5757297 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Try! Nature Watching! (since 2006.8.14)

全8件 (8件中 1-8件目)

1

果実酒

2017年09月17日
XML
テーマ:山菜(299)
カテゴリ:果実酒

ヤマブドウ(浪合村)(加工)
ヤマブドウ(浪合村)(加工) posted by (C)ドクターT

クールこの前マツタケ山へ行く途中に見つけたヤマブドウですが、・・・。 

ヤマブドウ果実酒 (2)
ヤマブドウ果実酒 (2) posted by (C)ドクターT

ウィンク久し振りに果実酒に漬けることにしました。 

ヤマブドウ果実酒 (1)
ヤマブドウ果実酒 (1) posted by (C)ドクターT

ウィンク35度のホワイトリカーに洗ったヤマブドウの粒と氷砂糖をぶち込むだけです。 

ヤマブドウ果実酒
ヤマブドウ果実酒 posted by (C)ドクターT

ウィンク一日目で少し色が出て来ました。約2週間くらいで綺麗なピンク色の果実酒が出来上がります。最近はビール、焼酎がほとんどで果実酒造りは久し振りですが、果実酒の中ではヤマブドウが最高だと思います。 







最終更新日  2017年09月17日 12時50分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月02日
カテゴリ:果実酒

ウィンク今日は午前中休みを取って、伊良湖岬へ。もちろんサシバの渡りを見るためです。3日間雨で今日は天気がよくなったので、きっとたくさん渡って行くに違いない。丁度今頃がピークになるはずです。

DSCN2947

びっくり6時前に恋路ケ浜の駐車場に着きました。もう20台くらい車が停まっていた。みんな双眼鏡や大きな望遠付きカメラを持った人たちばかりでした。

DSC_9485

びっくり川崎ナンバーの車もいました。

DSC_9489

ウィンクこの方たちは、双眼鏡で見ながら、渡る鳥の数をカウントしていました。

DSC_8989

びっくり鷹柱も何本も立ちましたよ。

しょんぼり鳥の写真もたくさん撮りましたが、あまり多くて、整理がすぐにできないので、後回しにして、他のものから載せますね。

DSCN2940

びっくり遊歩道を歩いていてエビヅルがたくさん生っているのを見つけてしまった。ヤマブドウよりも葉も実も小さいが美味しい。

DSCN2966

ぺろり採ってきて果実酒に漬けます。







最終更新日  2008年10月02日 18時53分21秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年11月13日
カテゴリ:果実酒

ぺろり私は酒を飲むのも好きですが、果実酒造りも好きです。山で採ってきたものを35度の焼酎に漬けていろいろな果実酒を造って楽しんでいます。ウメ、ユスラウメ、ヤマモモ、ビワ、サクランボ、リンゴ、カリン、イチジク、キンカン、ヤマブドウ、イヌビワなど、薬用酒ではマタタビ、ツルニンジン、アロエなどが造ってあります。とても一人では飲みきれませんからあちこちの店に持っていったり、御利益会に持っていって皆で飲んだりしています。

