5775777 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Try! Nature Watching! (since 2006.8.14)

全10件 (10件中 1-10件目)

1

山芋

2017年12月09日
XML
カテゴリ:山芋
穴を掘る (2)
穴を掘る (2) posted by (C)ドクターT
ウィンク家の裏は山で土手になっています。昔ここには防空壕が掘ってあり、必要がなくなってからは芋を貯蔵する穴として利用していたそうですが、いつの間にか埋め戻されてしまいました。そこでここに芋類を保存するための穴を掘ることにしました。
穴を掘る (3)
穴を掘る (3) posted by (C)ドクターT
ウィンク前にあったサツキを二株伐って、土手に穴を掘って行きます。
穴を掘る (4)
穴を掘る (4) posted by (C)ドクターT
ウィンク土手が崩れるといけませんので、ブロックを1段両側に置いた上にU字溝を反対に置いて天井の支えとします。
穴を掘る (5)
穴を掘る (5) posted by (C)ドクターT
ウィンクその中にサツマイモをいれて、・・・。
穴を掘る (6)
穴を掘る (6) posted by (C)ドクターT
ウィンク木の蓋をしました。あとジャガイモ用と自然薯用の穴も造る予定です。






最終更新日  2017年12月09日 21時16分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月27日
テーマ:山菜(299)
カテゴリ:山芋

クール今日は午前中西尾で検診の仕事。早く終わったので、お昼ライオンズの例会まで1時間ほど余裕がありました。そこで、蒲郡に来る途中、ちょっと自然薯掘りをしました。 

自然薯(幸田町)
自然薯(幸田町) posted by (C)ドクターT

ウィンク自然薯は土がよければまっすぐ下に向かって伸びます。しかし、途中に障害となる大きな石があるとそこでとぐろを巻くことがあります。あまり深く掘らなくて済みますのでラッキーと言うべきなのか?

キクラゲ(幸田町)
キクラゲ(幸田町) posted by (C)ドクターT

びっくり自然薯掘りに行くとよくキクラゲ(アラゲキクラゲ)を見つけます。蒲郡付近ではアカメガシワの枯れ木によくついています。ありがたくいただいて行きます。 







最終更新日  2015年11月27日 22時55分03秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年11月19日
テーマ:山菜(299)
カテゴリ:山芋

自然薯(道の駅坂内) (2)
自然薯(道の駅坂内) (2) posted by (C)ドクターT

ウィンク先日坂内村にナメコ採りに行った時に寄った道の駅さかうちに自然薯が出ていました。 

自然薯(道の駅坂内) (1)
自然薯(道の駅坂内) (1) posted by (C)ドクターT

びっくり1本、500gくらいだと思いますが、よい値がついていました。これを見て、自然薯掘りのプロを自認するドクターTのスイッチが入りました。

自然薯掘り (2)
自然薯掘り (2) posted by (C)ドクターT

クール機会をうかがっていましたが、昨日は生憎の雨空で撮影にも行けず、家での作業も出来ずにいたところに、丁度うまい具合に蒲郡署から検案の依頼があり、蒲郡まで行きました。その帰りに1時間ほど掘って来ました。 

自然薯掘り (1)
自然薯掘り (1) posted by (C)ドクターT

クールキノコ採りも好きですが、あたりはずれのあるキノコ採りよりも、努力が必ず報われる自然薯掘りの方が私には向いているかも知れません。もちろん、人の山で掘らしてもらう訳ですから、それとまた数年後に同じところで掘れるように、上の方15cmほどを残して埋め戻して来ます。 

本日の収穫(約1kg)
本日の収穫(約1kg) posted by (C)ドクターT

ぺろり1時間ほどで¥5,000円分くらいは掘ったでしょうか? 

