325609 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サマルカンドで朝食

2020.12.04
XML
カテゴリ:結んで・ひらいて
11月自選10句 @もずの句もずく



  森を、日を、霜、火を、空を、風を、生む

  夜の土踏まずに舞茸生えてきて

  9時86分にひらく詩集かな




 
  呼ばれたのはわたしの名ではない木枯し吹く




  雨ざらしの町にわたしの心が立っている

  やがては落ちて踏まれて椿

  小鳥らは眠る果実のなかの夜




  こんやの月は少しよごれている

  さびしさが夕方の雨に慰撫されている




  それはそれとして鴉が啼く




 おまけ
  見てごらん、謎の格好をした女










最終更新日  2020.12.04 11:04:30
コメント(0) | コメントを書く
[結んで・ひらいて] カテゴリの最新記事


PR

X

お気に入りブログ

『家族じまい』 New! jiqさん

映画「仮面病棟」感想 New! わかつきひかるさん

■もろこしの■(5297) New! tanto575さん

蛇の供養方法 New! タオ5433さん

22日の日記 New! 象さん123さん

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

もず0017@ Re[1]:口語自由律俳誌「新墾(にいはり)」352号(04/25) 象先生。 そうですよね。そうでしょう! …
象さん123@ Re:口語自由律俳誌「新墾(にいはり)」352号(04/25) こんな俳句があるのですね。 初めて知りま…
cecilia6147@ Re:口語自由律俳誌「新墾(にいはり)」352号(04/25) 文学、特に俳句のことは門外漢でわかりま…
もず0017@ Re[1]:口語自由律俳誌「新墾(にいはり)」352号(04/25) jiqさんへ。 ありがとうございます。 …

サイド自由欄

プロフィール


もず0017

バックナンバー

2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02

© Rakuten Group, Inc.