5755222 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Try! Nature Watching! (since 2006.8.14)

全2766件 (2766件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

昆虫

2019年09月09日
XML
カテゴリ:昆虫
ニホンミツバチ(対馬) (1)
ニホンミツバチ(対馬) (1) posted by (C)ドクターT
ウィンク対馬の山にはこんな形をしたミツバチの巣箱があちらこちらに置いてあります。対馬にはニホンミツバチしかいませんが、そのミツバチが集める蜂蜜は貴重で、天皇への献上品にされたそうです。最近ニホンミツバチが減ってしまって、土産物店へ寄っても置いてないところがほとんどです。
ニホンミツバチ(対馬) (3)
ニホンミツバチ(対馬) (3) posted by (C)ドクターT
ウィンクようやく1か所だけミツバチが出入りしている巣箱を見つけました。
ニホンミツバチ巣箱
ニホンミツバチ巣箱 posted by (C)ドクターT
ウィンクこの数年私もニホンミツバチ用の巣箱を買って、幼馴染の克君の家に置かせてもらっています。その近くの古い民家の床下に日本ミツバチが巣を造っているからです。
巣箱に出入りするニホンミツバチ
巣箱に出入りするニホンミツバチ posted by (C)ドクターT
ウィンク毎年調査には来てくれるのですが、まだ入ってくれません。
日本ミツバチ(家)
ウィンク一度だけ入りかけたことがありましたが、女王バチがいなかったのか駄目でした。

西洋ミツバチ巣箱
西洋ミツバチ巣箱 posted by (C)ドクターT
ウィンク克君は西洋ミツバチが飼っています。
蜂蜜をもらう
蜂蜜をもらう posted by (C)ドクターT
ウィンク蜂蜜が採れると分けてくれます。
DSCN2430
DSCN2430 posted by ​(C)ドクターT
ウィンク養蜂はほとんどが西洋ミツバチで行われていて、日本ミツバチの蜂蜜は量も採れませんが、3倍くらい高く売られています。いつか日本ミツバチを飼ってやろうと思っているのですが、・・・。​






最終更新日  2019年09月09日 07時45分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月08日
テーマ:蝶好きっ♪(2365)
カテゴリ:昆虫
クールツシマウラボシシジミは9年前の8月31日、上対馬の松原自然公園の奥の林道で見て写真を撮りましたが、その後何回行っても会えません。今では東京と兵庫と長崎で棲息域外継代飼育が行われていますが、やはり自然状態での観察がしたいと言うことで今回も対馬へ行きました。
ヌスビトハギ(対馬) (2)
ヌスビトハギ(対馬) (2) posted by (C)ドクターT
しょんぼり食草は対馬に自生するヌスビトハギです。でも鹿の食害で自然状態ではほとんど見られません。シイタケ栽培のために鹿が入らないように囲ってある林床にわずかに見られるだけです。シイタケは対馬の名産でよいドンコは結構よい値がついています。でもシイタケの原木は3年くらいで駄目になるので、終わったところは放置されて鹿が入り込んで食べてしまいます。絶えず新しい場所を探してツシマウラボシシジミも移動しているのでしょう。10か所以上見て回りようやくヌスビトハギが生えている林床を見つけました。
ヌスビトハギ(対馬) (1)
ヌスビトハギ(対馬) (1) posted by (C)ドクターT
しょんぼりここでもツシマウラボシシジミは飛んでいませんでしたが、少し古い食痕がついているヌスビトハギがありました。ここではもう発生した後なのか、今蛹の時期なのか判りませんが、いることは間違いないと確信しました。後はタイミングの問題でしょう。
ヌスビトハギ(家)
ヌスビトハギ(家) posted by (C)ドクターT
ウィンクところで、家の裏庭にはヌスビトハギが蔓延って困っています。対馬のヌスビトハギとは葉の形が違って外来種だと思いますが、・・・。
ヌスビトハギ(対馬) (5)
ヌスビトハギ(対馬) (5) posted by (C)ドクターT
ウィンクヌスビトハギは種が衣服にくっつくいわゆるくっつき虫ですが、その名の由来は牧野富太郎博士によれば、盗人が抜き足差し足で歩く時に着く足跡に種の形が似ているからだそうです。
ツシマウラボシシジミ
ツシマウラボシシジミ posted by (C)ドクターT
ウィンクこれが9年前に松原自然公園の奥で撮った写真です。
ツシマウラボシシジミ♂
ツシマウラボシシジミ♂ posted by (C)ドクターT
ウィンクこの時には♂も♀も2~3頭が飛んでいました。