とろろ汁(家)
とろろ汁(家) posted by (C)ドクターT

ぺろり掘って来た1/4くらいをとろろ汁にしました。出汁で倍くらいに薄めてもこの粘りです。

ウィンク1シーズンに3~4回は掘りに行きます。 







最終更新日  2015年11月19日 04時21分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月03日
カテゴリ:山芋

ウィンク午前中、年賀状の返事を出して、蜜柑畑でお礼肥をやって、裏山へ自然薯を掘りに行きました。

DSC_0235

ぺろり一昨年つけておいた印のところに1本見つかりました。上の方は山砂で掘りやすく、途中から粘土層に変わるので、そこでとぐろを巻いたような芋になります。

DSC_0240

ぽっまずまずの大きさの芋でした。

DSC_0242

ウィンク最後の方はこんなに深くなり、あまり夢中で穴に頭を突っ込んでいると酸欠で危ない。一人で芋掘りに行って死んでいた人がいました。

DSC_0244

ぽっお節料理を食べ飽きた2日か3日にいつもとろろ汁をすることにしています。今夜のオカズが出来ました。

大笑いこれで女房の半日付き合い権(券)が貰えましたので、弥富の野鳥園へ行って来ます。







最終更新日  2009年01月03日 12時02分03秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年07月16日
カテゴリ:山芋

ウィンク今朝はまたやまももの里へ行きました。そうしたら先客がいて、キャタツまで持ってきて本格的に採ってました。

クール「どちらからですか?

ぽっ「幸田からです。ブログを見ていたら載っていたものですから。どちらからですか?

クール「蒲郡からです。」

ぽっ「ひょっとして市民病院のお医者さん?

クール「ばれましたか。」

ウィンク何と私のブログを見てここのことを知った方でした。

DSC_4112

ぺろりまだたくさん実はついています。あと1週間くらいは大丈夫ですね。

ウィンクkojitamaちゃん、早く来ないと隣町の人たちが来て採っちゃいますよ!

DSC_4113

ぺろりワラビも出てるからね!

DSCN1347

ウィンク今日はこれくらいにしましょう。







最終更新日  2008年07月16日 08時11分55秒
コメント(10) | コメントを書く
2008年01月06日
カテゴリ:山芋

ウィンク一昨日の興奮まだ冷めやりませんが、昨日は一人で山で謎解きをしていました。

ウィンク自然薯掘りですよ。今の時期だともうツルは繋がっていません。それを推理しながら、根元を見つけて掘るのです。

大笑い3日の日に、Sさんと山ちゃんとヨッチャンが、山芋掘りの得意な人を連れて2箇所ほど行ったそうですが、1本も見つからなかったと言ってました。何でもその山芋掘りの名人は飲むと使い物にならなくなるそうで、酔っ払っていて駄目だったとか、・・・。

DSCN0599.jpg

ウィンクまず、このような山芋のツルが枯れて絡んでいるところを見つけます。その辺りに掘った跡がなければ、必ずどこかにあるはずです。

DSCN0605.jpg

しょんぼり太いツルを追いかけて行くと、途中で切れています。

クールその続きを探すのです。

DSCN0608.jpg

しょんぼり追いかけていって、少し掘って見ると、あ~、騙された!オニドコロですね。花菖蒲さんはこれも食べられると言ってましたが、・・・。

しょんぼり今の時期は葉がついてないので、山芋もオニドコロもツルはよく似ていて区別が難しいのです。

DSCN0603.jpg

ぽっ今度は本物ですね!

DSCN0610.jpg

ウィンク掘りましたよ~!

DSCN0612.jpg

ウィンク斜面ですから埋め戻すのは大変ですが、おおよそ埋め戻しました。上の方50cmくらいは残しておきます。こうすれば、また数年後にここで掘ることができます。

クールもう2本見つけて印をつけておきました。

DSCN0622.jpg

ぽっ見上げたらウグイスがいました。まだ鳴きませんね。

DSCN0614.jpg

びっくりこんなものも落ちていました。テイカカズラの種ですね!

