2191715 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いままでてにいれたもの これからほしいもの

PR

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

記念

2020年03月13日
XML
テーマ:ありがとう(571)
カテゴリ:記念


アクセス数が200万になりました


すべては、ご訪問くださった皆さんのおかげです
収集が付かない物欲備忘録的がマニアック多趣味ブログ...3DCGやらタブレットのお絵描きなど加わり更に手におえない範囲になってます
読んでくださる方を完全に置き去りの自己満足系の無いようになっていますが...そんな内容にお付き合いくださった皆さん...本当に心より感謝いたします


ありがとうございます


さて、恒例の記念製作は...


宇宙の騎士 テッカマン


タツノコプロのアクション作品...キャシャーン、ポリマーに続く作品ですが、残念ながら不人気のため途中打ち切りになって、曖昧な結末に終わってしまいました
でも、クセのある主人公も含めてインパクトがあって記憶に残る作品です
クセのある悪役のようなロボットの中で装着される鎧...身体に負担をかけていることは間違いない装着の際の苦しみ...独特の世界観がありました
わたしの大好きな作品のひとつです


例のごとく、わたしなりのアレンジで...


主人公は女性にしちゃいました


南城二

テックセットシステムに適合する数少ない人間です
主人公らしからぬ性格で、周りにたしなめられる場面も多かったです
そんな主人公の心情の変化、成長もこの物語の軸だったんじゃないでしょうか
結局、男性を造るのが難しく、過去の製作物よりベースを流用して女性にしちゃいました


ペガス

テックシステムを装備したロボットです
AIを搭載していています
当時としては画期的な設定です
デザイン的には、キャシャーンの敵役に近いアクの強い姿で、それが魅力的でもありました


テッカマン

主人公がテックシステムで強化された姿です
肉体への負担から、活動時間が制限されるなど引きの強い設定でした


宇宙の騎士

テッカマンは自力での推力を持ち合わせていないため、ペガスの背に乗って活動します
このことが、宇宙の騎士たる所以だそうです
そのアクションもカッコ良かったです


結局、結末が描かれなかった作品ですが、放送終了後にもその存在は強かったようで、後年、続編でもリメイクでもないオリジナル作品ではありますが、その名を冠した作品が作られています
その中で、間接的に描かれなかった結末が表現されています


と、いうことで...今後ともヨロシクです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宇宙の騎士テッカマン Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 森功至 ]
価格:38500円(税込、送料無料)

楽天で購入










最終更新日  2020年03月13日 06時30分06秒


2020年01月01日
カテゴリ:記念


旧年中はお世話になりました


一昨年に引き続き、入院日記を綴る羽目になったり...相変わらず健やかな日々を送れていませんでした
今年こそ、完全復活の年にしたいと思ってます
まあ、例年のように好きなことをやって過ごせればな...なんて思ってます


皆さんの素晴らしい1年を祈りつつ...


今年もヨロシクです











最終更新日  2020年01月01日 00時02分08秒
2019年09月19日
テーマ:ありがとう(571)
カテゴリ:記念


ここでお仲間に入れてもらって8年が経ちました


昨年、激動の平成の最後なんて言ってましたが...
すでに2回の入院日記シリーズを書く羽目になって、なかなか荒れた令和のスタートになってます
でも、そんな中でも書き続けていられるのは幸せなことなのかもしれません...


それは、完全に自分の趣味の世界の記事を見に来てくださる方々がいればこそ...
そのおかげで、またこの日を迎えることができました
ありがとうございました


今回の記念製作は...


ゲッターロボG

合体ロボの元祖とも言える人気作品ゲッターロボの続編というか、リニューアル版(主題歌そのまま継続してましたから)...おもちゃメーカーが絡むオトナの事情って話もありますが...途中主役機交代は途中ウォーカーギャリアへ交代したザブングルが最初と言われてますが、実は元祖はこちらではないかと...