最終更新日  2019年09月08日 08時02分47秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:蝶好きっ♪(2365)
カテゴリ:昆虫
クロツバメシジミ(対馬) (5)
クロツバメシジミ(対馬) (5) posted by (C)ドクターT
ウィンク対馬に棲息するクロツバメシジミは南と北で食草が違います。南端の豆酘崎では多肉植物でもタイトゴメと言う植物を食草としています。タイトゴメ食いのクロツは九州北部にも分布しています。
クロツバメシジミ(上対馬町豊) (1)
クロツバメシジミ(上対馬町豊) (1) posted by (C)ドクターT
ウィンクそれに対して、北端の辺りでは潮をかぶりそうな海岸の崖にもツメレンゲが着いていて、ツメレンゲを食草とするクロツが飛んでいます。今回の対馬旅行ではその両方を見ることが出来ました。​






最終更新日  2019年09月08日 07時28分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月07日
テーマ:蝶好きっ♪(2365)
カテゴリ:昆虫
ANA3831(スターフライヤー)
ANA3831(スターフライヤー) posted by (C)ドクターT
クール昨日は台風の近づいている対馬を目指してセントレアを飛び立ちました。
対馬空港
対馬空港 posted by (C)ドクターT
ウィンク福岡で乗り継いで、対馬までは無事着きました。
アカハラダカ観察地
アカハラダカ観察地 posted by (C)ドクターT
クール昨日は対馬の南の方を攻めてみました。そろそろ渡りの時期なので最初内山峠へ行って見ました。1時間ほど見ていましたが、アカハラダカは観察出来ませんでした。
豆酘崎
豆酘崎 posted by (C)ドクターT
ウィンク鮎戻し公園を経て、最南端の豆酘崎へ行きました。
クロツバメシジミ(豆酘崎)
クロツバメシジミ(豆酘崎) posted by (C)ドクターT
ウィンクタイトゴメ食いのクロツバメシジミは飛んでました。
美女塚 (1)
美女塚 (1) posted by (C)ドクターT
ウィンク泊は美女塚近くの美女塚山荘です。
クロマダラソテツシジミ♂(美女塚山荘)
クロマダラソテツシジミ♂(美女塚山荘) posted by (C)ドクターT
ウィンク着いたら、昼休みで誰も出てこないので、庭を見ていたら、クロマダラソテツシジミがたくさん飛んでいました。
ウィンク韓国からの旅行客が減って、対馬はガラガラです。明日は北の方を攻めてみます。​






最終更新日  2019年09月07日 05時17分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月04日
テーマ:蜂(33)
カテゴリ:昆虫
オオセイボウ♀アクリル埋め込み標本 (2)
オオセイボウ♀アクリル埋め込み標本 (2) posted by (C)ドクターT
クールこの前、静岡県の長島ダム記念館へ行った時に見たアクリル埋め込み標本を参考にしてオオセイボウとオミナエシのエポキシ樹脂埋め込み標本を作製して見ました。出来るだけ自然の状態を再現したいので、オミナエシを乾燥標本として、オオセイボウも乾燥してから埋め込みました。
オオセイボウ♀アクリル埋め込み標本 (1)
オオセイボウ♀アクリル埋め込み標本 (1) posted by (C)ドクターT
ぽっまず、色の再現性はよかったです。やはり思った通り構造色で色のついているオオセイボウ、タマムシ、ハンミョウ、オオセンチコガネ、アオカナブンなどは元の色が忠実に出るようです。普通の標本だと後の管理(虫やカビから守る)が面倒ですが、この形にすれば何百年でも何もせずに保存可能だと思われます。しょんぼりただ色々とテクニック上の問題点があることも解りました。主剤と硬化剤の2液を混合して液体のうちに標本を埋め込むのですが、標本は浮かんでくる(紙のラベルは逆に沈む)ので、よい位置に固定するのが難しいこと、細かい気泡を除くテクニックがいることなど解決しなければいけないことがいくつかあります。​






