14160977 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

でじまみ

全101件 (101件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

自作PC・PCパーツ

2015.08.24
XML
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
usb.jpg


GIGABYTE BRIX のBIOSをアップデートしようと試みたのですが、DOS環境からでないとアップデートできない(Windowsコマンドプロンプトからでは実行できない)ことが判明しました。
(BIOSのバージョンによる)

Win98時代は、よくDOSブート可能なフロッピーやCDを作成していたのを思い出しました。が、当然今の時代は USB メモリを使うでしょう。

そこで以下の手順で DOSブート可能なUSBメモリを作成しました。
GIGABYTEの英語表記のサイトを参考)




必要なもの
  • HP USB Disk Storage Format Tool
  • MS-DOS System Files


「HP USB Disk Storage Format Tool」「MS-DOS System Files」は多数配布サイトがありますが、今回は以下のサイトから入手しました。

Rumors city
https://rumorscity.com/2013/12/04/how-to-create-a-dos-bootable-usb-drive/
(解凍にはパスワードが必要)


1. HP USB Disk Storage Format Tool のインストール

2. MS-DOS System Files を解凍、任意の場所に保存

3. 空のUSBメモリを用意

4. HP USB Disk Storage Format Tool を実行(管理者権限)

以下のように設定

USB01.jpg


(using DOS system ~ は、ダウンロードした MS-DOS System Files を指定する)



終了すれば完成です。



DOSブートするには、PCにUSBメモリを挿入、BIOSでブート順位を入れ替えます。

このように画面が表示されれば成功です。

DSC07670.JPG








関連記事

Windows 8 インストールDVDから USBインストールメディアを作成する

Windows7 SP1統合済みディスクからUEFIインストール可能なメディアを作る
















Last updated  2015.08.24 23:14:55
コメント(0) | コメントを書く


2015.06.19
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
ER000.jpg



得意の寄せ集めパーツで一台自作、そしてOSインストール・・・
と調子よくいくはずが、今回はエラーでインストールできず。


Status: 0xc00000e9
Info: An unexpected I/O error has occurred.



マシンの構成は以下の通りです。

  • CPU: Core i5-2400S
  • M/B: ASUS P8Z68-M PRO
  • SSD: MZ-7PC128B/IT (SAMSUNG 830 128GB)
  • メモリ: DDR3 PC3-10600 4GB×2
  • 光学ドライブ: TOSHIBA Sumsung SH-S243D+S
  • インストールOS: Windows7 Professional 64bit


ちょっと初めて見る内容だったので、すぐにググるとマザーのBIOSが古いかららしい。

見てみるとその通り。

BIOSバージョン:3510 2012/01/13
ER01.jpg

おいおい、3年以上前ですよ!
現行は、というとこちらも2年前ですが 4003

サポート
からダウンロードしてアップデートします。

ASUS製のマザーのBIOSアップデートについては、このブログでもう何度もご紹介しているので省略します。


ER02.jpg



さて、アップデートも無事すんだことだしこれで大丈夫だろうと思いきや、やっぱりダメ。

結局はこのあと、インストールドライブをUSB外付けDVDドライブにし、レガシーインストールでようやく解決しました。
結局は UEFI 絡みのエラーだったんでしょうかね。


上の構成を見てみると、SSDが一番新しい。といってもこれも3年前ですが。
ていうか、懐かしいパーツの面々です (^-^; 私がブログを始めたころ買ったパーツたちですね。
おそらく Windows10にはアップグレードが難しそうですから、このままもうバラすことなく、Windows7で生涯を終えていくかと思います。







関連記事

新設PC

サムスンSSD 830シリーズ MZ-7PC128B/IT
















Last updated  2015.06.19 20:53:55
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.12
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
DSC06925_R.JPG


PCを自作していると、余ったパーツを寄せ集めると1台組めちゃったりします。
今回も寄せ集めで一台組みましたが、マザーがP67だったので別途グラフィックボードが必要です。
手持ちのグラボが、SAPPHIRE HD6670 と NVIDIA GT240 しかなく、GT240はうるさいので、HD6670にしてました。
でも大したことさせないし、やっぱもったいないので安価なグラボを買うことにしました。


玄人志向 AMD Radeon HD5450搭載 PCI-Express グラフィックボード
RH5450-LE512HDD3HSG


DSC06926_R.JPG



5年くらい前の製品です。
だいたい3,000円台前半で買えます。


DSC06930_R.JPG



ファンレスでメモリ512MB、HDMI もついてます。

ロープロ用ブラケットももちろん、付属品にはドライバーCD。

DSC06932_R.JPG




取り付け時、ちょっと困ったことが。

3つのインターフェースが真横に並んでいるので、VGAがブラケットのかなり端っこまで進出。

DSC06934_R.JPG



ケースによっては、こんなふうにこのツメの部分にあたってハマりませんでした。
なので少しツメをペンチで曲げたらハマりました。

DSC06936_R.JPG



(なんか写真がブレブレですけど・・・)



