5768570 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Try! Nature Watching! (since 2006.8.14)

全8件 (8件中 1-8件目)

1

不明の花

2008年03月05日
XML
カテゴリ:不明の花

ウィンク今朝はSさんと走らない日です。水曜日と土日はSさんは走りません。土日は仕事が急がしいから、水曜日は火曜日の夜飲むので、休むのだそうです。毎日飲んでいる私はどうなるんでしょうね?

ウィンクそこで、今日は一人で王将で食事をしてから、あの花の種がどうなっているか見に行ってきました。

DSCN1885.jpg

ぽっ官舎にかけてあるものはドライフラワーになっていますが、殆ど変わってませんね。部屋の中では風も吹きませんからね。。。ぺろり先日来、春一番が吹き荒れてましたからね。

DSCN1893.jpg

ウィンク自転車でとよおか湖を回って行きます。ここが堰き止めたところでその下は公園になっています。この上が調整池になります。

DSCN1889.jpg

ぽっこの付近にも土筆がたくさん出ていました。

DSCN1899.jpg

ウィンクさてどうでしょうか?地面に近いところにからんでいるツルにはまだ種がそのままついていますね。

DSCN1900.jpg

ウィンクでも樹にからんで高く登っているツルを見るとやはりだいぶん飛んでますね。

DSCN1901.jpg

びっくりこのあたりはほとんど飛んでなくなっています。

DSCN1903.jpg

ウィンク飛んだ種は少し離れたところにそのまま落ちていました。やはりガクは付いたままでした。ちょきどうですか?アワユキヒルガオは高く登って遠くへ飛んで拡がろうとしています。これヤラセじゃありませんからね。

ぺろりさて、副産物でいろいろな鳥を見ることができました。2~3写真に撮って来ましたが、名前の判らないものもあるので、また調べて夜載せます。







最終更新日  2008年03月05日 08時23分39秒
コメント(6) | コメントを書く
2008年01月05日
カテゴリ:不明の花

ウィンクとうとう、12月17日のブログから名前が判らなくて悩み続け、ブログ仲間の皆さんにも悩みを共有していただいていた、不明の花の正体が明らかになりました。

ウィンク答えは、中国原産の帰化植物で、ヒルガオ科の風鈴雪朝顔(フウリンユキアサガオ)、学名Porana racemosa Roxb.、別名アワユキヒルガオ(倉敷の小橋理絵子さんが命名、2003年)だそうです。

ぽっこれを教えていただいたのは、四季咲ネムの木さんで、1月4日20時4分41秒にコメントを書いてくれました。四季咲ネムの木さんがアサガオ、ヒルガオのことを書いたコメントにフウリンユキアサガオのことが書いてあり、確認したところ私の悩んでいる花に間違いないということで教えてくれました。

ぽっもう一方、それと独立して、1月4日20時23分35秒に春の女神さんもフウリンユキアサガオの記載が蒲郡市豊岡町にあることを教えてくれました。シノギを削っていましたね。

びっくり私もアワユキヒルガオで検索したら、48件ヒットして、何とそのうちの5件が私が見つけた蒲郡市豊岡町のものだったのです。最初にこの場所のフウリンユキアサガオを見つけて紹介したのは、豊橋市在住の野草研究家、大町忠久さんです。私が見つけたのは花が終わったあとのガクと種子だけでしたので、花(9~10月頃)は大町さんの記載した写真をご覧下さい。それを見ると、アメリカセンダングサに巻きついていて、確かにあの場所のものだということが判ります。

びっくりさらに、それは地元の2007.10.18付けの東日新聞でも紹介されていました。少し私の方が遅かったですね。

DSCN0242-12.jpg

ぽっもう一度私が見つけたときの写真を載せます。これは花の終わった後のガクと子房が残ったもので、まるで紫色の花のように見えます。実際の花は9~10月ころで、白い花がびっしりついていると雪が降ったように見えるのでこの名前がついたようです。

しょんぼりしかし、綺麗な花とガクですが、生態系を犯す恐れのある”強害草”だそうで、1999年に宮崎県宮崎市で見つかり、フウリンユキアサガオと日本名がつけられ、2002年ころから岡山、群馬でも見つかっているそうです。どうやら蒲郡は日本で4番目の発見地のようです。

しょんぼり何故、それが蒲郡のあの一画だけに蔓延ったんでしょう?実はその近くに蒲郡調整池(別名豊岡調整池)という人造のダム湖があり、1989年からその造成工事が行われ、1997年に完成しています。そのときに土に混じって種が運ばれて来たのではないかと考えられています。

ウィンク綺麗な花で繁殖力旺盛なだけに、風だけでなく、人力も借りて日本中に蔓延る恐れがあります。小芋さん、種の取り扱いには充分ご注意を!秘密の花園が占拠されてしまうかも知れませんよ!