ゲッターロボの方は以前作成しました
ふと、前作同様モーフィング的変形の無いGも造ってみたくなり、今回の製作に至りました


新ゲットマシン



ドラゴン号、ライガー号、ポセイドン号です
前作から名前が変わってます
特に、ドラゴン号のパースの強い作画が記憶に強くに残ってます
ずんぐりした先代のイーグル号に比べ、機首部分を細身に仕上げたデザインがその作画でよりカッコよく見えました


ゲッタードラゴン

ドラゴン号が頭のバージョンです
より線が多いデザインになっています
シンプルなゲッター1も良かったですが、いかにも強そうな感じのデザイン...
かなり好きでした


ゲッターライガー

ライガー号が頭です
細身でドリルを持つ姿...先代のコンセプトを忠実に継承した姿です
実は一番好きなタイプです
ドリルは浪漫ですよねぇ...


ゲッターポセイドン

ポセイドンが頭...実はここはかなりがっかりしました
無限軌道も浪漫...先代は下半身がジャガー号そのものでそこに無限軌道が付いている異形な姿...それが、普通の脚になっちゃったんですから...


でも...

脚が変形して無限軌道が現れます
ちょっとだけ安心しましたが...やっぱりゲッター3の方が良かったなぁ...


また1年、楽しみながら一貫性の無いまま続けていければと思います


と、いうことで、今後ともヨロシクです











最終更新日  2019年09月19日 06時30分09秒
2019年01月01日
カテゴリ:記念


あけましておめでとうございます

フェアチャイルド A-10 サンダーボルトII
公式な愛称は、第二次大戦で活躍した単発レシプロ機サンダーボルトの名を継いでいますが、それよりウォートホッグ(イボイノシシ)と言う渾名の方が一般的です
亥年にちなんで、この機の3DCGを登場させましたが、もうひとつの想いが...
コクピットが防弾仕様になっていたり、装甲が厚かったり...航空機とは思えないタフさを持ってます
その生還率は随一で...更に退役のピンチの度に自らの活躍で延命し、40年以上にわたり運用される機種となりました
そんなタフで長寿なこの機体にあやかって、健康な1年を過ごしたいとの想いを込めて...


昨年中はお世話になりました
怪我をしてしまい散々な感の強い1年ではありましたが、そんな中でも、この電脳世界の憩いの場はだいぶ自分を助けてくれたような気がします


まだ、怪我は引きずっていますが...

それはゆっくり治すとして...新たな災難が訪れないように細心の注意で過ごしたいと思っています
そして、皆さんにも災難がふりかからない1年であるようお祈りしています


と、いうことで...今年もヨロシクです









最終更新日  2019年01月01日 00時00分42秒
2018年09月19日
テーマ:ありがとう(571)
カテゴリ:記念


ここのお仲間になって丸7年...8年目がスタートしました


この1年は結構激動な期間だったような気がします
わたしにとってコミュニケーションの舞台だった楽天プロフィールが消滅し、ツイッターにその場を移したりしました
私事ではありますが、入院日記の第2弾をUPすることになったりしたことも大きな出来事です(今でもその治療を引きずってますが...)
天候が異常だったり地震が来たり...ホント激動の平成の終わり...


そんな中でも、こんなまとまりのない内容の記事を見てくださる方々がいらっしゃる
そのおかげで、またこの区切りを迎えることができました
ありがとうございました


今回の記念製作は...


機甲創世記モスピーダ

革新的なあの超時空要塞マクロスの放映開始よりちょうど1年後の1983年にスタートしたSFアニメです
マクロス同様、可変戦闘機が活躍したり、バイクが変形するパワードスーツが登場したり、メカ好きにはたまらない作品でした
前述の入院生活だった時、YouTubeで全話公開されているのを見つけて入院生活の大きな助けになりました
そんなこともあり、マイブームになって今回の記念製作に取り上げることにしました