ウィンク今日は日曜日に長谷村で久し振りに大漁だったヤマブドウのその後についてお話します。

DSC00654.JPG

ぺろり少し干しブドウ状態のものもありますが、約4kgくらい採れました。

ぺろりこれをまず、洗いながら粒だけはずします。

DSC00655.JPG

ぺろり1時間くらいかかりました。

DSC00666.JPG

ウィンクそれを金ザルで潰して、汁だけ集めます。

DSC00667.JPG

ぺろりさらに、さらしの布巾に潰したヤマブドウを入れて絞ります。

DSC00668.JPG

ぽっ水は全く加えずに、約1Lのヤマブドウ液が出来ました。絞り滓は勿体無いので、袋のまま焼酎に漬けて果実酒も造ります。

ウィンクブドウ液の方にはグラニュー糖を約300g加えました(加糖)。

DSC00669.JPG

ぽっこのままでも皮についている天然酵母で発酵しますが、雑菌が繁殖する前に確実にアルコール発酵させるために、私はドライイーストを加えています。

DSC00674.JPG

びっくり室温に置いて1日経つと、発酵が始まり、泡(炭酸ガス)が出てきます。ガスが抜けるように蓋をゆるくしておきます。

DSC00675.JPG

ぽっぶくぶく、ぶくぶく、酵母はアルコールを造るのが仕事で生きています。あとは1週間後くらいから、漉すあるいは上澄みを取るのを繰り返すだけです。

ぽっ葡萄にはポリフェノールの1種が含まれており、最近の研究で寿命の長さを左右する遺伝子を活性化させる働きがあることが判り、長寿と抗肥満に効果があるそうです。

ぽっこれが長谷村の山奥で採ってきた私の不老長寿の薬!2週間くらいで完成して世界でただひとつのボジョレー・ヌーヴォーを楽しみます。

 

 







最終更新日  2007年11月13日 16時25分06秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年10月12日
カテゴリ:果実酒

ぽっ昨日は子供の国で花梨をいただいてきました。広い園内にいろいろな樹が植えてあります。花梨も5本ほど周遊道路の端の方に植わっていて、いつも誰も採らないので、最後は黄色くなって落ちて腐るだけです。今年は昨年よりたくさん実がついている。DSC00242.JPG

ぺろりSさんと二人で行ってこれぐらいづついただいてきました。洗って、2~3日置いておきます。そしてぶつ切りにして、35度の焼酎に漬けます。好みで氷砂糖を入れます。余ったら、ぶつ切りにしたものをトイレや玄関に置いておくとよい香りがします。

DSC00245.JPG

ぺろり右の瓶は昨年漬けたものです。

DSC00227.JPG

ぽっ他に、カノコユリの出るところに白の彼岸花もありました。

DSC00233.JPG

ぽっコムラサキも綺麗に色づいていました。

DSC00244.JPG

ウィンク帰りに別の場所ですが、この前(1ヶ月以上前)ツルウメモドキを採ったのと同じ樹からまた採ってきました。前回のが左側です。やはり、今回の方が赤い。やはり採る時期によって色が変るようです。今が採りごろです。

しょんぼり77777のキリ番は誰がとったんだろう。朝まだだったんですが、昼見たらもう50以上オーバーしていて、誰がとったのか判らない。もし、楽天のブログをしている方で当たった方は自己申告でメールを下さい。記念品を贈ります。

ぺろり今日の夜はライオンズの蒲郡クラブとの合同例会が竹島ホテルでありました。

DSC_7024.JPG

ぺろり例会終了後は例によって懇親会です。

DSC_7031.JPG

ぽっこういう方たちも来て、芸を披露してくれました。

DSC_7035.JPG

ぺろり私はというとギャル曽根状態です。なくなるとbokeabさんからご馳走が回ってきます。ギャル曽根は飲まないけれど、私はその上に飲みまくります。明日は山へ行ってカロリーを消費しなくては、・・・。







最終更新日  2007年10月12日 22時04分33秒
コメント(16) | コメントを書く
2006年12月03日
カテゴリ:果実酒

スマイル今日は、病院は休みだが、殆ど全員に召集がかかった。1月から新しく電子カルテのシステムが入る。今日はその1回目のリハーサル。8人ほど模擬患者を用意して、実際に外来診療を新しい電子カルテで練習する。

DSC03178.JPG

ぽっ私の可愛い弟子、3年目のピンクハート滝川先生が模擬患者役の看護婦さんを診察して点滴の指示と次回の予約をしているところ。ほとんどPCの画面を見ていて、患者さんを診ている余裕がない。右側にちょっと見えるのが、古いオーダリングシステムのPCだ。1月1日から正式にスタートする。最初は時間がかかって大変だ。