ぽっああ~、これで謎が解けてすっきりしましたね。まさか一昨日見た夢がすぐに正夢になるとは、今年は春から縁起がよいですね~!

スマイルこれまでの経過をまとめて読んでいただけるように、「不明の花」というカテゴリーを設けましたので、最初にカテゴリーを選択してから読んでいただくと、話が解りやすいと思います。

カレンダー5月のコピー.jpg

ウィンク5月のカレンダーです。山菜の時期は地元から始まって、5月ゴールデンウィークには坂内村、5月中旬には中川村、そして5月末には開田高原とフィールドを替えます。

 







最終更新日  2008年01月05日 07時43分34秒
コメント(27) | コメントを書く
2007年12月30日
カテゴリ:不明の花

ウィンク昨日はライオンズクラブの釣り部会の忘年会でした。

DSCN0439.jpg

ぽっ三谷芸者の小袖さんとツーショット。

DSCN0464.jpg

ぽっ二次会で竹島ホテルのショーを見て、・・・。

ウィンク今日は拘束でしたので、午前中回診をして、それからまた謎の植物を見に行ってきました。

DSCN0504.jpg

ウィンク謎の植物はヒノキの樹に3mくらいの高さまで登っています。

DSCN0508.jpg

びっくり根は意外と小さく、枝分かれしていて、芋はありません。

びっくり高さは3mくらいまで絡まって登りますが、実際にはずい分複雑にあっちへ行ったり、こっちへ行ったりしていますので、根から先端までの長さは10m以上あると思います。

DSCN0509.jpg

ウィンクこの植物は芋もムカゴも出来なくて、地上部は全て枯れてしまうようです。すると残るのはこの種だけです。種は一つの花に1個しか出来ません。ガクがついていて、乾燥するとガクがだんだん平開します。結構丈夫で取れることはありません。何のためのガクでしょう?

DSC_7763.JPG

ウィンクちょっと、ボケてますが、種をひとつつまんで落として見ました。すると種はヘリコプターの様に回転して落ちて行きました。

ぺろりこのガクは種を遠くへ飛ばすためにあったのですね。

ぽっ今までに、小芋さん、花菖蒲さん、春の女神さんからいろいろな意見が寄せられましたが、まだ不明の花の正体は判りません。科すらも特定できません。オトギリソウ科、キキョウ科、ヒルガオ科、クマツヅラ科、ヤマノイモ科、ガガイモ科、・・・?







最終更新日  2007年12月30日 20時49分18秒
コメント(16) | コメントを書く
2007年12月24日
カテゴリ:不明の花

ぽっ昨日は緊急手術から始まって、院内コンサート、愛艇クラブのコンペ、ライオンズのクリスマス家族会と忙しい一日でした。

DSCN0370.jpg

ウィンク3週間ぶりで女房とも再会できました。bokeabさんの家族と記念写真です。手前の花はビンゴゲームで当たりました。

DSC_7732.JPG

大笑い家に帰ったら、クリスマスプレゼントの宮古島トライアスロン参加許可通知がきていました。そろそろ、水泳と自転車の練習も始めなければ。。。

DSC_7727.JPG

ウィンクさて、先日来載せている不明の花ですが、小芋さんからこれは花ではなく、花の終わったあとの実であると回答が寄せられました。花びらのように見えるのはガクです。私も花にしては少し固いし、いつまでも変らないな~と思っていましたが、・・・。最初一番左側のように緑色をしていますが、だんだん真中の薄紫色になり、最後は乾燥すると右側のように茶色になります。

DSC_7728.JPG

ウィンク中を割って見ると、こうなっていました。右手の乾燥したものは薄い皮をめくると、種が1個です。

DSC_7730.JPG

びっくり種の中には1cmくらいの双葉が折り畳まれて入っていました。ぺろりということは来年この種を蒔くと芽が出るのでしょうか?

しょんぼりでも、ツル性でこんな種が出来るものは何でしょう?花の時期に見れば判るのでしょうか?

