1736149 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ひまじんさろん

PR

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

【米国政治】 ​Twit… New! alex99さん

頭痛復活 New! k-nanaさん

健診~~ New! ひよこ7444さん

♪ろ~ばぁ~の休日 … New! ♪テツままさん

「メイカさんからの… New! Onyankoponさん

ああ、そういうこと… New! ぼちぼち7203さん

朝に夕に New! megumiaolさん

とり・みき氏といえば Mドングリさん

100冊の絵本27「… みらい0614さん

今日もあなたの心に… Dr.悠々さん

Comments

msk222@ Re[1]:愛犬の死(10/20) New! ♪テツままさんへ 山荘を始めてすぐに来た…
msk222@ Re[1]:愛犬の死(10/20) New! ポンボさんへ ああ、懐かしい。すっかりご…
msk222@ Re[1]:愛犬の死(10/20) New! ひよこさんへ ほんにお久しぶりで…。 動物…
♪テツまま@ Re:愛犬の死(10/20) ワタシ 出会ってますやろか? 記憶にな…
ポンボ@ Re:愛犬の死(10/20) ご愁傷様です。 ここ一年で、ブログ内の…
ひよこ@ Re:愛犬の死(10/20) お久しぶりです 愛犬の死、おつらいです…

Freepage List

2008.03.22
XML
カテゴリ:日替わり日記
空


ようやく春。暖かな日差しが降り注いでいます。
明日は「春の高校伊那駅伝」が行われるということで、全国から集まった高校生ランナーが街中を走ったり、トレーニングをしています。
アルプスはまだ残雪で真っ白ですが、選手も応援の父母等も早春の美しい景色を楽しむことができるでしょう。
と、駅伝とはまったく関係ないひとつの詩といってもいい文章が目にとまりましたので紹介しましょう。
作者は、秋谷豊さんという方です。

 京都山岳会登山隊の白水ミツ子隊員が、第一キャンプからベースキャンプヘ下山中、ボゴダ氷河のヒドン・クレバスに転落、死亡したのは、1981年6月10日のことであった。
 もちろん、この日、死亡がはっきりと確認されたわけではなく、救出が困難なままに、氷河の中に見捨てざるを得なかったのである。白水隊員は救出の断念を自ら望んだが、暗黒の氷の割れ目の中で、一条の生の先に望みを託しながら最後まで死とたたかっていたとすれば、その死亡日付はあるいは半日か一日、変更されることとなるわけである。
 記録―6月10日午前11時20分、ボゴダ峰第一キャンプから30分ほど下ったアイスフォール帯直下の広い雪原状の氷河上で白水隊員はクレバスに転落した。
 直ちに第一キャンプに緊急連絡され、第ニキャンプからかけつけた救助隊員が現場に到着したのは13時10分。彼女の生存は確認された。宮川隊員がクレバスヘの下降を試みる。
 入口は80センチくらいの人間がやっとひとりくぐれるくらいの氷の割れ目だが、中に入るにしたがってさらに狭くなり、上から4メートルのところで少し屈曲して幅は50センチくらい。そこで下の方にひっかかっているザックが見えた。しかしそこからはさらに狭くなり、靴を真っすぐにしては入れず、アイゼンの爪が効かない。ザイルにぶらさがったままの状態で、少しずつ降ろしてもらい、ようやくザックに達する。「大丈夫かあ」期待をこめてザックに手をかけるが、その下に白水さんはいない。声をかけると、応答はあった。が、まだはるか下の方である。
 そこからは氷の壁はまた少し屈曲し、真っ暗で、さらに狭くてそれ以上は下降できない。やむなくザイルの端にカラビナとヘッドランプをつけて降ろす。10メートル(上からは20メートル)降ろしたところで彼女に達したようだが、彼女自身どうにもザイルをつかまえることが出来ないのか、ザイルはかすかな手ごたえを感じるが、そのまま空しく上がってくる。
 そういう作業を何度も「しっかりしろ」と大声で彼女に呼びかけながらやっている時に、
 「宮川さあーん、私ここで死ぬからあー」
 「宮川さあーん、奥さんも子供もいるからー、あぶないからあー、もういいよぉー」
 という声。かなり弱った声だったが、叫ぶような声だった。彼女自身でもう駄目と判断してのことだろう。
 まったくやり切れない気持ちだった。声が聞こえてくるのに助けられない。くやしさが全身を貫く。
 16時、彼女の声はまったく聞こえなくなった。カメラ助手の新谷隊員、そして当日頂上アタックした山田、大野両隊員もクレバスに降りた。しかし誰も宮川隊員が降りた位置より下には行けず、21時ついに救助作業を打ち切った。(京都山岳会隊・宮川清明隊員の手記)
 白水さんは二十九歳、独身だった。

クレバスに落ちた瞬間、加速度のついた肉体は、通常なら途中で止まったかも知れない裂け目をもすり抜けて、滑り落ちて行ったのでしょう。同じ様には下降できない救助隊員が、それでも行ける所まで行き、やむ無く降ろしたザイルの先のヘッドランプ、その光は白水さんの目に映ったでしょうか。ザイルの先にちょっとでも触れることが出来たのでしょうか。
想像の中で自分をクレバスの底の方に置き、もし落ちたのが自分だったら、その状況に置かれたら、と考えます。
自分はもう死ぬ外ない、ここで死ぬ、と決めた時、ひとことの泣き言も漏らさずに、相手の立場をいたわり「もういいよ」と、最後に言えるだろうか。
お前には言えるか?
この文はそのことを繰り返し問いかけてきます。



地球












Last updated  2008.03.22 13:11:36
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.