ケースのカバーをするとほぼ無音です。さすがファンレス。

ちなみに SAPPHIRE HD6670 と消費電力を比較すると
50W → 45W
でした。


これは、このマザー(msi H55-GD65)が生きている限りはセットで使い続けることになりそうですね。







関連記事

マウスコンピューター MDV-ADS7220S 再セットアップ

オンボードグラフィックがないマザーボードに、とりあえず映ればいい的な安価なグラフィックボード「玄人志向 GF210-LE1GHD/D3」




 玄人志向 RH5450-LE512HD/D3/HS/G2

 玄人志向 RH5450-LE512HD/D3/HS/G2
価格:3,650円(税込、送料別)













Last updated  2015.06.12 23:24:14
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.29
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
DN2820FYKH.jpg



前回までで、組み立て~OSインストールまでを行った Intel NUC キット「DN2820FYKH」のスペックなどを記しておきます。



スペック
  • CPU: Celeron N2820(Bay Trail-M) (最大 2.40GHz デュアルコア、1MB キャッシュ、7.5W TDP)
  • メモリ: DDR3L-1600/1333 SO-DIMM(低電力1.35V) (1066MHzにダウンクロック) MAX8GB 1スロット
  • グラフィックス: HD Graphics HDMI* 1.4a x 1
  • ストレージ: 2.5 インチ HDD または SSD を搭載可能(ただし SATA2)
  • 拡張スロット: ハーフサイズmini PCI Expressスロット(Intel Wireless-N 7260BN 占有)
  • USB 3.0x1(フロント)、USB 2.0x2(リア)
  • Gigabit Ethernet
  • オーディオジャック
  • 赤外線センサー



組み込んだパーツ等

・メモリ: CFD D3N1600Q-L4G (低電圧:1.35V)
DSC06612_R.JPG


・SSD: トランセンド TS64GSSD370S(SATA 6Gb/s 64GB)

DSC06617_R.JPG


・OS: Windows 7 Professional SP1




ベンチマーク等

・エクスペリエンスインデックス
NUC01.jpg


・CDM
NUC02.jpg



・消費電力(ワットチェッカーにて)
  • 起動時 MAX 8.2W
  • アイドル時 5.7W
  • 高負荷時 9.4W


・CPU温度(室温25℃)
  • アイドル時 41℃
  • 高負荷時 48℃


・SSD温度(室温25℃)
  • アイドル時 23℃
  • 高負荷時 25℃




その他についてですが、以前のNUCをご存知の方お馴染でしたが、このモデルはミッキーコネクタが必要なくなりました。代わりに各国対応の電源プラグアダプターが付属しています。

DSC06578_R.JPG



メモリのダウンクロック、SATA が3.0Gb/sなのは価格相応で仕方のないところでしょうか? 動作もその分もっさり感が否めないですね。
ただ消費電力については文句なし。非力なCPUゆえ、温度についても気にする必要もないですが、特にストレージは本体基盤とパネルで完全に隔離される構造なのでほとんど温度上昇の影響を受けません。高スペックになるほどこの恩恵は大でしょう。

動画再生もほぼ問題なし。ネット閲覧、文書作成等で使用するサブPCとしてもOKでしょう。
ただやはり省電力であることと、赤外線センサー搭載なのでやはり、何かしらのホームサーバー的な使い方をしたいですね。


今回は職場にて、24h稼働のちょっとしたサーバー代わりに導入してみました。








関連記事

インテルNUCベアボーンキット「BOXDC3217IYE」- 組み立てからOSインストールまでのまとめ

GIGABYTE BRIX GB-BXi7H-4500 スペック等のまとめ






【トランセンド(Transcend)】SSD 64GB S-ATA3 TS64GSSD370S

【トランセンド(Transcend)】SSD 64GB S-ATA3 TS64GSSD370S
価格:6,090円(税込、送料別)











Last updated  2015.05.29 18:45:40
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.27
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
DN2820FYKH.jpg



前回、Intel NUC キット「DN2820FYKH」のBIOSをアップデートしたお話をしました。その続きで、今回はOSのインストールのことについてです。
(前回のBIOSアップデートは完了していることが前提です)