カレンダー6月のコピー.jpg

ぺろり6月のカレンダーです。昨年は戸狩でツルニンジンをたくさん掘らせてもらいました。その後、飯田、坂内、蒲郡でも見つけました。野花菖蒲は花菖蒲さんのリクエストで豊橋の葦毛湿原のものにしました。







最終更新日  2008年01月06日 10時13分28秒
コメント(21) | コメントを書く
2007年11月21日
カテゴリ:山芋

ウィンク昨日朝は山芋堀りをしてから仕事に行きました。

DSC00830.JPG

ぺろり30分くらいかけて、1m半ほど掘りました。表面には笹の根がありましたが、それを過ぎると石もなく掘りやすかった。

DSC00831.JPG

ウィンク上の方、50cmくらいは細いので、残して埋め戻してきます。この写真の下の方が切断してありますが、そこから下の芋だけ採ってきます。残った上の方はまた4~5年もすれば掘れる大きさになります。

DSC00834.JPG

ぽっさて獲物の記念写真です。おや、この光景はどこかで見覚えがありませんか?そうです。私のわらび畑は冬には山芋畑になるのです。

クールさて、今日は月に1回名古屋で飲む日です。国保審査会に月4日行ってますが、隣の席に大学の同級生(B市民病院の副院長)がいます。そこで、示し合わせて月に1回名古屋で飲むことにしています。月に1回が毎日のようにあります。

DSC00835.JPG

クール東片端の近くの焼肉屋で飲んで、それからテレビ塔の横を通って、

DSC00836.JPG

クール足は錦3丁目へ向かいます。前を歩く黒い影の人物が同級生(俊ちゃん)です。でもこちらでは、イタリアンレストランで軽くワインを飲んでスパゲティを食べただけです。あまり高い店には入りません。

しょんぼりさて、飲んでいる間、女房から携帯メールが何度か来ました。また保存していたキノコを食べたら女房とお祖母さんが下痢をしてるって。。。!

DSC00158.JPG

しょんぼり話を訊いてみると、このキノコです。中川村の片桐農園であったキノコ会の時にたくさん採ってきて冷凍保存してあったのを、解凍して一度茹でこぼしてからスープにしたそうです。三男と3人食べて、三男は何もなく、女房とお祖母さんが症状が出たとのこと。

しょんぼりう~ん、これは間違いなくトキイロラッパタケ(食)でマツタケ採りの師匠のお墨付きです。どうしてだろう?女房とお祖母さんの体質の問題かも知れません。マツオウジやクロカワでも下痢をする体質ですから、・・・。初めてのキノコを食べるときには食べ過ぎに気をつけましょう!







最終更新日  2007年11月21日 07時41分07秒
コメント(14) | コメントを書く
2007年01月04日
カテゴリ:山芋

ぺろり今日はとろろ汁の作り方について書きましょう。世間では1月3日にとろろ汁を食べるようですが、うちでは1月2日の夜です。だいたいお節料理(最近ではうちで作らず、買うことが多くなりましたが)を食べ始めるのが12月31日の夜ですから、1日ずれているのですね。お祖母さんがとろろ汁が好きで、お正月休みに入るともうとろろ汁のことを言い始めます。

DSC03649.JPG

ウィンク材料は12月31日の日記で掘ったこの山芋ですよ。

スマイルまず、最初にたわしでよく洗って泥を落とします。ところどころにヒゲ根がついているので、これを火であぶって焼くか、包丁でこそげ落とします。最近皮を薄く剥いてその皮をから揚げすると美味しいということを発見して、時々女房が作ります。

DSC03724.JPG

スマイル次に、卸し金(いろいろなものがありますが、私はこの陶器製のが好きです)ですります。すっていると、ぽきぽき折れてその度に小さなかけらが入りますが気にせずにすります。またアクで色が黒っぽくなりますが、これも気にしません。ナガイモと違ってすごく粘りがあって、持ち上げると切れることなく、持ち上がります。まずここまでで指が痛くなります。

DSC03725.JPG

スマイル次にこれを大きなすり鉢に移します。最初これくらいの量です。これをかけらを潰しながらすっていきます。丁度よいところに三男が帰ってきました。

DSC03726.JPG

ぺろり選手交代して、三男にすらせます。なかなか手伝いを言いつけても、すぐにやらない三男もこれは嫌がらずにします。

DSC03727.JPG

ぺろりある程度すれたところで、卵(全卵)を2個入れます。

DSC03728.JPG

ぺろりこれを出汁でのばしていきます。少し芋が多かったので、1/3くらい容器に入れてとっておきました。それは、また別にそのまま刺身で食べたり、海苔を巻いて天麩羅にしたりします。

