970641 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

題未亭

PR

Freepage List

◆モータースポーツ関連ショップ ご紹介


モータースポーツ関連の本・BOOK


佐藤琢磨コレクション


フェラーリ・コレクション


フェラーリ・カー・コレクション


シューマッハー・コレクション


アイルトン・.セナ・コレクション


TOYOTAコレクション


WRCコレクション


HONDAコレクション


BARコレクション


特集/ お家でX'masイルミネーション


ル・マン24時間コレクション


ルノーF1&アロンソ コレクション


DVD・VIDEO


スーパーアグリF1 コレクション


F1レジェンド(DVD)シリーズ


中嶋一貴(Nakazima Kazuki)


◆レース開催予定


2004 WRC カレンダー


2004 F-NIPPON カレンダー


2004JGTCカレンダー


2004全日本F3カレンダー


2004 ワールドシリーズbyニッサン


2004 IRL カレンダー


2004その他の海外レース


2004F1開催予定


2005総合カレンダー(暫定)


2005F1カレンダー&エントリーリスト


2005WRC開催カレンダー&エントリーリスト


◆がんばれニッポン


佐藤琢磨F1全成績


佐藤琢磨


松浦孝亮


ロジャー安川


新井敏弘


奴田原文雄


下田隼成


井原慶子


高木虎之介


福田良


◆☆当たれ☆ キャンペーン情報


2周年感謝企画!


◆記憶に残るドライバーたち


片山右京


アイルトン・セナ


ナイジェル・マンセル


ジャン・アレジ


ミカ・ハッキネン


ゲルハルト・ベルガー


ミハエル・シューマッハー


アラン・プロスト


◆モータースポーツ基本用語解説


あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


や行


ら行


わ行


A-Z その他


◆モータースポーツ開催国紹介


キプロス共和国


モナコ公国(モナコGP優勝者一覧付き)


サンマリノ共和国


ギリシャ共和国


ベルギー王国


フィンランド


◆各種記録の部屋


INDY500優勝者一覧(1)


INDY500優勝者一覧(2)


F1モナコGP優勝者一覧


F1最遅優勝記録


F1チャンピオン一覧


F-NIPPON他チャンピオン一覧


全日本F3チャンピオン一覧


日本のF1レース(1)1976~1989


日本のF1レース(2) 1990~1993


日本のF1レース(3)


日本のF1レース(4)


日本のF1レース(5)


ル・マン24時間レース優勝者一覧


ドライバー誕生日一覧


写真館メニュー


2004桜中継(徳島県)


写真館1(2004/3~)


◆このサイトの歴史(更新履歴)


キリバンありがとう


情報色々


お松大権現


光マンダラX'mas


test


画像招き猫社殿


Category

Comments

キャビン85@ Re[1]:金環日食に備えて(04/28) マダム4117さん >でも、生きてる間、…
マダム4117@ Re:金環日食に備えて(04/28) こんにちわ~! 金環食、いよいよです…
マダム4117@ Re:金環日食に備えて(04/28) こんにちわ~! 金環食、いよいよです…
キャビン85@ Re[1]:バーレーンGP 決勝(04/23) マダム4117さん 本当にお久しぶりです …
マダム4117@ Re:バーレーンGP 決勝(04/23) (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪ 何か、、お久しぶ…

Favorite Blog

昼間は晴れ。 New! HABANDさん

詐欺メール! セナ太郎 X2さん

CAR&WRESTLER thom7gashimaさん
佐藤琢磨応援日記 リーヤ♪さん
車愛イズム!? 音速あいるとんさん
トンちゃんのラジオ&… とんとんトン吉です!さん
SC57(CBR1000RR)/DC2… まぁSC57さん

Free Space

設定されていません。
2007年10月25日
XML
カテゴリ:F1

F1エンジンが2008年から完全凍結されることが発表されました。
今年認められていたエンジンの一部の開発も禁止となり、「完全凍結」ということらしいです。

この決定の目的は、エンジン開発にかかる費用を削減することにあるようですが、自動車メーカーとしては納得できる物では無いでしょう。
というよりも、このような状況下で自動車メーカーがワークス参戦する目的とはいったい何を見出すことができるのでしょうか。
イメージの向上以外のメリットとは・・?

かっての自動車メーカーのF1との関わり方はエンジン供給が主でした。高性能なエンジンを開発し勝利することで、自社の技術力をアピールする。それこそが自動車メーカーの目的であったといえるでしょう。
豊富な資金と人材を投入し開発を続けるメーカーに対して、ジャッド、ハート、そしてコスワースらのエンジンビルダーは競争力を欠き、自動車メーカーエンジンを搭載することなく勝利を望むことは難しくなり、結果、小規模エンジンビルダーは淘汰されてしまいました。

来年からエンジン開発が完全に凍結されると、メーカーは何をすべきなのでしょうか。フォーミュラカーの性能は空力が大きな要素を占めます。しかし、F1マシンの空力開発はあまりにも特化し、自動車メーカーがそのノウハウや技術を蓄積しても、メーカーとしてどれだけのメリットがあるものなのか。ある意味、それはレーシングマシンコンストラクターの世界であり、自動車メーカーの世界ではありません。そのことは、HONDA F1の不振がいみじくも証明しているように思います。

現在のワークス全盛の時代は、まもなく終演するのでは無いか?そんな気がしてなりません。その尖兵がホンダとなり、ワークス撤退となっても不思議ではないと感じています。
また、10年間エンジン開発が凍結されるなら、数年後に新たなエンジンメーカーが参戦を開始する可能性もあるかもしれません。
メーカーが開発凍結を受けている間に、小規模エンジンビルダーも現在のワークスエンジンを越えるエンジンを開発して、参戦。F1を席巻する。そんなこともあるかもしれません。

10年後、現在参戦している自動車メーカーは撤退し、代わりに、チューナー系エンジンを搭載したマシンが主力になっているかも知れませんね。
無限ホンダとか、ヤマハ・トヨタ、スーパーテック(ルノー)
、メルセデス・イルモアなどといった、チューナーの皮をかぶったワークスエンジンが新規参入していたりして・・・・。

モータースポーツの話題はBlogランキングへ
Blogランクバナー小
 

 フェラーリ・グッズの店 BENEROSSO ミニカーとF1の店FORZA レーシングギア Racing Gear

 







Last updated  2007年10月25日 22時09分29秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.