビヒカゲ☆


211.サトキマダラヒカゲ☆


212.ヤマキマダラヒカゲ☆


213.ヒメキマダラヒカゲ☆


214.リュウキュウヒメジャノメ☆


215.ヒメジャノメ☆


216.コジャノメ☆


217.クロコノマチョウ☆


218.ウスイロコノマチョウ☆


219.ヒメヒカゲ☆


220.シロオビヒメヒカゲ☆


221.ベニヒカゲ☆


222.クモマベニヒカゲ


223.タカネヒカゲ


224.ダイセツタカネヒカゲ


225.ヒメウラナミジャノメ☆


226.ウラナミジャノメ☆


227.マサキウラナミジャノメ☆


228.ヤエヤマウラナミジャノメ


229.リュウキュウウラナミジャノメ☆


230.ルソンアサギマダラ☆


セセリチョウ科(37種)


231.キバネセセリ☆


232.オキナワビロウドセセリ☆


233.テツイロビロウドセセリ


234.アオバセセリ☆


235.タイワンアオバセセリ☆


236.ダイミョウセセリ☆


237.コウトウシロシタセセリ☆


238.チャマダラセセリ☆


239.ヒメチャマダラセセリ


240.ミヤマセセリ☆


241.ギンイチモンジセセリ☆


242.タカネキマダラセセリ


243.カラフトタカネキマダラセセリ


244.ホソバセセリ☆


245.ホシチャバネセセリ


246.クロセセリ☆


247.オオシロモンセセリ☆


248.クロボシセセリ☆


249.コチャバネセセリ☆


250.ヒメキマダラセセリ☆


251.コキマダラセセリ☆


252.アカセセリ☆


253.キマダラセセリ☆


254.アサヒナキマダラセセリ


255.ネッタイアカセセリ☆


256.スジグロチャバネセセリ


257.ヘリグロチャバネセセリ


258.ユウレイセセリ☆


259.ヒメイチモンジセセリ


260.イチモンジセセリ☆


261.オオチャバネセセリ☆


262.ミヤマチャバネセセリ


263.チャバネセセリ☆


264.トガリチャバネセセリ


265.オガサワラセセリ


266.バナナセセリ☆


267.カラフトセセリ☆


Nature Watching Race


エッセー


師匠からの贈り物


束の間の夢


ある少女の死と飼い犬の家出


ジャコウアゲハのミーちゃん


トライアスロン


崩れた安全神話


大会中の事故と自己管理


大会中の事故と自己管理(英文)


トライアスロン事故史から見たルールの変遷


泳げる人の溺死


コメント新着

 名無し@ Re:九州のクロボシセセリ(08/18) New! 通りすがりのものです。 発生は極めて局…
 ドクターT9323@ Re[1]:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 花水木さんへ ●そうですね。今年は何処も…
 花水木@ Re:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 初物おめでとうございます。 今年の富士…
 カワセミ@ Re:監察医ドクターTの事件簿14─ヘリウムガス自殺(08/22) 袋に頭を入れて2呼吸で脳に酸素が供給さ…

お気に入りブログ

また狸さんです New! mogurax000さん

モンゴル最西端アル… New! 隠居人はせじぃさん

ハエドクソウの花と… New! しろうと自然科学者さん

感動で涙が止まらな… 楽天星no1さん

玄米とピーマン kororin912さん

ウトウの夜の餌運び 野鳥大好きさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


ドクターT9323

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.