レギオス・ゼータ AFC‐01Z

モスピーダに登場する可変戦闘機です


アーモファイター



レギオスでは航空機形態をこう呼びます
ダブルデルタ翼の近未来戦闘機って感じのデザインです
マクロスのバルキリーよりは小型の設定ですが、かなりお気に入りの姿です
当時、学研から発売されていた変形おもちゃをこのゼータタイプと主役機のエータタイプを持ってたりしました(バイクが変形するモスピーダもね)
このゼータは大気圏内活動強化型の改良型で、劇中ではヒロインのフーケ・エローズの愛機でした


アーモダイバー







バルキリーで言うところのガウォーク、中間形態です
着陸などで使われた簡易型と腕も展開するタイプの2パターン登場しました


アーモソルジャー



バルキリーで言うバトロイド、ロボット形態です
わたしがレギオスを好きな理由はここにあります
アーマードパックやスーパーパックなどの追加装備なしで、重量感を感じられる骨太のロボット形態に変形するところにあります
持っていたおもちゃも立ち姿がカッコ良かったです
スマートなバルキリーも良かったですけど、やっぱりロボットはどっしり安定の重心の低いこういうデザインの方がカッコ良いと感じてしまいます


このゼータは、他の機種に比べ白いペイント部の面積が少なく、赤が強調されています

そして、当部は2眼で鶏冠状のプレートがあり、一番華のあるデザインになっています
今回3DCGを造っていて、素晴らしいデザインを強く感じました
CGやデジタル技術も導入されていない手書きの時代で、そんなに複雑なデザインにできないところでここまで魅力的な姿...そこに敬意を表して、いつもはアレンジをかなり入れるんですが、今回は忠実に再現してみました


また1年、いろいろな出会いを楽しみながら続けていきたいと思います


と、いうことで、今後ともヨロシクです










最終更新日  2018年09月19日 07時00分21秒
2018年08月24日
テーマ:ありがとう(571)
カテゴリ:記念


アクセス数が150万になりました


すべては、ご訪問くださった皆さんのおかげです
物欲備忘録的がマニアック多趣味ブログ...更に最近では入院日記とか、ホント収拾がつかない状態になっています
楽天プロフィールが終了してからはツイッターと連動に変更...更に暴走の範囲が広がっているような感もあります
そんなこんなで、ホントに相変わらず一貫性のない紆余曲折の内容に、お付き合いくださった皆さん...本当に心より感謝いたします


ありがとうございます


さて、恒例の記念製作は...


UFO戦士 ダイアポロン

その昔、コン・バトラーVと同時期に放映されていたロボットアニメです
形状記憶合金製と思われるゲッターロボから...より現実味を帯びた合体ロボモノが登場したころです
王道の東映動画でない、B級系に思われがちですが、エイケンの制作...鉄人28号、エイトマン、アルプスの少女ハイジ...そしてサザエさん...違う方面で王道の制作会社の手で生み出されました
まったく内容は異なりますが、原作もあるということです
当時、流行っていたアメリカンフットボールのテイストを取り入れ、ロボット3体が合体して大きなロボットの元祖の作品です
そして、操縦系は操縦者が巨大化してロボットでなく巨大な鎧という感じになり、合体ではなく合身(合体と変身を合わせたんですかね)という言葉を使っています
結構、好きだった作品です...ロボットが合体ってカッコ良かったです


アポロン・ヘッダー

頭の部分のメインロボットです


アポロン・トラングー

胸と腕になります


アポロン・レッガー

下半身になります


この3体が合体すると...


ダイアポロンになります
実は子門真人の主題歌と合体シーン以外はあまりよく覚えていないんですが、それでも記憶にしっかり刻まれるロボットでした...やっぱり合体がカッコ良かった...
ブルマァクのおもちゃ欲しかったなぁ...

と、いうことで...今後ともヨロシクです










最終更新日  2018年08月24日 07時00分17秒
2018年01月01日
カテゴリ:記念


あけましておめでとうございます


昨年中はお世話になりました

また今年もスタートを切ることができました
これも、ここに来ていただいた皆さんのおかげです


今年はいろいろ環境も変わります
慣れ親しんだ楽天プロフィールが終了します
で、今日からは、わたしもツイッターに完全にお引越しです


MOTOYOSのTwitterはこちら...