ぺろり午前中にリハーサルは終わって、夕方のトライアスロン協会の忘年会までヒマが出来た。

ぺろりそこで、この前採ってきて干しておいたマートルの実を果実酒に漬けるのと、マートルの挿し木を鉢に植え替えるのをした。

DSC03179.JPG

ぺろり乾燥して干し葡萄状態になったマートルの実を35度焼酎と氷砂糖で漬けた。

DSC02868.JPG

ぺろりこれが採る前の画像。

ギンバイカ2.JPG

ぽっこれが実になる前の花の画像。

DSC03180.JPG

ぺろり6月に挿し木をしておいたのがどうやら着いている。これを、果樹、花木、苗木用の培養土で鉢に移した。寒くなってきたので、家の中に仕舞えるように、ケースに入れた。

DSC03181.JPG

ぽっこれが、今日の完成図、4本着いていた。パッションフルーツも中へ入れた。

 







最終更新日  2006年12月03日 02時49分40秒
コメント(12) | コメントを書く
2006年11月04日
カテゴリ:果実酒

ぺろり昨日、素子さん手書きハートが花梨を沢山送ってくれた。

DSC02469.JPG

ぽっ素子さんは、前の前の院長(名誉院長)だった龍哉先生の娘さん、龍哉先生は外科の大先輩で、私の前に蒲郡の警察医をして見えた。競艇と将棋が好きだった。干し柿作りが上手で冬にいつも病院へ持ってきてくれた。退職してから好きな競艇場の医務室に勤めて見えたが、7年ほど前に脳出血で倒れられた。一命を取り留めたが、嚥下障害と構語障害が残り、気管切開をして経管栄養の状態で自宅へ戻られた。

ぽっほぼ、ベット上の生活で、素子さんが殆ど一人で世話をしていた。奥さんもいたが、奥さんも少し認知症が始まっていた。私もときどき、龍哉先生の様子を伺いにお邪魔した。お宅に花梨の樹があり、沢山実がなっていた。その頃から、毎年いただくようになった。

しょんぼり3年前に龍哉先生が亡くなり、奥さんも後を追うように亡くなった。その後あまり、お宅へお邪魔する理由がなくなってしまったが、今年も花梨がたくさんなったからと送ってくれた。

ぺろりこの前、公園で拾った花梨で一瓶果実酒を漬けたが、折角いただいたものを無駄にはできない。というわけで、果実酒と花梨シロップをつくることにした。それには、瓶を空けなければというわけで、春に漬けた梅酒とユスラウメ酒をペットボトルに移して、空いた瓶で作ることにした。

ぺろり梅酒を漬けた梅はもったいないので、煮てつぶして種を取り、砂糖を入れてジャムにした。

DSC02477.JPG

ぽっこれが、昨日の完成図。また作りすぎと言って女房が怒るかも知れない。

ぽっというわけで、玉突き産物はこちら。

DSC02478.JPG

 

 

 







最終更新日  2006年11月04日 05時08分59秒
コメント(18) | コメントを書く
2006年10月26日
カテゴリ:果実酒

ぽっ今日は大きな声では言えませんが密造酒の造り方です。

スマイル昨日の果実酒の話はアルコールは35度の焼酎を買ってきて、使いますのでアルコールを造ってはいません。

スマイルアルコールができるのは発酵という化学変化です。

ぽっアルコール発酵とは酵母菌が糖分を分解しエチルアルコール(エタノール)と二酸化炭素を発生させることによりエネルギーを得る呼吸です。これを嫌(無)気呼吸という。少し難しく書くと
CH12O → 2CHOH +2CO
(グルコース(ぶどう糖)→ エチルアルコール + 二酸化炭素)
という事になる。これがアルコール発酵と呼ばれる反応です。

ぺろりこの化学反応を触媒するのが酵母菌、というか酵母菌が生きていくために行う呼吸のようなものです。

ぺろりすなわち、単糖類や二糖類と酵母を酸素のない環境に置いておくと、勝手に酵母がアルコールを造ってくれるのです。その時に炭酸ガスが発生します。密封したビンだと炭酸ガスで圧が高くなります。ビールに炭酸ガスが出来るのも同じ理由からです。

