13597225 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

でじまみ

全5件 (5件中 1-5件目)

1

Webサーバ

2013.10.19
XML
カテゴリ:Webサーバ
Word2013.jpg


Wordの「差し込み印刷」機能を使うと、簡単に宛名などのラベル印刷をすることができます。ラベルメーカーの主要な製品のさまざまなタイプのラベルが登録されているので、型番を探して簡単にレイアウトできます。

印刷しようとするラベルの型番が登録されていなくても、寸法を入力するだけでどんなタイプのラベルシートにでも対応できます。



Word で新規文書を開いて「差し込み文書」「作成」「ラベル」を選択
  • RA001.jpg

「宛名ラベル作成」ダイアログで「オプション」をクリック
  • RA002.jpg

メーカーを指定し型番を探しますが、今回印刷したい「A-ONE 72230」というラベルがありません。
  • RA003.jpg

そこで「新しいラベル」をクリックします。
  • RA004.jpg

ここにラベルの寸法図を見ながら、数値を入力していきます。
  • RA005.jpg



    RA006.jpg



ここで水平方向の間隔とは、「ラベルの幅」と「ラベル間のすきま(マージン)」を足した数値になります。
  • RA007.jpg

すべて入力すれば、新しいラベルの登録完了です。

一度登録しておけばまた同じラベルに印刷したい時、すぐに呼び出せて便利です。






関連記事

Word 2013 で以前のバージョンで作成した差し込み印刷用の文書を使用する

Word と Excel で年賀状などハガキの宛名を作成するコツ

WordやExcel内の図形を簡単に画像ファイルに変換する方法 (Windows7, Office2010)
















Last updated  2013.10.19 18:21:45
コメント(2) | コメントを書く


2012.06.05
カテゴリ:Webサーバ

現在htmlとcssを勉強中でして、自社のWebサーバもまだ計画・実験段階。

なので作成したページをアップするのに無料のレンタルサーバを登録してあったのです。

@PAGESという無料ホームページスペースサービスで、簡単に特徴書きますと


無料
1GBの大容量
PHP、CGIが使える
Mysql,SQLiteが使える

と、無料にしては結構いいかもと思ったわけです。

全ページに広告が入りますが、試験的に使うなら問題ないし。


テスト初めて2ヶ月くらい放置してあったので、しばらくぶりにいじってると…


  • 2012-5-29_11-36-16_No-00.jpg


ファイルをFTPサーバに転送することができませんでした


そして

  • 2012-5-29_11-37-37_No-00.jpg



なぜか0バイトファイルがアップされたことになってるし


そういえばサーバの障害情報とか来てた、と思いだし、


  • 2012-5-29_11-28-54_No-00.jpg




2chの書き込みで同様の症状の書き込み発見


どうやら、41鯖がダメらしい…


登録ユーザーには

http://www○○.atpages.jp/ユーザID/ (○○は数字)

というスペースが与えらえるのですが、うちのがまさに41鯖…


他のサーバ探すのも面倒だし、無料だから別アカウントで登録してやれ、

と新たにユーザー登録すると今度は

43鯖になりました。


さっそくテストUPしてみると

  • 2012-5-29_11-30-47_No-00.jpg



バッチリOKでした。




で、今回何をしたかったかというと

.htaccessでBasic認証をかけたかったんですよ。

そう、ユーザー名とパスワード入れないとページが表示されないやつ。


ずいぶん昔に1度作ったことがあったのですが、

.htaccessEditor」なんて便利なものがあるんですね。


さっそく利用させてもらい、.htaccessと.htpasswdを作成


.htaccessの中身は

<Files ~ "^\.(htaccess|htpasswd)$">
deny from all
</Files>
Options -Indexes
AuthUserFile /usr/local/www/htdocs/(ユーザーID)/public_html/(アクセス制限したいディレクトリ)/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Please enter your ID and password"
AuthType Basic
require valid-user
order deny,allow



AuthUserFileの部分は@PAGESのFAQで確認



これをUPして、さあページを更新

ところが

  • 2012-5-29_21-14-14_No-00.jpg


500 Error - Internal Server Error
CGIもしくはSSIが正しく動作していません。


もおなんか、うまくいかないことばっかり


で、あれこれ格闘たのち、昔作った.htaccessと入れ替えてみると


  • 2012-5-29_15-23-31_No-00.jpg




今度は認証ダイアログが出てうまくいきました。


比較したところどうやらこの1行が原因のようです


Options -Indexes


これはファイル一覧を表示させない記述だということなのですが。

FAQには

「ユーザー認証のコントロールコマンドのみ記述を許可しております。」

と記述がありますが、これが該当するのでしょうか?