しょんぼり蒲郡でも本当にその場所でしか見られません。アメリカセンダングサ、ヘクソカズラ、クズなどに負けずに蔓延っています。外来種でしょうか?

 

 







最終更新日  2008年01月05日 07時34分16秒
コメント(13) | コメントを書く
2007年12月23日
カテゴリ:不明の花

ぽっ昨日の憑きは夜まで続き、夜中に病院から呼ばれてしまった。今は月に1回しか拘束当番をしていないので、滅多に緊急手術をすることはないのですが、久し振りに急性虫垂炎の手術をしてきました。

しょんぼり3時ころに帰ってきましたので、朝寝坊して走友会の練習には出られませんでした。

DSCN0309.jpg

ウィンク不明の花は採ってきて壁にかけてあります。ときどきまじまじと見て謎を楽しんでいます。もう一度最初から載せますね。

DSC_7713.JPG

ウィンク練習コースの道路脇に紫色の植物が繁茂していました。

DSCN0240.jpg

びっくり近づいてみると見たことのないツル性植物です。ツルから葉(山芋の葉のような形)の脇から花穂が出て、それがまた3分枝して、そのひとつずつは穂状花序です。分枝部には小さな苞葉が抱くようについています。

DSCN0242.jpg

ウィンク五弁の花びら?は根元が繋がっているように見えます(合弁花?)。色は葉、茎とも薄紫ですが、緑色のものもありますので、最初は緑色なのでしょうか?

DSC_7715.JPG

ウィンク檜に巻きついて、3mくらいの高さまで登っています。

DSCN0290.jpg

ウィンク飾っておくと、このままドライフラワーになりそうな感じです。

クールこれで、リースを作って(クルシミマスリース)、謎を食って生きている魔人、ハート小芋さんに送りました。きっと謎を食べてくれるでしょう!

DSC00859.JPG

ぽっこれは毛むくじゃらですが、花の格好はよく似ています。五弁でツル性というところも。。。これも蒲郡の道端でよく見るガガイモです。ガガイモ科は世界中で250属2700種くらいあるそうです。おそらく、ガガイモ科のカモメヅル属またはオオカモメヅル属だと思うのですが、ぴったりのものがまだ見つかりません。

ウィンク今日は全国高校駅伝、今年は女子でも愛知、豊川高校は期待できます。今トップ争いをしています。

ウィンク午後は院内コンサートに出て、愛艇クラブのコンペに出て、ライオンズの例会に出てクリスマス会に出ます。







最終更新日  2007年12月23日 11時08分56秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年12月21日
カテゴリ:不明の花

しょんぼり不明の花の名前はまだ判らない。密かに期待していた人も黙って通り過ぎてしまった。

ウィンク今日も走った後で行ってみた。

DSCN0287.jpg

ウィンク紫色になる前は緑色をしている。

DSCN0286.jpg

ぺろりツルを追いかけて芋があるかと思ったが、枝分かれした根っこだけだった。ムカゴもついていない。ということは種で増えるっていうことかな?

DSCN0290.jpg

ぺろり飾っておくと結構長持ちしますね。

しょんぼりまあ、判らないこともたまにあった方が面白いか?

NEC_0003.jpg

ぽっ次男がこの前生まれた菫ちゃんの写真を送ってきましたので載せます。もう笑うようですね。

07-12-20_15-20~00.jpg

ぽっ家の裏の土手には大きなやまももがあるのですが、今年もシルバーさんに頼んで刈り込んでもらったようですので、載せます。結婚したてのころは自分で登って切ってましたが、今はとても手が回りません。

 







最終更新日  2007年12月21日 19時11分55秒
コメント(12) | コメントを書く
2007年12月18日
カテゴリ:不明の花

しょんぼり忘年会続きで更新が遅れています。

DSCN0251.jpg

しょんぼり昨日も審査会の後、同級生と名古屋で飲んで・・・。気がついたら豊橋に居て日付が変わっていました。あちゃ~、もう東京行きのムーンライトながらしか残ってないよ~!おかしいな~、確か9時ころに店を出たのに、・・・?号泣仕方ないので、タクシーで蒲郡まで帰りました。¥7,200円。

DSC_7713.JPG

しょんぼり一昨日の花の答えがまだ出ないのでもう少し資料を載せます。こんな感じで道端の荒地に蔓延っています。

DSC_7715.JPG

ウィンクつる性です。

DSCN0240.jpg

ぺろり葉は花穂の付近は茎を抱くようについていますが、途中の葉はまるで山芋の葉のようです。

DSCN0242 (2).jpg

ぽっもう一度アップで。。。

 