ぺろり酵母はアルコールの濃度が高くなり、十数%になると、自然に活動を停止します。ですから自然の発酵でできるアルコール濃度はそれが最高です。それ以上アルコール濃度を上げるには蒸留しなければなりません。

ぽっワインというのが、果実の糖を酵母で発酵させてつくるものをさします。

ぽっ日本酒のように、米の澱粉(多糖類)を原料として発酵させるには、酵母だけではなく、まず多糖類を単糖類・二糖類まで分解してくれる麹菌が必要になります。すなわち、日本酒は二段階発酵と言われます。

ぽっそこで、今日は簡単なワインの造り方です。

スマイルまず、元になる果実をつぶして、どろどろの状態にします。糖が発酵するので、甘みが足りない場合は加糖といって、砂糖をたしてやります。

ぺろり次に、果実の皮などに天然の酵母がついていることが多いので、そのまま置いておいても発酵しますが、雑菌が繁殖する前に確実に発酵させるためにドライ・イーストを少し加えます。

ぺろりそれを、ビンに入れて、蓋をゆるくして(炭酸ガスが抜けるように)室温に置いておくだけです。1~2日で炭酸ガスの泡がぶくぶくと出てきます。

ぽっ2週間くらいで、アルコールの濃度が上がってくると自然に発酵が停止し、泡の出が少なくなります。後はこれを何度も漉すだけです。むべ4.JPG

ぺろりムベで造ってみました。

むべワイン.JPG

ぺろり泡がぶくぶく出ています。隣はヤマブドウのワイン。なかなか量造るにはたくさん果実が必要です。原則として、果汁だけで、水は加えません。今までムベ、アケビ、キンカン、ヤマブドウで造りましたが、最高に美味しいのはヤマブドウ。

ヤマブドウ.JPG

しょんぼりなかなか、ワインにするほどのヤマブドウが採れることはないので、造るのは2~3年に1回くらいでしょうか?

ワイン1.JPG

ぽっこれは一昨年の豊作時に造ったヤマブドウワイン、5kgくらい採ってきて、出来たのはこの2本でした。それはそれは美味しいワインでした。ヤマブドウワインのレシピはフリーページに載せました。







最終更新日  2006年10月26日 04時59分57秒
コメント(20) | コメントを書く
2006年10月25日
カテゴリ:果実酒

ぺろり今日は安い酒を美味しくする方法について、書きましょう。

ぺろり最近は焼酎ブームです。いろいろな材料で造られる。昔は、芋、麦、米くらいしかなかったが、最近ではそれ以外の材料からも造られている。この前、世界食品博覧会かなにかで、アルコール部門の金賞を日本の胡麻焼酎が獲ったというニュースがあった。

ぺろり一昔前には日本酒ブーム、地ビールブームがあり、超人気銘柄だとなかなか手に入らず、1升10,000円を超すものもある。確かに美味しい酒はあるが、庶民には手が出ない。

ぺろり昔から安い酒を美味しくする方法として、フグのヒレ酒、岩魚の骨酒という飲み方がある。安い酒でも、香りがついて美味しく飲めるという方法である。

ぽっもっと、簡単に出来るのが果実酒である。山でいろいろな果実を採ってきて、35度の焼酎(1升1280円)につける。氷砂糖(1kg448円)を好みにより混ぜる。果実を洗って乾かして、そのまま(大きなものは切って)つけるだけで、3ヶ月くらいすると、果実の色と香りが移って、美味しいお酒に変身する。

DSC02305.JPG

ぽっこの前、子供の国でカリンの実をもらってきた。公園の遊歩道にカリンの樹があり、誰も採らないので、落ちて腐るだけだ。傷んでいるものもあるが、よいところだけ使えばよい。

DSC02306.JPG

ぽっいろいろな果実酒を漬けている。定番のウメをはじめとして、ヤマモモ、ヤマブドウ、ユスラウメ、ビワ、イヌビワ、イチジク、カリン、マタタビ、アロエ、カラスサンショウ、キンカン・・・など。出来上がると、ペットボトルに移して、ラベルを作って貼る。

ぽっお奨めはやはり、ヤマブドウ、カリン、ヤマモモというところかな?