Intel NUC 「DN2820FYKH」 のBIOSアップデート


Windows7インストールに必要なものは、正規DVD-ROMパッケージか、UEFIインストール可能なメディア(USBメモリ)です。
いずれもSP1で確認済みですが、無印のインストールが可能かは未確認です。

(参考)
Windows7 SP1統合済みディスクからUEFIインストール可能なメディアを作る



インストール前にBIOSにて以下の確認を行います。
  1. Advanced の項目から [Devices and Peripherals] - [SATA] - [Chipset SATA Mode] が [AHCI]
  2. [Boot] - [Boot Priority] - [Legacy Boot Priority] - [Legacy Boot] が有効か
  3. [Boot] - [Boot Configuration] - [UEFI Boot] - [OS Selection] を [Windows 7] に設定
  4. 設定が完了したら、BIOS の設定を保存


ここで [OS Selection] が [Windows 7] になっていないと、インストール時にブルースクリーンになります。
また、前回のBIOSアップデートを行っていないと、[OS Selection] が出てこない場合もあります。

DSC06621_R.JPG



以上用意ができたら、インストール用のUSBデバイスを接続して起動、インストールを行います。

DSC06632.JPG



次に、ドライバーのインストールです。
OSインストール直後は、デバイスマネージャがこのような状態です。

NU701.jpg


以下のページから、最新のドライバー一式をダウンロードします。

DN2820FYKH ドライバー・バンドル
https://downloadcenter.intel.com/ja/product/78953/-NUC-DN2820FYKH



中身はこのようになっています。

NU702.jpg


上から
  • オーディオ
  • Bluetooth
  • チップセット
  • インテル NUC 用 Nuvoton コンシューマー赤外線
  • グラフィック
  • インテル トラステッド・エグゼキューション・エンジン
  • LAN
  • USB3.0
  • Wifi


インストールすると、以下のようになります。

NU703.jpg


さて、あとは Windows Update で更新プログラムの適用を行います。
が、2015年5月現在ですと、このように185個の更新プログラムがヒットします (^-^;

NU704.jpg


すべてダウンロード、インストールし終わるまでに約4時間、インストールが終わってから、さらに追加に40個 (;´Д`)
7の再セットアップは時間がかかります。
SP2がないのが痛いところですね・・・









関連記事

SP1統合済みWindows7インストールディスクの作成方法

インテルNUCベアボーンキット「BOXDC3217IYE」- 組み立てからOSインストールまでのまとめ




参考リンク

Intel - DN2820FYKH
















Last updated  2015.05.27 20:46:49
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.26
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
index2.jpg



Intel NUC キット「DN2820FYKH」を購入。組み立て後、OSをインストールする前に、まずBIOSのアップデートを行いました。




購入時のバージョンは 0034

CAP1_R.jpg


Windows7 をインストールする場合は、アップデート必須。
そのまま実行すると、「STOP 0x000000A5」エラーでブルースクリーンになります。

DSC06621_R.JPG


下記サポートページにて、最新の 0050 をダウンロードします。

BIOS Update [FYBYT10H.86A]



アップデート方法にはいくつか方法がありますが、USBメモリを用いてBIOS画面上で行う「Recovery BIOS Update」を行いました。
必要なファイルは、「FY0050.BIO」です。

これをダウンロード後、USBメモリにコピー。本体に差し込んだら本体の電源を入れ、BIOSを起動します。

メイン画面でBIOSバージョンが書かれている右の「Update」をクリック

「Do you want to check the internet for a BIOS update?」画面が出たら「No」を

DSC06622_R.JPG


USBメモリ上の「FY0050.BIO」を指定して

DSC06623_R.JPG


目的のBIOSバージョンを確認後「Yes」を

DSC06625_R.JPG


アップデートが始まります
DSC06626_R.JPG



正常にアップデートされれば
「Flash update has comleted successfully.」
と表示された後、自動で再起動します。

DSC06628_R.JPG


再度BIOSを起動し、正しいバージョンになっているか確認します。
CAP03_R.jpg



0050(日付は 2015.0326)になっています。







関連記事

NUCキット 「BOXDC3217IYE」 のBIOSアップデート

BRIX GB-BXCEH-2955 のBIOSアップデート




参考リンク

Intel - DN2820FYKH
















Last updated  2015.05.26 20:44:06
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.02
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
DSC04711_R.JPG