DSC03729.JPG

ぺろり少しづつ、出汁でのばしていき、最終的には3~4倍にのばして、出来上がりです。

DSC03731.JPG

ぺろりこれを少量の麦飯にかけて、きざみ海苔とネギを振りかけていただきます。

びっくりお祖母さん、またお替り!?いいよ、今日はたくさんあるから、好きなだけどうぞ。

ウィンクとろろ汁は男の料理、力仕事です。11月24日の日記で印をつけ、12月31日の日記で掘り、そして今日で完成です。この伝統は三男にも伝えられて残っていくでしょう。裏山にもまだ印のつけた芋があります。春までにもう一度やろうかな?

ちょき11月24日、12月31日の日記と合わせて、カテゴリーを山芋としましたので、続けてお読みください。

ウィンクあっ、言い忘れましたが、食べ過ぎるとおならがよく出るそうです(お祖母さん談)ので、気をつけてください。







最終更新日  2007年01月05日 06時38分07秒
コメント(18) | コメントを書く
2006年12月31日
カテゴリ:山芋

スマイル昨日は第二拘束、お正月休みの間は外科は第一拘束と第二拘束を決めている。第一拘束は入院患者の回診を午前中して、救急外来からの呼び出しに待機する。第二拘束は緊急手術などがあれば、手伝いに呼ばれる。蒲郡にいればよい。

ぽっ午前中娘の婿さんが妹さん夫婦とラグーナへ来るというので、一緒に娘とラグーナへ行き、少しお正月の買い物をしてから、山へ行った。お正月にお祖母さんがとろろ汁が食べたいというので、その山芋を掘るために。11月24日の日記に書いた、印をつけた子供の国の山へ。

しょんぼりやはり、半分くらいは誰かに掘られていた。でもこれは想定範囲内のこと。もともと人の山、文句を言う筋合いはない。今日は正しい山芋の掘り方について書いておこう。

DSC03644.JPG

スマイルまず山芋のツルから芋に移行するところのヒゲネを確認した後、斜面の下の方から少し離して掘り始める。掘った土は後で埋め戻すので、あまり遠くへ飛ばさずに近くに盛り上げておく。

DSC03643.JPG

ぽっ山芋は去年の芋を栄養にして今年のツルが伸び、その横に新しい今年の芋を作る。毎年少しづつ大きくなり、食べられる大きさになるのに山だと5~6年くらいかかる。だから掘ると必ず去年の芋が黒く萎びて横にある。

DSC03645.JPG

ぽっ最初の30~40cmは細いがだんだん太くなってくる。途中で諦めてはだめだ。1m50cmくらい掘った。

DSC03650.JPG

スマイル上の方30cmくらいはそのまま残しておく。そうすることによって、また5~6年後にここで掘ることができる。

DSC03649.JPG

ぽっ中くらいの大きさかな?これくらいだと20~30分くらいかかる。

DSC03651.JPG

ぽっ掘った痕は埋め戻す。それがマナー。また残した上の方の芋がまた育つためにも、大事なことである。掘りっ放しで行ってしまうマナーの悪い人が多い。穴ぼこだらけになり、地主からも嫌われる。

DSC03652.JPG

ぽっ心がけがよいので、帰り道で、ムラサキシメジを見つけた。ラッキー!

DSC03653.JPG

 日本酒夜は娘夫婦も官舎に泊まった。婿さんが藤枝のお酒を持ってきてくれた。山廃純米、杉錦。山廃仕込は天然の乳酸菌で雑菌の繁殖を抑えた麹菌で作ったお酒、独特の酸味が特徴だ。二人で開けてしまった。

 







最終更新日  2007年01月05日 01時06分25秒
コメント(24) | コメントを書く
2006年11月24日
カテゴリ:山芋

ぺろり今、山芋のツルは葉が黄色く紅葉し、一番目立つ時期。この時期に印をつけておく。掘るには大きなものだと1本掘るのに30分くらいかかる。今日はあまり時間がない。1時間くらいで印だけつけてくる。太いツル、高くまで登っているツルほど大きな芋がある。

