794925 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

シーフがメインですが何か?

PR

Favorite Blog

フルバージョン ネトゲ中毒さん

いつまでも ちぃvVさん
☆★ロマ村通信★☆ ☆ちゃら☆0101さん
呑み屋おじじ だいぶつ6882さん
四つ葉日記2 すがやん93さん

Recent Posts

Freepage List

2020.01.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
では、続きです。

このブログを開始したのは2011年1月でした。
アリーナ実装直後は全然勝てなかったマツキヨですが、2011年1月~2月の記事を見ると他鯖のランカーGとの対戦で良い勝負をしています。
過疎っていたマツキヨに、他ギルドから援軍が続々と駆け付けて来たからです。
最大で4PT満くらいの人数にまで膨れ上がっていましたが、赤鯖の”ももの花”との対戦で完敗してから風向きが変わります。

この対戦は、従来の通話なしコル天使なしの原始的な戦い方と、通話有でコル天により回避コル有という近代的な戦法との差を思い知る機会となりました。
敗れたとはいえマツキヨ側も歴戦の強者揃いだったので、通話なしでも何となくタゲを合わせて倒す寸前まではいくのです。
しかし、寸前で相手のコルが入り全く得点に結び付きません。
逆に相手側からの攻撃は、裏切りにしっかり合わせて瞬殺していくスタイルでした。
またタゲ合わせも的確で、裏が入っていなくても倒されていました。
誰を狙うか通話でしっかり決めていたのだと思います。
今のGvでは、通話しながら戦うのは当たり前なのですが、当時はまだそのスタイルは浸透していませんでした。

このももの花との対戦以降、今度は他G(主に月下美人)に移籍する人が続出しマツキヨがまた過疎っていきます。
自分は、シーフと弓を転生させて無転のWIZでしばらくGvをやっていました。(もちろんマツキヨでですよ)
しかし2011年7月には、マツキヨはGv休止となります。
ここからしばらく、私はGvをやらずに秘密でレベルを上げるだけのライトプレーヤーになりますw
2012年の9月までGvをやらずにのんびりレベル上げをしていたようですね。
(過去記事を見て確認しながら書いています)

2012年~2013年は、装備が全然揃っていない状態でGvに出ていたので、所属ギルドに迷惑を掛けていたのではないかと思います。
2013年辺りには、緑鯖にもT力比指が普及し始めるのですが、私は鏡キャラも少なくお金もあまり持っていなかったので、力比指を必要数手に入れるのにかなり苦労したのを覚えています。

この時期で一番記憶に残っていることは、☆君という花☆(以下、君花)というギルドで楽しく遊んでいたことです。
君花もアリーナでGvをやっていたのですが、この時期からGvは無制限腕斬りゲーになっていきます。
TRS指が普及したことによって、腕斬りは持続時間が長くなったのにクールタイムなしで使いたい放題という恐ろしいスキルになっていました。
相手の霊術数が多いと、Gv時間のほぼ全てが腕斬り状態で攻撃できないというしょうもない状況だったのです。
君花でもGvを組んでも攻撃することが出来なくてつまらないから、もうGvを組むのを止めようということになりましたが、結局そのままRSを辞めてしまう人が続出しました。(最終的に、君花は私を除いて全員がRSから消えました)
今思い出しても、正気の沙汰ではないスキル性能でしたが、2014年6月までクールタイムが付くこともなく猛威を振るい続けていくことになります。
バランスの悪いスキルを修正するのが遅いと、運営も開発も自分たちが不利益を被ると理解していないのは今も変わっていませんからねぇ。

ふう・・長くなったので、続きはまた次回の記事で書きます。






Last updated  2020.01.15 10:00:07

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.