941076 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

題未亭

ナイジェル・マンセル

MENU
2005モータスポーツ開催カレンダー
世界で戦う日本人ドライバー 
佐藤琢磨F1全成績
記憶に残るドライバー達
モータースポーツ用語解説
レースの開催国紹介
各種レースの記録
当たれ!キャンペーン情報
キリバン
Shopping
モータースポーツ関連ショップご紹介
DVD/VIDEO
佐藤琢磨コレクション
シューマッハ・コレクション
A.セナ・コレクション
HONDAコレクション
TOYOTA・コレクション
フェラーリ・コレクション
フェラーリ・カー・コレクション
BARコレクション
WRCコレクション
ル・マン24コレクション

楽天ブックストップページ

ナイジェル・マンセル(Nigel Mansell )

本   名 
ナイジェル・アーネスト・マンセル
通   称
大英帝国の息子  荒法師  レッドファイブ(ウィリアムズ在籍時)  マンちゃん
生年月日
1955年8月8日
主な記録(F1)
1992年 F1ワールドチャンピオン
出走 187回 (歴代 10位)
優勝  31回 (歴代 4位)
PP   32回 (歴代 5位)
FL   30回 (歴代 3位)
獲得ポイント 482点 (歴代5位)

1993年 CARTチャンピオン
F1での主な戦績
1980年

ロータス81B・フォード    (第10,11,12戦に参戦)
決勝最高位  リタイア
予選最高位  16位
シリーズ    --位

◆ロータスの3台目のマシンのドライバーとして第10戦オーストリアGPでデビュー。しかも、コクピット内にもれた燃料で大やけどを負いながらの必死でたえてのデビュー戦だった。

1981年

ロータス81B・フォード    87・フォード  
決勝最高位  3位
予選最高位  3位  
シリーズ   14位(8P)

◆81年からフル参戦。チームメイトはE.デ・アンジェリス。
第5戦ベルギーGPでは初めての3位表彰台を獲得。第6戦モナコGPでは予選3位を獲得。最終戦のアメリカGP(ラスベガス)では4位にはいるなど、ドライバーのテクニックが重要なレースでは良いところをみせる。

1982年

ロータス91・フォード  
決勝最高位  3位
予選最高位  7位 
シリーズ   14位(7P)

◆前年同様ロータスのNo.2体制。第2戦ブラジルGPでは3位に入賞するも、厳しいシーズン。

1983年

ロータス92・フォード(第1~8戦)  ロータス94T/ルノー(第9~15戦)  
決勝最高位  3位
予選最高位  3位
FL        1回
シリーズ   12位(10P)

◆前半は苦戦が続くも、エンジンを載せ替えた中盤以降マシンの戦闘力は若干上向く。第14戦ヨーロッパGPでは3位入賞。この時、初めてのFLを記録する。

1984年

ロータス95T・ルノー  
決勝最高位   3位
PP        1回
シリーズ     9位(13P)

◆第9戦アメリカGP(ダラス)で初のPP獲得。しかし決勝はゴール直前にガス欠でストップ。しかしマンセルはマシンから降りると、自らの力でマシンを押してゴールを目指した。(結果は6位)
シーズン全般にはこれまで同様、チームメイトに遅れをとり、リタイアも多かった。第13戦オランダGPでは、またも3位入賞。

1985年

ウィリアムズFW10・ホンダ  
優勝     2回
PP      1回
FL      1回
シリーズ   6位(31P)

◆セナにロータスのシートを奪われる形でウィリアムズに移籍。チームメイトは元チャンピオンのケケ・ロズベルグであり、またもNo.2ドライバーとしての加入だった。
しかし、
シリーズ終盤にはホンダエンジンが競争力を増し、マンセルも一気に上昇気流に乗る。
第14戦ヨーロッパGP(イギリス・ブランズハッチ)で予選3位から初優勝。ロズベルグを従えての地元での優勝に、イギリスのファンから歓喜の祝福を受ける。続く南アフリカGPでは初のポール・トゥ・ウインを決める。

