980964 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

題未亭

PR

X

Freepage List

◆モータースポーツ関連ショップ ご紹介


モータースポーツ関連の本・BOOK


佐藤琢磨コレクション


フェラーリ・コレクション


フェラーリ・カー・コレクション


シューマッハー・コレクション


アイルトン・.セナ・コレクション


TOYOTAコレクション


WRCコレクション


HONDAコレクション


BARコレクション


特集/ お家でX'masイルミネーション


ル・マン24時間コレクション


ルノーF1&アロンソ コレクション


DVD・VIDEO


スーパーアグリF1 コレクション


F1レジェンド(DVD)シリーズ


中嶋一貴(Nakazima Kazuki)


◆レース開催予定


2004 WRC カレンダー


2004 F-NIPPON カレンダー


2004JGTCカレンダー


2004全日本F3カレンダー


2004 ワールドシリーズbyニッサン


2004 IRL カレンダー


2004その他の海外レース


2004F1開催予定


2005総合カレンダー(暫定)


2005F1カレンダー&エントリーリスト


2005WRC開催カレンダー&エントリーリスト


◆がんばれニッポン


佐藤琢磨F1全成績


佐藤琢磨


松浦孝亮


ロジャー安川


新井敏弘


奴田原文雄


下田隼成


井原慶子


高木虎之介


福田良


◆☆当たれ☆ キャンペーン情報


2周年感謝企画!


◆記憶に残るドライバーたち


片山右京


アイルトン・セナ


ナイジェル・マンセル


ジャン・アレジ


ミカ・ハッキネン


ゲルハルト・ベルガー


ミハエル・シューマッハー


アラン・プロスト


◆モータースポーツ基本用語解説


あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


や行


ら行


わ行


A-Z その他


◆モータースポーツ開催国紹介


キプロス共和国


モナコ公国(モナコGP優勝者一覧付き)


サンマリノ共和国


ギリシャ共和国


ベルギー王国


フィンランド


◆各種記録の部屋


INDY500優勝者一覧(1)


INDY500優勝者一覧(2)


F1モナコGP優勝者一覧


F1最遅優勝記録


F1チャンピオン一覧


F-NIPPON他チャンピオン一覧


全日本F3チャンピオン一覧


日本のF1レース(1)1976~1989


日本のF1レース(2) 1990~1993


日本のF1レース(3)


日本のF1レース(4)


日本のF1レース(5)


ル・マン24時間レース優勝者一覧


ドライバー誕生日一覧


写真館メニュー


2004桜中継(徳島県)


写真館1(2004/3~)


◆このサイトの歴史(更新履歴)


キリバンありがとう


情報色々


お松大権現


光マンダラX'mas


test


画像招き猫社殿


Category

Comments

キャビン85@ Re[1]:金環日食に備えて(04/28) マダム4117さん >でも、生きてる間、…
マダム4117@ Re:金環日食に備えて(04/28) こんにちわ~! 金環食、いよいよです…
マダム4117@ Re:金環日食に備えて(04/28) こんにちわ~! 金環食、いよいよです…
キャビン85@ Re[1]:バーレーンGP 決勝(04/23) マダム4117さん 本当にお久しぶりです …
マダム4117@ Re:バーレーンGP 決勝(04/23) (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪ 何か、、お久しぶ…

Favorite Blog

今朝も晴れ。 New! HABANDさん

CAR&WRESTLER thom7gashimaさん
佐藤琢磨応援日記 リーヤ♪さん
車愛イズム!? 音速あいるとんさん
トンちゃんのラジオ&… とんとんトン吉です!さん
SC57(CBR1000RR)/DC2… まぁSC57さん
「アイルトン・セナ… セナ太郎 X2さん

Free Space

設定されていません。
2008年02月20日
XML
カテゴリ:F1

2008年F1日本グランプリの開催概要が富士スピードウェイから発表されました。


富士スピードウェイが記者会見を開催(F1LIVE.com) 



昨年はシャトルバスの運行を巡り大混乱に陥った富士スピードウェイでのF1日本GP。

今年は、昨年の反省をふまえた上での開催となります。


もっとも大きな変更点は、日曜日(決勝)の観客数を11万人に抑えること。チケット&ライドシステムは継続するものの、シャトルバス方式ではなく、すべてのバス(昨年より400台増やして、ツアーバスを含めて合計2500台!)が場内に待機する留め置き方式を採用すると言うことです。

留め置き方式により、サーキットから出るのを待つときはバスの中で待機できるため、昨年よりも観客の疲労を軽減できるという見込みです。


その他の、トイレ、売店の価格、救護所、情報発信不足などの問題点も改善されるとのこと。

大トヨタが行う大イベントですから、2年続きの大失敗は許されません。

昨年の問題をふまえ、観客の目線にたった、すばらしいイベントにして欲しいものです。

とはいえ、不安が残るのも事実ですよね。


昨年の日本GP開催後、AUTOSPORTはネットに寄せられた意見を元に、富士スピードウェイにインタビューを申し込みましたが、状況把握ができていないという理由からインタビューは実現していません。富士スピードウェイ側からは状況と対応を説明できるようになり次第、インタビューに応じると言うことでしたが、いまだにオートスポーツ誌には掲載されていません。

日本GPには多くの観客が訪れますが、そのコアなファンが読んでいるであろうモータースポーツ専門誌に対して、しっかりとした対応と説明をすることなく、ファンを安心させることはできないと思うのですが・・・・


DRIVER'S EYES F1日本グランプリ 2007 富士 DVD



えっ?おまえは行くのかって? 私は2009年の鈴鹿に行きます。今年もTV観戦です。


モータースポーツの話題はBlogランキングへ Blogランクバナー小 



 







Last updated  2008年02月21日 20時26分48秒
コメント(3) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.