最終更新日  2019年09月04日 16時29分52秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:蝶好きっ♪(2365)
カテゴリ:昆虫






最終更新日  2019年09月04日 13時23分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月01日
テーマ:蜂(33)
カテゴリ:昆虫
オオセイボウ(東三河ふるさと公園) (2)
オオセイボウ(東三河ふるさと公園) (2) posted by (C)ドクターT
ウィンク毎年この時期、東三河ふるさと公園へオオセイボウを探しに行きます。山野草園にはオミナエシが咲いていて、色々な蜂が集まっています。オオセイボウはトックリバチなど他の蜂に寄生する蜂ですから蜂が集まるところにはいてもおかしくありません。今年も来ていました。日本の蜂の中では一番綺麗な蜂だと思います。
ルリモンハナバチ(東三河ふるさと公園)
ルリモンハナバチ(東三河ふるさと公園) posted by (C)ドクターT
ウィンク公園入口の花壇では三尺バーベナにルリモンハナバチも来ていました。​






最終更新日  2019年09月01日 18時12分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月28日
テーマ:蝶好きっ♪(2365)
カテゴリ:昆虫
長島ダムにて
長島ダムにて posted by (C)ドクターT
ウィンク先日、静岡の長島ダムを見学に行った時のことです。長島ダムふれあい館にその付近で見られる昆虫のアクリル埋め込み標本が展示してありました。蝶・トンボ・セミ・バッタ・蜂・蟻・蜘蛛まで様々な種類がアクリル樹脂に埋め込んであり、手に取って裏側も見ることが出来るようになっていました。この標本の良い点は一度作ってしまえば、標本の管理が楽であること(虫がつくこともなく、経年変化もない)、透明度が高く外から細部まで観察出来ること、手に取って裏表見ることが出来ることなどいろいろありますが、問題点もあります。色が作る際に自然な色から変化してしまうことです。アオカナブンがありますが、このような構造色で色が着いているものはよいようですが、蝶の鱗粉のようなもので色が着いているものは作る時に色が変化してしまい、元の色が出ないことがあります。以前私もフジミドリシジミ♂の綺麗な標本をエポキシレジン(2液性レジン)の材料を東急ハンズで買って来て埋め込んだことがありますが、綺麗な青緑がくすんだ色に変化してしまいがっかりしたことがあります。ここにもモンシロチョウの埋め込み標本がありますが、黒白だけの蝶はあまり変化しないのでよいようですが、他の蝶の標本がないのはそういう問題点があるからだと思います。トンボは普通の標本でも色が経年変化しますので、かえってよいかも知れません。​






最終更新日  2019年08月28日 05時08分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月26日
カテゴリ:昆虫
ハッチョウトンボ♂(豊田市) (8)
ハッチョウトンボ♂(豊田市) (8) posted by (C)ドクターT
ウィンク久し振りに、豊田の湿地へハッチョウトンボとシラタマホシクサのコラボレーションを撮影に行きました。最初は見えませんが眼が慣れて来るとたくさんのハッチョウトンボが飛んでました。ハッチョウトンボは本州・四国・九州各地で5月中旬~8月中旬まで見ることが出来ます。
ハッチョウトンボ♂(豊田市) (3)
ハッチョウトンボ♂(豊田市) (3) posted by (C)ドクターT
ウィンクもう一方のシラタマホシクサはと言うと、東海地方の一部地域の湿地で8月下旬~10月に白い金平糖のような花が咲く湿地植物です。従って、そのコラボが見られるのは東海地方の一部地域で8月中下旬に限られると言うことになります。
ハッチョウトンボ交尾(豊田市) (4)
ハッチョウトンボ交尾(豊田市) (4) posted by (C)ドクターT
びっくり交尾しているペアもいました。このコラボレーションが撮れるのもあとわずかです。見たい方は、豊田深見湿地、大高緑地、阿久比町の板山湿地、常滑の大谷湿地などへ急いで下さい。​