1986年

ウィリアムズFW11・ホンダ  
優勝    5回 
PP     2回
FL     4回
シリーズ  2位(72P)

◆マシンの戦闘力も向上し、堂々のチャンピオン争いを繰り広げる。ウイリアムズ・ホンダのマンセルと、ネルソン・ピケ、そしてマクラーレンのプロストの3つどもえのチャンピオン争い。最終戦前の時点で5勝、2位2回、3位2回と成績を残したマンセルがランキング1位をキープしていた。しかし、最終戦オーストラリアGPでまさかのタイヤバーストでリタイア。大逆転でアラン・プロストが優勝しタイトル獲得に失敗する。

1987年

ウィリアムズFW11B・ホンダ  
優勝    6回 
PP      8回
FL      3回
シリーズ  2位(61P)

◆チームメイトのピケとの一騎打ちとなったシーズン。6勝を挙げながらランキング2位のマンセルは日本GP以降に逆転の望みをかける。しかしマンセルは予選中に鈴鹿サーキットのS字でクラッシュ。決勝に出走することが出来ず、ピケが3度目のチャンピオンを獲得。マンセルは2度目のチャンピオン獲得のチャンスを逃す。

1988年

ウィリアムズFW12・ジャッド  
決勝最高位  2位
予選最高位  2位
FL        1回
シリーズ    9位(12P)

◆ホンダエンジンを失い非力なジャッドエンジンで戦う。2位2回を記録し意地を見せるが 残りは全てリタイアというあたりがマンセルらしい。
また、地元での第9戦イギリスGPで、FLを記録しているところに非力なマシンで戦わざるをえなかったマンセルの意地が見える。

1989年

フェラーリ640  
優勝       2回 
予選最高位  3位
FL        3回
シリーズ    4位(38P)

◆フェラーリに移籍。チームメイトはG.ベルガー。
第1戦目のブラジルGPでいきなり優勝し、イタリアの期待を大いに集めた。しかし、その後はマシンの信頼性に泣かされリタイアが続く。そんななか第10戦ハンガリーGPでは予選12番手からスタートし、オーバーテイクの難しいコースにも関わらず上位に進出、
セナの一瞬のミスを突き逆転、優勝した。
しかし13戦目のポルトガルGPではピットロードを逆送し黒旗を提示されたがこれを無視して走り続け、トップ走行中のセナとクラッシュするという問題も起こした 。黒旗無視に対するペナルティとして翌戦の出場停止処分も受けた。

1990年

フェラーリ 641
優勝    1回  
PP     3回
FL      3回
シリーズ   5位(37P)

◆チームメイトにプロストが加入。フェラーリは次第にプロストを中心に回り始める。第8戦イギリスGPをリタイアで終えた後には突然引退宣言。、
一方、13戦ポルトガルGPのスタートでセナとタイトル争いをしていたチームメイトのプロストに幅寄せし、自身は優勝をしプロストのタイトル争いの邪魔をするというマンセルらしい行動も見られた。

1991年

ウィリアムズFW14・ルノー 
優勝      5回  
PP       2回
FL       6回
シリーズ    2位(72P)

◆引退宣言を撤回しウイリアムズへ復帰。チームメイトはR.パトレーゼ。
この年のウイリアムズ・ルノーFW14は戦闘力が非常に高く、マンセルは快走する。
しかし、第5戦カナダGPではトップを快走していながら、最終ラップで観客に手を振っていて誤ってキルスイッチを押してリタイアするという大チョンボをしてしまう(結果は6位)。このカナダのミスは結果として終盤のマンセルに大きくのしかかってくる。
その後は3連勝を含む5勝をあげ、セナとタイトル争いを演じるが、第15戦日本GPで、マンセルは1コーナーでスピン・リタイアして万事休す。
86年、87年に続いて3度もタイトルを逃したマンセルは「無冠の帝王」と呼ばれる事になる。

