455264 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

もうり栄子のかけある記

もうり栄子(日本共産党県議)
   のホームページにようこそ!
安全で安心、暮らし・福祉充実の長野県をご一緒に。

★森・空気・自然 大好きな長野県 
そこに住む人々と苦楽を共にしながら
子供たちに平和な社会と豊かな自然 人々の心のぬくもりを残したい 
つれづれなるままに もうり栄子の見たまま、感じたままを 綴ってゆきます…引き続きご愛読を!

★私へのメールはトップページ右下の「メッセージをおくる」をクリックするか eimouri@po15.lcv.ne.jpへ


2017/06/09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
岐阜県中津川市の国保坂下病院が入院ベッドをなくし、診療科も減らして機能縮小されようとしている問題で、中津川市の木下律子市議、南木曽町の坂本満町議をはじめ存続を求める住民運動をされている皆さん13人が知事要請に来られました。

藤岡義英県議と同席し、健康福祉部長や課長に対応していただきました。

県をまたぎ中津川市が運営する病院ということで難しい問題はありますが、「お年寄りは、歩いてかかれる病院がなくなれぱ、なにかあったら死ぬしかないと言っている」「命をまもる病院がなくなれば地域はますます衰退し、若者も住まなくなり、街がなくなってしまう。」「何かいい知恵がないかと思い、すがる気持ちで来ました」

...

悲鳴にちかい切実な思いがこもごも話されました。

根本的には社会保障費の伸びを目の敵にし、ベッドを削減し、医療費抑制政策をおこなっている国に大きな原因がありますが、部長は「中津川市さんが、どのように考えているかということがポイントになるが、岐阜県や関係自治体と連絡をとりあいながら、できることはやっていきたい」と応じ「皆さんの思いは受け止めます」

3時間余かけてきていただいた皆さんの切なる思いは伝わったと思いますが、希望の持てる方向性はなかなか見えません。

医師不足と経営難が主な理由 ですが、どうしたら住民の命と健康が守れるのか、どこに住んでいても必要な医療が権利として受けられるにはどうすべきかを模索しながら知恵をだしていきたいと思います。

お出でいただいた皆さん、遠路一日お疲れ様でした。







Last updated  2017/06/09 10:49:31 PM

PR

Rakuten Profile


もうり栄子さん

あした晴れ

フォローする

Favorite Blog

石坂千穂つれづれ日記 石坂千穂さん
日本共産党 原田の… のぶちゃん8001さん
伊藤真智子の日記(… いとまちさん

Freepage List

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.