謎は残りますが、「Options -Indexes」の頭に「#」を付けてコメント化し、以下の記述でうまくいっています。

<Files ~ "^\.(htaccess|htpasswd)$">
deny from all
</Files>
#Options -Indexes
AuthUserFile /usr/local/www/htdocs/(ユーザーID)/public_html/(アクセス制限したいディレクトリ)/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Please enter your ID and password"
AuthType Basic
require valid-user
order deny,allow








Last updated  2012.06.05 17:18:46
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.19
カテゴリ:Webサーバ
Webサーバを公開する場合はサーバ本体と「Apache」を常時起動しておく必要があります。

サービスとして起動しておけば本体さえ電源が入っていれば、ログオンせずともバックグラウンドでアプリケーションが実行されます。


サービスとして起動する場合は、まずサービスの登録を行ないます。

コマンドプロンプトを開き、「cd C:\Program Files\Apache24\bin\」を入力しプログラム本体のディレクトリに移動して「httpd -k install」を実行します。

2012-4-10_19-34-22_No-00.jpg


次のように表示されました。


では、Windowsサービスとして登録されているかの確認と、サービスの起動を行ないます。

「スタートメニュー」「マイコンピュータ(コンピュータ)」を右クリック「管理」から「サービスとアプリケーション」を開きます。

2012-4-10_19-37-1_No-00.jpg


その中の「Apache2.4」を開きます。

2012-4-10_19-37-34_No-00.jpg


「開始」ボタンを押します。

「スタートアップの種類」が「自動」になっていれば、次回起動時からは自動的にサービスが開始されるのでこの作業は必要なくなります。

試しに再起動した後に、ブラウザでアクセスしてみるといいでしょう。


ここまで来たら別のPC(クライアント)からアクセスできるかやってみます。

まずサーバのIPアドレスを調べます。

コマンドプロンプトを開き、「ipconfig」を実行します。

2012-4-10_19-39-20_No-00.jpg


このIPアドレスを同一LAN上の別のPCのブラウザに入力します。

2012-4-10_19-40-30_No-00.jpg


このページが表示されれば無事に起動していることになります。


【関連リンク】
「Apache」でWebサーバを構築 1「インストール編」 (でじ☆まみ)
「Apache」でWebサーバを構築 2「起動編」 (でじ☆まみ)










Last updated  2012.04.19 13:17:18
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.18
カテゴリ:Webサーバ
前回インストール・設定した「Apache」を実際起動してみます。

実行プログラムは「Apache24\bin\httpd.exe」です。

2012-4-10_18-46-35_No-00.jpg


コマンドプロンプトを開き、「cd C:\Program Files\Apache24\bin\」を入力し、プログラム本体のディレクトリに移動して「httpd」を実行します。

2012-4-10_18-59-40_No-00.jpg


すると、

2012-4-10_19-0-8_No-00.jpg


httpd.exe - コンポーネントが見つかりません
MSVCR100.DLL が見つからなかったため、アプリケーションを開始できませんでした。アプリケーションをインストールし直すとこの問題が解決する場合があります。

と、エラーが出てしまいました。

実は、Windows7では問題ないのですがWindowsXPやほかの環境では「Microsoft Visual C++ 2010 ランタイム コンポーネント」をインストールする必要があります。

Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)


よりダウンロードしてインストールします。(64bitの場合はx64の方をインストールします)

