024996 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

映画の棚

2016.05.21
XML
カテゴリ:あ行

アイアムアヒーロー
(C)2016映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C)花沢健吾/小学館
映画「アイアムアヒーロー
この作品情報を楽天エンタメナビで見る

 

今回は、5月早々に映画館で鑑賞した邦画『アイアムアヒーロー』をご紹介します。

ネットでの評価や評判は上々の日本映画。原作は人気の漫画で、どのように実写化されたのか、すごく気になって、鑑賞しました。ネタバレは含みません。

 

 

『アイアムアヒーロー』について

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」などの花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映す。メガホンを取るのは、『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介。『青天の霹靂』などの大泉洋、『女子ーズ』などの有村架純、『モテキ』などの長澤まさみら実力派が出演。スリルと恐怖が次々と押し寄せる展開はもちろん、鮮烈なビジュアルも見もの。

by シネマトゥディ

 

 

『アイアムアヒーロー』のあらすじ

漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。

by シネマトゥディ

 

 

『アイアムアヒーロー』のスタッフ・キャスト

スタッフ
原作:花沢健吾
監督:佐藤信介
脚本:野木亜紀子
音楽:ニマ・ファクララ
製作:市川南
共同製作:寺島ヨシキ、久保雅一、中村理一郎、田中晃、岩田天植、弓矢政法、高橋誠、千代勝美、吉川英作、都築伸一郎、板東浩二、宮本直人
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
プロデューサー:山崎倫明、城戸史朗
共同プロデューサー:岡本順哉
音楽プロデューサー:志田博英
プロダクション統括:佐藤毅
ラインプロデューサー:竹山昌利、桜井勉
韓国ユニットラインプロデューサー:鈴木勇
撮影監督:河津太郎
美術:斎藤岩男
特撮:神谷誠
録音:横野一氏工
編集:今井剛
助監督:藤江儀全
カメラオペレーター:田中悟
ガファー:中野創平
装飾:大坂和美、篠田公史
CGディレクター:土井淳
アクションコーディネーター:下村勇二
特殊メイク・特殊造形統括:藤原カクセイ
衣装デザイン:宮本まさ江
スクリプター:田口良子
製作担当:大谷直哉
音楽コーディネーター:杉田寿宏

スタッフ
鈴木英雄:大泉洋
比呂美:有村架純
伊浦:吉沢悠
サンゴ:岡田義徳
てっこ:片瀬那奈
中田コロリ:片桐仁
松尾:マキタスポーツ
三谷:塚地武雅
アベサン:徳井優
藪:長澤まさみ

 

 

『アイアムアヒーロー』の感想

今まで、漫画原作の実写映画化されたものには、いろいろ裏切られてきました。最近だと『進撃の巨人』が記憶に新しい訳で、あまり期待しないで映画館へ足を運び、鑑賞しました。

びっくりしましたよ。ええ。

予想以上に面白かった!!とても大興奮しました!

そもそも、ゾンビ(正確にはゾンビではなくZQN ゾキュン)ものは、日本映画では、成功した試しがありません。それもあって、本当に期待せずに観たんですが、『アイアムアヒーロー』は良かった。

『アイアムアヒーロー』の登場により、これから、面白いゾンビ映画が、邦画でも製作されるかもしれません。今までは、B級映画どころか、Z級映画以下のものばかりでしたからね。日本映画における鬼門を打ち破った印象はあります。

 

原作の漫画は読んでいないので、設定や世界観、ストーリーの変更点などはわかりませんが、映画だけを見てみると、起承転結のはっきりした、わかりやすい映画でした。

考察とか、そんな小難しいことは考えず、とにかく楽しんだ者勝ちです。

じょじょに、日常が消えていき、非日常が姿を現していく様子は、ゾンビ映画の定番でありながら、日本の風景にマッチするように、ちゃんと描写されています。

また、グロい描写もしっかりあって、製作陣の本気具合も半端ではありませんでした。

監督は、邦画では珍しく、実写とCGのバランスがちゃんとわかっている人なので、これまた安心して、最後まで鑑賞することができました。

もう一回、映画館へ足を運んでも良いと思えるほどのクオリティー。

素晴らしかったです。

 

 

『アイアムアヒーロー』の評価

漫画を見たことがあります。勿論、今回のストーリーも漫画で見ていました。でも、大泉洋さんの鈴木といい、本当にそのまま!特に私はマキタスポーツさんが笑いました。そっくりすぎて(≧∇≦)
血が飛び散ったり、頭が吹き飛んだりしますが、そういうのが大丈夫であれば楽しめると思います!

結局怖いのはゾンビではないといつも思う。

ホラー全般を好む友人に面白かったと推められてついに観に行きました…
結果大満足です!!!!!!睡眠時夢には出てきませんでしたが、寝ても覚めても鑑賞してからの興奮が冷めやらない状態です。
こんなにハラハラドキドキしっぱなしだった映画は生まれて初めてです!

by YAHOO!JAPAN映画

 

『アイアムアヒーロー』についてのまとめ

ホラー映画が好きで、グロ描写やゾンビなどに耐性がある、苦手ではないという人には、オススメできる映画になっています。

原作ファンの方には、オススメできるかどうかはわかりませんが、気になっている人は、とりあえず、レイトショーなどの鑑賞料金が安い時を狙って、鑑賞してみては、いかがでしょうか。

映画好きな私としては、とても楽しめる面白い映画でした。

スピンオフドラマの『アイアムアヒーロー はじまりの日』は、まだ見ていないのですが、視聴したら、また感想を書きたいと思います。

 

 


 


 







Last updated  2016.05.21 18:57:31
コメント(0) | コメントを書く

PR

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(0)

お知らせ

(1)

あ行

(25)

か行

(19)

さ行

(35)

た行

(21)

な行

(8)

は行

(18)

ま行

(8)

や行

(3)

ら行

(6)

Archives

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.