最終更新日  2019年08月26日 05時52分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月25日
テーマ:蝶好きっ♪(2365)
カテゴリ:昆虫
長嶋ダムにて (10)
長嶋ダムにて (10) posted by (C)ドクターT
ウィンク今日はうちのクラブの夏期家族旅行で静岡県の長嶋ダムへ行って来ました。もちろん私はただの観光旅行ではありません。
アプト式鉄道 (2)
アプト式鉄道 (2) posted by (C)ドクターT
ウィンクバスで行きましたが、千頭駅から日本で唯一のアプト式鉄道の残る井川線に乗って奥大井湖上駅まで行きました。
アカボシゴマダラ((千頭駅) (4)
アカボシゴマダラ((千頭駅) (4) posted by (C)ドクターT
びっくり千頭駅まで戻って音戯の里の前のクサギに集まる蝶を見ていたら、・・・。最初はアサギマダラかと思っていましたがそうではありません。これは15年ほど前から関東に定着したと言われるアカボシゴマダラ(中国亜種)ですね。こんなところまで拡がっていたとは、・・・。愛知県まで来るのも時間の問題ですね。​






最終更新日  2019年08月25日 21時08分22秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2766件 (2766件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

フリーページ

日本の蝶(267種)


アゲハチョウ科(22種)


1.ギフチョウ☆


2.ヒメギフチョウ


3.ウスバシロチョウ☆


4.ヒメウスバシロチョウ☆


5.ウスバキチョウ


6.クロアゲハ☆


7.ナガサキアゲハ☆


8.モンキアゲハ☆


9.オナガアゲハ☆


10.ジャコウアゲハ☆


11.シロオビアゲハ☆


12.ベニモンアゲハ☆


13.アゲハ☆


14.キアゲハ☆


15.カラスアゲハ☆


16.ミヤマカラスアゲハ☆


17.オキナワカラスアゲハ☆


18.ヤエヤマカラスアゲハ☆


19.アオスジアゲハ☆


20.ミカドアゲハ☆


21.ホソオチョウ☆


22.オナシアゲハ☆


シロチョウ科(28種)


23.ヒメシロチョウ☆


24.エゾヒメシロチョウ☆


25.キタキチョウ☆


26.ツマグロキチョウ☆


27.ミナミキチョウ☆


28.タイワンキチョウ☆


29.ホシボシキチョウ☆(T_T)/~~~


30.ヤマキチョウ


31.スジボソヤマキチョウ☆


32.モンキチョウ☆


33.ミヤマモンキチョウ☆


34.ウスキシロチョウ☆


35.ウラナミシロチョウ


36.ツマキチョウ☆


37.クモマツマキチョウ☆


38.ツマベニチョウ☆


39.タイワンシロチョウ


40.ナミエシロチョウ☆


41.カワカミシロチョウ


42.モンシロチョウ☆


43.スジグロシロチョウ☆


44.ヤマトスジグロシロチョウ☆


45.エゾスジグロチョウ☆


46.タイワンモンシロチョウ☆


47.オオモンシロチョウ☆


48.エゾシロチョウ☆


49.ミヤマシロチョウ


50.クロテンシロチョウ☆


シジミチョウ科(79種)