書初めではないですが、描初めということで...

サクラさん
うる星やつらの代表的なお姉さんキャラです
お正月らしいいでたちってことで...


まだ、物欲は収まることはなさそうです
今年も調子は変わらず、許される範囲で物欲に支配された日々になるかと思います


と、いうことで...今年もヨロシクです










最終更新日  2018年01月01日 00時00分26秒
2017年09月19日
テーマ:ありがとう(571)
カテゴリ:記念


こちらへやってきて丸6年...7年目に入りました


また1年続けることができました


こんなまとまりのない内容の記事を見てくださる方々がいる...そのおかげです
ありがとうございました


今回の記念製作は...


機動戦士ガンダムΖΖ

マクロス派を称するわたしが、ガンダムの3DCGを造ることはないかと思ってったんですが...
合体変形ロボってところで、その代表格とも言えるZZを造ってみることにしました
ファーストガンダムの続編、Zガンダムの好調なビジネスから生まれた続編で、当初重く暗い雰囲気を一変して明るい内容にしようとした作品でした
でも、結局はガンダムシリーズ...紆余曲折の末、重い内容の終盤に至ったって印象あります
後半で登場した主役機ZZは、合体変形、更に重装備で肥大しすぎた感があったのも否めません
重厚なガンダムも嫌いじゃなかったですけどね...
その後、Zガンダムの劇場版公開時に亡きものにされてしまった悲しい作品でもあります
(一時、劇場版のファースト3部作、Z3部作に逆シャアの7本が正史って言われた時期も...)
その後、ユニコーンでZZ登場のプルにつながる登場人物が出たり、復活しているようですけどね


コアファイター

ZZのコアファイターではなく、あえてファーストのコアファイターを意識して造ってみました


コアベース

下半身パーツにコアファイターが装着された形態です


コアトップ

本来コアファイターが装着されるんですが、せっかく先端に予備コクピットが付いているので、単独運用できるようなイメージで造ってみました


Gフォートレス

すべて合体した際の航空機形態です
どことなくGアーマーを彷彿させます(Gアーマーも劇場版で亡きものにされた不運のメカです)


そして...

ZZガンダム
Gフォートレスが変形してガンダムになります
大型大出力のダブルビームライフルとか、大型ビームサーベルとか...
超弩級のガンダムでした


極めつけは...

ハイメガキャノン
頭部から発射される無敵ビームです
当時は、ガンダムが波動砲を撃つ...なんて言われてました


そして...

動画も作成しました


また1年、いろいろな物欲の中での出会いを楽しみながら続けていきたいと思います


と、いうことで、今後ともヨロシクです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンダイ HGUC ZZガンダム プラモデル(X8114)
価格:1750円(税込、送料別)










最終更新日  2017年09月19日 07時00分30秒
2017年01月20日
テーマ:ありがとう(571)
カテゴリ:記念
#001

アクセス数が100万に...ついに大台に乗りました


あまりアクセス数は気にする方ではないんですが(というか、アクセス数なんか関係ないような日記の内容...)、やっぱり、この数字は嬉しいものです
これもご訪問くださった皆さんのおかげです
物欲備忘録的な感じで開始し...今ではマニアック多趣味ブログといった体で、相変わらず一貫性のない紆余曲折の内容で淡々と綴っております
そんな内容にお付き合いくださった皆さん...本当に心より感謝いたします


ありがとうございます


さて、恒例の記念製作は...