びっくりこんなに誰が飲むの!と女房に怒られる。







最終更新日  2006年10月25日 06時36分10秒
コメント(22) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

フリーページ

日本の蝶(267種)


アゲハチョウ科(22種)


1.ギフチョウ☆


2.ヒメギフチョウ


3.ウスバシロチョウ☆


4.ヒメウスバシロチョウ☆


5.ウスバキチョウ


6.クロアゲハ☆


7.ナガサキアゲハ☆


8.モンキアゲハ☆


9.オナガアゲハ☆


10.ジャコウアゲハ☆


11.シロオビアゲハ☆


12.ベニモンアゲハ☆


13.アゲハ☆


14.キアゲハ☆


15.カラスアゲハ☆


16.ミヤマカラスアゲハ☆


17.オキナワカラスアゲハ☆


18.ヤエヤマカラスアゲハ☆


19.アオスジアゲハ☆


20.ミカドアゲハ☆


21.ホソオチョウ☆


22.オナシアゲハ☆


シロチョウ科(28種)


23.ヒメシロチョウ☆


24.エゾヒメシロチョウ☆


25.キタキチョウ☆


26.ツマグロキチョウ☆


27.ミナミキチョウ☆


28.タイワンキチョウ☆


29.ホシボシキチョウ☆(T_T)/~~~


30.ヤマキチョウ


31.スジボソヤマキチョウ☆


32.モンキチョウ☆


33.ミヤマモンキチョウ☆


34.ウスキシロチョウ☆


35.ウラナミシロチョウ


36.ツマキチョウ☆


37.クモマツマキチョウ☆


38.ツマベニチョウ☆


39.タイワンシロチョウ


40.ナミエシロチョウ☆


41.カワカミシロチョウ


42.モンシロチョウ☆


43.スジグロシロチョウ☆


44.ヤマトスジグロシロチョウ☆


45.エゾスジグロチョウ☆


46.タイワンモンシロチョウ☆


47.オオモンシロチョウ☆


48.エゾシロチョウ☆


49.ミヤマシロチョウ


50.クロテンシロチョウ☆


シジミチョウ科(79種)