51.ウラギンシジミ☆


52.ゴイシシジミ☆


53.シロモンクロシジミ☆


54.ムラサキシジミ☆


55.ムラサキツバメ☆


56.ルーミスシジミ☆


57.ウラゴマダラシジミ☆


58.ウラキンシジミ☆


59.チョウセンアカシジミ☆


60.オナガシジミ☆


61.ウスイロオナガシジミ☆


62.ミズイロオナガシジミ☆


63.ウラミスジシジミ☆


64.アカシジミ☆


65.カシワアカシジミ☆


66.ウラナミアカシジミ☆


67.ムモンアカシジミ☆


68.アイノミドリシジミ☆


69.メスアカミドリシジミ☆


70.ミドリシジミ☆


71.クロミドリシジミ☆


72.ヒサマツミドリシジミ☆


73.キリシマミドリシジミ☆


74.オオミドリシジミ☆


75.ジョウザンミドリシジミ☆


76.エゾミドリシジミ☆


77.ハヤシミドリシジミ☆


78.ヒロオビミドリシジミ☆


79.ウラジロミドリシジミ☆


80.フジミドリシジミ☆


81.ウラクロシジミ☆


82.イワカワシジミ☆


83.トラフシジミ☆


84.カラスシジミ☆


85.ミヤマカラスシジミ☆


86.ベニモンカラスシジミ☆


87.リンゴシジミ☆


88.コツバメ☆


89.キマダラルリツバメ☆


90.ベニシジミ☆


91.クロシジミ☆


92.ウラナミシジミ☆


93.オジロシジミ


94.アマミウラナミシジミ☆


95.ルリウラナミシジミ


96.ヒメウラナミシジミ


97.マルバネウラナミシジミ(T_T)/~~~


98.シロウラナミシジミ☆


99.ウスアオオナガウラナミシジミ


100.ヤマトシジミ☆


101.シルビアシジミ☆


102.ヒメシルビアシジミ☆


103.ハマヤマトシジミ☆


104.ホリイコシジミ☆


105.オガサワラシジミ


106.ルリシジミ☆


107.スギタニルリシジミ☆


108.ヤクシマルリシジミ☆


109.サツマシジミ☆


110.タイワンクロボシシジミ☆


111.ヒメウラボシシジミ(T_T)/~~~


112.ツシマウラボシシジミ


113.リュウキュウウラボシシジミ☆


114.ツバメシジミ☆


115.タイワンツバメシジミ


116.クロツバメシジミ☆


117.ムシャクロツバメシジミ☆


118.ゴイシツバメシジミ


119.ゴマシジミ☆


120.オオゴマシジミ


121.カバイロシジミ☆


122.オオルリシジミ


123.ジョウザンシジミ☆


124.カラフトルリシジミ


125.ヒメシジミ☆


126.ミヤマシジミ☆


127.アサマシジミ☆


128.クロマダラソテツシジミ☆


129.タイワンヒメシジミ☆


タテハチョウ科(101種)