超時空要塞マクロス VF-1 バルキリー

わたしがロボットにハマった最大の要因の作品、そしてロボット...自分のロボット好きの原点に立ち返って、三たび、VF-1に取り組むことにしました
前回は当時の設定資料に忠実な内容で造りましたが、今回はいつもの記念製作同様に、素材に自分なりのアレンジを加えたモノにしてみました


VF-1S ファイター
#002
VF-1バルキリーと言えば、一番人気の、ロイ・フォッカー・スペシャルと呼ばれるこの機体でしょう
米海軍のジョリーロジャース隊からインスパイアされたと言われる海賊旗マークの尾翼に黄色に黒のインパクトのあるカラーリング...
隊長機、エースと呼ばれる高スキルパイロットが派手なパーソナルカラーを機体に採用するのには意味があるそうです
敵の注意を引きつけて撃墜数を増やすのと、注意をひきつけることでスキルの十分でない部下の機体を守るってことだそうです


VF-1S ガウォーク
#003

#004
航空機形態からロボット形態の中間の形態です
このフォーマットは、後の作品にも大きな影響を及ぼした発明とも言える内容です


マクロスという作品...
機動戦士ガンダムで端を発したリアルロボット作品...それを本格SF作品の形に昇華させた当時画期的なテレビアニメでした
スタジオぬえというSFクリエーター集団が、SF設定にこだわり抜いて作り上げた世界観と設定...中でも、主役メカのバルキリーのデザインが革新的でした (スタジオぬえの宮武さんが担当したハインラインの宇宙の戦士の挿絵のパワードスーツのデザイン...ガンダムにも影響しているとも言われています)
実在の米海軍艦上戦闘機F-14をモチーフに、それまでのロボットが変形した飛行機のようなモノでない、リアルな航空機形態がデザインされ、それがほぼ矛盾無くロボット形態に変形したのは驚きでした
その変形プロセスも、それまでの見せる変形シークエンスではなく、一連の戦闘の流れで一瞬に変形するといった表現方法も新しかったです
更に、玩具メーカータカトクとのコラボで、超合金シリーズに端を発した子供向けロボット玩具をホビーの世界に一気に押し上げた、完全変形のバルキリーの玩具...現在のロボットフィギュアの礎ではないでしょうか(残念ながら、タカトクはその後読みを誤ってつぶれることになりますが...)
そして、制作者の趣味の世界ではないかって言われる、アイドル、歌とハードなSFという相容れないと思われる内容の融合...ロボットアニメの本格的なヒロイン誕生とも言えました
この他にも語りきれない、革新的なことは多くあります
海外のSF小説...特にスペースオペラを読みあさり、テレビで戦うロボット心躍らせていた、当時のわたし...完全にハマってしまいました


VF-1S バトロイド
#005

#006

#007
戦闘機がロボットに...カッコ良かったですよ
当時のタカトクの玩具...今でこそ不格好に見えますが当時としては素晴らしいものでした
何度も変形を繰り返して遊んでました
今では、更にクオリティが上がったモノが出てますけどね...おもちゃじゃなくホビーとして...


で...個人的に好きなタイプも...
#008

#009
VF-1J マックス機、ミリア機
もともと主人公機だったVF-1Jの白に赤ラインの機体(後の設定でロイ・フォッカーの予備機を後輩の主人公に譲ったってことになってますが...)も好きなんですが、Jと言えば、史上初の星間結婚...それも両軍のトップエース...そのコンビネーションで素晴らしい戦闘シーンを見せたこの機体も外せないんです


動画も作成しました

変形シーンは動かないとね...


最初の可変戦闘機バルキリー...また時を経て造ることがあるでしょうね
#010
それまで、自分のスキルが多少なりとも上がっていることをお祈りしつつ...


ということで...今後ともヨロシクです












最終更新日  2017年01月20日 17時51分33秒
2017年01月01日
カテゴリ:記念
0101001

あけましておめでとうございます


昨年中はお世話になりました
また今年もスタートを切ることができました
これも、ここに来ていただいた皆さんのおかげです



2017年も相も変わらず物欲の趣くまま続いていくかと思いますが...さて、どんな出会いがあるんでしょうね


と、いうことで...今年もヨロシクです








最終更新日  2017年01月01日 00時00分35秒
このブログでよく読まれている記事

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.