旧PT2鯖
  • CPU: AMD E-350
  • M/B: ASUS E35M1-M PRO
  • メモリ: DDR3 PC3-10600 4GB×2
  • SSD: Crucial m4 64GB (CT064M4SSD2)
  • HDD: WD WD30EFRX(3TB)+ WD30EZRX(3TB)
  • VGA: Radeon HD 6310
  • 電源: 剛力短2プラグイン 500W
  • チューナー: PT2 × 2
  • ICカードリーダ: NTTCom SCR3310
  • USB変換: 奥沢二丁目 AR-UPIPO-B
  • OS: Windows 7 Professional SP1 64bit
  • ケース: SILVERSTONE SST-GD06B


新PT3鯖
  • CPU: Intel Core i3 4130(Haswell)
  • M/B: ASUS H87M-E
  • メモリ: DDR3 PC3-10600 4GB×2
  • SSD: Crucial CT256MX100SSD1
  • HDD: WD WD30EFRX(3TB)+ WD30EZRX(3TB)
  • VGA: インテルHD
  • 電源: 剛力短2プラグイン 500W
  • チューナー: PT3 × 3
  • ICカードリーダ: NTTCom SCR3310
  • USB変換: 奥沢二丁目 AR-UPIPO-B
  • OS: Windows 7 Professional SP1 64bit
  • ケース: SILVERSTONE SST-GD06B


要は交換したのが、チューナー、CPU、マザー、SSD と中身のソフト
ただしケース内のパーツをほとんど取り外さないとなので、かなり手間がかかりました。

この過密状態から、まず一旦電源以外を取り外していきます。
DSC04688_R.JPG


ケースファンつけすぎ?
DSC04692_R.JPG


約4年間、よく働いてくれました
DSC04694_R.JPG


ようやくここまできました
DSC04695_R.JPG


新しいマザーの取り付け
DSC04696_R.JPG


チューナーは3枚
ケース右側、5インチベイの裏側にメインのHDDを一台取り付けます。
USB3.0コネクタが少々キツイ
DSC04699_R.JPG


新旧ふたつのSSDを並べたところ
このM4には例の「5,184時間問題」で苦しめられましたなぁ・・・それも今となってはいい想い出 (^-^;

DSC04700_R.JPG


内部USB変換 → カードリーダー部分
DSC04701_R.JPG


きっちり収めて完成 \(^o^)/
DSC04704_R.JPG


裏側
DSC04706_R.JPG



操作はリモートデスクトップで別PCから。ただしカードリーダーが反応しなくなるのでその度バッチで再起動かけ、SpinelやTVRockとかはサービス起動させて稼働します。

やっと非力なE-350から解放され、めちゃ軽快になって生まれ変わりました。
PT3発売時に並んで買った時から早3年近く。またずいぶん長いこと放置してしまってましたねぇ・・・ (^-^;







関連記事

Windows7録画サーバーとRegzaの共有フォルダ設定

「PT3」が6月発売、PCI Express対応に
















Last updated  2015.03.02 19:48:12
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.19
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
SESVS03.jpg



先日からちまちまやっておった、新自作録画PC。テスト稼働もいい感じなので、ここらでスペック等まとめです。

  • CPU: Intel Core i3 4130
  • M/B: ASUS H87M-E
  • メモリ: DDR3 PC3-12800 8GB(ADATA)×1
  • SSD: Crucial CT256MX100SSD1
  • HDD: WD WD20EFRX(2TB) ※仮
  • VGA: インテルHD
  • 電源: SUPER FLOWER SF-1000R14SE ※仮
  • チューナー: PT3 × 3
  • ICカードリーダ: NTTCom SCR3310
  • USB変換: 奥沢二丁目 AR-UPIPO-B
  • OS: Windows 7 Professional SP1 64bit


アプリケーション等
  • TVTest
  • Spinel(S)
  • TVRock(S)
  • EpgDataCap_Bon(S)
  • sexe
  • TimeTune(S)
    ※ Sはサービス


消費電力(ワットチェッカーにて計測)
  • 待機時: 0W
  • アイドル時: 35.0W
  • 1ch録画時: 37.2W
  • 2ch同時録画時: 38.6W
  • 3ch同時録画時: 40.4W
  • 4ch同時録画時: 42.3W

4ch同時録画時において
  • メモリ占有: 3.2GB
  • CPU占有率: 10%


とりあえずはこんなとこ。


自宅設置時は実際、旧鯖ケース SILVERSTONE SST-GD06B の中身をごっそり交換する形です。
(電源・HDDも現行の鯖のものを使用)

よって待機電力等微妙に変わってくる可能性あり。


さて、本稼働をいつにしようか・・・。
その前に旧鯖のデータ整理しとかないと。






関連記事

先日セットアップしたPCに、PT3をインストール

Regza用PT録画サーバーのHDDを交換
















Last updated  2015.02.19 21:11:50
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.27
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
ASIN01.jpg



ASUS のマザーボードを使用しているPCにてこのエラー。

AsusSsetup
c:\Users\(ユーザー名)\AppData\local\temp\(6桁の数字)Log.iniis lost



「lost」だから、「なくなったよ!」と言われているのはわかります。
が、別のユーザーのパスを辿っていくと、ちゃんと存在するんです!