最終更新日  2007年12月22日 07時45分20秒
コメント(12) | コメントを書く
2007年12月17日
カテゴリ:不明の花

しょんぼり今朝は、Sさんが携帯を鳴らしてからなかなか来ないので、(Sさんの家(店)から私の官舎まで1kmくらいあり、いつも出る前に携帯を鳴らして6~7分でくるのですが、・・・)走ってSさんの家に行って見たら、パジャマ姿で出てきて昨日飲み過ぎたから今日は休みにしてくれと、・・・。ぺろりしかたないので、一人で豊岡の調整池の方へ行きました。ぺろりそこで、道端の荒地にこんな花が咲いていました。

DSCN0195.jpg

しょんぼり見たことのない花ですね~!少しつる性の感じで、アメリカセンダングサや杉の木などに巻きついており、枝別れしますが、穂状に花が並びます。葉は茎を抱くようについていて、葉も花も紫色をしています。高さは2~3mくらいの高さまで登っています。

DSCN0197.jpg

しょんぼり茎は細くて、棘はなく、手で簡単に折ることが出来ますので草本でしょうか。ただ、真中の玉が子房のようにも見えますので、花びらが落ちたあとの額が残って花に見えるのかもしれませんね?一日考えていて、帰ってから図鑑もいくつかめくってみたのですが、それらしいものが出てきません。名前の判らないものを載せたくなかったのですが、みなさんのお知恵を拝借したいと思って載せました。

DSCN0197.jpg

ウィンクその付近には結構たくさんはびこっていました。

ウィンク午前中、外来で2人入院させて、午後は国保審査会へ名古屋へ、帰ってきたら、検案に呼ばれました。73歳のお爺さんが風呂の中で亡くなっていました。トロポニンT陽性で急性心筋梗塞としました。

DSCN0220.jpg

ぽっお昼に駅まで歩いていく途中でハクセキレイに出会いました。







最終更新日  2007年12月22日 07時44分32秒
コメント(12) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

フリーページ

日本の蝶(267種)


アゲハチョウ科(22種)


1.ギフチョウ☆


2.ヒメギフチョウ


3.ウスバシロチョウ☆


4.ヒメウスバシロチョウ☆


5.ウスバキチョウ


6.クロアゲハ☆


7.ナガサキアゲハ☆


8.モンキアゲハ☆


9.オナガアゲハ☆


10.ジャコウアゲハ☆


11.シロオビアゲハ☆


12.ベニモンアゲハ☆


13.アゲハ☆


14.キアゲハ☆


15.カラスアゲハ☆


16.ミヤマカラスアゲハ☆


17.オキナワカラスアゲハ☆


18.ヤエヤマカラスアゲハ☆


19.アオスジアゲハ☆


20.ミカドアゲハ☆


21.ホソオチョウ☆


22.オナシアゲハ☆


シロチョウ科(28種)


23.ヒメシロチョウ☆


24.エゾヒメシロチョウ☆


25.キタキチョウ☆


26.ツマグロキチョウ☆


27.ミナミキチョウ☆


28.タイワンキチョウ☆


29.ホシボシキチョウ☆(T_T)/~~~


30.ヤマキチョウ


31.スジボソヤマキチョウ☆


32.モンキチョウ☆


33.ミヤマモンキチョウ☆


34.ウスキシロチョウ☆


35.ウラナミシロチョウ


36.ツマキチョウ☆


37.クモマツマキチョウ☆


38.ツマベニチョウ☆


39.タイワンシロチョウ


40.ナミエシロチョウ☆


41.カワカミシロチョウ


42.モンシロチョウ☆


43.スジグロシロチョウ☆


44.ヤマトスジグロシロチョウ☆


45.エゾスジグロチョウ☆


46.タイワンモンシロチョウ☆


47.オオモンシロチョウ☆


48.エゾシロチョウ☆


49.ミヤマシロチョウ


50.クロテンシロチョウ☆


シジミチョウ科(79種)


