325611 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サマルカンドで朝食

全1件 (1件中 1-1件目)

1

うちのラジオ紹介

2018.05.01
XML
カテゴリ:うちのラジオ紹介
うちのラジオの紹介



National RF-2600
 BCL全盛期に松下電器から発売された中堅クラスのBCLラジオ。
 古いラジオですが、僕より前のオーナーさんが修繕してくださっていたようで、ガリ音もなく、快調に動作してくれます。僕が一番よく使うラジオです。
 ボタン選局でなくダイヤル選局なので、思いがけない民族音楽に出会ったり、意外な放送が飛び込んだりと、楽しみが広がって重宝しています。
 15メートルの屋外ワイヤーアンテナを、アンテナカップラーに経由させて接続しています。
 スピーカーが大きいので、FM放送を聴くのにも最適。





SONY ICF-SW7600GR
 うちのメイン受信機。高感度高性能。マルチバンドのポータブルラジオでは世界の最高峰だといったら、ちょっと大げさか(僕はまじめにそう思っているけれど)。
 意外と電池の持ちもいいし、携帯しても小さいので邪魔になりません。
 屋外ループアンテナに接続しています。短波帯をはじめ、FM、中波、長波いずれも期待を上回る実力を発揮してくれる頼もしいラジオです。


 大きさも、ほら、ブックサイズ。 





TECSUN PL-380
 あんまり期待せず買ったのですが、驚くべき高性能。今どきの中華ラジオの実力を思い知った一台。超小型で、受信感度もまずまず。長波、中波、短波、FMとマルチだし、目覚まし機能もあるし、スリープ機能(勝手に電源が切れる)もあるし、台所で料理をしながら使えますし、旅行カバンのポケットにもすっぽり入りますし、なんなら登山用に腰にぶら下げて歩いても・・・ちょっと重いか。でも携帯用としてなにかと便利に使っています。あえて難を言うなら、液晶の時計がすぐ狂う・・・。


 


SONY ICF-6700W
 Yahoo!オークションで、ただ同然の値段で入手したジャンク品。短波受信は壊れていて不可。欧州仕様のため国内のFM放送も受信範囲から外れてしまうのが残念。
 なので中波専用機として使用していますが、中波放送の受信では、うちのほかのどのラジオも敵わない受信感度の高さを示すなど、BCL全盛期には高級通信型ラジオの一角を占めていた片鱗を垣間見せてくれます。ダイヤルのホイールを回すときの高級感はたまりません。




SONY SRF-18
FM/AMポータブルラジオ。毎朝、出勤準備をしながらNHK第一放送を聴くのに使用。電波状況の悪い我が家ではいつも苦戦を強いられるのですが、振り返ってみますと、相撲中継、紅白歌合戦、オリンピック中継など、これまでいろんなシーンで活躍してくれています。うちのラジオでは最軽量。ロッドアンテナに室内ワイヤーアンテナをつないで使用しています。





DENSO TEN ECLIPSE AVN669HD
 愛車 MAZDA DEMIO を購入した時に取り付けてあったカーナビです。前のオーナーが購入したもののようですが、中波放送受信の能力に驚かされたことは、一度や二度ではありません。市内を運転中、平壌放送の朝鮮労働党祝賀会の中継を強力に受信し続けたり、下関市に入るまで広島のRCC放送を受信したり。BCLラジオを凌ぐ高感度で、ドライブを盛り上げてくれます。






最終更新日  2018.05.26 16:33:51
コメント(0) | コメントを書く


全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.