14155920 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

でじまみ

2015.06.18
XML
カテゴリ:小規模オフィス
network.jpg


ちょっと古いソフトになるが、TinyVPNを利用して拠点間のLAN接続テストをしてみた。
一応は動いている。
ただし、ネットワークブリッジを使用するには有料の「プロフェッショナルエディション」が必要。


基本的にオフィシャルサイトのこのマニュアルに沿って設定すればよいが、私的メモとして若干の補足を付け加えておく。

なお便宜上、マニュアルでの仮の名称をそのまま使用させていただく。



「オフィスA」の「PC-A1」でブリッジ接続を設定した後、それぞれの機器のIP設定

・PC-A1
仮想ハブを置く「PC-A1」では「ネットワークブリッジ」に固定IPを設定する。

PC-A1.jpg

  • [IP アドレス] 192.168.1.3
  • [サブネットマスク] 255.255.255.0
  • [デフォルトゲートウェイ] 192.168.1.1
  • [優先DNS サーバ] 192.168.1.2
  • [代替DNS サーバ] <空欄のまま>



・PC-A2(DC)
ドメインコントローラは「オフィスA」にのみ一台

  • [IP アドレス] 192.168.1.2
  • [サブネットマスク] 255.255.255.0
  • [デフォルトゲートウェイ] 192.168.1.1
  • [優先DNS サーバ] 192.168.1.2
  • [代替DNS サーバ] <空欄のまま>



・PC-A3他
自動取得






「オフィスB」の「PC-B1」をブリッジ接続を設定した後、それぞれの機器のIP設定


・ルータB
  • [IP アドレス] 192.168.1.128


・PC-B1
「PC-B1」では「ネットワークブリッジ」に固定IPを設定する。

PC-B1.jpg

  • [IP アドレス] 192.168.1.129
  • [サブネットマスク] 255.255.255.0
  • [デフォルトゲートウェイ] 192.168.1.128
  • [優先DNS サーバ] 192.168.1.2
  • [代替DNS サーバ] 192.168.1.128



「優先DNS サーバ」はオフィスAのDCのIPアドレスを、「代替DNS サーバ」にルータBのIPを。
DCのアドレスがないと、また逆でもDNSを見つけられず、ドメインに参加できない。
逆にルータのアドレスがないとインターネットに接続できない。

PC-B1-1.jpg



・PC-B2他クライアントPC

PC-B2.jpg

  • [IP アドレス] 自動
  • [サブネットマスク] 自動
  • [デフォルトゲートウェイ] 自動
  • [優先DNS サーバ] 192.168.1.2
  • [代替DNS サーバ] 192.168.1.128


DNSだけ「PC-B1」と同様に設定する必要がある。






関連記事

既存のVPNに新たにクライアントPCを追加する - Tiny VPN

VPNの仮想ハブ設定 - Tiny VPN
















Last updated  2015.06.18 21:45:36
コメント(0) | コメントを書く


PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space














気になるアイテム




































Freepage List

Calendar


© Rakuten Group, Inc.