325596 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サマルカンドで朝食

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

結んで・ひらいて

2021.04.25
XML
カテゴリ:結んで・ひらいて
口語自由律俳誌「新墾」352号が刊行されました。
もず(瀬崎峰永)の俳句も掲載していただいています。

 姉が発狂したピンクのチューリップ咲いた

 わたくしの死屍に群がれよ冬の蝶

 捨てた女を憎んで匕首のような月
               ほか2句




ところで、この352号。
これまでほとんど注目されなかった私の句が、はじめて「反射鏡(前号で発表されたたくさんの俳句の中で人気投票をして高得点だった句)」のコーナーで選出されていました!

  なんというやけくそな雲だろう/瀬崎峰永

え、これが? と驚いたもず。
しかも、この俳句をテーマに短い小説を寄せて下さった方もおられ、もう感激でした!
次回353号では、この句の作者解説を寄稿せよとのこと。

ほかに、

  まだ漂白可能な心をぶら下げている/瀬崎峰永

を採って下さった方もおられました。感謝です。

追記
いま気がつきました。「新墾」352号で、もう一つ、前号発表したもずの句を採って下さった方がおられました。

 こっそり名前のない痛みが訪ねてきた/瀬崎峰永

嬉しいです。ありがとうございました。






最終更新日  2021.04.25 22:58:52
コメント(6) | コメントを書く


2020.12.04
カテゴリ:結んで・ひらいて
11月自選10句 @もずの句もずく



  森を、日を、霜、火を、空を、風を、生む

  夜の土踏まずに舞茸生えてきて

  9時86分にひらく詩集かな




 
  呼ばれたのはわたしの名ではない木枯し吹く




  雨ざらしの町にわたしの心が立っている

  やがては落ちて踏まれて椿

  小鳥らは眠る果実のなかの夜




  こんやの月は少しよごれている

  さびしさが夕方の雨に慰撫されている




  それはそれとして鴉が啼く




 おまけ
  見てごらん、謎の格好をした女










最終更新日  2020.12.04 11:04:30
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.02
カテゴリ:結んで・ひらいて
10月自選句10句 もずの句もずく




  金木犀の下で話し声がとまった

  歩いても歩いても梅ヶ枝餅の店ばかり

  バスの座席に落ち葉をすわらせている

  秋のまんなかに焼きうどんの店がある

  叱られた顔で月をみている









  なにも見なかったと言え秋時雨

  コハクチョウ飛来の便り 外は雨

  泣く君をやさしい嘘で満たす月

  萩濡れる摘発前夜のとおり雨

  たまには吼えてやろうか十月尽



 おまけ
  泥舟をいっぴき逃れたねずみかな







最終更新日  2020.11.02 09:09:58
コメント(2) | コメントを書く
2020.10.01
カテゴリ:結んで・ひらいて
9月自選10句 もずの句もずく



 蜘蛛が紅葉を抱いている

 いっせいに指という指がさして 虹

 ニットシャツの胸のやわらかそうな

 枕もとに知らない雨がきた

 夜の嵐 むかしの下手な恋をつれてくる





 芋のしわ じじいになってもモテてやる

 気がつけばツバメのいない空である

 お米も総理もあたらしいのがきた

 翅虫いっぴき避難にきた

 あなたを終わらせます彼岸花


おまけ
 腹をすかせた森の熊が起きてきた
   (※森の熊=うちの奥さん)






最終更新日  2020.10.01 21:14:26
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.06
カテゴリ:結んで・ひらいて
8月自選10句 もずの句もずく



  長廊下の影濃く 盂蘭盆会

  乱世の城砦あとにとんぼばかり

  蕎麦屋の窓から世界を見ている

  まだ恋が足りない椿の実がひとつ

  その朝、風鈴が死んだ





  口にふくめば不味そうな女だ

  韮の種こぼれて落ちて秋がくる

  いそしぎの影ひとつだけ空のない水辺

  へちま瓜 おんなの「かわいい!」は謎である

  ウソをつくおまえがかわいい六道参り


 おまけ
  そして、アイスクリームは無事死んだのか
 




俳句ブログ
にほんブログ村
​【PR】-----------------------------------------------

【送料無料】 聖書 聖書協会共同訳 引照・注付き SIO43 / 日本聖書協会






最終更新日  2020.09.06 17:29:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.30
カテゴリ:結んで・ひらいて
鯖の皮ぶくぶく膨れ焼きあがる / 小澤實






最終更新日  2020.08.30 21:52:30
コメント(2) | コメントを書く
2020.08.27
カテゴリ:結んで・ひらいて
朝顔の花の命や夏の雨 / 正岡子規






最終更新日  2020.08.27 08:04:37
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.22
カテゴリ:結んで・ひらいて
天涯に風吹いてをりをみなへし / 有馬朗人






最終更新日  2020.08.22 22:24:00
コメント(2) | コメントを書く
2020.08.21
カテゴリ:結んで・ひらいて

齢ひとつくってくたばる猛暑かな / 瀬崎峰永






最終更新日  2020.08.21 22:24:45
コメント(6) | コメントを書く
2020.08.20
カテゴリ:結んで・ひらいて
カレー粉と 蝉の匂いの 夏休み / 伊丹公子






最終更新日  2020.08.20 22:01:03
コメント(0) | コメントを書く

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.