13578033 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

でじまみ

全4件 (4件中 1-4件目)

1

Windows10

2016.04.01
XML
カテゴリ:Windows10
win10.jpg



Windows 10 無料アップグレード期間終了まであと4か月足らずとなりようやく火がついた私 (^-^;
とりあえず、職場のPCで差し障りのないもので検証。


一度アップグレードしてしまえばその後、クリーンインストールは何度でもOKです。
その際のインストールメディアを複数台インストール用に作成しました。


以前記事にしたようにメディア作成ツールを使用します。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10


言語、アーキテクチャ、エディションの選択にて
「このPCにおすすめのオプションを使う」
のチェックを外して、アーキテクチャを 32bit 64bit 両方にします。

w10im01.jpg



これで別々のメディアを作る手間が省けます。


今回は保存版のDVDにするために ISOファイル を選択しました。

w10im02.jpg



しばらくすると「Windows.iso」ファイルが落ちてくるのでこれを Imgburn などで焼きます。
ただしこの ISO は6.17GBあります。
通常の一層DVDには焼けないので二層または、BDメディアに焼く必要があります。


完成!

w10im03.jpg




さて実際このメディアを使用してクリーンインストールしていきますが

最初に32bitか64bitを選択

DSC00262_R.JPG



そしてプロダクトキーを求められますが、一度アップグレードしていれば不要「プロダクトキーがありません」を選択して進みます

DSC00265_R.JPG




あとは途中、Pro か Home エディションを選択します

DSC00266_R.JPG





実際、メディアは DVD にするかUSBメモリにするかはお好みで。
ただメジャーアップデートがあるとメディアの中身も変わります。
古いビルドを保管しておく目的なら ISO が適当じゃないかと思われます。







関連記事

Windows 8.1 インストールメディアを作成する

Windows 8 インストールDVDから USBインストールメディアを作成する




最新OS Microsoft Windows 10 Home 日本語版 32bit/64bit…

最新OS Microsoft Windows 10 Home 日本語版 32bit/64bit…
価格:15,980円(税込、送料込)













Last updated  2016.04.01 19:11:48
コメント(0) | コメントを書く


2016.03.25
カテゴリ:Windows10
usb.jpg


先日修理から戻ってきた インテル Compute Stick STCK1A32WFC ですが、また起動しなくなるなどの不具合が起きる前に、念のため「回復ドライブ」を作成することにしました。

回復ドライブはディスクのリカバリー領域をそっくりコピーするので、万一ディスクが完全フォーマットされてもなんとかなるんじゃないかと思います (^-^;


「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「ファイル履歴」→左下の「回復」→「回復ドライブの作成」と進みます

kffr01.jpg



「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」はチェックを入れたままで次へ

kffr02.jpg



ここでは8GB以上と出ていますが、16GB以上のUSBメモリを用意しておいた方が無難でしょう

kffr03.jpg






実はこの Compute Stick 回復ドライブの作成に2回失敗し、3回目にようやく成功しました。
しかも完了までにめちゃくちゃ長い時間がかかりました(おそらく20時間ほど)

kffr04.jpg



原因はわかりませんが、結果的にはまあ良しとします。

ちなみに回復ドライブ作成後は、リカバリー領域を削除してディスクの空き容量を増やすことができます。




稼働からその後10日ほど経過しましたが・・・
まあ問題なく使えてます。

TV画面に繋いだ Compute Stick は、カミさんがネット見るのとメールチェックするだけなんですけどね。
それでも2万円でお釣りがくるパソコンなんて、他にないですよね?
絶対お得だと思います。







関連記事

Windows 8 回復ドライブの作成

パソコンのリカバリー領域を非表示にする方法
















Last updated  2016.03.25 18:52:51
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.16
カテゴリ:Windows10
windows_logo.jpg



Windows の バージョン確認方法

Windows 7 の場合

スタートボタン → プログラムとファイルの検索窓 → 「winver」と入力し実行

winver01.jpg




Windows 8.1 の場合

「Windowsキー」+「X」 または スタートボタンを右クリック → 「ファイル名を指定して実行」 → 「winver」と入力し実行

winver02.jpg




Windows 10 の場合

タスクバーの検索窓 → 「winver」と入力し実行

winver03.jpg





また Windows8.1と10は
「エクスプローラー」→「ファイル」→「ヘルプ」→「バージョン情報」
でも確認できます。



ちょっとした小ネタでした。






関連記事

Flash Player 現在バージョンの確認と、手動アップデート

Windows 8 が UEFIインストールされているかを確認する方法
















Last updated  2016.03.16 21:37:51
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.02
カテゴリ:Windows10
win10.jpg



Windows10 をインストールする際にメディア作成ツールを使用すると、インストール用DVDやインストール用USBメモリを作成することができます。
つまり一度Windows10にUpdateしておけば、メディアを使ってクリーンインストールができます。




以前ツールをダウンロードする際には、64bit版か32bit版かを選択する必要がありましたが、現在はダウンロードするマシンに合ったものが自動的にダウンロードされます。

win10md01.jpg



メディア作成ツールを実行し「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択

win10md02.jpg



「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」にて
「このPCにおすすめのオプションを使う」
のチェックを外します

win10md03.jpg



すると、アーキテクチャに 64bit または 32bit を選択できるようになります

win10md04.jpg



あとは画面の指示に従い、USBドライブかISOファイルかを選択します


また、インストール時にプロダクトキーが必要になる場合もあります。






関連記事

Windows 8.1 インストールメディアを作成する

Windows 8 インストールDVDから USBインストールメディアを作成する




最新OS Microsoft Windows 10 Home 日本語版 32bit/64bit…

最新OS Microsoft Windows 10 Home 日本語版 32bit/64bit…
価格:15,980円(税込、送料込)













Last updated  2016.02.02 19:25:19
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.