080088 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

sinokの【私情まみれの映画考察】

PR

サイド自由欄

January 31, 2010
XML
カテゴリ:映画「ら」行
『アバター』で楽園のような光景を見、『狼の死刑宣告』で愛するものを奪われた男の堕ちる姿に考えさせられ、『Dr.パルナサスの鏡』で世界一の夢づくり男の想像力を見せ付けられた後で、この映画を観ては、いかん(笑)。
これら3つのどれも観る前だったら、もっと14歳の少女に共感できたかもしれない。
でも、ピーター・ジャクソンの挑戦には敬意を表するが、あの中間の場所の表現はギリアムに劣る。
物語は殺人事件の結末よりも、家族の再生と少女の成長に焦点が当てられているのだが、家族を失った地獄を『狼~』で見せ付けられたあとでは、マーク・ウォルバーグ演じる父親が、復讐に走らなくてよかったね、という感想になるしかない。
まったく、復讐を遂げるか遂げられないか、という分岐点は、その後の家族のありようを変えてしまうのだ。
くしくもこんなところで、『狼の死刑宣告』で感じたことを再確認することになるとは思わなかった。

物語はね、別に奇麗事で進んでいるわけではない。
特に、家族を襲った不幸に耐えかね、家を出て行く母親の心境は深い。
一度ばらばらになるしか、この家族はひとつになることができなかったのだ。
役者の演技は、どれもすばらしかった。


が、しかし。

多分、ピーター・ジャクソンには不向きだったんだろう。
いやその、『アバター』と『狼の死刑宣告』と『Dr.パルナサス』・・・とくにギリアムを観たあとでは、ウリである死後の世界もかすんで見える。
タイミングの不幸としか言いようもない。
ごめんね、ピーター!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  January 31, 2010 10:58:33 PM
[映画「ら」行] カテゴリの最新記事

楽天プロフィール

設定されていません

バックナンバー

・April , 2017
・March , 2017
・February , 2017
・January , 2017
・December , 2016

カテゴリ

お気に入りブログ

Rock'n Roll Diary i… Tomoschさん
読書記 FC司馬さん
masalaの辛口… マサラ0517さん
tomo_hの映画ログ tomo_h38さん
@恋逢映写室 @すまっしゅ+さん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.