51.ウラギンシジミ☆


52.ゴイシシジミ☆


53.シロモンクロシジミ☆


54.ムラサキシジミ☆


55.ムラサキツバメ☆


56.ルーミスシジミ☆


57.ウラゴマダラシジミ☆


58.ウラキンシジミ☆


59.チョウセンアカシジミ☆


60.オナガシジミ☆


61.ウスイロオナガシジミ☆


62.ミズイロオナガシジミ☆


63.ウラミスジシジミ☆


64.アカシジミ☆


65.カシワアカシジミ☆


66.ウラナミアカシジミ☆


67.ムモンアカシジミ☆


68.アイノミドリシジミ☆


69.メスアカミドリシジミ☆


70.ミドリシジミ☆


71.クロミドリシジミ☆


72.ヒサマツミドリシジミ☆


73.キリシマミドリシジミ☆


74.オオミドリシジミ☆


75.ジョウザンミドリシジミ☆


76.エゾミドリシジミ☆


77.ハヤシミドリシジミ☆


78.ヒロオビミドリシジミ☆


79.ウラジロミドリシジミ☆


80.フジミドリシジミ☆


81.ウラクロシジミ☆


82.イワカワシジミ☆


83.トラフシジミ☆


84.カラスシジミ☆


85.ミヤマカラスシジミ☆


86.ベニモンカラスシジミ☆


87.リンゴシジミ☆


88.コツバメ☆


89.キマダラルリツバメ☆


90.ベニシジミ☆


91.クロシジミ☆


92.ウラナミシジミ☆


93.オジロシジミ


94.アマミウラナミシジミ☆


95.ルリウラナミシジミ


96.ヒメウラナミシジミ


97.マルバネウラナミシジミ(T_T)/~~~


98.シロウラナミシジミ☆


99.ウスアオオナガウラナミシジミ


100.ヤマトシジミ☆


101.シルビアシジミ☆


102.ヒメシルビアシジミ☆


103.ハマヤマトシジミ☆


104.ホリイコシジミ☆


105.オガサワラシジミ


106.ルリシジミ☆


107.スギタニルリシジミ☆


108.ヤクシマルリシジミ☆


109.サツマシジミ☆


110.タイワンクロボシシジミ☆


111.ヒメウラボシシジミ(T_T)/~~~


112.ツシマウラボシシジミ


113.リュウキュウウラボシシジミ☆


114.ツバメシジミ☆


115.タイワンツバメシジミ


116.クロツバメシジミ☆


117.ムシャクロツバメシジミ☆


118.ゴイシツバメシジミ


119.ゴマシジミ☆


120.オオゴマシジミ


121.カバイロシジミ☆


122.オオルリシジミ


123.ジョウザンシジミ☆


124.カラフトルリシジミ


125.ヒメシジミ☆


126.ミヤマシジミ☆


127.アサマシジミ☆


128.クロマダラソテツシジミ☆


129.タイワンヒメシジミ☆


タテハチョウ科(101種)


