000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ひまじんさろん

PR

X

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

あ、こういう感じか? New! ぼちぼち7203さん

「豪州国防相 中共… New! Onyankoponさん

梅雨の晴れ間に・・… New! ♪テツままさん

『民族世界地図』2 New! Mドングリさん

愛の幸せ New! megumiaolさん

動き回る New! k-nanaさん

五・一五 New! 幻泉館 主人さん

「未来へのかたち」… ひよこ7444さん

​五輪開催判断「感染… alex99さん

備忘録(5月7日~1… みらい0614さん

Comments

msk222@ Re[2]:憲法記念日にあたって(05/03) ポンボさんへ 壇上=上座=権威=頭を下げ…
ポンボ@ Re[1]:憲法記念日にあたって(05/03) msk222さんへ 他者の宗教心への敬意は表し…
msk222@ Re:憲法記念日にあたって(05/03) 国会でも、学校などでも壇上に向かって礼…
ポンボ@ Re:憲法記念日にあたって(05/03) 国旗に一礼しない、というのは、国旗が掲…
高遠信次@ Re[2]:夫婦の役割分担(02/19) msk222さんへ ありがとうございます。ホー…
msk222@ Re[1]:夫婦の役割分担(02/19) 高遠信次さんへ お久しぶりです。 当時ご…

Freepage List

2008.03.21
XML
カテゴリ:きまぐれエッセー
りんご


偶然にある事情が重なって、長男と末娘が帰ってきた。
昨夜は久しぶりに揃っての夕食の後、熟年夫婦は深夜まで子どもたちに(へ、ではない)接客経営についてのレクチャーを受けたのである。
息子も娘も、現在のビジネス内部のリーダーとして自他ともに認められる実績をあげているから、話しにはそれなりの説得力がある。
が、僕は経営効率とかテクニックとかは無縁な人間なのである。とりあえず今を生きる糧があればそれでいいではないか、という主義であるから…。
というようなわけで、レクチャーはうつらうつらと拝聴していたが、溌剌と現在を語る子どもたちをみていて、これが人生ということかな、と思考はあらぬ方向にむかっていた。
そのむかし、結婚したいとか子どもを生もうと思ったときは、自分の人間としての衰退が始まったことだったのかも知れない、と子どもたちをみていて思ったのだ。
自立した子どもに育ってくれた、それはありがたいことではあるが、これは生物でいえば世代交代を意味するのかも知れない。
人間が伴侶を求めたり、子どもが欲しいと思ったりした欲求を、人間は“愛”だの“恋”だのと理屈をつけているが、冷徹な生物学的にいえば、種の継続という法則に添っての行動に無意識に添っているのである。(などと、まだどこからか「異議あり」が…)
なんとなく、みんなそれを単純に愛だと思いこんでいた背景には、親の庇護から離れた孤独があったり、死へ向かってゆく予感があったりして、自己増殖の摂理へと導かれていたのではなかったか。
そう思って成人した子どもたちを前にすると、青年時代に心のどこかで恐れていた死への恐怖というものが、今はほとんど薄れていることに気づく。
つまり、これは種としての世代交代の準備が整いつつあるということかも知れない。…などと息子の熱弁を前にぼんやり不埒なことを考えていた。
すると、横にいる娘から「お父さん、聞いているの。ちゃんと覚えなければダメだよ」と、これでは完全に小学生の頃、娘にいった言葉が攻守ところを替えて向かってきているのである。

いやはや。





ほし

楽天友だちからのご紹介です

安くておいしいメキシコ料理の店
「テピート」
チューチョさんはメキシコ人、そのチューチョさんの店が「テピート」だそうです。
そのチューチョさんはアルパという楽器の演奏の名人で、数枚のCDも出しています。
東京付近にお住まいの方、訪ねてみませんか。

予約・お問い合せは、
世田谷区北沢3-2-17
TEL 03-3460-4931
滝沢久美














Last updated  2008.03.21 21:26:36
コメント(10) | コメントを書く
[きまぐれエッセー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.