053860 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

映画とお酒にリスペクト - ムービードランカーの日記

Jun 21, 2008
XML
カテゴリ:洋画
相変わらずの大振りスローパンチ。

インディ・ジョーンズ.jpg
TM & (C) 2008 Lucasfilm Ltd.. All Rights Reserved. Used under authorization.

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」。

いわずと知れた名作の続編、
おなじみのテーマソングが流れると否が応にもテンション上げられてしまいます。


「魔宮の伝説」の時のトロッコを思い出すスピード感のあるシーンをはじめ、
特徴でもあるギャグ要素の多い”ドタバタ”アクションは今回も健在。
目が釘付けになることうけあいです。

インディも相変わらずの大振りスローパンチでバシバシ軍人を倒しますよ。
(これはシリーズといわずハリソンのアクション全般通してのご愛嬌)


映像面はさすがにILM。

軍隊アリに襲われてしまう(そしてそれを切り抜ける)シーン。
車上での格闘中、回転のこぎりの刃が飛んできたり、
水陸両用車で滝から落ちたり(予告編でやってますね)。

文句のつけようもない出来です。(やってることは変わってないんですけどね)


ランボーとは違い、単純に楽しめる作品になっております。
(シリーズ通して生命を軽視してますから、どっちが教育にいいかは別ですが)



しかし今回の脚本、ちょっと微妙。

年代設定を考えると、ちょうどいいタイミングではあるのかもしれないけど、
個人的にはそっちの方向に進めて欲しくはなかったなぁ。

話のスタートである倉庫。(「失われた聖櫃」で聖櫃が収められた倉庫ですね。)
このシーンに関して言いたいこと沢山あるけど、
まとめて言えば、いろんなところが雑すぎです。(観れば分かる)


時代背景や目的が違うから別物として観るべきなんだけど、
ナショナル・トレジャー(特に1作目)とどうしても比較しちゃうんですよね。

そうすると音楽、アクション、舞台、ギミック、どれも古臭い感は否めないし、
ジャングルや砂漠なんかが舞台のインディに比べ、
都会や観光名所を舞台にしているナショナル・トレジャーのほうが観ていて楽しい。

このあたりは設定上どうしようもないのかな。


それにしても超重要な文化遺産を壊しすぎです。
宝見つけたら洞窟崩壊するのは定番だし、
考古学者なのに発見してすぐにナイフで開けるインディはどうかと思う。

観ていて落ち着きません。



ま、インディ・ジョーンズって、こういう映画なんですけどね。



 公式サイト http://www.indianajones.jp/top.html

  続編あるかもって話だけど、もしかして主役はシャイア・ラブーフになるのか?
  スピルバーグの秘蔵っ子とはいえ、彼で客を呼ぶのは無理だと思うぞ。

                                    人気blogランキングへbanner_01.gif






Last updated  Jun 24, 2008 01:03:00 AM
コメント(1) | コメントを書く


PR

Profile


ムービードランカー

Favorite Blog

masalaの辛口… マサラ0517さん

Calendar

Category

Archives

May , 2022
Apr , 2022
Mar , 2022
Feb , 2022
Jan , 2022

© Rakuten Group, Inc.