1194208 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

シーフがメインですが何か?

PR

Profile


雷神の弓

Favorite Blog

まともなテレビ番組… ネトゲ中毒さん

ネトゲの記録 ロンファさん
シーフによるシーフ… ふぁらうぇい@B鯖さん
いつまでも ちぃvVさん
☆★ロマ村通信★☆ ☆ちゃら☆0101さん

Recent Posts

Freepage List

2022.01.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​運と敏捷・命中率の関係について簡略化して、なるべく分かりやすく話していこうと思います。
長文になりますが、興味のある方は頑張って読んでみてください。


1、運、敏捷・命中率がどのように関係しているかについて
まず、運勝ち・運負けの定義ですが、運負けの補正を最大で受け始める運差は800差説と1000差説があります。
これについては、私が過去に参考にした文献では1000差説を採用していたので、今回は運差は1000で補正が最大になる、という前提で話を進めていきます。

運の差がたったの1000で運補正MAXになると聞いて「たったの1000でそれはおかしいだろ!」って思う方が大勢いらっしゃるかと思います。
しかし、この仕様はRSが始まったときに設定されたものなので、RS開始当初はちゃんと機能していました。
当時、キャラのレベルは低かった(Lv300は高レベル、Lv400は神)ですし、T運比指なんて存在していませんでした。
青金の増幅・青金の再構成はないし、神秘鏡も抽出もありませんでした。
(なんなら異次元BOXも最初は存在していませんでした)
運装備の大半が運比1/3のシングルだったので、相手との運差を1000にするのは大変だったのです。

現在ではステータス1000なんてものは誤差の範囲ですが、この基本仕様はRS開始当初からずっと変わっていません。
その為、運というステータスの特性上、その振り方が非常に難しくなっているのです。

では、本題に入ります。
まず言葉の定義ですが、
 運勝ち(相手より運+1000↑)
 運負け(相手より運-1000↓)
として話を進めていきます。

★運勝ち側のメリット
・自分の物理攻撃がほぼ全段命中
・相手の物理攻撃を最低でも27.5%回避
・オーガが必ずダブクリ(白の4倍)になる

★運負け側のデメリット
・自分の物理攻撃が最大でも72.5%しか当たらなくなる
・相手の攻撃を一切回避できなくなる
・オーガがダブクリせずクリティカル(白の2倍)に降格する

運勝ち側と運負け側で、このような差異が生まれます。
物理同士のタイマンに限って言えば、運で負けた時点でほぼ勝ち目はなくなります。

次に、敏捷と命中率がどのように作用するかについて説明します。
敏捷と命中率については、運ほどの圧倒的な効果はありませんが、運勝ち側と運負け側の格差がさらに開くかどうかに関与してきます。

★運勝ち側の敏捷の効果
相手の敏捷との比率差が高くなればなるほど回避率がUPしていきます。
(敏捷は数値の差ではなくて、相手の何倍であるかで補正が掛かります)
敏捷差があまりないときは27.5%の回避率ですが、運負け側の敏捷が低く命中率も積んでいなければ、回避率が100に近づいていきます。
ちなみに、運勝ち側の攻撃は全段命中するので、命中率OPは無意味です。

★運負け側の敏捷と命中率の役割
運負け側の敏捷が相手より低いと攻撃のミスが増えていきます。
相手との敏捷差(比率差)が大きくなればなるほど攻撃がミスになるのですが、命中率OPでそれを軽減することができます。
具体的な数式は省略しますが、運負け側の敏捷が低いときに命中率はその敏捷差を埋める役割を果たすのです。
(数式を省略というか参考にしていたブログが消えてしまったので、もはや数式は分かりません)


以前、私がタイマンのPVPをやっていた頃に、私にほとんど攻撃が当たらないという経験をした物理の方が何人かいらっしゃると思います。
あれは運を2万↑にして、さらに敏捷を8000くらいにしていました。
運勝ち+敏捷勝ちの状況を意図的に作ることで、同レベル帯の物理火力を相手にしても80%↑の回避率にすることも可能でした。
ただし、敏捷を上げるという行為はステを分散させ運負けを誘発する可能性があるので、非常にリスキーなのです。
また、運負け+敏捷負けをした側が命中率をガン積みしていたら、敏捷を上げる意味はなくなってしまいますしね。
(命中率の効果が発揮される上限は50%程度らしいので、ガン積みといっても50%くらいでOKですよ)


​2、物理で運負けするとどうなるのか?について​
相手に運負けしたときに、具体的にどれくらい不利になるのかについて話していこうと思います。

まず前提として、運では負けているが敏捷差はほぼなく、運勝ち側の回避率は最低の27.5%であることにして話を進めていきます。

”全段命中+オーガがダブクリする”
というMAX火力の状態から、

”27.5%ミスが出る+オーガはクリ止まり”
という状態に陥るとどれくらい与ダメが減るのか計算してみました。

ざっとの簡単な計算の結果ですが、

運負け側の総合的な与ダメは半分

になってしまいます。
運を本気で上げているのに運で負けた場合、100%負け確定です。
中途半端に運を上げている場合も同様に負け確定かなと思います。
運というステータスは、せっかく上げていても運負けする相手に対しては”死にステ”になるからです。
(あくまでもタイマンに限定しての話です)

Gv・攻城では全員に運負けするわけではないので、運を振る意味はあります。

運を完全に捨てていて、表記ダメや防御を上げている場合は、勝てる可能性が若干あると思います。
計算上では、相手の表記ダメの2倍以上の表記ダメがあって、相手よりも防御が↑であれば運負けしていても勝てる可能性はあります。(双方のオーガの出方次第かな~)
表記が相手の2倍なければ勝てる可能性は薄いので、運を捨てる場合は徹底的に捨てて表記を上げないといけません。

物理同士の戦いで運負けすると上記のような感じになるので、運負けした場合の対処法を教えますね!

運負けした相手とは1対1で戦うな!!!

です。
相手より強いとか弱いとかじゃなくて、運をどれくらい振るかのチキンレースに負けただけって感じなんですよね。

攻城とかPVPにおいては表記制限がないので、運も表記ダメも自由に決められます。
”物理にタイマンで絶対に負けないマン”になるのか、
”知識職絶対に殺すマン”になるのか、どちらかしか選べません。

自分的には、やっぱり知識職が脅威なので、攻城では対知識用の装備で出る方がいいかなと思っています。(運低目、力多目です)

ふう~簡略化して書くと最初に言いましたが、かなりの長文になってしまいましたね^^;
最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。
また、次回の更新でお会いしましょう!






Last updated  2022.01.04 12:51:12



© Rakuten Group, Inc.