446102 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

焼(やぁ~づ)津で旨いものを食べる

PR

X

Profile


モツラ

Calendar

Archives

2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2021.02.24
XML
カテゴリ:自家製にこだわる
フルレンジ一発のサブシステムの中華デジタルアンプをバッテリー駆動したら、見違えるほど良くなったことに気を良くしてメインシステムではどうか試みることにしました。ちなみに、中華デジタルアンプとは12Vカーバッテリーで駆動できるICチップを使った小型軽量オーディオアンプのこと。20年近く前、中国産のアンプが音の良いことで評判を呼び、中華デジタルアンプと総称されるようになりましたが、今では日本メーカーが設計したり、製造まで国内産のものまで、小型軽量安価であれば一括して中華デジタルアンプと呼ばれています。
さて、メインシステムのスピーカーはATCのSCM19.。アンプ喰いで定評のあるスピーカーです。拙宅でもそれまでのアンプでは手も足も出ず、バブル時代のNEC A-10 Mk2を引っ張り出したら素晴らしい中低音を奏でだした経緯があります。
手始めに中低域はA-10のまま、バイアンプ駆動で高域を前回のバッテリー駆動中華デジアンにしたら大成功。期待通りに透き通ったつややかな高域で申し分ありません。
それではと、このデジアンで中低域を鳴らしてみると期待に反してというか予想通りというか全くダメ。手持ちの他の12V の2機種も結果は同じ。スカスカの音でパワー不足は明らかです。
またA-10に戻すのはシャクなのでハイパワーのデジアンを試すことにしました。
実は24V、36V 駆動のハイパワー中華デジアンは共に昔、使ったことがあります。しかし、いずれも低域が締まりのない音で、まもなくヤフオク行きになりました。今考えるとデジアンが悪いのではなくACアダプタの能力不足だったのではないかと思います。
新規に購入したのはFX1002A、低域に不満をいうレビューもありますが、まずまずの評判のようです。
36Vバッテリーの手配をしながら、取り敢えずACアダプタで鳴らしてみました。さすがに中低域もちゃんと出て、いいバランスのようですがエネルギー感がなくボワっとした音です。ピラミッドには程遠い音です。
ピアノ曲で確認すると400Hz以下で音の立ち上がりが鈍になっていて、これがエネルギー感のない原因のようです。
さて、いよいよバッテリー駆動です。36Vを取り出すにはリチウムバッテリーが手頃ですが、瞬発力は鉛バッテリーのほうが良いとされています。知り合いの自動車修理工場に相談すると軽自動車用の中古バッテリー​​を格安で譲ってもらえることになり試してみました。12Vを3台直列し、実測38Vです。
今回は期待通りエネルギー感のある見事な中低音でピラミッドバランスが完成しました。予想に反したのは高域はもとより中低域の解像度が増したこと。中低域の一つ一つの楽器が浮かび上がってきました。暴力的とも言える低域の躍動感はこのスピーカーの持つ本来の性格で、それを正確に出すバッテリー駆動アンプは極めて優秀と言えます。
バイアンプの高域12Vデジアンと合わせて申し分ないシステムになりました。

さて、このように申し分ないバッテリー駆動ですが問題がひとつ。
バッテリーは通販でも簡単に買えますが、不要になってもゴミに出せません。引取先をしっかり考えてから入手しましょう。




【エーモン AMON】エーモン 8851 バッテリーターミナル​​
ソウテン ワニ口クリップ バッテリー絶縁試験ワニ口クリップ 自動車用 レッド ブラック 2個

【エーモン AMON】エーモン 8851 バッテリーターミナル

【冬にドーン!! と 全品超トク祭】昭和電工マテリアルズ KMI-44B20R (旧日立化成) 軽自動車用バッテリー Tuflong 軽mini タフロング
​​

DCプラグ付きケーブル (プラグ外径5.5mm 内径2.5mm/2.1mm両対応) 5A対応高品質タイプ 2本セットS






Last updated  2021.04.11 15:21:37
コメント(0) | コメントを書く
[自家製にこだわる] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.