2012-4-10_19-0-40_No-00.jpg


再度、コマンドプロンプトから「httpd」を実行すると、

今度は、

2012-4-10_19-1-54_No-00.jpg


AH00526: Syntax error on line 237 of C:/Program Files/Apache24/conf/httpd.conf:
DocumentRoot must be a directory

と、このようなエラーが出てしまいました。

実は設定時に私が見落としていたのですが、設定ファイル「http.conf」の中にプログラムのパスを書き換えていない箇所があったためです。(「インストール編」を参照)

エラーメッセージ通り237行目から238行目の

DocumentRoot "c:/Apache24/htdocs"
<Directory "c:/Apache24/htdocs">



DocumentRoot "c:/Program Files/Apache24/htdocs"
<Directory "c:/Program Files/Apache24/htdocs">

に書き換えました。


では3度目の正直、コマンドプロンプトから「httpd」を実行すると今度は、

2012-4-10_19-23-3_No-00.jpg


無事、起動できました。

これでもまだエラーが出る場合は、再度設定ファイル「http.conf」を見直します。


停止する場合は Ctrl+C を押すと停止します。



本当に起動しているか?(疑っているわけではありませんが)実際にブラウザを使って確認してみます。

次のURにアクセスしてみます。

http://localhost/


2012-4-10_19-26-39_No-00.jpg


このように表示されれば無事起動できています。

このページはデフォルトで用意されているもので、「Apache24\htdocs\index.html」です。


「http.conf」の設定でポート番号80番以外を使うようにせってした場合(例えば8080番)は、以下のURLにアクセスします。

http://localhost:8080/

80番はWebサーバのHTTPに割り当てられているポートなので省略可能です。



【関連リンク】
「Apache」でWebサーバを構築 1「インストール編」(でじ☆まみ)
「Apache」でWebサーバを構築 3「サービスとして起動編」(でじ☆まみ)







Last updated  2012.04.19 21:52:43
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.14
カテゴリ:Webサーバ

イントラネットでWebサーバを建てて、社内向けのWEBページ(業務支援サイト)を作成しておりまして

要するに社内LANの中だけで利用する、インターネットには公開しないページです。

コンテンツは未完成なのですが、まずはその公開方法についてまとめました。


使用サーバは、同時接続数も少ないし新たにマシンを用意するのもなんなので、「VMware Player」で走らせてるWindows XPSP3 32bitを。

ソフトは「Apache2.4.2」(現時点での最新版)です。

081.JPG




ダウンロードは、こちら参考にさせていただき、ここより「httpd-2.4.2-win32-ssl_0.9.8u.zip」を。


2012-4-11_17-42-54_No-00.jpg



解凍したら中の「Apache24」フォルダごと任意の場所に置くのですが、あとで設定ファイルにパスを書き直さなければならないのを頭に入れておきます。

今回は「C:\Program Files」に入れました。

2012-4-11_17-40-37_No-00.jpg


次に設定ファイルの書き換えですが、「Apache24\conf」の中に入っている「http.conf」をメモ帳などで開きます。

2012-4-11_17-47-35_No-00.jpg


次の箇所を書き換えます。


1 「c:/Apache24」となっている部分をすべて「C:/Program Files/Apache24」に



2 213行目「#ServerName www.example.com:80」の部分を

 (公開サーバの場合)「ServerName <ホスト名>:<ポート番号>」

 (ローカルの場合)「ServerName localhost:80」




今回はローカルで動かすので後者にしました。

ポート番号を変更する場合は、

58行目の「Listen 80」を書き換えます。

ちなみにメモ帳などで開くと行番号がわかりませんので、Excelに張り付けてやるとわかります。

2012-4-11_18-1-28_No-00.jpg



※ ポート番号について

公開サーバにしてスマホなどからのアクセスを考えている場合、SoftBankは80番以外のポートをブロックしてしまうので注意が必要です。



以上で設定ファイルの書き換えは終了です。




【関連リンク】
「Apache」でWebサーバを構築 2「起動編」 (でじ☆まみ)
「Apache」でWebサーバを構築 3「サービスとして起動編」 (でじ☆まみ)







Last updated  2012.04.19 21:54:44
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.