ウィンク人により、印のつけ方は違うが、私のは簡単だ。まずツルを見つけたらその近くの樹に目印の紐を結んでおく。

DSC03060.JPG

ウィンクそして、ツルを取り払い、ツルの降りているところへ、その辺にある常緑樹の枝を刺しておく。しばらくして、くると樹が枯れているので判る。

DSC03059.JPG

しょんぼりこんな簡単な付け方だと、プロがくればすぐに判ってしまうが、まあ別にもともと人の山、掘られても文句は言えない。もっと、人に判らない複雑な印を考えてつける人もいるが、あまり複雑すぎるのは自分も判らなくなる。

ぽっ1時間くらいで10本ほど印をつけることができた。暇な時にくれば、3月くらいまで掘ることができる。

DSC03050.JPG

ぽっ山道を歩いていたらムラサキシメジが出ていた。

DSC03053.JPG

ぺろり山芋掘りに来てたまに見つかる、ラッキーなキノコ。10本くらい採れた。

DSC03056.JPG

びっくりこんな変わったキノコもあった。エリマキツチグリ、これは食べられない。

しょんぼり3日前から、アクセス数が日付が変わると元へ戻っている?おかしいな?







最終更新日  2006年11月24日 06時31分35秒
コメント(20) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1

PR

フリーページ

日本の蝶(267種)


アゲハチョウ科(22種)


1.ギフチョウ☆


2.ヒメギフチョウ


3.ウスバシロチョウ☆


4.ヒメウスバシロチョウ☆


5.ウスバキチョウ


6.クロアゲハ☆


7.ナガサキアゲハ☆


8.モンキアゲハ☆


9.オナガアゲハ☆


10.ジャコウアゲハ☆


11.シロオビアゲハ☆


12.ベニモンアゲハ☆


13.アゲハ☆


14.キアゲハ☆


15.カラスアゲハ☆


16.ミヤマカラスアゲハ☆


17.オキナワカラスアゲハ☆


18.ヤエヤマカラスアゲハ☆


19.アオスジアゲハ☆


20.ミカドアゲハ☆


21.ホソオチョウ☆


22.オナシアゲハ☆


シロチョウ科(28種)


23.ヒメシロチョウ☆


24.エゾヒメシロチョウ☆


25.キタキチョウ☆


26.ツマグロキチョウ☆


27.ミナミキチョウ☆


28.タイワンキチョウ☆


29.ホシボシキチョウ☆(T_T)/~~~


30.ヤマキチョウ


31.スジボソヤマキチョウ☆


32.モンキチョウ☆


33.ミヤマモンキチョウ☆


34.ウスキシロチョウ☆


35.ウラナミシロチョウ


36.ツマキチョウ☆


37.クモマツマキチョウ☆


38.ツマベニチョウ☆


39.タイワンシロチョウ


40.ナミエシロチョウ☆


41.カワカミシロチョウ


42.モンシロチョウ☆


43.スジグロシロチョウ☆


44.ヤマトスジグロシロチョウ☆


45.エゾスジグロチョウ☆


46.タイワンモンシロチョウ☆


47.オオモンシロチョウ☆


48.エゾシロチョウ☆


49.ミヤマシロチョウ


50.クロテンシロチョウ☆


シジミチョウ科(79種)