130.テングチョウ☆


131.アサギマダラ☆


132.タイワンアサギマダラ


133.ヒメアサギマダラ☆


134.リュウキュウアサギマダラ☆


135.ウスコモンマダラ


136.ミナミコモンマダラ(T_T)/~~~


137.カバマダラ☆


138.スジグロカバマダラ☆


139.ツマムラサキマダラ☆


140.マルバネルリマダラ☆


141.シロオビマダラ(T_T)/~~~


142.オオゴマダラ☆


143.ホソバヒョウモン☆


144.カラフトヒョウモン☆


145.ヒョウモンチョウ☆


146.コヒョウモン


147.アサヒヒョウモン


148.クモガタヒョウモン


149.ミドリヒョウモン☆


150.メスグロヒョウモン☆


151.ウラギンスジヒョウモン☆


152.オオウラギンスジヒョウモン☆


153.ギンボシヒョウモン☆


154.ウラギンヒョウモン☆


155.オオウラギンヒョウモン


156.ツマグロヒョウモン☆


157.ウラベニヒョウモン(T_T)/~~~


158.タイワンキマダラ☆


159.カバタテハ


160.オオイチモンジ☆


161.イチモンジチョウ☆


162.アサマイチモンジ☆


163.ヤエヤマイチモンジ☆


164.シロミスジ☆


165.コミスジ☆


166.ホシミスジ☆


167.ミスジチョウ☆


168.オオミスジ☆


169.フタスジチョウ☆


170.リュウキュウミスジ☆


171.イシガケチョウ☆


172.ヒョウモンモドキ☆


173.コヒョウモンモドキ☆


174.ウスイロヒョウモンモドキ


175.サカハチチョウ☆


176.アカマダラ


177.キタテハ☆


178.シータテハ☆


179.ヒオドシチョウ☆


180.エルタテハ☆


181.キベリタテハ


182.ルリタテハ☆


183.クジャクチョウ☆


184.コヒオドシ☆


185.アカタテハ☆


186.ヒメアカタテハ☆


187.キミスジ☆


188.イワサキタテハモドキ☆


189.タテハモドキ☆


190.アオタテハモドキ☆


191.コノハチョウ☆


192.イワサキコノハ(T_T)/~~~


193.リュウキュウムラサキ☆


194.メスアカムラサキ☆


195.ヤエヤマムラサキ☆


196.スミナガシ☆


197.コムラサキ☆


198.オオムラサキ☆


199.ゴマダラチョウ☆


200.アカボシゴマダラ☆


201.フタオチョウ


202.ジャノメチョウ☆


203.キマダラモドキ☆


204.オオヒカゲ☆


205.ツマジロウラジャノメ☆


206.ウラジャノメ☆


207.ヒカゲチョウ☆


208.クロヒカゲ☆


209.クロヒカゲモドキ☆


210.シロオビヒカゲ☆


211.サトキマダラヒカゲ☆


212.ヤマキマダラヒカゲ☆


213.ヒメキマダラヒカゲ☆


214.リュウキュウヒメジャノメ☆


215.ヒメジャノメ☆


216.コジャノメ☆


217.クロコノマチョウ☆


218.ウスイロコノマチョウ☆


219.ヒメヒカゲ☆


220.シロオビヒメヒカゲ☆


221.ベニヒカゲ☆


222.クモマベニヒカゲ


223.タカネヒカゲ


224.ダイセツタカネヒカゲ


225.ヒメウラナミジャノメ☆


226.ウラナミジャノメ☆


227.マサキウラナミジャノメ☆


228.ヤエヤマウラナミジャノメ


229.リュウキュウウラナミジャノメ☆


230.ルソンアサギマダラ☆


セセリチョウ科(37種)


231.キバネセセリ☆


232.オキナワビロウドセセリ☆


233.テツイロビロウドセセリ


234.アオバセセリ☆


235.タイワンアオバセセリ☆


236.ダイミョウセセリ☆


237.コウトウシロシタセセリ☆


238.チャマダラセセリ☆


239.ヒメチャマダラセセリ


240.ミヤマセセリ☆


241.ギンイチモンジセセリ☆


242.タカネキマダラセセリ


243.カラフトタカネキマダラセセリ


244.ホソバセセリ☆


245.ホシチャバネセセリ


246.クロセセリ☆


247.オオシロモンセセリ☆


248.クロボシセセリ☆


249.コチャバネセセリ☆


250.ヒメキマダラセセリ☆


251.コキマダラセセリ☆


252.アカセセリ☆


253.キマダラセセリ☆


254.アサヒナキマダラセセリ


255.ネッタイアカセセリ☆


256.スジグロチャバネセセリ


257.ヘリグロチャバネセセリ


258.ユウレイセセリ☆


259.ヒメイチモンジセセリ


260.イチモンジセセリ☆


261.オオチャバネセセリ☆


262.ミヤマチャバネセセリ


263.チャバネセセリ☆


264.トガリチャバネセセリ


265.オガサワラセセリ


266.バナナセセリ☆


267.カラフトセセリ☆


Nature Watching Race


エッセー


師匠からの贈り物


束の間の夢


ある少女の死と飼い犬の家出


ジャコウアゲハのミーちゃん


トライアスロン


崩れた安全神話


大会中の事故と自己管理


大会中の事故と自己管理(英文)


トライアスロン事故史から見たルールの変遷


泳げる人の溺死


コメント新着

 名無し@ Re:九州のクロボシセセリ(08/18) 通りすがりのものです。 発生は極めて局…
 ドクターT9323@ Re[1]:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 花水木さんへ ●そうですね。今年は何処も…
 花水木@ Re:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 初物おめでとうございます。 今年の富士…
 カワセミ@ Re:監察医ドクターTの事件簿14─ヘリウムガス自殺(08/22) 袋に頭を入れて2呼吸で脳に酸素が供給さ…

お気に入りブログ

お彼岸の花(半田山… New! 隠居人はせじぃさん

ヒナタイノコヅチの… New! しろうと自然科学者さん

趣味の一日 New! kororin912さん

埼玉の小4殺人事件 New! 楽天星no1さん

今日は晴れだね New! mogurax000さん

ウトウの夜の餌運び 野鳥大好きさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


ドクターT9323

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.