1992年

ウィリアムズ・ルノー 
優勝     9回
PP     14回
FL      8回
シリーズ   1位(108P)
  ワールドチャンピオン

◆ウイリアムズは、リアクティブ・サスペンション、トラクション・コントロール・システム等のハイテクを熟成。ウィリアムズ・ルノーFW14Bは「アナザー・プラネット」と呼ばれるほどの速さを見せる。
マンセルは開幕から5戦連続ポール・トゥ・ウインを飾り、ライバルは同じマシンを駆るチームメイト、リカルド・パトレーゼだけであった。
しかも、前年は予選では遅れをとることがおおかったR.パトレーゼをこの年は圧倒する。

第6戦モナコGPもトップを走っていたが、後輪に異常を感じて緊急ピットイン。この間にトップに浮上したセナと、歴史に残るバトル(注1)を繰り広げる。意地と技術を込めたバトルにマンセルは2位となるが、勝ったセナを称える仕草を見せるマンセルは男らしかった。
その後も3連勝を飾り、第11戦ハンガリーGPで初タイトルを獲得。無冠の帝王を返上する。その後も当時の年間最多勝記録である9勝を挙げた。
しかし翌年のシート争いには敗れる形となり、イタリアGPでは2度目の引退宣言。
翌年はインディカーに戦いの場を移した。

1993年
CART参戦
優勝   5回
PP    7回
シリーズ 1位(191P) 
シリーズチャンピオン

◆ニューマン・ハース・チームからアメリカのCARTシリーズに参戦。
初戦でいきなり優勝するという活躍。F1チャンピオンの実力を発揮する。しかし第2戦ではクラッシュ死、オーバルレースの洗礼を受ける。しかし、その後も予想外の適応をし、オーバルコースでも4勝をあげるなど大活躍をし、1年目でタイトルを獲得した。
1994年

CART参戦
決勝最高位 2位
PP  3回
シリーズ 8位(88P) 

F1 参戦 (4戦)
ウィリアムズFW16B・ルノー  (第7戦、第14~16戦のみ参戦) 
優勝  1回 
PP   1回
シリーズ 9位(13P)

◆CARTに参戦していたマンセルだが、イモラでアイルトン・セナが亡くなり、スター不在となったF1を救うべくCARTと日程の重ならないフランスGPとラスト3戦を古巣のウイリアムズで走ることとなった。大雨の日本GPではジャン・アレジとのテール・トゥ・ノーズの大バトルを130Rで演じマンセル健在を示す。最終戦オーストラリアGPではポル・ツゥ・ウインで優勝。

1995年

マクラーレン・メルセデス  (第3,4戦のみ参戦)
決勝最高位    位
予選最高位    位
シリーズ       位

◆マクラーレンのレギュラーとして本格復帰かと思われたが、マシンが体型に合わずドライブできないとして1,2戦を欠場。3,4戦は参戦したが結局その後途中降板。そのまま引退となった。

2005年

GPマスターズ
11月13日 予選1位 決勝 1位

◆レッド5がサーキットに帰ってきた。F1で顕著な活躍をしたドライバー達が南アフリカ、キャラミに集結。マンセルは予選でPPを獲得すると、決勝でもエマーソン・フィッティバルディの追撃を振り切り見事に優勝。
「われわれはこんな素晴らしいマシンとレースとを与えてくれたスコット・ポールター(『GPマスターズ』代表)に大いに感謝しなくっちゃね」上機嫌で話すレース後のマンセル。レッド5は健在だった。

ナイジェル・マンセルのF1全成績はこちらをご覧下さい (F1 Data Web)

(注1)1992年のモナコGPに関しては「hypergdatm」氏のサイトに詳しく掲載されています

ナイジェル・マンセルの記憶

マンセルを一言で表すならば、「闘志」だろうか。

幾多のレースシーンを通して、数々の不運にも見舞われたが、決してあきらめることなく戦い続けた姿は多くのファンに感動を与え、イギリスでは「大英帝国の息子」として国民的な人気を誇り、イタリアでも「ライオン」としてティフォシから支持を得た。
また、ファンに男性の比率が多かったのも大きな特徴かも知れない。
日本でも、舘内端(たてうち・ただし)氏が「マンちゃん」と呼びチャンピオン獲得を祈願して東京から鈴鹿まで歩くなど、ファンの期待は大きいものが有った。