130.テングチョウ☆


131.アサギマダラ☆


132.タイワンアサギマダラ


133.ヒメアサギマダラ☆


134.リュウキュウアサギマダラ☆


135.ウスコモンマダラ


136.ミナミコモンマダラ(T_T)/~~~


137.カバマダラ☆


138.スジグロカバマダラ☆


139.ツマムラサキマダラ☆


140.マルバネルリマダラ☆


141.シロオビマダラ(T_T)/~~~


142.オオゴマダラ☆


143.ホソバヒョウモン☆


144.カラフトヒョウモン☆


145.ヒョウモンチョウ☆


146.コヒョウモン


147.アサヒヒョウモン


148.クモガタヒョウモン


149.ミドリヒョウモン☆


150.メスグロヒョウモン☆


151.ウラギンスジヒョウモン☆


152.オオウラギンスジヒョウモン☆


153.ギンボシヒョウモン☆


154.ウラギンヒョウモン☆


155.オオウラギンヒョウモン


156.ツマグロヒョウモン☆


157.ウラベニヒョウモン(T_T)/~~~


158.タイワンキマダラ☆


159.カバタテハ


160.オオイチモンジ☆


161.イチモンジチョウ☆


162.アサマイチモンジ☆


163.ヤエヤマイチモンジ☆


164.シロミスジ☆


165.コミスジ☆


166.ホシミスジ☆


167.ミスジチョウ☆


168.オオミスジ☆


169.フタスジチョウ☆


170.リュウキュウミスジ☆


171.イシガケチョウ☆


172.ヒョウモンモドキ☆


173.コヒョウモンモドキ☆


174.ウスイロヒョウモンモドキ


175.サカハチチョウ☆


176.アカマダラ


177.キタテハ☆


178.シータテハ☆


179.ヒオドシチョウ☆


180.エルタテハ☆


181.キベリタテハ


182.ルリタテハ☆


183.クジャクチョウ☆


184.コヒオドシ☆


185.アカタテハ☆


186.ヒメアカタテハ☆


187.キミスジ☆


188.イワサキタテハモドキ☆


189.タテハモドキ☆


190.アオタテハモドキ☆


191.コノハチョウ☆


192.イワサキコノハ(T_T)/~~~


193.リュウキュウムラサキ☆


194.メスアカムラサキ☆


195.ヤエヤマムラサキ☆


196.スミナガシ☆


197.コムラサキ☆


198.オオムラサキ☆


199.ゴマダラチョウ☆


200.アカボシゴマダラ☆


201.フタオチョウ


202.ジャノメチョウ☆


203.キマダラモドキ☆


204.オオヒカゲ☆


205.ツマジロウラジャノメ☆


206.ウラジャノメ☆


207.ヒカゲチョウ☆


208.クロヒカゲ☆


209.クロヒカゲモドキ☆


210.シロオビヒカゲ☆


211.サトキマダラヒカゲ☆


212.ヤマキマダラヒカゲ☆


213.ヒメキマダラヒカゲ☆


214.リュウキュウヒメジャノメ☆


215.ヒメジャノメ☆


216.コジャノメ☆


217.クロコノマチョウ☆


218.ウスイロコノマチョウ☆


219.ヒメヒカゲ☆


220.シロオビヒメヒカゲ☆


221.ベニヒカゲ☆


222.クモマベニヒカゲ


223.タカネヒカゲ


224.ダイセツタカネヒカゲ


225.ヒメウラナミジャノメ☆


226.ウラナミジャノメ☆


227.マサキウラナミジャノメ☆


228.ヤエヤマウラナミジャノメ


229.リュウキュウウラナミジャノメ☆


230.ルソンアサギマダラ☆


セセリチョウ科(37種)


231.キバネセセリ☆


232.オキナワビロウドセセリ☆


233.テツイロビロウドセセリ


234.アオバセセリ☆


235.タイワンアオバセセリ☆


236.ダイミョウセセリ☆


237.コウトウシロシタセセリ☆


238.チャマダラセセリ☆


239.ヒメチャマダラセセリ


240.ミヤマセセリ☆


241.ギンイチモンジセセリ☆


242.タカネキマダラセセリ


243.カラフトタカネキマダラセセリ


244.ホソバセセリ☆


245.ホシチャバネセセリ


246.クロセセリ☆


247.オオシロモンセセリ☆


248.クロボシセセリ☆


249.コチャバネセセリ☆


250.ヒメキマダラセセリ☆


251.コキマダラセセリ☆


252.アカセセリ☆


253.キマダラセセリ☆


254.アサヒナキマダラセセリ


255.ネッタイアカセセリ☆


256.スジグロチャバネセセリ


257.ヘリグロチャバネセセリ


258.ユウレイセセリ☆


259.ヒメイチモンジセセリ


260.イチモンジセセリ☆


261.オオチャバネセセリ☆


262.ミヤマチャバネセセリ


263.チャバネセセリ☆


264.トガリチャバネセセリ


265.オガサワラセセリ


266.バナナセセリ☆


267.カラフトセセリ☆


Nature Watching Race


エッセー


師匠からの贈り物


束の間の夢


ある少女の死と飼い犬の家出


ジャコウアゲハのミーちゃん


トライアスロン


崩れた安全神話


大会中の事故と自己管理


大会中の事故と自己管理(英文)


トライアスロン事故史から見たルールの変遷


泳げる人の溺死


コメント新着

 ドクターT9323@ Re[1]:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 花水木さんへ ●そうですね。今年は何処も…
 花水木@ Re:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 初物おめでとうございます。 今年の富士…
 カワセミ@ Re:監察医ドクターTの事件簿14─ヘリウムガス自殺(08/22) 袋に頭を入れて2呼吸で脳に酸素が供給さ…
 T女房@ Re:赤にする?緑にする?─それ、今でなきゃ駄目~?( ^)o(^ )(08/12) まだ、失敗作の方が多いのに本はいくらな…

お気に入りブログ

ナガバノコウヤボウ… New! しろうと自然科学者さん

モデル用のナスを買… New! kororin912さん

カップル誕生 ミヤ… New! MIYA KOUTAさん

カワセミが見られた New! mogurax000さん

標高を上げてみたけど New! きのこのキコさん

昨夜は同窓会でバン… New! 楽天星no1さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


ドクターT9323

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.