私の場合
115152Log.ini
というファイルが存在。

なるほど、
「115152Log.iniis lost」 は
「115152Log.ini is lost」
だったんですね。



どうやら以下の状況でこのエラーが起こるようです。

ASUS のセットアップディスクやダウンロードしたファイルで、ドライバーなどをインストールした実績がある(おそらくチップセットドライバ)

その後、
別のユーザーアカウントでログインした
または、
temp 内のファイルを削除した

どうやらこのタイミングで発生するものと思われます。


以下の記事とコメントを参考にさせていただきました

「AsusSetup log.iniis lost」エラーの解決法
http://michisugara.jp/archives/2013/asussetup_error.html





対処法

ログオン時に「iSetup115152」が実行されるようスケジュールされていましたので、これを削除します。
(ちなみに「ASUS AI Suite」はインストールしておりません)

タスクスケジューラにて、「ASUS」の項目から該当の項目を削除します。

ASIN02.jpg



削除後は特にPCに問題が起こっていることはありません。
ただ環境によって不具合が起こらないとも限りませんので、一度「無効」にして様子を見るのもいいかと思います。






関連記事

標準ユーザーでUACにひっかかる ASUS「AI Suite II」のスタートアップを無効にする

ASUSマザーボード付属のディスクにて、ドライバインストール後に 0x0000001E エラー
















Last updated  2015.01.27 21:53:18
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.21
カテゴリ:自作PC・PCパーツ
DSC09495_R.JPG


昨日からの続きで、Windows 7 自作マシンにOS再インストールを実行後、ドライバーをインストールしていきます。

最新ドライバーはマザーボードの製品サポートページからダウンロード

ASUS H87M-E サポートページ
http://www.asus.com/jp/Motherboards/H87ME/HelpDesk_Download/
  • Intel Chipset Driver - バージョン 9.4.0.1016
  • Management Engine Interface - バージョン 9.5.15.1730
  • オーディオ - バージョン 6.0.1.7354
  • グラフィック(VGA) - バージョン 10.18.10.3412
  • LAN - バージョン 7.85.425.2014&8.31.4
  • USB3.0 - バージョン 2.5.0.19

以上を個々にインストールしましたが、この段階で不明なデバイスが一件

H87UPD01_R.jpg


マザー付属のインストールディスクから、チップセットドライバーをインストールすると、不明なデバイスが解消しました。

前回ディスクからインストールしたら不具合が発生したので、直接最新ドライバーを入れましたが、最初にディスクから、必要に応じて個々にダウンロードという方がよさそうです。



さて、次に WindowsUpdate です。
最初の更新確認で、194件 + 5件 の更新が見つかりました。

H87UPD02_R.jpg


この WindowsUpdate 完了までにかなり時間を費やすことになります(約2時間半)




次に、マザーボード ASUS H87M-E のBIOSアップデートを行いました。

現行バージョン 2001
最新バージョン 2004

150121092551_R.JPG


ドライバーと同じサポートページからダウンロード
解凍してUSBメモリにコピーしておきます。

PCに挿して電源ON
UEFI(BIOS)を起動し、Tool から「ASUS EZ Flash 2 ユーティリティ」を起動

150121092801_R.JPG


「H87M-E-ASUS-2004.CAP」を指定してアップデートを実行します

150121092827_R.JPG


無事完了

150121093043_R.JPG


リブートして確認しました。2004 になっています。言語が英語になってしまっているので、日本語に戻します。

150121093116_R.JPG




さて、以上二日がかりで行った Windows 7 マシンの再インストール・アップデートですが、このマシンの用途、実は「PT3録画サーバー」用です。

現行「PT2サーバー」のスペック不足・老朽化に伴うもので、本来昨年のうちに完成する予定でしたが、ずいぶん後になってしまいました。
これから少しずつではありますが、完成までの経過報告をしたいと思います。








関連記事

Windows 7 の再インストール(クリーンインストール)

ASUSマザーボード付属のディスクにて、ドライバインストール後に 0x0000001E エラー
















Last updated  2015.01.21 19:36:10
コメント(0) | コメントを書く

全101件 (101件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR


© Rakuten Group, Inc.