51.ウラギンシジミ☆


52.ゴイシシジミ☆


53.シロモンクロシジミ☆


54.ムラサキシジミ☆


55.ムラサキツバメ☆


56.ルーミスシジミ☆


57.ウラゴマダラシジミ☆


58.ウラキンシジミ☆


59.チョウセンアカシジミ☆


60.オナガシジミ☆


61.ウスイロオナガシジミ☆


62.ミズイロオナガシジミ☆


63.ウラミスジシジミ☆


64.アカシジミ☆


65.カシワアカシジミ☆


66.ウラナミアカシジミ☆


67.ムモンアカシジミ☆


68.アイノミドリシジミ☆


69.メスアカミドリシジミ☆


70.ミドリシジミ☆


71.クロミドリシジミ☆


72.ヒサマツミドリシジミ☆


73.キリシマミドリシジミ☆


74.オオミドリシジミ☆


75.ジョウザンミドリシジミ☆


76.エゾミドリシジミ☆


77.ハヤシミドリシジミ☆


78.ヒロオビミドリシジミ☆


79.ウラジロミドリシジミ☆


80.フジミドリシジミ☆


81.ウラクロシジミ☆


82.イワカワシジミ☆


83.トラフシジミ☆


84.カラスシジミ☆


85.ミヤマカラスシジミ☆


86.ベニモンカラスシジミ☆


87.リンゴシジミ☆


88.コツバメ☆


89.キマダラルリツバメ☆


90.ベニシジミ☆


91.クロシジミ☆


92.ウラナミシジミ☆


93.オジロシジミ


94.アマミウラナミシジミ☆


95.ルリウラナミシジミ


96.ヒメウラナミシジミ


97.マルバネウラナミシジミ(T_T)/~~~


98.シロウラナミシジミ☆


99.ウスアオオナガウラナミシジミ


100.ヤマトシジミ☆


101.シルビアシジミ☆


102.ヒメシルビアシジミ☆


103.ハマヤマトシジミ☆


104.ホリイコシジミ☆


105.オガサワラシジミ


106.ルリシジミ☆


107.スギタニルリシジミ☆


108.ヤクシマルリシジミ☆


109.サツマシジミ☆


110.タイワンクロボシシジミ☆


111.ヒメウラボシシジミ(T_T)/~~~


112.ツシマウラボシシジミ


113.リュウキュウウラボシシジミ☆


114.ツバメシジミ☆


115.タイワンツバメシジミ


116.クロツバメシジミ☆


117.ムシャクロツバメシジミ☆


118.ゴイシツバメシジミ


119.ゴマシジミ☆


120.オオゴマシジミ


121.カバイロシジミ☆


122.オオルリシジミ


123.ジョウザンシジミ☆


124.カラフトルリシジミ


125.ヒメシジミ☆


126.ミヤマシジミ☆


127.アサマシジミ☆


128.クロマダラソテツシジミ☆


129.タイワンヒメシジミ☆


タテハチョウ科(101種)


