14172207 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

でじまみ

2015.09.07
XML
カテゴリ:小規模オフィス
netdrv.jpg



ファイルサーバー上の共有フォルダを、クライアントPCでネットワークドライブとして割り当てている場合、起動時に接続に失敗し、アイコンに×印がついてしまうことがあります。
結果的にはネットワークドライブアイコンをダブルクリックすれば接続できますが、外部アプリケーションなどからは開けない場合が多いです。

これは、ファイルサーバーを認識をする前に共有フォルダを探しにいってしまっているわけです。


起動時、確実にネットワークドライブに接続するために、VBScript を書いてスタートアップに置く方法をご紹介します。
(エクスプローラー上ではネットワークドライブから切断する)


1. メモ帳で以下を記述し、任意の場所に保存

WScript.sleep 10000
Set objNetwork = CreateObject("WScript.Network")
objNetWork.MapNetworkDrive"Z:","フォルダのパス"
  • 一行目は10秒遅延
  • フォルダのパスはフルパスで記述



2. netdrv.vbs などにリネーム


3. ショートカットをスタートアップに置く




これで毎回起動時に、ネットワークドライブに接続できない問題は回避されるかと思います。






関連記事

Windows 8 でネットワークドライブを割り当てる方法

Windows 8 をワンクリックでシャットダウンするスクリプトファイルを作成
















Last updated  2015.09.07 21:41:39
コメント(0) | コメントを書く


PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space














気になるアイテム




































Freepage List

Calendar


© Rakuten Group, Inc.