51.ウラギンシジミ☆


52.ゴイシシジミ☆


53.シロモンクロシジミ☆


54.ムラサキシジミ☆


55.ムラサキツバメ☆


56.ルーミスシジミ☆


57.ウラゴマダラシジミ☆


58.ウラキンシジミ☆


59.チョウセンアカシジミ☆


60.オナガシジミ☆


61.ウスイロオナガシジミ☆


62.ミズイロオナガシジミ☆


63.ウラミスジシジミ☆


64.アカシジミ☆


65.カシワアカシジミ☆


66.ウラナミアカシジミ☆


67.ムモンアカシジミ☆


68.アイノミドリシジミ☆


69.メスアカミドリシジミ☆


70.ミドリシジミ☆


71.クロミドリシジミ☆


72.ヒサマツミドリシジミ☆


73.キリシマミドリシジミ☆


74.オオミドリシジミ☆


75.ジョウザンミドリシジミ☆


76.エゾミドリシジミ☆


77.ハヤシミドリシジミ☆


78.ヒロオビミドリシジミ☆


79.ウラジロミドリシジミ☆


80.フジミドリシジミ☆


81.ウラクロシジミ☆


82.イワカワシジミ☆


83.トラフシジミ☆


84.カラスシジミ☆


85.ミヤマカラスシジミ☆


86.ベニモンカラスシジミ☆


87.リンゴシジミ☆


88.コツバメ☆


89.キマダラルリツバメ☆


90.ベニシジミ☆


91.クロシジミ☆


92.ウラナミシジミ☆


93.オジロシジミ


94.アマミウラナミシジミ☆


95.ルリウラナミシジミ


96.ヒメウラナミシジミ


97.マルバネウラナミシジミ(T_T)/~~~


98.シロウラナミシジミ☆


99.ウスアオオナガウラナミシジミ


100.ヤマトシジミ☆


101.シルビアシジミ☆


102.ヒメシルビアシジミ☆


103.ハマヤマトシジミ☆


104.ホリイコシジミ☆


105.オガサワラシジミ


106.ルリシジミ☆


107.スギタニルリシジミ☆


108.ヤクシマルリシジミ☆


109.サツマシジミ☆


110.タイワンクロボシシジミ☆


111.ヒメウラボシシジミ(T_T)/~~~


112.ツシマウラボシシジミ


113.リュウキュウウラボシシジミ☆


114.ツバメシジミ☆


115.タイワンツバメシジミ


116.クロツバメシジミ☆


117.ムシャクロツバメシジミ☆


118.ゴイシツバメシジミ


119.ゴマシジミ☆


120.オオゴマシジミ


121.カバイロシジミ☆


122.オオルリシジミ


123.ジョウザンシジミ☆


124.カラフトルリシジミ


125.ヒメシジミ☆


126.ミヤマシジミ☆


127.アサマシジミ☆


128.クロマダラソテツシジミ☆


129.タイワンヒメシジミ☆


タテハチョウ科(101種)