130.テングチョウ☆


131.アサギマダラ☆


132.タイワンアサギマダラ


133.ヒメアサギマダラ☆


134.リュウキュウアサギマダラ☆


135.ウスコモンマダラ


136.ミナミコモンマダラ(T_T)/~~~


137.カバマダラ☆


138.スジグロカバマダラ☆


139.ツマムラサキマダラ☆


140.マルバネルリマダラ☆


141.シロオビマダラ(T_T)/~~~


142.オオゴマダラ☆


143.ホソバヒョウモン☆


144.カラフトヒョウモン☆


145.ヒョウモンチョウ☆


146.コヒョウモン


147.アサヒヒョウモン


148.クモガタヒョウモン


149.ミドリヒョウモン☆


150.メスグロヒョウモン☆


151.ウラギンスジヒョウモン☆


152.オオウラギンスジヒョウモン☆


153.ギンボシヒョウモン☆


154.ウラギンヒョウモン☆


155.オオウラギンヒョウモン


156.ツマグロヒョウモン☆


157.ウラベニヒョウモン(T_T)/~~~


158.タイワンキマダラ☆


159.カバタテハ


160.オオイチモンジ☆


161.イチモンジチョウ☆


162.アサマイチモンジ☆


163.ヤエヤマイチモンジ☆


164.シロミスジ☆


165.コミスジ☆


166.ホシミスジ☆


167.ミスジチョウ☆


168.オオミスジ☆


169.フタスジチョウ☆


170.リュウキュウミスジ☆


171.イシガケチョウ☆


172.ヒョウモンモドキ☆


173.コヒョウモンモドキ☆


174.ウスイロヒョウモンモドキ


175.サカハチチョウ☆


176.アカマダラ


177.キタテハ☆


178.シータテハ☆


179.ヒオドシチョウ☆


180.エルタテハ☆


181.キベリタテハ


182.ルリタテハ☆


183.クジャクチョウ☆


184.コヒオドシ☆


185.アカタテハ☆


186.ヒメアカタテハ☆


187.キミスジ☆


188.イワサキタテハモドキ☆


189.タテハモドキ☆


190.アオタテハモドキ☆


191.コノハチョウ☆


192.イワサキコノハ(T_T)/~~~


193.リュウキュウムラサキ☆


194.メスアカムラサキ☆


195.ヤエヤマムラサキ☆


196.スミナガシ☆


197.コムラサキ☆


198.オオムラサキ☆


199.ゴマダラチョウ☆


200.アカボシゴマダラ☆


201.フタオチョウ


202.ジャノメチョウ☆


203.キマダラモドキ☆


204.オオヒカゲ☆


205.ツマジロウラジャノメ☆


206.ウラジャノメ☆


207.ヒカゲチョウ☆


208.クロヒカゲ☆


209.クロヒカゲモドキ☆


210.シロオビヒカゲ☆


211.サトキマダラヒカゲ☆


212.ヤマキマダラヒカゲ☆


213.ヒメキマダラヒカゲ☆


214.リュウキュウヒメジャノメ☆


215.ヒメジャノメ☆


216.コジャノメ☆


217.クロコノマチョウ☆


218.ウスイロコノマチョウ☆


219.ヒメヒカゲ☆


220.シロオビヒメヒカゲ☆


221.ベニヒカゲ☆


222.クモマベニヒカゲ


223.タカネヒカゲ


224.ダイセツタカネヒカゲ


225.ヒメウラナミジャノメ☆


226.ウラナミジャノメ☆


227.マサキウラナミジャノメ☆


228.ヤエヤマウラナミジャノメ


229.リュウキュウウラナミジャノメ☆


230.ルソンアサギマダラ☆


セセリチョウ科(37種)


231.キバネセセリ☆


232.オキナワビロウドセセリ☆


233.テツイロビロウドセセリ


234.アオバセセリ☆


235.タイワンアオバセセリ☆


236.ダイミョウセセリ☆


237.コウトウシロシタセセリ☆


238.チャマダラセセリ☆


239.ヒメチャマダラセセリ


240.ミヤマセセリ☆


241.ギンイチモンジセセリ☆


242.タカネキマダラセセリ


243.カラフトタカネキマダラセセリ


244.ホソバセセリ☆


245.ホシチャバネセセリ


246.クロセセリ☆


247.オオシロモンセセリ☆


248.クロボシセセリ☆


249.コチャバネセセリ☆


250.ヒメキマダラセセリ☆


251.コキマダラセセリ☆


252.アカセセリ☆


253.キマダラセセリ☆


254.アサヒナキマダラセセリ


255.ネッタイアカセセリ☆


256.スジグロチャバネセセリ


257.ヘリグロチャバネセセリ


258.ユウレイセセリ☆


259.ヒメイチモンジセセリ


260.イチモンジセセリ☆


261.オオチャバネセセリ☆


262.ミヤマチャバネセセリ


263.チャバネセセリ☆


264.トガリチャバネセセリ


265.オガサワラセセリ


266.バナナセセリ☆


267.カラフトセセリ☆


Nature Watching Race


エッセー


師匠からの贈り物


束の間の夢


ある少女の死と飼い犬の家出


ジャコウアゲハのミーちゃん


トライアスロン


崩れた安全神話


大会中の事故と自己管理


大会中の事故と自己管理(英文)


トライアスロン事故史から見たルールの変遷


泳げる人の溺死


コメント新着

 ドクターT9323@ Re[1]:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 花水木さんへ ●そうですね。今年は何処も…
 花水木@ Re:シーズン開幕( ^)o(^ )(09/14) 初物おめでとうございます。 今年の富士…
 カワセミ@ Re:監察医ドクターTの事件簿14─ヘリウムガス自殺(08/22) 袋に頭を入れて2呼吸で脳に酸素が供給さ…
 T女房@ Re:赤にする?緑にする?─それ、今でなきゃ駄目~?( ^)o(^ )(08/12) まだ、失敗作の方が多いのに本はいくらな…

お気に入りブログ

朝から雨です New! mogurax000さん

モンゴル最西端アル… New! 隠居人はせじぃさん

ナガバノコウヤボウ… New! しろうと自然科学者さん

モデル用のナスを買… kororin912さん

カップル誕生 ミヤ… MIYA KOUTAさん

標高を上げてみたけど きのこのキコさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


ドクターT9323

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.