私がマンセルを最初に意識したのは、鈴鹿の予選でクラッシュした瞬間だった。
この年、ウィリアムズ・ホンダでチームメイトのネルソン・ピケとチャンピオン争いをしていたマンセルは、大事な予選でクラッシュ、そのまま決勝も出走を断念し、2度目のチャンピオン獲得のチャンスを逃がした。このクラッシュ後マシンから救出されるシーンはTV画面を通しても、事故による身体の苦痛と共に、チャンピオンを逃がしてしまった、精神的な苦しみが伝わってくるものだった。(後で知ったことですが、前年も不運でチャンピオンを逃がしているのですから、当然でしょうね。)

フェラーリに移籍後、初めてセミ・オートマチック搭載のマシンで優勝するなど、マシンに対する対応力は非常に高かったと言える。チャンピオンを獲得したウィリアムズ・ルノーではリ・アクティブサスペンションなどを搭載するハイテクマシンにいち早く対応、チームメイトのパトレーゼよりも常に前を走り続けた。

マンセルには、一言で言い表せない様々な逸話が残っている。
ロータスの初期にはシートにガソリンが漏れてきて、やけどを負いながら走り抜いた。
ラスト1周でガス欠で止まってしまったマシンをマシンから降りて押してゴールラインまで運んだ。
チャンピオンをかけた最終戦で、獲得は確実と思われた瞬間にタイヤがバーストしてリタイア。86年)(
ピットインの際、ピットを通りすぎてしまい、バックギアを使ったしまい、失格。しかもその後黒旗を無視して走り続け、トップのセナと接触。(89年)
トップを独走、勝ちを確信し観客に手を振りながら最終ラップを走っていたら、誤ってキル・スイッチを押してしまい、エンジンが止まってリタイア。(91年)
F1現役チャンピオンとして、初めてアメリカのCARTに参戦。初戦で勝ったと思ったら、そのままチャンピオンも獲得。
CART参戦中、マンセルの後釜として勝ちを重ねるプロストに対して「あのマシンなら猿が乗っても勝てる」と発言(自分が去年まで乗っていたマシンなのに。)
などなど

闘志あふれる走りをしたかと思えば、自らのミスのためにレースを失ったり、3度もチャンピオンのチャンスを失ったり、どこか憎めないキャラクターがマンセルであり、セナやプロストというライバルを得て、その存在は非常に楽しいものだった。
その個性は際だっていて、現在のようにビッグビジネスの中、このような個性を持ったドライバーは少なくなってしまったのが残念に思う。

また、結果として3度の引退宣言をしたことも特徴。
引退を宣言しながら、その都度復帰するマンセルのに対して、FIAは一度引退宣言をしたら復帰できない、などとする規約まで設けざるを得なかった。その為、後のハッキネンなども「休養」宣言をしている。

余談ではあるが、マンセルは沖縄空手の有段者でもあり、シーズンオフに来日することもあった。引退後、マンセルの自宅に強盗が入ったことが会ったが、彼は空手で戦ったんだろうか?

関連サイト F1 名勝負編(92年 モナコ) http://plaza.rakuten.co.jp/hypergdatm/015001

1980年 F1 世界選手権総集編 Formula one 1980 / DVD1980年代の総集編DVD
マンセルをはじめ、セナ、プロスト、ピケら個性豊かなドライバー達の闘いを再び

 DVD F1世界選手権 90年代総集編 マンセル念願のタイトル獲得。セナの死。シューマッハの台頭。1990年代のF1  EXOTO 1/18 ウイリアムズ FW14B (No.5/1992) N.マンセル 名車FW14B、マンセルが念願のタイトルを獲得したマシン。
レッド5がまぶしいです。
 F1 レジェンド ドライバーズアイズ '89-'90  DVDF1レジェンド ドライバーズアイズ '91-'92  フェラーリ F189 後期型 (ポルトガルGP仕様)
     



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.