130.テングチョウ☆


131.アサギマダラ☆


132.タイワンアサギマダラ


133.ヒメアサギマダラ☆


134.リュウキュウアサギマダラ☆


135.ウスコモンマダラ


136.ミナミコモンマダラ(T_T)/~~~


137.カバマダラ☆


138.スジグロカバマダラ☆


139.ツマムラサキマダラ☆


140.マルバネルリマダラ☆


141.シロオビマダラ(T_T)/~~~


142.オオゴマダラ☆


143.ホソバヒョウモン☆


144.カラフトヒョウモン☆


145.ヒョウモンチョウ☆


146.コヒョウモン


147.アサヒヒョウモン


148.クモガタヒョウモン


149.ミドリヒョウモン☆


150.メスグロヒョウモン☆


151.ウラギンスジヒョウモン☆


152.オオウラギンスジヒョウモン☆


153.ギンボシヒョウモン☆


154.ウラギンヒョウモン☆


155.オオウラギンヒョウモン


156.ツマグロヒョウモン☆


157.ウラベニヒョウモン(T_T)/~~~


158.タイワンキマダラ☆


159.カバタテハ


160.オオイチモンジ☆


161.イチモンジチョウ☆


162.アサマイチモンジ☆


163.ヤエヤマイチモンジ☆


164.シロミスジ☆


165.コミスジ☆


166.ホシミスジ☆


167.ミスジチョウ☆


168.オオミスジ☆


169.フタスジチョウ☆


170.リュウキュウミスジ☆


171.イシガケチョウ☆


172.ヒョウモンモドキ☆


173.コヒョウモンモドキ☆


174.ウスイロヒョウモンモドキ


175.サカハチチョウ☆


176.アカマダラ


177.キタテハ☆


178.シータテハ☆


179.ヒオドシチョウ☆


180.エルタテハ☆


181.キベリタテハ


182.ルリタテハ☆


183.クジャクチョウ☆


184.コヒオドシ☆


185.アカタテハ☆


186.ヒメアカタテハ☆


187.キミスジ☆


188.イワサキタテハモドキ☆


189.タテハモドキ☆


190.アオタテハモドキ☆


191.コノハチョウ☆


192.イワサキコノハ(T_T)/~~~


193.リュウキュウムラサキ☆


194.メスアカムラサキ☆


195.ヤエヤマムラサキ☆


196.スミナガシ☆


197.コムラサキ☆


198.オオムラサキ☆


199.ゴマダラチョウ☆


200.アカボシゴマダラ☆


201.フタオチョウ


202.ジャノメチョウ☆


203.キマダラモドキ☆


204.オオヒカゲ☆


205.ツマジロウラジャノメ☆


206.ウラジャノメ☆


207.ヒカゲチョウ☆


208.クロヒカゲ☆


209.クロヒカゲモドキ☆


210.シロオビヒカゲ☆


211.サトキマダラヒカゲ☆


212.ヤマキマダラヒカゲ☆


213.ヒメキマダラヒカゲ☆


214.リュウキュウヒメジャノメ☆


215.ヒメジャノメ☆


216.コジャノメ☆


217.クロコノマチョウ☆


218.ウスイロコノマチョウ☆


219.ヒメヒカゲ☆


220.シロオビヒメヒカゲ☆


221.ベニヒカゲ☆


222.クモマベニヒカゲ


223.タカネヒカゲ


224.ダイセツタカネヒカゲ


225.ヒメウラナミジャノメ☆


226.ウラナミジャノメ☆


227.マサキウラナミジャノメ☆


228.ヤエヤマウラナミジャノメ


229.リュウキュウウラナミジャノメ☆


230.ルソンアサギマダラ☆


セセリチョウ科(37種)


231.キバネセセリ☆


232.オキナワビロウドセセリ☆


233.テツイロビロウドセセリ


234.アオバセセリ☆


235.タイワンアオバセセリ☆


236.ダイミョウセセリ☆


237.コウトウシロシタセセリ☆


238.チャマダラセセリ☆


239.ヒメチャマダラセセリ


240.ミヤマセセリ☆


241.ギンイチモンジセセリ☆


242.タカネキマダラセセリ


243.カラフトタカネキマダラセセリ


244.ホソバセセリ☆


245.ホシチャバネセセリ


246.クロセセリ☆


247.オオシロモンセセリ☆


248.クロボシセセリ☆


249.コチャバネセセリ☆


250.ヒメキマダラセセリ☆


251.コキマダラセセリ☆


252.アカセセリ☆


253.キマダラセセリ☆


254.アサヒナキマダラセセリ


255.ネッタイアカセセリ☆


256.スジグロチャバネセセリ


257.ヘリグロチャバネセセリ


258.ユウレイセセリ☆


259.ヒメイチモンジセセリ


260.イチモンジセセリ☆


261.オオチャバネセセリ☆


262.ミヤマチャバネセセリ


263.チャバネセセリ☆


264.トガリチャバネセセリ


265.オガサワラセセリ


266.バナナセセリ☆


267.カラフトセセリ☆


Nature Watching Race


エッセー


師匠からの贈り物


束の間の夢


ある少女の死と飼い犬の家出


ジャコウアゲハのミーちゃん


トライアスロン


崩れた安全神話


大会中の事故と自己管理


大会中の事故と自己管理(英文)


トライアスロン事故史から見たルールの変遷


泳げる人の溺死


コメント新着

 名無し@ Re[2]:九州のクロボシセセリ(08/18) ドクターT9323さんお返事ありがとうござい…
 ドクターT9323@ Re[1]:九州のクロボシセセリ(08/18) 名無しさんへ ●コメントありがとうござい…
 名無し@ Re:九州のクロボシセセリ(08/18) 通りすがりのものです。 発生は極めて局…
 ドクターT9323@ Re[1]:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 花水木さんへ ●そうですね。今年は何処も…
 花水木@ Re:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 初物おめでとうございます。 今年の富士…

お気に入りブログ

今日は暑い New! mogurax000さん

彼岸花が芽を出した… New! 楽天星no1さん

いきなり秋 New! 野鳥大好きさん

西チベット一周(1)北… New! 隠居人はせじぃさん

フジカンゾウの花と… New! しろうと自然科学者さん

松茸すき焼き New! きのこのキコさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


ドクターT9323

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.